結果2-2引き分けでした。
得失点差で決勝トーナメントに出場できず。

でも、いつものようにストレスを感じるような試合ではなく、ギリシャ戦も含め、今回のコンフェデは観ていて非常に楽しい試合でした。唯一気になったのは前半終了間際にブラジルの最終ラインにボールを回され、それをどうにも出来ず、ただ時間だけ過ぎてしまったのが観ていてどうかと思ったのと、後半は両チームともややトーンダウン気味でしたが、日本は最後まで非常に攻撃的な姿勢で、ブラジルと互角に渡り合いました。トータルでの実力では当然あちらの方が上なのですが、その差を埋めるだけのチームワーク、戦術、そして攻めの姿勢があったと思います。中村俊介がこれだけ見事に機能したゲームも久しぶりですね。

日本もブラジルの要、ロナウジーニョをもっと意図的に削って封じ込めればもしかしたら勝てたかも知れませんし、こちらもヒデを封じられれば巧く機能しないチームかも知れませんが、そんなつまらない方法取らず、敢えて正攻法で正面からぶつかって引き分けたのはとても価値があると思います。惜しいシュートシーンも多く、オフサイド判定も含め、結果どちらのチームが勝っても不思議ではない試合でした。本当に日本は強くなりましたね。予想より遥かに強いという印象を世界に与えたはずです。何だかんだ言ってもジーコ監督の功績は大きいですよね。今回のように強いチームと当たることで真価が発揮される様な、選手交代も含めて、従来の代表監督とは次元が違う視点から、チームのポテンシャルを引き出した、非常に観ていてストレスのない合理的なサッカーをされていると思います。これでワールドカップも期待できそうです♪

ピュアオーディオRANKING←クリックしてお兄様♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加