◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪


OPPO オーディオビジュアルからまさかの撤退

OPPO Digital、AV/オーディオ製品の企画・開発を終了
OPPO Digital新規製品開発終了の衝撃とディスクプレーヤー市場の転換点


管理人が今までOPPOについて興味が薄く、SONICA DACやUDP-205など、オーディオAV機器界隈で大ヒットして周りが騒いでいるにも関わらず、敢えて距離を置いてほとんど語らなかった理由は、この事実上の中華メーカーが、まるで米国製品であるかの如くミスリードを誘うように出自を喧伝していたこともありましたが、それ以上に、OPPOの製品群が、デザイン面を含め極めて消費家電的な発想で作られていて、ピュアオーディオメーカーに必要な情熱としての、音楽やオーディオ文化に対してのこだわりと愛情が、何故か不思議と感じられなかったのが大きかったのが正直なところです。

SONICA DAC

>>続きを読む♪

オーディオの文化と教養と成金趣味

o-greenオーディオへの投資金額と満足度の関係について

以前に書いた「管理人はハイエンドオーディオを好まない論」。一言で述べてしまうと「成金趣味が嫌い」と云う事について長々と説明したに過ぎなかったりしますけれども、これ、どうやら成金志向をオーディオに投影される方々には、負け組の僻み・・・ルサンチマン的な嫉妬の吐露として短絡的に捉えられがちだったりするみたいですね(^-^;)
拝金主義
しかしながら、管理人は中流家庭としてはそれなりに裕福な育ちで、学生時代、音楽学習やオーディオにかけるお金にはあまり困っておりませんでした。それでも、拝金主義的な成金趣味への感覚的な忌避感は、当時から変わらずそこはかとなく感じて来たと思いますので、こちらからすると、単純なお金の有る無しでスタンスが変わる類の話では無いとも思っていたりします。>>続きを読む♪

Warner/Erato/EMI音源の無料ダウンロードでから騒ぎ♪

エイプリルフールネタでは無いですよ?3月末のことですが、箱ピュアブログの常連の方からTwitter経由で、オランダのダウンロード音源販売店primephonicで、最近発売されたばかりのルノー・カピュソンのバルトークバイオリン協奏曲1番&2番の96KHz/24bitハイレゾ音源が、何故か無料になっているとの有り難い情報を戴きました。


一般的に、ハイレゾなどのDL音源が無料になるのは、権利放棄したような古くて売れ無い音源や、マイナーレーベルの特別企画、会員獲得目的など、何らかのキャンペーンに基づくサンプル音源の限定的サービスである事が普通だと思うのですが、今回のカピュソン盤は、先月発売されたばかりの新規アルバム。新譜ですので普通にAmazonやHMV&BOOKS onlineiconでもいいお値段で販売されています。とはいえ無料という事もありとりまダウンロードしてみたものの、音質がイマイチでほんのり残念。。。>>続きを読む♪

【2017-12月 記事リスト】

ピュアオーディオ
o-greenアンチハイエンド!?〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その1
o-green音楽の共有のために〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その2
   

音楽の共有のために〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その2

o-greenオーディオへの投資金額と満足度の関係について
o-greenアンチハイエンド!?〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その1
o-greenオーディオの文化と教養と成金趣味

私のオーディオへの最初の興味は、学んでいたクラシック音楽を、学習面と趣味の両面から、中学の入学祝いでいただいたビクターのCDラジカセより更に良い音で聴きたかっのが入口です。ステップアップとして、中学生当時としては贅沢なバブル時代の国産ベストバイ製品・・・「ステレオサウンド誌で高評価された」3点セット30万+αのシステムを揃えたところがオーディオ道の始まりまでした。あの頃はまだハイエンドと云っても100万を超える製品はそれほど多くなく、ステレオサウンドにも普通の価格帯の製品がそれなりに載っていたのですよねぇ・・・。
denon_bookshelf
今思えば只の世間知らずのお馬鹿さんですが、ひたすら細かなカタログスペックを比べつつ、最後は店頭比較試聴により予定機種の一部入れ替わりはありましたけれども、大筋に於いてオーディオ評論家の皆様の言い分と評価点を丸呑みでございました( ̄∇ ̄)>>続きを読む♪

アンチハイエンド!?〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その1

オーディオへの投資金額と満足度の関係について
アンチハイエンド!?〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その2
オーディオの文化と教養と成金趣味

ちょっとばかり刺激的なタイトルを付けてみました(滝汗)。箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"は主にローエンドから普及価格帯のオーディオ機器に纏わる考察ブログとして綴られていて、ハイエンドオーディオと呼ばれる高価なオーディオ機器について詳しく触れる事はあまりありません。今日はその理由について述べたいと思うのですが、端的に云えば、管理人が一部の例外を除いてハイエンドオーディオへの興味が薄く、またハイエンド界隈特有の価値観を、正直あまり好意的には思っていないからです。
hiendaudio
"アンチハイエンド"と云っても、個別の製品について必ずしも嫌いという意味ではありません。値段の上下に関わらず機材の好む好まざるは千差万別で、高級機でも個人的に惹かれる製品は色々とあります。ただ、コンシューマー向けハイエンドオーディオに纏わる付加価値に偏重したブランドビジネスと、それらを含めて好むハイエンダー双方からそこはかとなく滲み出る違和感、悪く云えば物欲優位的な優越感、ぼったくりビジネスを暗に肯定する金銭感覚、拝金主義を纏ったえもいわれぬ雰囲気が嫌いと云った方が良いかも知れません。

※ハイエンドオーディオの定義については諸論ありますが、ここでは各メーカーのフラッグシップを指す狭義の意味ではなく、庶民感覚で相対的な高級機を指す、大雑把に単品100万円〜システム総額で高級車を超える民生用オーディオ機器や、それらを想定して作られた、"社会通念から逸脱したレベル"で高価な周辺機器、アクセサリー等について広く指すものとします。>>続きを読む♪

【2017-4月 記事リスト】

ピュアオーディオ
o-greenドイツ製の超小型PCスピーカーELAC CINEMA 2SAT レビュー
o-green海外製CDプレーヤーの多くが実は中国SHANLINGのOEMという驚愕の実体

PCオーディオ
o-greenデスクトップPCオーディオシステムの音質が大幅に良くなった♪

iPhoneとASUS
o-greenコツが色々あるよ?iPhone5の分解バッテリー交換に挑戦してみた♪
o-greenASUSノートの純正バッテリーを互換バッテリーに交換してみた。
   

デスクトップPCオーディオシステムの音質が大幅に良くなった♪

この春は今更的に箱ピュアのデスクトップPCオーディオシステムについて細々と紹介してきたのですが、昨晩、Twitterのハイレベルなオーディオクラスタの皆さんに触発され、なんとはなしにDDCの再投入とDACの変更を伴うデジタル系の大幅なシステム見直しにトライしてみたところ、あろう事か当社比3倍PCオーディオの音質が良くなってしまいました。\(*^o^*)/ばんさ〜い♪
デスクトップPCオーディオDAC&デジタルアンプ
わ〜もう大きな不満無いかも・・・※あくまで今日の時点ではですけれども(^^)ゝ 正直、こんな響きの豊かな色彩感を伴う音がELAC CINEMA 2SATから今更出るとは思わなかった。 いままで管理人にとってのデスクトップPCオーディオは、手持ちのオーディオシステムセットでは最下位の音質、5番手か6番手、カーオーディオを含めたら7番手扱いの状況が何年も続いていましたので、ぱすてるんにとって、PCオーディオが普通に自分基準で音質が良いと思えるレベルで高音質に感じられるようになったのは、今回が箱ピュア史上初めての出来事です(ぇ>>続きを読む♪

海外製CDプレーヤーの多くが実は中国SHANLINGのOEMという驚愕の実体

CREEK Evolution-CDがCDを遂に認識しなくなって、なんだが遂に故障か!?と慌てそうなところなのですけれども、実は毎年の恒例の出来事だったりします(苦笑)。9年前に導入したCREEK EVO-CDのドライブメカはオランダPHILIPSが設計したVAM1202(CDM-12.x)で、リニアトラッキングのものが使われています。
CREEK EvolutionCD
VAM1202(CDM-12.x)は旧PHILIPS/MARANTZの普及価格帯CDプレーヤーや、海外製のCDプレーヤーでは数年前まで良く採用されていた量産型のリニアトラッキングドライブメカです。ただこのCDM-12系、PC用ドライブと違って音質はまあまあですが、実はあんまり耐久性が高くないのですよね。VAM1202/CDM-12搭載機のメカが壊れて音飛びジャンク扱いというのを、ヤフオク!でもHARD OFFでも頻繁に見かけるくらいの問題設計品だったりします。>>続きを読む♪

ASUSノートの純正バッテリーを互換バッテリーに交換してみた。

今年に入ってから、サブノートASUS UL20FTの電源が入ったり入らなかったりが続いていました。電源OFFから立ち上がらないときはACコードを抜き差ししたりすると一時的に直るのですけれども、気付くとまた電源が入りません...( ゚_ノ゚)…?
UL20FT電源ボタン
7年目ですしそろそろ電源がヤバイのかな〜なんて訝しく思いつつ、新母艦のASUS VivoMini VC65-G108Zを導入したせいで、今年から護衛艦に回されてご機嫌斜めなのかとも思ってみたり←※PCに限らずこういうのって意外とありがちな気がする・・・でむぱかにゃ?(^o^;) UL20FTはサブノートに格下げしてもうあまり使用しないのですけれど、電源だけはほぼ毎日入れています。使う使わないにかかわらず、PCはこまめに各種アップデータを自動更新、同期していないと、いざという的に立ち上げても、非力なCPUが延々と100%に貼り付いてしまい使いものにならないですから...(´Д`;)>>続きを読む♪

コツが色々あるよ?iPhone5の分解バッテリー交換に挑戦してみた♪

今更ですけれども、管理人はいまだにiPhone5を運用しています。しかもAU契約が切れた以降はWi-Fiのみの室内運用。2年前の携帯契約更新時にiPhone6に乗り換えするチャンスを逃してしまい、結局、iPhone5を4年間使い続ける事になってしまいました。(携帯電話番号はなぜかガラケーに逆戻りして月額2円運用・・・w)。今となってはiPhone5は色々もたつくし、今年の夏の更新では、iPhone7かAndroidスマートフォンに乗り換えしたいのですけれども、とりあえず今はまだ暫くiPhone5を使い続けなくてはいけません。
iPhone5バッテリー交換
そこで最近気になるのがバッテリー。今年に入ってから急速に電池の持ちが悪化しはじめ、最近は2時間もするとバッテリー切れ寸前で、一日中こまめに充電し続けないといけない状況でした。。。以前にiPhone4でも同じ状況になり、自分で互換バッテリーに交換した事がありましたので、今回もネットで適当に評判良さそうな互換バッテリーを見繕い、早速DIY交換にチャレンジです\(^o^)/。>>続きを読む♪

ドイツ製の超小型PCスピーカーELAC CINEMA 2SAT レビュー

箱ピュアPCオーディオの要となるドイツ製のデスクトップ用ミニモニタースピーカーです。2009年のVGPビジュアルグランプリ受賞モデル。2008年に導入したあとはリプレイスすることなく現在も使用中。元々CINEMA 2SATはデスクトップPC向けのミニスピーカーとして開発されたものではなく、本来はCINEMA Lineとして5.1chサラウンド用のサテライトスピーカーとして設計されたものだったりします。
ELAC CINEMA 2SAT Desktopaudio
PCオーディオ用途に皆さんけっこう大きめの(といってもピュア用としては小さいですが)スピーカーが、デスクの左右に鎮座していらして驚くのですけれども、箱ピュア管理人がCINEMA 2SATを使い続ける理由は、PCモニタ裏と壁の間の隙間にセッティングできる奥行き10cmの超小型サイズだったのが一番。にもかかわらず安っぽくないドイツELACのサウンドが得られるからというのが大きかったりします♪
>>続きを読む♪

【2017-03月 記事リスト】

ピュアオーディオ
o-green小型スピーカー23モデルを比較試聴してきました@2014-15 前編
o-green小型スピーカー23モデルを比較試聴してきました@2014-15 後編

PCオーディオ
o-greenWireworldのUSBケーブルChromaを購入。決め手は音楽性♪
o-greenエレコムから高音質なオーディオ用USBケーブルが発売されてもうびっくり(@_@;)

PCモニタ〜すゝめマルチディスプレイ♪
o-greenUSBディスプレイアダプタ1個でPC2台を共有してみた。
o-greenASUS VivoMini VC65でトリプルディスプレイを実現する方法 その1
o-green最新USBディスプレイアダプタの選び方@2017年版
o-greenお薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 日本メーカー編
o-greenお薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 海外メーカー編
o-greenCable MattersのUSBディスプレイアダプタで3画面にしてみたれびゅう

クラシック音楽にたゆたふ♪
o-greenDECCAレーベル珠玉のハイレゾ100枚から16枚をセレクトしてみた
   

小型スピーカー23モデルを比較試聴してきました@2014-15 後編

小型スピーカー23モデルを比較試聴してきました@2014-15 前編

小型スピーカーのタダ歩き試聴記の後編でございます\(^^@)/←結果的に冷やかし試聴が多いのに、勝手にレビューをネット上で好き勝手書くのもどうかと思わなくも無いのですが、高額機器を購入しない日にだって、アクセサリの1つ2つは購入して帰るんですからねっ(^o^;) ・・・何か買わないと駐車券が無料にならないですしっ(爆)・・・でも何も買わなくても特に若いお客さんは大目に見てあげてね♪
スピーカー比較試聴レビュー
敢えてもう一度書きますが、★の数は前編と同じで客観的おすすめ度というよりも、個人的に欲しいと思った度合いであり、箱ピュア管理人の音質的好みに大きく左右されます。質的な意味での客観的おすすめ評価ではございませんのでそこは御留意くださいませ。>>続きを読む♪

小型スピーカー23モデルを比較試聴してきました@2014-15 前編

久しぶりの店頭試聴記です。2年くらい前の試聴記で管理人の諸々の都合でオフラインのまま一般公開していなかったのですが、まだ現行で入手できるモデルも多いので今更ですが公開します。

複数のお店を渡り歩いて、日を置いて少しずつ試聴@更にスピーカー毎に短時間での試聴をした総論となり、レビューが必ずしも同一環境での比較になっていない点をお断りしておきます。オーディオ量販店での試聴ですので、セッティング及びスピーカーケーブルやセレクタの引き回し等の問題から、本来のスピーカー性能やアンプ、プレーヤーの性能が十分に引き出されているとは云えない状況で、エッセンスのみをなんとか汲み取っている点にご留意くださいませ。
あくまで個人マニアの主観に基づくレビューですので、きちんとセッティングされた試聴環境では評価が管理人自身ですら大きく異なる可能性があります。その点を踏まえた上で、参考にならない程度の参考として読み流してくださいませ。ここでは傾向に興味を持たれる程度にし、実際に購入される際にはなるべく御自身で試聴し、納得されてからにしてください。>>続きを読む♪

WireworldのUSBケーブルChromaを購入。決め手は音楽性♪

Wireworld Chromaシリーズは米国フロリダの老舗オーディオケーブルメーカーワイヤーワールドが展開するUSBケーブル5ラインの最下位、エントリーモデルです。
Wireworld Chroma USB package1
外箱は良くある剥き出しの透明ブリスターパッケージではなく、箱入りのブリスターパックでそこそこ豪華。英米系のアクセサリーメーカーって、数百$や数百£のオーディオケーブルを、吊るしの剥き出しブリスターパッケージに入れているのが普通だったりするのでちょっぴり嬉しい♪。しかもフランス、スペイン、ロシア、中国、ドイツ語と共に、なんとなく微妙な日本語の説明プリント入り(^^;>>続きを読む♪

エレコムから高音質なオーディオ用USBケーブルが発売されてもうびっくり(@_@;)

ここ最近、PC関係のアクセサリーサプライヤー大手ELECOMから、イヤホンやらPCオーディオなど最近のハイレゾブームに乗じた製品がちらほら出始めていて、ピュアオーディオ原理主義者の管理人からするとなんだかとっても複雑な気分。。。だって、ELECOMって、低価格設定と機能とデザインコンセプト優先で、音質なんてな〜んも考えて無いオモチャみたいな・・・というよりオモチャそのものでしかないPC用デスクトップスピーカーとか、今まで散々作ってきたメーカーでございましてよ?
ELECOM_DH-AB10-DH-AB20
ですのでオーディオでエレコムってどうなのよ?って色々訝しげに思わなくもないのですが、今回紹介する同社の音楽用ハイレゾ対応高音質USBケーブルDH-AB10/DH-AB20の見た目は、ゴールドブラックのアルミのコネクタで高級感たっぷり。導体も4NのOFC無酸素銅で、シールドに光沢のある藍色の網組シースなどデザインセンスはとても魅力的。USBとは云え高級オーディオケーブルとしては導体が細いスリムタイプなのですけれども、高価なオーディオ用ハイエンドケーフルでも、箱ピュア管理人は敢えて(設計思想的に)細いケーブルをこれまでも多用してきましたので、むしろ個人的なプラスポイントとして期待が膨らむばかりです♪>>続きを読む♪

DECCAレーベル珠玉のハイレゾ100枚から16枚をセレクトしてみた

久々にうつ病が発病しそうなのでどうしようかぁ考え込んでいます(^-^;)。つ〜ことで、集中力皆無の状況ですけれども、今日はe-onkyo musicで今やってるDECCAのクラシックハイレゾ音源の期間限定セールを紹介してみる。旧PHILIPS音源も一部あり。半額以下になっているアルバム多数♪

「DECCA」レーベル珠玉の作品100タイトルを期間限定プライスオフ!
492_88d45ac0ae06b35f
カラヤン、アシュケナージ、小澤征爾、内田光子、村治佳織など、世界的クラシックの名作を多数リリースする名門レーベル「DECCA」。その珠玉の作品群から厳選された100タイトルを期間限定プライスオフ!・実施期間:2017年5月8日(月)まで

まだあとセール終了まで2ヶ月弱あるのですけれども、とにかくここ数日ブログをカキカキしながら100タイトルのサンプル音源をほぼ全部聴きました(手持ちのとかは除く)。で、箱ピュア管理人的にお薦めというか、自分で欲しくなった音源を絞り込んだところ、以下の16タイトルが残りました。試聴サンプルしか聴いていないという無謀な条件で例の如くむちゃくちゃなレビューいってみます\(^^;)/>>続きを読む♪

ミニPCを導入したのでPC配線の美しさに拘ってみる 入力デバイス編

VivoMini VC65背面ミニPCを導入したのでPC配線の美しさに拘ってみる モニタ接続編

お次は入力デバイス、キーボードとマウスとテンキーです。2台のPCでディスプレイ(モニタ3台)を共用しているわけですが、同様に、一組みのキーボードとテンキー及びマウスも2台のPCで共用しています。ここで使用しているのがエレコム キーボード・マウス用パソコン切替器・分配器 KM-A22BBKです。


実はこれかなり以前から使用しているのですけれども、2台のパソコンを一組みの入出力デバイスで切り替え使用できてとっても便利♪。使うPCを入れ替えるときは手元のボタン一つで簡単に切り替わります。>>続きを読む♪

ミニPCを導入したのでPC配線の美しさに拘ってみる モニタ接続編

ブログ製作母艦、ASUS VivoMini VC65-G108Zの進水にあたって、セッティングでまずSSD換装メモリ増設をほぼ同時に行ったのは前述したとおりですが、それ以外に今回見直しを図ってみたのが、マルチモニタ電源ケーブルUSBケーブルLANケーブルなどのパソコン配線系統の全面的な見直しです。PCやオーディオ用の配線ケーブルは既にたくさん所有していて、なるべく手持ちのケーブルで済ませることが出来ればと思ったのですが、実際にあり合わせで配線してみると長すぎてグチャグチャ・・・実用上はこれでも問題ありませんが、精神衛生上あんまりよろしくありません...。
pc-cables-connection
箱ピュアのポリシーは、ピュアオーディオAV(オーディオビジュアル)も、そしてPCオーディオも、なるべく見た目が美しいケーブルを、無理の無い範囲で最短配線を心掛け、スマート且つシンプルに♪これがモットー。特にパソコン周りは地味なOAケーブルで野暮ったくなりがちですので、コネクタのデザインやケーブルの細さにこだわりたい、出来れば目立たせず、どうせ見える場所はむしろ目立つように美しく♪みたいな(^^)ゝ>>続きを読む♪

Cable MattersのUSBディスプレイアダプタで3画面にしてみたれびゅう

ASUS VivoMini VC65でトリプルディスプレイを実現する方法 その1
最新USBディスプレイアダプタの選び方@2017年版
お薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 日本メーカー編
お薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 海外メーカー編


ASUS VivoMini VC65でトリプルディスプレイを実現するため、上記の各モデルのスペックとAmazonのレビュー等を比較検討した結果、箱ピュアでは結論としてCable Matters Windows&Mac用 USB 3.0 → HDMI 変換アダプタ 4K解像度対応を選びました。


AREAスパイダーHに続き、安定の国内メーカー製を選ばずにまたままた色物を・・・(^o^;)。Cable Mattersは一応米国メーカー(本国通販サイト)っぽいのですけれど、これってば型番設定すら無いのですよ。てか・・・色々辿ると仄かに中国系の薫りが透けて見えると云いますか、たぶんきっと、敢えて米国に設立された中華系ベンチャーのような気がするのですが、本当のところどうなのでしょう?(ぇ>>続きを読む♪

お薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 海外メーカー編

ASUS VivoMini VC65でトリプルディスプレイを実現する方法 その1
最新USBディスプレイアダプタの選び方@2017年版
お薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 日本メーカー編

Wavlink_usb_displayadapter_hdmi
前回のエントリに引き続き、後半は海外メーカー製のVGA、USBグラフィックスアダプタについての比較レビューです。>>続きを読む♪

お薦めUSBディスプレイアダプタ13モデルを徹底比較 日本メーカー編

最新USBディスプレイアダプタの選び方@2017年版
BUFFALOディスプレイ増設アダプター
先のエントリで解説したUSBディスプレイアダプタ選びのポイントはこの5点でした。

 ・DisplayLink社のチップセットで作られていること。
 ・DisplayLinkのチップ世代が新しいDL-5500 or 最低でもDL-3500
 ・WQXGA/WQHD/4K UHD解像度に対応
 ・USB3.0対応
 ・Displayport or HDMI出力端子装備


ココを最低限押さえておけば、高価なのに低性能なUSBディスプレイアダプタを掴まされて後で悔しい思いをすることは無くなりそう。(それぞれの環境で動作しない製品を間違えて購入しないためにも前エントリを読まれることをお薦めします。) 以上を踏まえて、このエントリでは現時点で発売されているDisplayLink DL-5500 or DL-3500を搭載していると思われるUSBディスプレイアダプタの高性能機種を中心に、箱ピュア的お薦めを13機種ピックアップしてみます。>>続きを読む♪

最新USBディスプレイアダプタの選び方@2017年版

外付けVGA...USBディスプレイアダプタ製品は、かなり古いモデルでも継続して製造販売されていて、入出力共に色々な接続規格の製品が混在しているのですが、選び方の注意点として最低限押さえるべきところを以下に詳しく解説してみます。
DisplayLink_USBディスプレイアダプタ

DisplayLink社のチップセットで作られていること。

イギリスDisplayLink社のチップ搭載製品は、一台あたり安くても4000円程度から・・・通常は実売価格で5K〜1万円程度はします。それ以下の価格で売られている非DisplayLinkの製品は、そもそもまともなGPUチップが非搭載だったり、Fresco Logic FL2000採用品などは画像処理能力が非力で、USB3.0では何とか1920x1080@60Hz(1080p)フルハイビジョンで使用できるが、USB2.0での解像度は800x600で使い物にならなかったりするなど、対応解像度が極端に低いなどの問題があります。

安物をダメ元で使うのは止めませんが、ソフトウェア的な不具合報告も多く、PCやモニタとの相性問題もDisplayLink採用製品以上に出やすいです。Fresco LogicやMCTドライバは排他仕様のためDisplayLink社製品と混用することも出来ません。USBディスプレイアダプタは玉石混淆で多くのメーカーから販売されていますが、まともな製品である限り、中のGPUチップは全てDisplayLink社のものに限られると思って間違いないと思います。>>続きを読む♪

ASUS VivoMini VC65でトリプルディスプレイを実現する方法 その1

ASUS Vivo Mini VC65を購入した大きな理由の一つが、DisplayPort/HDMI/D-subのディスプレイ出力3系統を備えている為、そのまま箱ピュアデスクのトリプルディスプレイ環境に対応できそう♪という目論見があったからです。いってみれば、トリプルディスプレイに対応しているのではないか〜という思い込みですね。Core i5-6400T内蔵のグラフィックドライバIntel HD530が、本来は3画面出力まで対応している事もありましたから・・・。
3系統の画面出力端子搭載
しかし、前述したとおり実際に接続してみると表示できたのはデュアルディスプレイまでで、3本同時に繋げた場合、どれか1系統が排他になってしまいます。尚、2系統の組み合わせについてはどの端子の組み合わせでも大丈夫でした。ASUSのコールセンターに電話してみると、中国語or台湾語で片言のオペレーターに、"仕様でわ、サポートは2台までとなております"と、明言されてしまいました。公式サイトには書いていないのがお茶目さん♪(๑´ڡ`๑)>>続きを読む♪

USBディスプレイアダプタ1個でPC2台を共有してみた。

箱ピュアデスクでは、3台の同じモニタを新旧2台のPCで共用しています。モニタは3台とも2系統の映像入力(DVI-I or VGA)を備えていますが、PC側が2台とも同時出力可能なのが2系統までですので、トリプルディスプレイ化するためには、外付けGPUを積んだUSBディスプレイアダプタが別途必要になります。
トリプルディスプレイ
今までサブノートPCのASUS UL20FTでは、USBデスプレイアダプタにAREA スパイダーHを使ってトリプルディスプレイ化していましたが、新しい母艦PCの為にもう1個USBディスプレイアダプタを追加購入するのはそこそこお高い。つ〜ことで、いつものようになんとか此処をタダに出来ないかと思案してみました。>>続きを読む♪

【2017-02月 記事リスト】

つれづれ日記
o-green絶賛リハビリちう・・・ブログ復帰するかはみていのよてい。

箱ピュア製作用PCオーディオ母艦を新調しました♪
o-greenASUS UL20FT-2X034BKで良くぞ6年も引っ張った〜♪
o-green巨大なデスクトップPCでまだ消耗してるの?
o-greenミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と1
o-greenミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と2
o-greenミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と3
o-greenミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と4
o-greenASUS VivoMini VC65-G108Zのメモリ増設しました。

お役立ちPC周辺機器のレビュー♪
o-green各社のSSDを独断と偏見のみに基づいて比較してみる
o-greenSamsungのSSD 850EVOをよりによって選んだ理由
   

SamsungのSSD 850EVOをよりによって選んだ理由

各社のSSDを独断と偏見のみに基づいて比較検討してみるの続きでございます。で、何だかんだで結局またSamsung 850 EVO MZ-75E250B/ITの250GBモデルをチョイスしてしまいますた(ぇ
samsung_ssd_850evo
悩んだら自分の美意識に忠実に。とにかくあたまで考えるよりは直感的に美しいと思った方を選べば間違いないってのが、箱ピュア管理人の人生哲学でございますので・・・(謎) 。日本人ならここはCFDやPLEXTORなどの東芝製品と言いたいところですけれども、PLEXTORはあんまり売ってないし、現在(注:2017/1月)売れ筋NO,1のCFD CSSD-S6T480NMG1Qについては、実際SAMSUNGのSSDと並べてガジェットとして見比べた場合に、中身がOCZ設計のアーキテクチャが複雑カッコイイ系で、これってばどうなんだうと。。。それから米Amazon.comで見たときに、850EVOが日本と変わらない価格水準にもかかわらず圧倒的に支持されているのに対し、Toshiba OCZがむっちゃ低価格勝負をしているところも気になるっちゃ気になる・・・OCZってハイブランドだと思ってたのに・・・。>>続きを読む♪

各社のSSDを独断と偏見のみに基づいて比較してみる

安いSSDはつまるところSamsung電子製がおすすめなんだと思うニダ♪な〜んて書いたら各方面から袋叩きに遭いそうな今日この頃、皆さん如何お過ごしですか?(爆)
IntelSSD
扇動的な書き出しですが、他意はございませぬゆぇ...(^o^;) 正直にいうと、副会長がタイ〜ホされた昨今のご時世で、韓国Samsung電子の製品を紹介するのはなんとな〜く抵抗がなくはない、なくなくなくない?。自分個人ではなく世相的にね。ただ、管理人は自称ルンペンブログタリアのコスモポリタン属性でございますので、良い製品や良い人材であれば、日本製、欧州製、アメリカ製、台湾製、韓国製、中国製、まったく気にしませんというか気にしていられません。。。。。。>>続きを読む♪

ASUS VivoMini VC65-G108Zのメモリ増設しました。

【ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由】
序章ぱ〜と1ぱ〜と2ぱ〜と3ぱ〜と4

まだVivoMini VC65導入3日目(注:執筆時)ですが、早速メモリを8GB×2枚、合計16GBデュアルチャンネルにトライしてみました。

元々ASUS VivoMini VC65-G108Zに搭載されているメモリは、DDR3L-12800 DDR3-16000 204pin SO-DIMMノートPC用の低電圧版メモリです。せっかくのSkylakeなのですから、新採用されたDDR4メモリに対応して欲しかったのですけれども、マザーボードのソケットはDDR3L仕様です。DDR3LのSO-DIMMは2016年半ばに8GB/1枚あたり4千円前後まで値下がり、そこがどうやら底値だったっぽいのですけれども、最近急速にまたメモリ価格が上昇しはじめましたので、後回しにするつもりが急遽購入する羽目になってしまいました...(苦笑)
vc65r_memoryslot
メモリスロットの場所は片側の2.5インチドライブベイを外したその下にあります。説明書に自分でメモリを増設する方法が記載されていますので、それを読みつつまずはカバーを開けてみます。この蓋がまた固い。手で開かないので説明書(PDF)にマイナスドライバー等を使えと書いてある(苦笑)。しかもカバーのプラスチックが薄いので、開けようとすると蓋がぐにゃりと曲がって冷や汗もの・・・割れないかと冷や冷やしつつマイナスドライバーでこじると、外れた勢いで上にぴょーんと跳ね上がるというお茶目さん(≧◇≦)>>続きを読む♪

ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と4

【ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由】
序章ぱ〜と1ぱ〜と2ぱ〜と3メモリ増設

2.5インチドライブベイを2基搭載

この小さな筐体に驚くことに2.5インチドライブベイを2基搭載しています。ちなみに光学ドライブ無しのベアボーンモデルVivoMini VC65R G039M i5 6400Tでは4基搭載可能です!
ASUS VivoMini VC65 ssd換装
箱ピュアの新母艦となったVC65-G108Zの場合、初期搭載は1TB HDD1台のみなのですけれども、ドライブベイが複数あるのは、増設SSD+HDDもしくは、SSD2台でのマルチ運用で管理したいわっちにとっては嬉しい設計。OSとアプリケーション&データ領域を物理的に切り分けられるのは超重要。ミニPCやコンパクトPCは、ドライブベイが1つしか無いという通例を覆していますから、ドライブ拡張性を理由に小型PCを諦めてきたユーザーにもアピールすることが出来そう。ちなみに下位のVivoMini VC65-G107Z/VC65-G312Zは500GB HDD1基、上位のVivoMini VC65-G209Zでは128GB SSD+500GB HDDの2基構成になっています。>>続きを読む♪

ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と3

【ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由】
序章ぱ〜と1ぱ〜と2ぱ〜と4メモリ増設

同クラスハイスペックミニPCの中で比較的リーズナブル

最初、予算をiPad mini4と合わせて10万円くらいに切っていて、少々足が出るにしてもぎりぎり予算内だったのがASUS VivoMini VC65-G108Zでした。Core i5-6400Tや6500Tを搭載した同スペック近辺のコンパクトPCを、前エントリで紹介したのライバル他社と比べてみると、ポイント還元込みでの実売価格が一番お得だったのが、やはりというか台湾ASUS。タイミングが良くて、Yahoo!ショッピングのJoshinwebWeb価格.comの底値近辺+Tポイント20%でキャプチャー出来たでありまするん\(*^o^*)/。
asus_supersonico_desktop
先代のASUS UL20FTもコスパに吊られて購入したようなものでしたので、ブランド指向よりコスパ重視となると必然的にASUSってかなり美味しいよね?ってな感じです。尚、ASUSはマザーボードがヲタクな自作派にがっつり支持されているだけあって、PC(≠スマホタブ)については品質的にも安かろう悪かろうでは決してなく、むしろ価格以上のスペックで実利主義的な質実剛健さが取り柄だと思いまする。ただし、法人向けPCでのイメージがまだまだ薄いぶん、ほんのりギークっぽいイメージはあるかも♪>>続きを読む♪

ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と2

【ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由】
序章ぱ〜と1ぱ〜と3ぱ〜と4メモリ増設

いくつか選択肢のある現行のミニPC、コンパクトPCから、今回ASUS VivoMini VC65-G108Zを選ぶに至った経緯を箇条書きにしてみました。

地味ですが洗練されたデザイン

2016年グッドデザイン賞受賞モデル。お弁当箱みたいなエッジが丸いシンプルな正方形。全面のプラスチック筐体ですが、細かなチリ合わせの精度が高く、表面仕上げも丁寧でASUSにしては大人っぽい印象。裏側のコネクタ周りまで丁寧な作り込みです。コンパクトなサイズですが、デスクトップPCに必要とされる機能と要素について、性能を犠牲にせず一通り全て詰め込まれているのがポイント。
VivoMini VC65_WD Elements Portable
省スペース型のコンパクトPC/ミニPCは、小さいけれど意匠にあまり工夫が感じられないビジネスモデルや、逆にデザイン先行でエキセントリックすぎるものが散見されますけれども、そんな中でもVivominiはビジネスモデル的な無骨さがありませんし、それでいて家庭でも職場でも場所を問わずインテリアに馴染む飽きの来ないデザイン。シックでコンサバティブな佇まいに好印象を持たれる方も多いのではないでしょうか?>>続きを読む♪

ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由 ぱ〜と1

【ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由】
序章ぱ〜と2ぱ〜と3ぱ〜と4メモリ増設

箱ピュアその他Webサイトの製作母艦として、また1999年から管理人通算6代目となるPCとして、この度ASUS VivoMini VC65-G108Zを新たに導入しました、わ〜い\(^o^)/。今回はCore i5-6400Tを積んだVivoMini VC65の中核機を選びましたので、これでも管理人的にはけっこう背伸びをしたハイスペックマシンなのでありまする。VivoMini VC65であと5〜6年はノンストレスで戦えたら・・・いいなぁ・・・みたいな?
IN SEARCH OF INCREDIBLE
届いたパッケージはこんな感じ。ブラックのシンプルな梱包でなかなかハイセンス。箱は捨てられないですね。"IN SEARCH OF INCREDIBLE"はASUSの標語で、未知の領域を探し求めて...みたいな意味になると思うのですけれど、現時点でGoogle翻訳すると"信用できない場所を検索する"になりました( ゜Д゜) おつむの偏り方がとってもGoogleらしいですわね♪>>続きを読む♪

巨大なデスクトップPCでまだ消耗してるの?

【ミニPC ASUS VivoMini VC65を敢えて選んだ理由】
ぱ〜と1ぱ〜と2ぱ〜と3ぱ〜と4メモリ増設

スマートフォンやタブレットの台頭でデスクトップPCの出荷台数が年々減少しつつあるこれからの時代、注目すべきはミニPCコンパクトPCなどと呼ばれる小型省スペース型のパソコンです。管理人が10代の頃はこれからの若者は誰もがPCを使えるようになる、PCがまともに使えない人間は仕事がなくなる・・・な〜んて言われていたものです。そしてきょうび未だ誰もが使える社会には程遠いにもかかわらず、最近の日本の若い人は海外に比べ、スマホが使えても、PCがまともに使えないという逆の意味で興味深いことになっている今日この頃、皆さん如何お過ごしですか?
pc-684125_1280
ぱすてるんが今回、新型艦を選ぶにあたって重要視した基準ですが、あいも変わらずではございますが、ちっちゃいは正義♪小さくてハイパワーが希望\(^o^)/、見た目美しければ更に良しってな勢いで、加えて、静音、省電力、高音質(謎)・・・そしてなるべくお財布に優しく・・・出来れば5万円くらいで(無茶)といった所でしょうか。。。>>続きを読む♪

ASUS UL20FT-2X034BKで良くぞ6年も引っ張った〜♪

箱ピュアBlog製作用の母艦もといPCとして、これまで使ってきたのは2011年始に購入したASUS UL20FT-2X034V。プライベートなWeb制作用パソコンとしては1999年より通算5代目となります。

初代 1999-2003 SHARP Mebius PC-PN10 Intel Mobile Celeron 300MHz Win98⇒Win98SE
PC-PN10

>>続きを読む♪

絶賛リハビリちう・・・ブログ復帰するかはみていのよてい。

2017年、今更ですが明けましてにゃあにゃあ・・・・にゅ?年始より箱ピュアBlogに微妙にメンテが入っておりますので、極々希に気付かれた方がいらっしゃって、コメントを早速いただいたりしたのですが、現在管理人復帰に向けてリハビリ中でございます。しょ〜じきなところ、ルンペンブログタリアート業にまだ復帰できる確信というか、あんまり自信が持てない状況ではありますので、いろいろ突っ込まないでくださいませ・・・・(^^;)
箱ピュアのミニバラ
気付けば2015年11月に(注:日付整理で10月扱いに移動) やむをえない事情でブログ更新がストップしてしまい、それから気付けば1年3ヶ月ものあいだ開店休業を続けてしまいました。。。2016年は一身上の都合により一年間丸っと休業させていただいた形でございます。その件や諸々については後々記事にしたいというか、一昨年に書いた未推敲原稿のストックがそれなりにあったりするのですが、製品レビューのご依頼(だがしかし電波上等notすてま♪)を戴いたいくつかのメーカー様には、承ったお仕事を途中で放り出したままになってしまっていて、大変なご迷惑をお掛けしているところでございますm(__)m>>続きを読む♪

【2015-10月 記事リスト】

ピュアオーディオ
o-greenBOSEの新製品体験会に行って来ました〜♪
o-greenDENONよ、お前もか!芸術の秋ではなくて値上げの秋なのね・・・orz

PCオーディオ&ネットワークオーディオ
o-green非圧縮音楽配信サービス「TIDAL」の圧縮音質聴き分けテストがすごかった♪
o-greenハイレゾとロスレスと圧縮音源の音質差って・・・言うほどあるん?
o-greenNASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話
o-greenNASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その2
o-greenPCオーディオとネットワークオーディオの定義について

CDをより良い音で愉しむ方法
o-green昔作ったCD-Rの寿命がそろそろ危険な時期に入ってます!
o-greenプレスCDやDVDメディアの寿命はいったい何年くらい?
o-greenやっぱり音盤・・・光学ディスクメディアとヴァイナルが好き♪

オーディオアクセサリー
o-greenEnsemble HOTLINE スピーカーケーブル
   

PCオーディオとネットワークオーディオの定義について

ココでおさらい♪PCオーディオとデスクトップPCオーディオ、ネットワークオーディオ(ネットオーディオ)の定義について、いまいち判然としなかったり、曖昧に認識されているケースがみてると結構あるよ〜な気がしますので、箱ピュア管理人の考える、PCオーディオとネットワークオーディオの定義について説明してみたいと思います。
computer-414059_1280

PCオーディオとは?

PCで再生するのであれば、それがしょぼい内蔵モノラルスピーカーとかであっても、それは全部PCオーディオなのだとは思いますが、敢えてオーディオを呼称する場合には、パソコンを再生母艦として、一応単品オーディオ機器と呼べる見た目とクオリティを備えた外部スピーカーやアンプ(アンプ内蔵スピーカー含む)を使って再生するのがPCオーディオなのだと思っています。高音質化のために内蔵サウンドボードを強化したり、外部DACを導入したり、高音質ヘッドホンアンプを追加したり、USB等のデジタルケーブルを使わず、ワイヤレスで電気的に切り離れたオーディオ機器に転送したり、バリエーションは色々。>>続きを読む♪

やっぱり音盤・・・光学ディスクメディアとヴァイナルが好き♪

ダウンロード音源 vs CD/SACD等のパッケージメディアを比較したとき、ジャケットとライナーノーツの有無を(これについては古くはレコード時代から)引き合いに出されることが多いのですけれども、確かにこれ、私としてもかなり重要な問題だと思っています。

o-greenNASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その1
o-greenNASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その2

classicalcds
今のところ音楽ダウンロード販売にはライナーノーツに替わる電子小冊子などが、何故か殆ど付属してきません。ですので、せいぜい画質の悪い小さなサムネイルと、販売ページの曲情報を自分でコピーしてローカルに保存するくらいしか手段がありません。>>続きを読む♪

NASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その2

NASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話 その1
市販のプレスCD、DVD、Blu-rayの寿命は?
昔作ったCD-Rの寿命がそろそろ危険な時期に入ってます!
cd-447956_1280
今回の件で痛感したのですが、結局のところデータメデイアの長期保存性を考えたら、ある日突然故障するHDDやSSDよりも、CD-RやDVD-R等の追記型光学ディスクよりも、本来のメーカープレス盤が最強ではないかと思うのです。CDは当初寿命30年と云われてましたが、80年代に生産されたCDも、室温で普通〜に保管していれば、プレス不良が無い限りは今でも大きな変質も無く新品同様なのは皆さんご存じの通りです。そして、一にも二にも音楽データの保存で守るべきは・・・>>続きを読む♪

DENONよ、お前もか!芸術の秋ではなくて値上げの秋なのね・・・orz

消費増税に始まり、オーディオに限らず去年に引き続き今年も日用品から何やらあらゆるものが値上げされはじめ、庶民的には日々阿鼻叫喚というか価格改定が目に付く度に背筋がひんやりしまくりな今日この頃ですけれども、今度はDENONの大人気エントリーモデルと、DENONが輸入代理店を務めるDALIのエントリークラススピーカーが値上げされる番でありんす。。。

DALIの“ZENSOR”が11月4日より値上げ。「ZENSOR 1」は43,800円に

「ZENSOR 1」現行価格 36,000円(ペア)→新価格 43,800円(ペア)
「ZENSOR 1(ホワイト)」現行価格 OPEN(ペア)→新価格 43,800円(ペア)
「ZENSOR 3」現行価格 62,000円(ペア)→新価格 69,000円(ペア)
「ZENSOR 5」現行価格 96,000円(ペア)→新価格 113,000円(ペア)
「ZENSOR 7」現行価格 60,000円(1本・ペア販売品)→新価格 69,000円(1本・ペア販売品)
「ZENSOR VOKAL」現行価格 33,000円(1本)→新価格 43,800円(1本)

DALI ZENSOL1は小粒でも安くてピリリと美味しい入門向けスピーカーって事で、箱ピュアブログでも何度か紹介してきました。でもこれ、売れている理由の半分以上は音質の割に価格が極端に安かったから、初心者さん・・・特に若い人達に支持されているのであって、お高くなったら誰得?みたいな「安価だからこそ誉められるしCPが際立つ」スピーカーではないかと思うのですが、新価格が+7800円増しの43,800円ってかなりそこんとこ危ない価格に近づきつつあるな〜と個人的には思ってしまいます。>>続きを読む♪

BOSEの新製品体験会に行って来ました〜♪

4年ぶりにBOSEのお話。今年2015-9月にBOSEが大々的に新製品を発売したのですけれども、今回かなりの製品が一斉にマイナーチェンジを施されたのと、米国ブランドの高級ラジカセとして根強い人気があるウェーブミュージックシステムなどは、11年ぶりにフルモデルチェンジされた事もあって個人的に興味津々。。。
bose_Wave_music_system_IV
新型 Wave music system IV⇒【Amazon.co.jp】【楽天市場】【Yahoo!Shopping
《ワイヤレスを使いこなせない方へのプレゼントには、そのままCDもラジオも聴けるウェーブミュージックシステムがお薦め♪新設計で大幅性能向上しました。》

実はBOSE製品、円安を理由に7月1日に21年ぶりの一斉値上げに踏み切っているのですけれども、秋にモデルチェンジするならどうせ旧機種になるので値上げしなきゃ良かったのにと思ってしまいました。そんな中ではありますが、丁度良いタイミングで新製品体験会のイベント紹介状が何故か私の所にも来てたので、物見遊山半分で渋谷のボーズ本社に行って参ったのでありまする♪>>続きを読む♪

プレスCDやDVDメディアの寿命はいったい何年くらい?

CDが登場してから早33年が過ぎました。CDが発売された後しばらくの間、CDの寿命は30年などとまことしやかに囁かれていたにもかかわらず、結果どうなったかというと、皆さんご存じの通り80年代初期のプレスCDであってもその大半は特に何も起こらないまま・・・これが答えでした。ヤフオク!でもクラシックやジャズの80年代初期プレスが高音質盤として今でも高値が付いたりしますし、つまるところ経験則として事実上問題無いと多くの方に認識されていることが窺われます。
supraphon
CDが発売された当初、1980年代はCDの製造品質に極一部でバラツキがあり、ポリカーボネート層が浸食してしまい反射層のアルミが錆びて再生不能になるCDがあるにはありました。但しこの手の問題が発生する際には30年と言わず、製造後数年で見るからに腐食や茶変色(ブロンズ化)が始まりますから、30年経っても見た目に明らかな問題が無いCDは、そのまま保管条件が悪くなければ更に30年は余裕で持つでしょうし、結論から云えば経年劣化は極めて遅く、プレスCDというものは事実上、今後も半永久的に保存出来るものではないか?と今は思っています。>>続きを読む♪

昔作ったCD-Rの寿命がそろそろ危険な時期に入ってます!

NASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話

もう一つ、昔、CD-Rでのエアチェックがピュアオーディオ界隈でうっすら流行ってた1995-2000年前後、NHK-FMのクラシック番組やら、丹下桜とか当時のアニメ声優のラジオ番組などをPioneer PDR-D5(工事中)MARANTZ CDR630(工事中)を使用して沢山デジタル録音していたのですが、これらの録音データもまるっと全て消失してました。
cd-r
ところがですね・・・これ探してみたらなんと全部原盤CD-Rを忘れられた本棚の片隅に保管してあったのですよ!\(^o^)/だがしかし、これで安心するのは早かった。。。試しに再生してみると、おお!そろそろ色々読み込めなくて音飛びしたりなんたがヤバげな事になってる・・・(;゜ロ゜)>>続きを読む♪

NASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話

数ヶ月前に遡ります。私は2年くらい前から知人のすゝめでネットワークオーディオ系のmixiコミュニティに籍を置いていたりしますが、実のところ未だにネットワークオーディオプレーヤーの単体専用機を一台も所有せず完全に幽霊部員。PCオーディオも極めるどころか中途半端にかな〜りお茶を濁している、もはや世界の進歩にまともについて行けないくらいのお馬鹿さんなワケですけれども、それでも管理人の場合、概ね以下の5つの目的でデスクトップPCオーディオをそれなりに構築していたりします。
WZR-600DHP

1) e-onkyo musicその他で試聴したり購入したハイレゾ音源を再生する
>>続きを読む♪

Ensemble HOTLINE スピーカーケーブル

数年前に暫く使っていたスイスEnsemble社のスピーカーケーブル HOTLINEです。今でも後継モデルが色々とあるのですが、いつのまにかEnsembleの製品って日本では売られてないですよね。90年代半ば?の高級オーディオケーブル黎明期の製品で、当時の価格はたしかこの2mペアで税込み6〜7万円くらい・・・正確な希望小売価格は忘れてしまいましたが、新型が今入ってきたら○十万とかしそう。ホースのような質感でとにかく太くて重いです。
Ensemble_HOTLINE02
アンサンブルはかのゴールドムンドとも繋がるハイエンドブランドという事もあってか、同社のスピーカーケーブルHOTLINEはもの凄い個性的な音質で、これを繋ぐと空間情報量の多さにスピーカーから音がオーバーフローしてくるような印象です。>>続きを読む♪

ハイレゾとロスレスと圧縮音源の音質差って・・・言うほどあるん?

WAVやFLAC、Apple Lossless等16bit/44.1kHzCDクオリティのロスレス音源と、AAC MP3などの非可逆圧縮音源、はたまた情報量が多く帯域も広いハイレゾ音源の耳で感じる”実際のところの音質差”ですけれど、これ、何を基準に話すかで全然違うと思うんです。聴感ではなくデータ上の違いを持って、違いは大きいのです!って太鼓判押せちゃうから、実際に聴感上の優位差をどのくらい感じ取れるのかが怪しい場合にでも、みなさんドヤ顔で、暗に効き味もとい利き音が出来る俺様は特別〜♪なんてふいんきのスノビズムでなくとなく騙られているような気がしてるのですが、これってば単なるわっちの思い過ごしでしょうか?
sound-69948_1280
あくまで私個人の印象ではありますけれども、ハイレゾや圧縮の音質差を微々たる差では無く、視覚イメージ的に見るからに克明に描き分けられるオーディオシステムやヘッドフォン&イヤフォン×ポータブルアンプというのは、パーツの品質と精度にもそれなりにコストのかかった相当にレベルの高いハイエンドオーディオシステムか、かなりシンプル&ストレート伝送に気を遣ったマニアックなオーディオ機器に限られてると感じます。>>続きを読む♪

非圧縮音楽配信サービス「TIDAL」の圧縮音質聴き分けテストがすごかった♪

知人からさっき突然、「TIDAL」って良いよ〜?みたいなお勧メッセがありまして、なにそれティダルってもしかしてステラが輸入してるドイツのスピーカーの事かぇ?とか思ってググってみたら、アメリカの新しい音楽配信サービスの話なのでありんした。
TIDAL
こちらはティダルじゃなくてタイダルだった。このTIDALがSpotify等の従来のクラウド型音楽配信サービスと比べて先んじているのは、CD/WAVと同レベルの44.1kHz/16bit、1411kbpsでロスレス配信されている点です。ここたけの話320kbpsの圧縮フォーマット音源とか貰っても直ぐに窓からiPhoneごと投げ捨ててるわっちからすると、これはもしかしたらもしかすると魅力的なのかも!?>>続きを読む♪

【2015-9月 記事リスト】

ピュアオーディオ
o-greenノイズキャンセリングイヤホンAKG K391NCを今更購入しました♪
o-greenハイレゾは耳栓をしても聴き分けられるか!?SONY CMT-SX7

オーディオ・ビジュアルアクセサリー
o-greenZonotone 6NAC-Granster 3000αモニター当選インプレッション♪
o-greenサウンドハウス CLASSIC PRO PDS8 電源ボックス レビュー♪
o-green単線RCAケーブル「Monster Cable M350i」の音楽性
o-green低価格帯最強? SONY HDMIケーブル DLC-HE10XF インプレッション
o-greenaudio-technicaとAIM"エイム"のHDMIケーブル備忘録

初心者向けヤフオク!講座 オーディオ機器編
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (1)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (2)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (3)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (4)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (5)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (6)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (7)
o-greenヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (8)

iPhone/iPad/iPod高音質化計画
o-greeniPhone5をiOS7→iOS9にしてみたら激重化したのでiOS8.4にダウングレードした件
   
オーディオ音質アップのアイディア集


CD・DVD・レコードの整理整頓に役立つ収納グッズが大集合!

サウンドハウス
SOUND HOUSE 超特価ヘッドホン・イヤホン



Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

ピュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの辺境公爵」でございます。自称ルンペンブログタリアーティスト。コメント&ご質問はお気軽に♪ ⇒連絡先

箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリー・トラックバックフリーです。(但し画像ページのみへの直リンクはご容赦下さい。) 本文を転載/引用される際には、元ページのリンク併記をよろしくお願いします。

当コンテンツはApple iPhone7, iPad mini4/ASUS VivoMini VC65 Windows10/ASUS UL20FT Windows10、Chrome及びIE11で制作・最適化デザインされています。photo credit: Gramophone Maryland via photopin cc

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
フィードメーター - 箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE にほんブログ村 PC家電ブログへ
オーディオブログRanking

Yahoo! JAPAN
AUDIO STYLE 内を検索


型番/機器名でのYahoo!ショッピング検索はこちら

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村ランキング
↑クリック支援お願いします↑



オーディオ逸品館



DALI SPEKTOR1【プログ推薦】


DALI ZENSOR PICO


DALI ZENSOR 1(センソール1) 【WHAT Hi-Fi Award 2014】


DALI ZENSOR 3


DALI MENUET 【ブログ推薦】

Twitter profile
ツイートはAUDIO STYLEの補足と主にクラシック音楽関連のメモ書きが中心です。オーディオ機器は低価格&コンパクト志向。センスと使いこなしノウハウ重視。お気軽にフォロー、コメント、リツイートしていただけると嬉しいです♪