昨年の大晦日に、アンプ修理中に繋ぎに使う為のプリメインアンプ導入計画について書きましたが、実は未だ機種選びでかなり迷っています・・・(滝汗)。そろそろ実際にアクションを起こさないとなぁ〜という事で、この度重い腰を上げて一通りの機種を試聴してきました。

場所は都内ヨドバシ某店。良くあるセレクターを介して沢山の機種が切り替え可能な展示方法ですので、音質面で理想的な試聴環境ではありませんでしたが、とりあえず、それぞれの機種のニュアンスと片鱗を、次から次へ切り替えながら大雑把に確認することは出来ます。平日午前でお客がいなかったので、店員さん声をかけられることもなくたっぷりと長時間試聴してきました(注:迷惑にならないように音量は控えめにです。)

まずアンプ選びの前に展示中のスピーカーの試聴。20〜30機種はあったと思いますが、これを一通り全て聴いてみます。

プッチーニ セッタンタ試聴に使用したアンプはイタリアオーディオアナログのPUCCINI SETTANTA。私の好きな音のする中級モデルがこれしか繋がってませんでした。CDPも同じくパガニーニ 192/24にしたかったのですが、何故か展示が無くなっていたので、雑誌の試聴リファレンス機として良く使われているDCD-1500AE。コストダウンの為のシャシー共有化なのか、見た目は上位のDCD-1650AEDCD-SA11DCD-SA1と殆ど一緒ですが実売価格は5〜6万円台。SACD入門機として人気が出そうな、低価格でお手頃クラスの魅力的なSACDプレーヤーです。

で、今回試聴したスピーカー全てのレポートとレビューを書いていたらキリがありませんので、個人的にこれは良い!と感じたモデルのみ簡単にピックアップしてみます。

《以下、大まかに価格とサイズ順です》

AUDIOPRO ALLROOM Sat ←購入しましたレビュー

AUDIOPRO ALLROOM Sat手のひらサイズで非常に小さい。このサイズですから当然レンジが狭く低音は出ませんし、大音量では歪んでしまいますが、その辺りを割り切って控えめの音量で楽しむ分には問題ありません。高域はオーディオプロImage11と比べ丸みがあり穏やか。ボーカル帯域など抜けが良く素直で、潤いのある上品で真っ当な音質。本当の意味での正統派。音色はImage11とほぼ同傾向ながら、allroom SATでしか得られないチャーミングで角の取れたアナログライクな魅力があります。私がもしマルチチャンネルに手を出すとしたら、ナチュラルサウンドのこのスピーカーは最有力候補かも。あと、今後薄型大画面プラズマテレビを導入する場合にも、テレビ用のモニタースピーカーとして是非欲しいです♪オールルームはAUDIOPRO IMAGE12と違ってあまり騒がれませんが、そこらの安物サテライトスピーカーとは「質」がまるで違う。本当の意味での隠れた良質機だと何度聴いても感じます。

ALR/JORDAN ENTRY Si ←購入レビューはこちら


店頭で聴くだけでは以前に使っていたマイナーチェンジ前のエントリーSとあまり違いが判りません(滝汗)。こちらのブログにEntrySとSiの詳細な違いが書かれています。サイズの限界でレンジは狭いのですが、ALR/JORDAN独特の残響を伴うステージの広がり感と、耳触りの優しいウッディタッチで明るく音楽が活き活きと楽しめる音です。

MONITOR AUDIO Radius 90  →現行モデル Radius Series 90


現代のブリティッシュサウンドを代表するモニターオーディオの超小型スピーカー。メタルコーンから来るのでしょうが、明らかに特殊な個性のある変な音でちょっとばかりイロモノ系かも(爆)。明るくドライでヴァイオリンなどはもうあり得ない不自然さ。しかし、大変に歯切れが良く、低音が出ていないにも関わらず音楽がノリノリです♪ クラシックのようなアコーステッィク系音楽にはやや弱いのですが、ロック・ポップス、テクノ、電子楽器系などはとても小気味よく鳴ってくれてスカッとした爽快な気分になれます。近年Monitor Audioの普及クラスには個人的に?なモデルも多かったのですが、Radius Series 90についてはかなり好き。敢えてサブに欲しいと思わせる不思議な魅力があります。

DALI Royal Menuet供 →現行モデル DALI MENTOR MENUET SE

DALI Royal Menuet
こちらは逆にクラシック向きのスピーカーです。英国のQUAD"クォード"と共にデンマークのDALI"ダリ"は、ヨーロピアンサウンドの伝統であるアコースティックな色気や、ウォームでデリケートなニュアンスの方向性を未だに感じさせる数少ないメーカー。悪く言うとやや現代のHi-Fiスピーカー的ではないディテールの粗雑感とか、くぐもった感じはあります。それが魅力でもあり、弱点にもなる。潜在的なポテンシャルが高い反面、ポン置きでは真価を発揮しそうにないので要は組み合わせと使いこなしかも知れません。他の安価な小型スピーカーと比べると、控えめなワット数且つより品位の高い上位クラスのアンプか、真空管アンプでのドライブがお薦めです。

QUAD 11L  →現行モデル 11L Classic Signature

babadenki_983747-29
今更言うまでもなく、英国QUAD設計の超お買い得名機。仕上げも美しく、価格も安い。そして何よりも音楽性が高い。展示機の音質ですが、以前のレポートで書いた10ヶ月くらい前の試聴の際には多少キンキンしてたのに、今回改めて聴いてみると、どこかしら旧KEFやLS3/5Aを彷彿とさせる大変まろやか〜な音になってました。エージングが進んだのか、展示品が入れ替わったのかは不明ですw 単に今回使ったプッチーニ・セッタンタが割と相性良かっただけかも。クラシカルな渋い音色だけれども現代的なクリアネスと解像感もしっかり併せ持っている・・・そんな感じです。切り替え試聴した30万クラスまでの中小型ブックシェルフで、これよりバランスが良いのは見つかりませんでした。敢えて書きませんが変な音になるアンプは沢山ありましたけれども。。。(爆)

QUAD 12L

QUAD_12LQUAD 12L(ペア) スピーカー
こちらは以前に聴いた際には11Lと違ってキンキンしてなかったのに、今回は12Lの方が11Lと比べてほんの少し高域が神経質な感じでした。12Lの方を試聴する人が相対的に少ないからエージングが足りないのかしら?(謎) まぁ結局アンプの相性次第なのかもですねぇ・・・。とりあえず11Lと比べて低域方向の音にそれなりに余裕がある。でも価格の差はサイズから来る差であって品質の差では無い(11Lとほぼ同じ)と思うです。

DALI Royal Tower ←レビュー

DALI_royal_tower
今回一番気に入ったスピーカーがデンマークDALIのロイヤルタワー。音質・音楽性・価格・デザイン全てに於いて合格点をあげたいです(*´∇`*)。サウンドは所謂正統派のヨーロピアントーンで、ずばりクラシック音楽向き。暖かみとアコースティック感溢れる音色は軽やかで明るく音楽的♪。しかも、ロイヤル・メヌエット兇粘兇犬蕕譴襯妊テールの粗雑感がロイヤルタワーではあまり感じられず、必要十分な透明感と、ボーカルや弦の肉質感が両立していて、やや箱庭的なコンパクトイメージながら音場感も見事。

バッフル面と奥行きのサイズはメヌエットの近似値で、トールボーイにした分別売スタンドは要らないですし、バランスもずっと良くなり低域もそこそこ出ます。上で挙げたロイヤル・メヌエット兇犯罎戮襪帆瓦討僕祥気あって鳴らしにくさも無さそう(注:新型MENTOR MENUETの音質とは全く別物です)。現代的でスピード感溢れる高音質とか、斬新なデザイン設計による鮮烈な音場感とは全くの無縁ですが、オーソドックスな設計の四角い箱なだけに、何ともいえない安心感を誘う素直で端正な鳴り方をします。

このプレーンな鳴り方はオーディオプロ・イメージ11にも本質的に似ていますが、加えて更なる上質な音楽性と色気、良い意味でのスパイス・・・文化の薫りが十分にサウンドに内包されている点がロイヤルタワーならではの強みでしょう。スケール感はともかくとして、質的にはずばりハイエンドの音がします。この品位であればウィーン・アコースティック(ヴィエナ・アコースティック)と比べても全然遜色ありません。この質感でペア15万は明らかにお買い得です。メヌエットが買えちゃう貴殿なら、ちょっと背伸びをしてでもタワーにした方が後々更に幸せになれるかも?!・・・・・・・個人的にも欲しくなってしまってもうどうしようかと。置く場所無いのになぁ・・・_| ̄|○

弱点は電子音楽とか、ロックポップス系、フルオケを大音量で楽しむ人には不向き。但し女性ボーカル好きなら十分検討の価値ありです。比較的小編成なクラシック、スローなジャズ等を控えめの音量で楽しめる人向き。

フロントバスレフですのでセッティングが楽。壁の向こう側に迷惑をかける可能性も低い。6畳間でも使えるスリムコンパクトなトールボーイとして、クラシックに限らずヨーロッパ系音楽全般に造詣が深く、単なる音質ではなく、音楽性や品位と云った感覚的な部分を楽しむ事が出来る方々の中で、予算不足&うさぎ部屋で音楽を聴かざるを得ない環境の皆さんに広くお薦めしたいですd(^_-)

B&W 703

B&W703_S
今更ですがB&W703はこのクラスではダントツのモニター系高音質。A-1VL+C-1VLとの組み合わせでは鮮烈且つ最高のリアリティで鳴ってくれます。703は本当に素晴らしいスピーカーなのですが、私が叫ばなくてもそこら中で試聴できますし、以前にもレポートしましたので詳細は割愛します。

B&W 804S  現行モデル→ 804 Diamond

B&W_804S
店頭にあった中で一番高音質だったのがこのB&W804S。正統派で変な誤魔化しや癖が殆ど感じられない一番ストレート且つ現代的Hi-Fiサウンド。三次元的に正確な位相でピシッと音像が定位するスピーカーは今回聴いた中ではこのモデルだけです。B&Wの"ノーチラス"シリーズは流石に色々な意味で他メーカーとは次元の違う音質。全方位死角無しの優等生ですが、音質が良すぎて接続機器にもそれ相応の隙の無いハイエンド製品を要求してきますし、セッティング等で泥沼にはまりそうなことから、私などは正直尻込みしてしまいます(滝汗)

DALI HELICON 800  現行モデル→ HELICON 800 MK2

DALI HELICON 800
同クラスのトールボーイスピーカーの中で価格はB&W 804Sより更に高価ですが、音質では残念ながら一歩及ばず。まぁ大抵のスピーカーは直接比較してしまうと、どうしてもノーチラスには及ばない訳ですけれども。。。そんな感じで音楽関係の仕事でリファレンス的に使う場合はノーチラス804Sしかありませんが、趣味でおおらかにクラシック音楽を楽しむにはむしろHELICON 800(或いはHELICON 400)を選ぶかも。基本的にはロイヤルタワーと良く似た傾向ですが、ロイヤルシリーズにはない10kHz以上を受け持つリボントゥイーターを搭載している点が特徴。試聴環境が悪かったせいかスーパートゥイーターのメリットを感じにくかったのが残念ですが、家庭でSACDプレーヤーを中心としたハイエンドシステムを繋げて聴いた場合には、素晴らしい高域表現が得られるのかも知れません。

DALIヘリコン800は等身大のスケールに近く、低域の厚みもあり、ロイヤルタワーやメヌエットと比較してより深みのある豊かな表現が得られます。両機を比較するとロイヤルタワーは音場スケールが箱庭的で、音楽の表面をなぞるような少々浅い感じがするのですが、それがチャーミングな親しみやすさにも繋がっていてこれはこれで魅力的。音色の持つ傾向や品位の部分は本質的に同じですし、実売15万と70数万という価格差を見るに、Royal Towerでいいじゃん、、、等とつい思ってしまうワタシが居たりもします(苦笑)。グレードが下がるとどんどん音質がチャラけてしまうB&Wとは異なり、DALIは本質的な部分で首尾一貫しているところが良心的だなぁと。あ、でも中価格帯のIKON(アイコン)シリーズは今回は聴いてないので悪しからず。低価格帯のZENSOL1"センソール1"とLEKTOR1"レクトール1"の試聴記はこちら

と、沢山ある中で自分なりに耳にとまったのがこれらのモデルでした。試聴で残ったのは半分以上いつもと一緒のモデルでしたが、今までスルー気味だったDALI Royal Towerの秘める実力に今回初めて気付いたのが収穫。パッと聴いて凄みのある音ではないのですが、音楽性に優れ、じっくり聴くと味のある、本当の意味で音楽のツボを心得た「わかっている」スピーカーだと感じました。
《Update 2014/7/7》

次回、肝心の低価格プリメインアンプ試聴レポに続く・・・
ピュアオーディオRANKING←忘れた頃にたまにクリックするが良い♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!