私は各部屋に各々オーディオシステムを組んでいることもあって、それぞれの機器を入れ換えたり、ケーブルを交換したり、或いはオーディオラック内の掃除のために機器からケーブルを一時的に外したりという事をちょくちょくやります。

その際にいつも不思議に感じるのは、オーディオケーブルは取り付けて直ぐが一番そのケーブルの持つキャラクターが強く出るように感じること。これ、新品とか既存のケーブルとか関係ないです。一端外してまた取り付ける。ただそれだけ。そうする事で、それぞれのケーブルの持ち味であるキャラクターが不思議なくらい蘇ります。その際に端子をクリーニングしても良いのですが、別にしなくても音質は変わる。取り付けて直ぐはケーブルのキャラクタが強すぎて全体のバランスが悪くなったり、音質が悪くなったように感じることもあります。キャラクターが好みの場合は実際以上に良くなったように錯覚することもあります。それが二〜三日すると馴染んできてケーブルのキャラクターと音質のバランスが良くなってくる。ちなみにスピーカーケーブルでもインターコネクトケーブルでもデジタルケーブルでも電源ケーブルでも、この種の時間軸で変わる印象は基本的に一緒です。

感覚的な音質のピークがどの辺かはケースにも拠りますが、接続後、数日目あたりが一番アクセサリの効果を感じつつ音質も美味しい時期で、ここを過ぎると徐々に、緩やかに日数を掛けてケーブルの存在感がフェードアウトするように消えていきます。耳がケーブルの音色と個性に慣れるといえばそうなのかもですが、同じケーブルを外して繋げるだけで蘇るのはそれだけでは説明できません。そして、数ヶ月も経つとケーブルなんて無いも同然の音質になる。実際にはこのエージングが進んだ段階でも、どのケーブルを使っているかによってレンジ感や情報量、歪み感などに違いがあるのですが、キャラクタとして意識していた筈の音色は何処かへ消えてしまいます。

これが判りやすいのが銀線や銀コート線。取り付けて直ぐはかなり高域が煌びやかで明るい音がして、一部ハイエンドケーブルなどは特に、アンプやCDプレーヤーの持つ音色をマスキングするほどキャラクターが強い。(うちでメインシステムに使ってるSILTECH(シルテック)のスピーカーケーブルやKAHMA(カーマ)の電源ケーブルとか。。。)、それがシステムをそのまま弄らず使い続けていると、いつのまにか、銀線特有のキャラがと感じていた輝き感がなりを潜め、独特の膨らみやまろやかさも薄まり、レンジ感と情報量、歪みの無さなど、音色とは別の音質クオリティの部分のみが、無色化した音色の中に残される感じです。

オルトフォン 創立15周年記念製品インターコネクトケーブル純銀1.0m(ペア)SIL/REF-RCA

この段階になるとケーブルで付加されていた色彩感より機器それぞれの持つ色彩のブレンド的な音色が優先して耳に届くようにになりますから、銀線を敢えて使っている意味が良くわからなくなってくる訳です。或いは音が渋くなってつまんなくなってくる。ところがしかし、こうなって尚、安いOFCとか6Nのケーブルに試しに替えてみたりすると、やっぱり空間の透明度や情報量も高域の歪みっぽさも低域の厚みも違ってげんなりする。そして直ぐに元の高級ケーブルに戻すと、すっかり忘れていた特有の音色がまた蘇って聞こえてくる。ただ、音質的には最初に外す前に比べてフォーカスが甘く、情報量も少なく中途半端な感じになり、ケーブルのキャラクタに全体がコーティングされたような化粧過多な音になる。そこから元のスッキリしたクリアな音質に戻るにはまた数日から数週間を要するわけです。

ここから↓は更に進んだデムパ的仮定ですので間に受けちゃイケナイ。

まぁ、一端ケーブルを外して元に戻すだけでも、手作業で適当にしている以上、接点の抵抗値やケーブル内部を流れる電子の走り方や各種震動の伝わり方がある程度変わると思いますから、機械的ストレスや抵抗が強く、抵抗値の高い音(注:イメージ表現だからね)をケーブルのキャラクターが強く出ている魅力的な色付けと感じている部分は多々あるのではないかと思うのです。それが、時間経過と共にバーンインが進み、中にいるコビトさん達が自然に流れるようになってくる。楽器でもありますよね。調律して直ぐと、時間が経った時みたいな変化。で、時間経過と共に自然に流れの最適化と伝達震動によるストレスの開放及び安定化が進み、ゆっくりとケーブルの持つキャラクタ(抵抗によって生み出されてた色付け)が排除される方向へ進む。そんな感じじゃないかしらん?。あくまでイメージ表現でね♪

クリスタルケーブル CrystalConnect MicroRCA-RCA(1.0m・ペア)CM-RCA-1M

これらの事から経験則として、どんなに面白い音色のケーブルを買ってきても、その音色の色付けキャラクターが好み〜って理由で繋げた場合は、使い続けるうちにいずれ消えてしまうんですよねぇ。。。時間経過後に残るのはもっと別のファクター。そのケーブルの持つ本質的な意味での音質の方です。まぁ高いケーブルは大抵こうなっても情報量やレンジ感とか歪みの少なさとか音の厚みが安物と比べてかなり違ったりするので、高いケーブル無意味〜にはならないのですけれど、ハイエンドケーブルには色付けキャラクタだけで良く聴くと音質自体は大して良くないってケーブルも中には結構ありますから、そういうのを使ってしまうと、時間が経つと魅力が失われて素顔の酷い音になるかも知れません。私は音質変化が判りやすいイロモノ系ばかり使いたがる傾向があるので自戒を込めて書いているのですが、ケーブル選びをするときは、本当はパッと繋げて出た瞬間の音色の魅力ではなくて、時間経過で馴染んだ後にもきっと残るであろう音質の部分を聞き分けて評価しないといけないんじゃないかと思う、今日この頃なのでした。

ピュアオーディオRANKING←でむぱ凶信者の証としてクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!