◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪

November 2018

【2018-11月 記事リスト】

ピュアオーディオ
o-greenROTEL RDA-06 コンパクトデジタルプリメインアンプをレビューしてみる。

オーディオケーブル&バナナプラグ
o-greenaecoの新型バナナプラグABP-1111と旧型ABP-0202の比較レビュー(構造編)
o-greenバナナプラグの金メッキ,銀メッキ,ロジウムメッキによる音質差を比較してみた
o-greenaecoの新型バナナプラグABP-1111と旧型ABP-0202の比較レビュー(総評編)
o-greenInakustik NF-202R RCAケーブル インプレッション!
o-greenAcoustic Harmony N1 スピーカーケーブルのレビューでございます♪

クラシック音楽にたゆたふ♪
o-greenアレクサンダー・ガジェヴ ピアノリサイタルに行って来ました♪

カーオーディオ
o-greenT10 LEDポジションランプ PHILIPS X-treme Ultinonを愛車に取り付けてみました。

iPhone/iPad/iPod高音質化計画
o-greenLightningケーブルが断線しかかったので修理してみました。

ブログ作りの裏話
o-greenライブドアブログの「ブログネタ」を活用して被リンクを増やしてますか?
      

aecoの新型バナナプラグABP-1111と旧型ABP-0202の比較レビュー(総評編)

【aeco ABP-1111 vs ABP-0202比較レビュー】
構造編メッキ比較編|総評編

今回が3分割したレビューの後編です。aecoの新型ABP-1111系バナナプラグの特徴は、高価なテルル銅をベースに真鍮等の単純な金属素材の組み合わせではなく、2ヶ所にポリアセタール樹脂パーツ(POM)を敢えて組み込む事で、金属共振で発生する付帯音をダンピングし、よりカラーレーションを排除する方向で設計されている点です。
abp-111_aeco
但しプラスチック系素材のパーツには功罪ありaudio-technica AT6301の樹脂カバーに見られるように、使いすぎれば解像度を落とし、音を柔らかく悪く言えば安っぽくしてしまいますし、逆に金属素材だけでは、共振付加に拠る特有の美音傾向は出せるものの、エネルギー感をロスしたり、付帯音で細かな音をマスキングするデメリットも無視できません。>>READ MORE

バナナプラグの金メッキ,銀メッキ,ロジウムメッキによる音質差を比較してみた

【aeco ABP-1111 vs ABP-0202比較レビュー】
構造編|メッキ比較編|総評編

台湾AECコネークターズの高級ブランドaeco製バナナプラグ構造編の続き、肝心の音質のインプレッションです。aecoのバナナプラグ以外でもメッキによる音質の違いについて参考になればと思います。今回比較したのはABP-1111の金メッキ、銀メッキ、ロジウムメッキ。ABP-0202R(旧型ロジウムメッキ)です。導体は高純度テルル銅。全て一般的に下地に良く使われているニッケルメッキを施さない純粋なダイレクトメッキで、メッキ品質は極めて良好。バナナプラグの数度の抜き差しで簡単に剥げるような脆いメッキではありません。
aeco ABP-1111 バナナプラグ
ABP-1111は旧モデルABP-0202と比べてかなり複雑な構造。新品初期挿入は固すぎず適度。樹脂パーツによるダンピングが吉と出るか凶と出るか? ベリリウム銅で作られた導通部のコンタクトヘッドは旧型より更に小さく、導体とプラグヘッド間のネジは1ヶ所止め。後部のネジはスピーカーケーブルの被覆を止めるものです。>>READ MORE

aecoの新型バナナプラグABP-1111と旧型ABP-0202の比較レビュー(構造編)

【aeco ABP-1111 vs ABP-0202比較レビュー】
構造編|メッキ比較編総評編

先月レビューしたばかりの台湾aeco製バナナプラグABP-0202R(旧型)ですが、その後、箱ピュアで新型ABP-1111系バナナプラグ3種の評価もさせていただけることになり、今月は3つのサブシステムを使い、ABP-1111のメッキ違いと旧型ABP-0202Rとの音質差についてじっくりと比較テストをしていました。新型ABP-1111の外観はこんな感じでシャープなイメージ。超高精度に削り出された高級感のあるバナナプラグです。
aeco ABP-1111 金銀ロジウム
商品画像では判らなかったのですが、実物は旧モデルよりもアウターカバーが一回り大きくなっています(といっても他社製品に比べれば超小型の部類ですが...)。重さは旧型が4本約26gで新型は約29g。C14500系テルニウム銅のロックヘッドにC3604系黄銅カバーの金属2ピース構造だった旧型に対し、新型はテルル銅 / 真鍮 / POM樹脂/ 鉄の異種素材を組み合わせた複雑な構造となり、5ピース+2種のネジで構成されています。どうしてわざわざこんな複雑な構造にしたのか正直に言うと疑問だったのですけれども、これは実際に音を出してみて、このような攻めた設計をした意図が良く理解出来ました(子細は後述します)>>READ MORE

Acoustic Harmony N1 スピーカーケーブルのレビューでございます♪

今回紹介するのは国産ハイエンドケーブルメーカー、アコースティックハーモニーのN1 スピーカーケーブルです。Acoustic Harmonyは本社が愛知、製造拠点が静岡にある日本製のオーディオケーブルメーカー。数年前からオーディオアクセサリー誌等ではちょくちょく紹介されていて、個人的に注目していたブランドですが、取扱店舗が少なくネット上の音質レビューも皆無に近く、今回は未試聴での購入です。
アコースティックハーモニーN1
Acoustic Harmonyの場合、国内ではピュアオーディオ、ハイエンドオーディオ系の販路よりもカーオーディオ向けの知名度が高く、超高級品のみならず、手に届きやすい価格帯のケーブルも一通り揃っています。その中でもAcoustic Harmony N1スピーカーケーブルは切り売りで販売されているNシリーズのエントリーモデル。完成品はオーディオアクセサリー銘機賞2015の端子付きスピーカーケーブル10万円以下部門で部門賞を受賞しています。>>READ MORE

ROTEL RDA-06 コンパクトデジタルプリメインアンプをレビューしてみる。

プリメインアンプROTEL RDA-06は、Twitterのフォロワー仲間の友人がメインシステムで使っているデジタルインテグレーテッドアンプ。彼の出すシステムのサウンドにはPCオーディオ越しながらいつも感心しているのですが、丁度デスクトップPCオーディオのデジタルアンプ更新を目論んでいたところ、とあるお店でRDA-06の特価の出物があり、その場の勢いでキャプチャーしてしまいました(実は1年前の話です)。ROTELそのものは10代の頃より店頭で慣れ親しんでいて、いつも候補にはあったのですけれども、どういう訳か実際に購入するまでには至らず、今回のRDA-06が意外にも管理人にとって初のローテルだったりします。
ROTEL RDA-06
ここで簡単にROTELについて紹介しておきますが、創業は50年以上前に遡る老舗の日本のオーディオメーカーですが、日本国内ではマイナーメーカー扱いで知名度が低く、知る人ぞ知る逆輸入的ブランド的なポジション。元々の設計は英国人エンジニアのトニー・ミルズ氏、現在のチーフエンジニアはダレン・オース氏とのことで、海外での知名度が国内よりも遥かに高く、主に英国圏や欧州、米国で幅広く認知されているHi-Fiオーディオメーカーだったりします。>>READ MORE

T10 LEDポジションランプ PHILIPS X-treme Ultinonを愛車に取り付けてみました。

今回は先日取り付けた車のT10 LEDポジションランプ(ウェッジ球) PHILIPS X-treme Ultinon 6000K 130lmについてです。管理人がLEDランプを使い出したのは先代車の頃からですので、既に10年以上も前から使える所にはLEDを色々と試してきたのですが、当時の製品に比べると今のLEDは随分と明るくなり、またブランドに拘らなければお値段も非常に安価になりました。
PHILIPS X-treme Ultinon T10 6000K 130lm
今のシトロエンC4のポジションランプについては、これまで使っていたものは2011年に購入したLED T10 3chip 5連SMDの中国製バルク品で、当時の購入価格は出始めでペア2200円。明るさは80ルーメン〜90ルーメン程度と思われますが、当時はスペックが明記されていなかった割と怪しげなもので、今では同等品が非常に安価に出回っています。>>READ MORE

アレクサンダー・ガジェヴ ピアノリサイタルに行って来ました♪

アレクサンダー・ガジェヴAlexander Gadjiev(アレクサンダー・ガジェヴ)は2015年の第9回浜松国際ピアノコンクールに優勝したことで脚光を浴びているピアニスト。1994年イタリア生まれで若干24歳の若さながら、割とイケメン風な銀髪にメガネの風貌は大人っぽく、プロフェッサーといった印象。若いのに髪が銀髪紳士なので実際の年齢よりもパッと見かなり大人っぽく見えます(良〜く見ると若い)。そういや名前がこれなので、最初ロシア系なのかと思ってたらイタリア人(スロベニア系)でした(滝汗)

横浜にあるフィリアホールでの本日のプログラムはバッハ=ブゾーニ編曲のトッカータ、アダージョとフーガ。BWV564とシマノフスキのメトープよりセイレーンの島とカリプソの2曲。ブゾーニ編のトッカータとアダージョとフーガはエフゲニー・キーシンの演奏で覚えていたのですが、これまた随分と違った解釈。明るい音色でリズム感も良いのですが、ことさらメリハリを主張する弾き方では無く、ペダルを多用した自然な流れの柔らかい演奏。フーガの盛り上がりは圧巻でしたが、この速さと弾き方は演奏難度高そうね(@_@;) シマノフスキのメトープは色彩感豊か。曲が頭に入ってないのが悔やまれる。当初演奏される予定だったスクリャービンの5つの前奏曲op.16については、良く知られたショパンの夜想曲13番に変更になっていましたが、夜想曲も抑制からの後半に向かったダイナミクスとコントラストが利いていて、良く考えられた演奏です。>>READ MORE

Inakustik NF-202R RCAケーブル インプレッション!

ドイツの老舗レコードレーベル&オーディオアクセサリーメーカーInakustik。長年「モニターPC」と呼ばれていましたのでそちらを覚えている方もいらっしゃると思います。2008年にブランド名の「モニターPC」を廃止して社名のInakustikに統合したそうで、今の時代には検索するにもあまりに紛らわしいブランド名でしたので、代わって良かった〜なんてね♪ それはともかく、管理人は現在いくつかのInakustik製品を使用しているのですが、今日はその中でも中核となってるRCAインターコネクトケーブルNF-202Rのレビューをしてみたいと思います。
Inakustik NF-202R
現在、InakustikのRCAケーブルはユキムが代理店を務める日本国内では5種類がラインナップされていて、33万/mペアのフラッグシップがInakustik NF-2404 RCA。NF-2404の構造を継承しつつコストダウンした新モデルがNF-1204 Air、NF-1204 Airとほぼ同価格ですが、下位機種の構造を継承しつつ設計されたInakustik NF-1603R。今回レビューするNF-202Rとその下位モデルNF-102Rは普及価格帯の位置付けですが、いずれも全てドイツ国内でハンドメイド生産されています。>>READ MORE

Lightningケーブルが断線しかかったので修理してみました。

今回は箱ピュア管理人のiPhone7とiPad mini4の日々の充電の話。iPhone5に付属していた1本のApple純正Lightningケーブルをそのまま使い回してはや5年、先日ふと見てみると端子が割れてケーブルに亀裂が入り中が剥き出しに・・・Σ(・□・;)www ちょくちょく無茶な引っ張り方をしてましたので、何時かは壊れる訳ですけれども・・・まぁ5年持ったのはもしかすると長い方なのかも知れませんが、亀裂が入って中が見えているものの、iPad miniもiPhoneもまだ問題無く認識しますし、導通についてはとりあえず問題無さそう・・・。
Lightningケーブル断線
純正Lightningケーブルに拘らなければAmazon.co.jpでいくらでもサードパーティのApple認証Lightningケーブルが手に入るのですけれども、なんでも大切に長く使う管理人としては、こんなよれよれのコード1本にも妙な愛着があったりして、直して使い続けるのもあり?みたいな。考えたらiPhone7とiPad mini4に付属のLightningケーブルが未開封のまま取ってあるのですけれども、ここは敢えてDIYでの修理に挑戦してみることにしました。>>READ MORE

ライブドアブログの「ブログネタ」を活用して被リンクを増やしてますか?

ライブドアブログには「ブログネタ(旧共通テーマ)」と呼ばれるブログポータル型ソーシャルシェア方法が昔からあります。日本ブログ村はてなブックマークのLivedoorBlog限定版みたいなものですね。ただこれ、利用者が好き勝手にテーマを作ることが出来るため、同じようなテーマが重複しまくっていたりして実用性にかなり問題があったり。箱ピュアBlogを始めた2005年からず〜っとカテゴリ分けや基本仕様が殆ど変わらないまま放置されたままで、現在ではポータルサイトとしての実用性とアクセスにかなり難があるため、利用者が激減したままだらだらと続いている状況です。
tree-1148032_1280
一応、「ブログネタ」から今でも毎月極々としたアクセスが得られるのは事実ですが、敢えて今でもブログネタを使っているユーザーはライブドアブロガー中の一握りにすぎず、ニッチなオーディオ関連などはほぼ箱ピュアが独占する自作自演リンクファームみたいになってしまいました(^^;)。ブログネタの集客力について検索しても、2000年代後半に書かれた記事ばかり。現在はもう新規での利用者はほんとうに僅かになってしまったように感じます。>>READ MORE
オーディオ音質向上アイデア集
オーディオブログRanking

Yahoo! JAPAN
AUDIO STYLE 内を検索


Yahoo!ショッピング オーディオ機器検索


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
↑出来たら投票お願いします↑




オーディオ逸品館

Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

▼Twitterアカウントはこちら▼
ぱすてるぴあの@pastel_piano

ピュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの辺境公爵」でございます。自称ルンペンブログタリアーティスト。コメント&ご質問はお気軽に♪ ⇒連絡先

当サイト箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリーです。但し画像ページのみへの直リンクについてはご容赦下さい。本文その他を転載/引用される際は、必ず元ページのリンク併記をよろしくお願いします。

当コンテンツはApple iPhone7, iPad mini4/ASUS VivoMini VC65 Windows10/ASUS UL20FT Windows10、Chrome及びIE11で制作・最適化デザインされています。

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。各種アフィリエイトなどの広告配信によって運営されています。
フィードメーター - 箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ


CD・DVD・レコードの整理整頓に役立つ収納グッズが大集合!

サウンドハウス
SOUND HOUSE 超特価ヘッドホン・イヤホン





DALI SPEKTOR1【プログ推薦】


DALI ZENSOR PICO


DALI ZENSOR 1(センソール1) 【WHAT Hi-Fi Award 2014】


DALI ZENSOR 3


DALI MENUET 【ブログ推薦】

日本ブログ村