既にテレビコマーシャルや店頭でご覧になった方も多いと思いますが、日本コカ・コーラから新作の清涼飲料水、先月のコカコーラZEROに引き続き、7月はスプライトゼロが発売されました。夏と云えばスプライトの美味しい季節。店頭であんまり見かけなかったダイエットスプライトの後継みたいです。
スプライトゼロ-zero-

新製品なので何処にでもスプライトZEROが置いてあるかと思いきや、近所のスーパーには1.5Lペットボトルの取り扱いが無く、500mlのコーナーは売り切れ。仕方ないので遠くのスーパーで1.5Lボトルをゲット。
spritezeroshuffle


(背景を気にしたら負けかなと思っているw)


スプライトが持つレモンライムの爽やかなテイストはそのままに、ほどよい炭酸の刺激と砂糖不使用の控えめな甘さが特長の、すっきりと飲みやすい透明炭酸飲料です。

とのことです。ついでに純水使用とロゴ付き。これ、当然ミネラルウォーターや天然水とは違いますよね?そもそも近所の某コカコーラ工場に昔社会科見学で行ったことがありますが、その時の説明で、コーラその他に水道水を独自の施設で浄水した純水?を使っているような話だったのですが、それをネーミングしただけか?w まぁ某チューハイの天然水仕立て、工場の横に流れる川の水を汲んで浄水したりするだけで、奇麗な地下水でもなんでもないじゃん!って種明かしだったりするので、それよりはマシか。(水道水だって天然水だw横浜なら相模湖のおいしい水だw)

肝心のお味ですが、なんつーか兎に角切れ味重視?甘さはかなり控えめで炭酸が強力、そしてレモンライムの香料が生きていて、甘さよりも炭酸の刺激とライムの酸味が相まって強烈な爽快感を演出してます。ギリギリまで甘味を抑えているので、果糖ブドウ糖液糖の後を引く甘さが美味しさでもある、従来のスプライトや三ツ矢サイダーをイメージするとプチ面食らうかも。

コカコーラZERO

コカコーラゼロの方は最初が美味しくて散々絶賛した割に、けれどあまり味に深みが無くてボトル3本空けた後、飽きて元の銀色ノーカロリーコーラに戻ってしまった私ですが、スプライトゼロは最初あんまり美味しくないけど、長くつき合えそうな後味が全く残らないシャープで切れの良い甘みが好感触♪ 今、お刺身食べながら飲んでるのですが(爆)、食材の邪魔をしない不思議な甘さですし、カロリーや糖分を気にする必要もなく、何気にカクテルベースにもかなり良いですコレ♪ つーことで、一口で美味しいスプライトをご希望の皆さんにはあんまりお勧めしませんが、私のように延々と大量消費するドリンカー?には、飽きの来ないかなりツボを突いた味付けと見た(笑)

更に原材料名を見て納得。なんと甘味料はアセスルファムKスクラロースのみ。お得意の合成甘味料、アスパルテームLフェニルアラニン化合物を使ってません!これ、初めてですよね。色々な意味で賛否両論のアスパルテーム。健康面への影響も指摘されていて、アメリカなどではコカコーラを始としたダイエットドリンクに近年はアスパルテームを使わなくなっていますが、日本のこの種のメジャードリンクでアスパルテームを使わないものがやっと出てくれた感じ。私は心臓が悪いので、ダイエットコーラを飲み続けていると動悸がする気がするのです(カフェイン起因かアスパルテームか或いは両方なのかは不明、多分前者)。更にスプライトゼロはカフェインレスですし、お子様からお年寄りまで一番安心して飲めそうな炭酸飲料という事で、次期ノーカロリーコーラもアスパルテーム無しで開発してくれないかなぁとか思ってみたりするのでした。

(2008/7/13追記&リンク修正:2008の夏からスプライトゼロはアスパルテーム入りになりました。テイストも初代の甘さ控えめサッパリ味から、従来のスプライトに近い甘さで万人受けする味になりました)

ピュアオーディオRANKING←ピュアオーディオと何の関係が???♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
ドリンク類 に参加中!