◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪

April 2006

M.J ピレシュのモーツァルト・ピアノソナタ全集 DG新録音→4

モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集
モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集ピリス(マリア・ジョアオ) モーツァルト

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-03-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

既に巨匠の域に足を踏み入れつつあるポルトガルのピアニスト マリア・ジョアン・ピレシュ(マリア・ジョアオ・ピリスと呼ばれる事が多い)による、一度目のモーツァルト・ピアノソナタ全曲録音です。DENONのモーツァルト生誕250周年企画盤として再販されましたので取り上げてみました。ADFディスク大賞・エディソン賞受賞盤。ピリス30歳の録音で、なんと1974年に(東京・イイノホール)で収録されたデジタル録音。おそらく市販向けのPCMデジタル録音としては最初期の物ではないでしょうか。現在はリサイタルや録音でヤマハCFSを愛用しているピレシュですが、ライナーノートに拠るとこの当時使用されていたピアノはスタインウェイ。録音はかなり実験的(・・・当時のデジタルですから)なもので、オーディオ的に音質がどうとか、ヤマハスタインウェイの音色が等と云うレベルの音ではない点は予め断っておきます。

私の場合、子供の時分に初めて出会ったモーツァルトのピアノソナタ全集がピリスのこれでした。実に不幸な出会いだったといっておきましょう(汗)。今でこそモーツァルトは大好きなのですが、最初にこんなレコードを学習用に渡されたら、生徒は弾くの嫌いになっても仕方がないと思うのです(爆) なんというか、聴いていて非常にフラトレーションがたまる。乾いてキンキンした音質も不愉快でしたが、極度の内向きな嫌世感とも受け取れる倦怠感の中で、一つ一つのタッチがなにやらおしなべて苦痛に満ちた音色がする。まるでバッハの受難曲を聴かされているような、十字架を背負うキリストの痛みをその内面からえぐり出すかの如き閉塞感で、こんなの全然モーツァルトらしくない・・・と、当時の私は感じていたのですが、レビューをさらってみると驚くことにもの凄く評価が高い。でもそんな世間様の評価とは関係なく、子供のピュアな?感覚で聴いた際、生理的に全く馴染めないモーツァルトの解釈に想えたのでした。


さて、今私が録音当時の彼女と同じ年齢になり、改めてこのディスクを棚から引っ張りでして聴き返してみると、100%否定的な印象しか残らなかった当時とはやはり色々と聞こえ方が違います。深層部分にある潜在的な苦痛やフラストレーションのようなものは今でも感じますが、それは子供の時分に感じたほど強烈ではなく(これは私の感性が鈍ったからでしょう)、むしろそれが演奏家としての強力な個性であり味わいであるかのようにも聞こえます。リスナーとの間に真空の壁をもたらすかの如く非常に繊細でデリカシーに富むニュアンスとピアニッシモの細部にわたる充実した解釈は、むしろピリスというピアニストの非凡さを物語るというか、表面的な技巧と精神世界の中間にある情緒、感情表現に於ける抑揚とアーティキュレーションの魅力・・・深層ではなく目に見える浅層のレベルでの表現力が今の私の心を掴んでしまう感じです。しかしそれは感情という部分に於ける表現力の話で、やはりより深層の精神的な・・・人間性からにじみ出る部分とでもいいましょうか、、、その部分まで掘り下げたとき、何処か何か引っかかる部分がある。
Mozart:Sonatas For Piano & Violin
Mozart:Sonatas For Piano & ViolinWolfgang Amadeus Mozart Maria-João Pires Augustin Dumay

Deutsche Grammophon 1992-02-11
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

結局この録音の数年後、ピレシュは具合が悪くなり暫く演奏活動を休止することになるのですが、このモーツァルト/ピアノソナタ全集は休止以前の録音として貴重な反面、グラモフォンでオーギュスタン・デュメイと共に活動している今日の演奏と比べると精神的にまるで別人のようです。演奏家として再起した後の演奏に於いても、生き疲れた如き苦しそうな演奏をする時がたまにありますが、この録音ほど変に内向的な隔絶感を感じさせるものではなく、特に調子の良いときの演奏は、まるでお日様を浴びた洗いざらしの白いシーツを想わせる素朴なタッチで、自信と慈愛に満ちた表現を聴かせます。もう、こんなに小さな女性からどうしてこれだけダイナミックな表現が生まれるのだろう?と本当に不思議というか、只々凄いというか。。。

特に、技術でも感情でもないより深層の部分、精神的な部分での訴求力が、当時と今とでは、彼女の中で何かが大きく変わっている事を強く感じさせられます。リスナーであり、自分自身でもある人間に対する想いが、世俗的な喧噪に対する忌避感が見え隠れするものから、対等に生を分かち合おうとする愛へと変化してきているように・・・これは、基軸にある彼女の宗教観(ポルトガル人なのでカトリックかな?)、神に対する想いみたいなものがあって、それが何かこう、宗教戒律的な枠組みの中に押し込められた孤高のピュアリティから、より生きとし生けるもの全てを包み込む寛容さを伴いつつ真理に近づいた、といったら大袈裟でしようか。少なくとも一人の演奏家として、そういう方向性へ何か彼女の内面的なベクトルが変化したことで、現在のピレシュの演奏からは、一つ一つの音を人の心に深く刻み込むような共感性と独特の詩的で深いタッチが生まれるのではないかと、新旧モーツァルトのソナタ録音を一枚一枚を聞き返しながら想ってみたりするのでした。
Mozart: The Piano SonatasMozart: The Piano Sonatas
Wolfgang Amadeus Mozart Maria-João Pires

Deutsche Grammophon 1992-06-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こちらは90年の新録音です。何百回聞き返しても聞き飽きない素晴らしい演奏♪録音品位も大変クリアで美しく、ドイツグラモフォンの面目躍如といったところ。モーツァルト・ピアノソナタに於ける現代解釈のリファレンス盤としても手元に置くに相応しい内容です。現在Amazonでは全集入手不可能みたいですので、ご興味がおありの方はHMVで注文可能です。

ピュアオーディオRANKING←クリック御願いします♪

レイカ"LEIQWA"バランスウオッシャーCL

レイカ(LEIQWA)バランスウォッシャーCLは2液性のCDクリーナー。オーディオアクセサリとしてはもう数年売れ続けている定番商品の一つで、店舗や広告等で目にしたことのある人も多いのではないでしょうか?この度Joshinwebでも取り扱いが始まり、物は試しで使ってみることにしました。

レイカ バランスウォッシャーCL CD,DVD用(62ml)[即納]

こちらのメーカーの謳う効能書き云々は、一部例によって意味解らな系なのであんまり触れないでおきます(^^;とにかく、クリーニング、音質向上、画質向上、除電等の効果があるらしい。

液性はほぼ水に近い印象。アルコールが入っていたりとか、それっぽい揮発油や有機溶剤を含んだような感触はありません。typeA液でカビ・汚れを落とし、typeB液で仕上げのトリートメントします。まるでシャンプーとリンス。使用感も、一般の界面活性剤やアルコール系クリーナーのような強力な洗浄力ではなく、CD表面を傷めなさそうなマイルドな洗浄力です。それでもカビ等にはどうやら十分。専用のペーパークロス ビスコは木綿みたいな感触。ディスクを傷つけないクロスとありますが、汚れた面を使い続けたり、十分湿らせずに力を入れる加減を誤ると、時々ですがやっぱり傷つきます。慣れるまで少々コツが必要かも。これは他のクロスでもそうなのですが、あまり過信しない方が良いです。使い捨てなのが一番のメリットでしょう。あと、二液性ですので作業は若干面倒かな・・・。時間がかかる分、日常的に使うのは個人的にやや辛いと感じました。
レイカ(LEIQUA)ビスコCLクリーニングクロス

肝心のサウンドですが、CD特有のデジタル臭さが無くなり、エッジが取れてしっとりこなれた感じの音になります。ステージの見通しは良くなりますが、引き換えに音のトーンが微かに陰るような気もします。もしかするとB液の塗りすぎかも(爆) 要するにナチュラルに落ち着いた印象。ボーカルやピアノのタッチはデジタル的な棘が取れて微妙に生々しく血が通ったような雰囲気。オーディオ的に言えば私が普段使っている工業用?の電解アルカリイオン水クリーナーの方が明るくスッキリとクリアになるかな。こちらは以前トヨバックス・スーパーウォーターという商品名で一部オーディオショップ店頭で売られていましたが、中身はたぶんpH12の電解イオン水。工業用/一般用途のクリーナーとして、色々な銘柄から幅広く販売されています。バランスウォッシャーは、デジタル的に先鋭化したサウンドよりも、CDからナチュラルな滑らかさと優しさを引き出してくれる印象。

レコードクリーナー レイカbalance Washer 33A+33BBW33マスターセット

同社にはバランスウォッシャー33というアナログディスク用のクリーナーもありますが、音質の傾向や汚れ落ち、水っぽい液性からいって、CDよりも更に向いているかも知れません。一連の製品はオーディオアクセサリ誌の2000年、2002年度オーディオ銘器賞を受賞していて、クチコミでも特にLPレコードでの評価は高いみたいです。LP盤は定期的なメンテナンスを必要なのでこういったクリーナーは実際有効でしょう。但しCDは保管状態に問題があったり手で触って汚さない限り、普段敢えてクリーニングが必要になるケースは少ない。クリーナー効果の有る無し以上に普段使いには2液性で手間が掛かることの方が気になるかも。てか、私は数枚であっさり挫折しました_| ̄|○ まぁ変な副作用は無いみたいですので、CDの音のギスギス感が気になり、ナチュラルで自然なサウンドを指向される方は一度手にとって試してみられるのも良いと思います。(2008/8/24 リンク修正)

レイカ製品を楽天市場で探す
レイカ製品をYahoo!ショッピングで探す



ピュアオーディオRANKING←クリックして欲しいのであるです〜♪

色々試聴してきました その2 低価格プリメインアンプ編

色々試聴してきましたその1・スピーカー編

joshin_2098141192553-35-6293さて、肝心の普及価格帯プリメインアンプ選び編です。引き続きSACDプレーヤーにはDENON DCD-1650AE。モニターにはスピーカーの切り替え試聴で一番気に入ったDALI ROYAL TOWER。基準アンプにはスタイリッシュなミドルクラスのイタリア製薄型プリメインアンプAudio Analogue PUCCINI SETTANTAを使用。



以下、ちょっとばかり辛口のインプレになってしまいましたので、もしもご気分を悪くされた方がいましたらお詫び申し上げます。>>READ MORE
Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

ピュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの辺境公爵」でございます。自称ルンペンブログタリアーティスト。コメント&ご質問はお気軽に♪ ⇒連絡先

▼Twitter▼
ぱすてるぴあの@pastel_piano

▼Instagram▼
pastel_piano_audiostyle

▼Pinterest▼
pastel_piano_audiostyle

著作権とプライバシーポリシー

箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリーです。但し画像ページへの直リンクはご容赦下さい。本文・画像その他を転載/引用される際は、必ず元ページのリンク併記をお願いします。 文章・画像等の著作権はを運営しているpastel_pianoにあります。 全体あるいは一部を問わず無断使用はできません。 Never reproduce or replicate without written permission.

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。その他各アフィリエイトサービスプロバイダの広告配信によって運営されています。

レビューその他コンテンツはあくまで管理人の一意見であり個人的主観に基づきます。商品ご購入の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。箱庭的"AUDIO STYLE"を利用することでトラブルが発生した場合にも直接的・間接的問わず如何なる責任も負いかねます。内容に誤記や不備がある場合も含め、予めご了承くださいませ。

当コンテンツはApple iPhone7, iPad mini4及びASUS VivoMini VC65 Windows10で製作しGoogle Chrome及びIE11で最適化デザインされています。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ

オーディオブログRanking

Yahoo! JAPAN
AUDIO STYLE 内を検索


Yahoo!ショッピング オーディオ機器検索


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
↑ランキング投票お願いします↑




オーディオ逸品館



CD・DVD・レコードの整理整頓に役立つ収納グッズが大集合!

サウンドハウス
SOUND HOUSE 超特価ヘッドホン・イヤホン