米国のオーディオアクセサリーブランド、モデルチェンジに伴うメーカー在庫処分で、数量限定4割引!。これ、前から欲しかったけど手が出なかったピュアオーディオ専用高級電源ボックスだった(ヨドバシのショーウィンドウ内の展示を見て指をくわえてましたw)のですが、値段を見て思わず買ってしまいましたよ♪

Joshinweb本店で1/18日〜の数量限定ですから、自分が買う前に無くなるとイヤですので敢えて記事にしなかったのですが、今日無事に品物が届いたので早速レポートしてみます。今見たら、3、4日前にPT-4が10個、PT6MFCが5個もあったのがもう半分以上売れてる・・・ホントに早い者勝ち♪(後日注:セールは終了しました以下リンクは後継モデルになります。)
J1プロジェクト電源タップPT-4/PT4P/PT6PL

管理人が購入したのは4ヶ口の小さいPT-4-SPの方です。まぁ大きい方はうちの場合置く場所に困るのと、PT-4の方がPT6MFC-SPと比べコンセント一ヶ所当たりあたりで割ると安上がりかなとか・・・そんなケチな理由です(^^; 音質対策やコンセントのグレードはPT6MFCが上のようで、内部にMFCシートという電磁波吸収素材が敷かれている点と、採用しているコンセントとIECインレットが、PT-4はフルテックの金メッキモデルFP-15A(G)、PT6MFCはFURUTECHの同型ロジウムメッキFP-15A(R)+クライオ処理された物になります。(フルテックには更に同形状で上位グレードのコンセントがいくつかあり、自己責任で他のコンセントへ交換することは可能みたいです。)
FURUTECH 高音質コンセント各種

届いた電源ボックスですが、なかなかずしりと重い。。。それと凄い工作精度で作られてます。仕上がりのエッジやサーフェスが美しく高級感抜群(笑) 良く見たら箱にMade in Japanの文字。アメリカ製じゃないのか・・・てへ(^^)ゝ。
J1 project PT6MFC/PT6MFPC 電源ボックス

J1 projectと言えば軍事用に開発されたIDSコンポジット/ICPコンポジットという高分子ポリマー系素材を使い、インシュレーターやオーディオボードなど、定評あるオーディオ整震用アクセサリーを多数リリースしているアメリカ発のオーディオアクセサリーメーカーだと思っていたのですが、なんかいつのまにか製造舞台が日本になっているらしい。。。音の傾向が変わったとか一時期批判がありましたが、実際の所どうなのでしょう?

さっそく、PT-4に普段CSEの■CX-63Aに接続しているメインシステムのCDプレーヤー■CEC TL51Zと、■タグマクラーレン 60iの電源ケーブルを接続。(電源ケーブルは双方とも■KharmaのKPC/Reference1a) それから壁コンセント(PAD CRYOMAG(クライオマグ))とPT-4の間はPS Audioの■Prelude XPD/1.8Mk兇農楝魁E展札院璽屮襪離廛薀阿ソルベントで洗浄。CX-63Aとそれに刺さっているオーディオスパイスのACC18以外は普段の構成そのままです。
PS Audio Prelude XPD/1.8Mk

PT-4は底板にJ1-ProjectのICPコーンスパイクを取り付ける8mmの大きなねじ穴が4つあるのですが、スパイクは別売扱いなのか付属せず。今回はスパイクを購入していませんので木製のオーディオラックに直置き。上位のPT6MFCはSP35HRが最初から付属していてコーンスパイク込みの価格ですので良く考えるとお得ですねぇ。。。ハイエンドオーディオICHINOSEでSP35HRも一部が半額で出ていたみたいですが、既に売り切れ、気・付・か・な・か・っ・た!・・・orz 通常価格高すぎるよもぅ。。。
J1プロジェクトICPコーンスパイクSP35HR

で、ここからが肝心の音質インプレッション。ずばり買って大正解♪(*^-^*) 既にCX-63Aというそこそこの電源ボックスからの変更ですので、大きな向上は期待できないかと思いきや、自分でもびっくり仰天大幅音質アップ♪まず、もの凄く聴感S/Nが良く背景が静かになります。金属とIPCコンポジットの複合構造のようですが、CX-63Aの様な金属系と想われる響きの付帯音は皆無。では響きが薄くてドライかというと、むし流れが滑らかで適度な潤いのある音で、特に直接音の密度感が抜群!なにこの高級アナログプレーヤーみたいな音♪CX-63A

残響が音にまとわりつく付帯音としてではなく、しっかり直接音とくっきり分離している感じです。音場が深く静けさに満ち、とても落ち着いた雰囲気ですが、音楽的なリズム感のテンションが上がって小気味の良さが際立つ風なところもあり、この手の製品にありがちなダンピングされた結果、音楽性が殺される感じは全くありません。音場は大変見通しよく帯域も割とフラット、低域方向の量感はCX-63Aと同程度ですが、更に低い方のピッチの明瞭感が高い。

高域はPT-4のほうが更に上まで伸びていますが、それに伴うキツさは全くなく、クリアでありながら歪み感が大きく減少します。この歪み感の減少はかなりポイントです。音量上げても当社比で全然うるさくありません!レンジは上下に広がりますが、立ち上がりがほんのり丸く耳当たりは優しい音です。何と言っても魅力は明瞭で密度感の高い中域♪背景がグッと静粛に沈み込むためか、音楽のコントラストが向上し、音場の立体感やダイナミックレンジが大きく広がったように聞こえます。素材からは想像も出来ないナチュラルで低歪みな音が得られます。ピアノと弦楽器の描き分けがキチンと出来ています。非常にオーディオライクに高度なハイファイ性を備えながら、音楽性はキッチリ向上するタイプです。
PT-4

逆に欠点を挙げるとすると、そうですねぇ・・・今のところ殆ど思いつかないのですが、例えば他の同クラス以上のハイエンド高級電源ボックスと比べた場合、立ち上がりのアタックの鋭さ、華やかさ、明るさ、高域方向の金属的な響きに伴う伸張感、微粒子のように分解された情報量といったものを求められる場合はPT-4では物足りないと思います。金属的な付帯音に伴い微少情報を増幅して音場を満たすタイプではなく、むしろ情報量は静粛性に収束されるかの如くしっとり整理される傾向です。決して情報量が少ないわけではなく、多いがエッジを誇張しないという意味です。

それから、低域の膨らんだ量感を求めたり、暖かい音、冷たい音など、演出過多なキャラクターを望む場合も合わないと思います。低域方向はフラット且つ分解能が高まる傾向。ピアノの低音弦の振動やペダリングの音がかなり明瞭になります。加えて僅かにテンションがかかった感じですから、ゆったり感や開放感を求めると少し求心力が強すぎると感じるかも。クラシックの生演奏がそんなにリラックスしてたら変なんですけどね。音に濃密な存在感がありますが音色自体は適度な温度感を伴う地味なダーク系です。
J1 project コンセントJPC2-15R/JPC2-15

結論。心底買って良かったです♪出来れば別室用にあともう1台欲しい(爆) コンセント部分がFURUTECHから、リン青銅とポリマー樹脂を採用した自社ブランドのJPC2-15R/JPC2-15へ変更された後継モデルPT4P/PT6PL/RP6PMFCが出るらしいのですけど・・・どうしよう(笑) あと、別売のコーンスパイクやネジ経(8mm)が合う他のスピーカー用ネジ型スパイクやインシュレーターによる音質変化が楽しめそうですので、そこら辺でも楽しめそう。無くても相当高音質ですので絶対必要なものではありませんが・・・。

あと、この音質は上質なアナログプレーヤーを想起させるものだと上で書きましたが、CECのベルトドライブCDプレーヤーに音傾向として非常に向いていると思います。手持ちのTL5110ZやTL51Zの脚をJ1プロジェクトのICPコーンスパイクにしたら面白そうですが、出来ればJ1 projectにベルトドライブ用のディスクスタビライザーを作って欲しい!ICPコンポジットと金属の複合素材で。複合するのがポイントです。たぶん、PT-4が高音質なのは、十分な質量のあるアルミ合金とコンポジットポリマーの複合サンドイッチ構造だからで、コンポジットポリマーだけではより音が丸くなってソフトなキャラクターが乗ると思うのです。電源タップと同じ方向性で音質のチューニングができれば、絶対純正スタビライザーよりも魅力的な音質になると思います♪ 正直、この素材と金属の複合が作り出す音に嵌りそうな予感・・・。→その2へ続く。

ピュアオーディオRANKING←時々クリックしてくれよん♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!