美しく青きドナウ♪といえばJ.シュトラウス二世のワルツの中でももっともポピュラーな曲ですが、そのウィンナワルツをポップスにしてしまったのがKOTOKOさんのこちらの歌DuDiDuWa*lalala
魔法少女隊アルス EDテーマ
KOTOKOさんはアキバ系の人々には有名な歌手で、この曲はアニメ魔法少女隊アルスのED曲として書かれたものみたいです。このアニメ、なにやら凄いらしいという噂を聞きつけ少しだけ観たことがあるのですが、アーティスティックで個性的ななイラストと世界観且つシュールでなかなか濃い話の上に、このエンディング曲流れてないじゃん!っというチョットフシギ?な番組ですが、取り敢えずそっちは横に置いておいて、このアレンジされた"美しく青きドナウ"が意外や意外とっても楽しいんです♪というより正直かなりびっくりしました。KOTOKOさんの公式サイトでDuDiDuWa*lalalaが少しだけ聴けますので、もしよろしければ聴いてみて下さいませ♪(後日注:試聴サンプル無くなりました)

・・・・・・ね、面白いでしょ?(笑)

KOTOKOさんが好きなアニヲタの友人曰く、マニアに大切なのは1曲目の「覚えてていいよ」の方らしく、でも個人的にこちらの曲はあんまりピンと来ないらしいのですが・・・(滝汗) 僕からすると1曲目は微妙な印象だったりしますので、やはり音楽ジャンルが違うと好みの曲が違ってしまうのかも知れません。。。(笑) それはともかく、良い曲ですので原曲の美しきドナウと比べる為にシングルを買ってしまいました。少し変わったネジを巻く?効果音も入っていて、音質もKOTOKOさんのアニソンの中ではアコースティックでそこそこ良質な部類に入ると思います。

NHK 教育 「天才ビット君」 アニメコーナー 魔法少女隊アルス EDテーマ 覚えてていいよ/DuDiDuWa*lalala
NHK 教育 「天才ビット君」 アニメコーナー 魔法少女隊アルス EDテーマ 覚えてていいよ/DuDiDuWa*lalalaKOTOKO

おすすめ平均
stars2曲共爽やかソング
starsKOTOKOさんはすべてが違うジャンルなので
starsKOTOKOさん大好き
starsKOTOKOさん最高です!
starsさわやか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カルロス・クライバーの美しく青きドナウ

ちなみに、ヨハン・シュトラウス鏡い虜邏覆靴晋橋覆離錺襯帖嵌しく青きドナウ」で管理人がお薦めの演奏は、カルロス・クライバーが指揮するこちら♪

ニューイヤー・コンサート1989&1992
クライバー(カルロス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ニコライ

おすすめ平均
クライバーがウィーン・フィルの歴史を変えた瞬間

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕自身は発売当初直ぐに購入した1992年のCDしか持っていないのですが、昨年クライバーが亡くなった追悼盤として、現在は1989年と1992年の演奏全曲をセットの3枚組みでリリースされているみたいです。しかもこの演奏の素晴らしさは間違い無く買いでしょう♪

CDアルバムのプレス国や年代、リマスタに因る看過出来ない音質の違いについて【前編】

このカルロス・クライバーのウィーン・フィル ニューイヤーコンサートが再プレスで音質がどうなっているのか少々興味があります。実は92年のものはソニーの一部抜粋サンプル盤を持っていまして・・・これがその後発売されたものより何故か音が良いんです(T_T) 言葉で伝えるのは難しいのですが、聴いていて伝わってくる楽しさが違っていて、量産ディスクの方は音楽性が少しスポイルされてしまっていて(勿論、量産ディスクしか知らないとこの微妙な差は判らないですけど)カルロス・クライバーの凄さが100%伝わってこないのを当時歯がゆく感じたのを思い出します。とはいえ、クライバーの演奏はその指揮を映像で実際に目の当たりにすると、その素晴らしさと凄さがCDよりも遥かにダイレクトに伝わってきます。私は当時録画したニューイヤーコンサートのビデオを持っていますがそのDVDがこちら。

ニューイヤー・コンサート1992
クライバー(カルロス) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウィーンフィルの音はカルロス・クライバーあってこそ、その持ち味が最大限引き出される・・・正直このクライバーの夢のように自由なウィンナワルツの指揮を観てしまうと、その後ニューイヤーコンサートを誰が指揮をしても満たされることが無くなってしまう罪な指揮。毎年今年もまたクライバーじゃないのか〜とがっかりしたものです。。。orz 今となっては彼の演奏をもはやオーディオ装置からしか聴くことは出来ませんが、ムジークフェラインザールでのカルロス・クライバー指揮ウィーンフィルニューイヤーコンサートならではのウィーンの薫り立つ響きと韻を踏んだリズム・・・この音響をよりそれらしく再現する為にはウィーンアコーステッィク製スピーカーの表現力はやはり格別です。ニューイヤーコンサートをVienna Acousticsを通し毎年聴くことが出来るのは、"AUDIO STYLE"管理人にとってのちょっとした贅沢なのであります(^^)ゝ
《Last modified 2009/03,19/4/5》

ウィーン、ムジークフェラインザールの名録音
オムニバス(クラシック) エーデルマン(オットー) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ショルティ(ゲオルグ)

ユニバーサルクラシック 2004-11-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

o-greenクラシック音楽にたゆたふ
o-greenqU^"ェ^Up アニヲタワールドにようこそ qU^"ェ^Up


PC家電ブログランキングに投票する←とりあえずクリックしてみる♪
このエントリーをはてなブックマークに追加