管理人の自分でも何処に何の記事があるのか訳が分からないくらいゴチャゴチャだったこのブログ。自分で把握できないくらいですので、訪問して下さった皆様はもっと訳が分からないだろうという事で、ブログ再開以降、この散らかった部屋状態にずっと精神的なプレッシャーを感じていました。大賀ホール
古いリンクを上げたままほぼ一年間放置したままだった「おしながき」を昨日と今日で全て作り直し。LivedoorBlogのスタッフにやる気のある人がいるのか、今年に入ってから管理画面の細かなニューアルが頻繁に続いていて、お陰様でこういった作業が大変楽になりました。去年までだったらかなり手間取ったであろう過去記事の並べ替えやカテゴライズが、管理画面から一覧表示で簡単に再構築できるようになりました。

そんな感じで、再開してアクセス数が少ない今こそブログ構造テコ入れのチャンスという事で、今回、ずっと工事中表示をしていた個別記事一覧メニュー関連を一斉に書き換えて再構築。デザイン上の見た目はあまり変わっていませんのでお気づきにならない方も多いかも知れませんが、今までそれぞれの記事の関連性や階層構造が滅茶苦茶だったものが、

トップ→おしながき→カテゴリ別→個別記事
トップ→おしながき→ブランド別→個別記事

或いは
トップ(おしながき)→月別全記事リスト→個別記事
トップ(おしながき)→新着記事→個別記事


のような形で、外部から訪問したどの場所からでも、ブログの中身を解りやすく双方向に辿ることが出来るようになりました。今回のリニューアルによって、多くの訪問者様が目的の記事を探すストレスが、従来と比べて大きく軽減されるものと思います。

今回のリニューアルで変更及び新たに加わった機能が6つ。

【1】月別全記事タイトルリストと、
【2】箱庭的ピュアオーディオの薦め 新着記事一覧については昨日書いた通り。


【3】Music Blog Newsの独立表示

いままでトップ記事として表示していた"ピュアオーディオ AV機器 Music Blog News"ですが、この方法は常に最新記事が固定されてしまいSEO的にかなり良くない上に、不要な日付や下部の余白スペースなどで、表示できるリンク数に対して縦の長さを無駄に大きく必要とするデメリットがありました。今回トップページのCSSデザインへHTMLを直接埋め込むことで、ブログの投稿記事とは関係なく、独立してMusic Blog Newsを表示できるようになりました。上下の余白スペースも以前に比べて狭く出来た為、新着リンクの表示数についてもいくらか拡張しました。

【4】パンくずリストの設置

例:色々試聴してきました-その1・スピーカー編
  大晦日、またまたプリメインアンプ選び。


全ての個別記事ページと月別ページの上部へ、TOP>もくじ>スピーカー>○○○・・・の様に「パンくずリスト」を設置しました。これによってその記事がトップからどのようなカテゴリ、階層で繋がっているのか一目で把握が出来ます。階層を上に辿れば直接表示されていない関連記事を簡単に探すことが可能です。→参考にしたブログ

【5】カテゴリー記事一覧の設置

例:イギリス/Bowers&Wilkins(B&W)
  デスクトップPCオーディオ


各カテゴリ別アーカイブ、ブランド別アーカイブのトップへカテゴリ記事一覧を設置しました。従来のLivedoorブログの仕様では、せっかく個別記事をカテゴリ別に分類しても、そのカテゴリに含まれる記事数以外、同カテゴリに属する記事のタイトル一覧を一目で把握することは不可能です。これがネックになってカテゴリ分けが大混乱し、自分でも過去記事の何がどうカテゴライズされているのか、記事数が増えるにつれてどんどん訳が分からなくなるのですが、今回、CSSへカテゴリー一覧のタグを埋め込むことにより、そのカテゴリに属する記事の一覧リストがカテゴリートップへ表示されるようになりました。これによっておしながきへ羅列すべきカテゴリータイトルやブランド別タイトルが明確化され、おしながきに個別ページを毎回手動でリンクする必要がなくなりました。

尚、月別全記事リストも同様のタグで一覧表示が可能ですが、月別アーカイブの場合、投稿日順の羅列では記事それぞれの関連性がバラバラになってしまいます。よって、月別については【1つ目】で説明したように、各月の最終エントリーへ読みやすく分類ししたものを手動でアップすることにしました。

【6】おしながき」の全面リニューアル。

カテゴリートップへの一覧リストの導入により、個別のページを無計画に「おしながき」へ羅列する必要性がなくなりました。新規のおしながきへの表示は、サブカテゴリ別ブランドカテゴリ別アクセス数TOP30エントリーの3つに絞る事で、日々のメンテナンスが簡略化され、従来のようにおしながきへ古い記事が残り続けることを避けられます。

出来ればTOP30エントリーの表記は自動化したいのですが、今のところアクセスログから自動収集表示する方法が不明。また、本来「おしながき」へは新着記事一覧をトップで自動表記させるべきなのですが、外部リンクのにほんブログ村の方が詳しく一覧表示してくれますので、新着記事については【2つ目】で説明したとおりブログ村のリンクを貼ることで暫く対処したいと思います。

以上、今回のリニューアルについて纏めてみました。かなり使い勝手は向上したと思いますが如何でしょうか?ではでは、皆様今後とも宜しく御願いいたします。

ピュアオーディオRANKING←リニューアル記念にクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!