2009年1月21日、アメリカに第44代となるバラク・フセイン・オバマ大統領が誕生しました。昨晩は本来全○待機(ウソ)で視聴すべき「まりあ+ほりっく」第3話を諦め、就任式典の歴史的瞬間をPureVision PDP-427HXの生放送で観ました。就任演説の内容はこちらにあるので割愛しますが、演説はなかなか神がかっていて、現状の問題を認識し、自分たちがまず正しくあらねばならないというオバマのメッセージは、アメリカが変わることを予感させるに十分な内容だったように感じます。少なくともバラク・オバマの発する正義は自らに科せられてものであり、外敵ありきで作られたブッシュjrの正義とは本質的意味が異なる事が伝わってきました。

バラク・オバマ 合衆国再生―大いなる希望を抱いて


バラク・オバマ氏は初の黒人大統領という事ですが、皆さんもご存じの通り、正確には黒人の父と白人母のハーフであり、また父親も直接的に奴隷制度の先祖を持たないケニアからの米国留学生。テキサス出身の母方の先祖の一人はチェイニー前副大統領と同じで、よって政治的信条が真っ向から対立するオバマとチェイニーは遠縁に当たるそうです。私の感覚では彼は黒人でも白人でもないか、若しくはその両方であると考えるのが筋だと思いますので、オバマ=初の黒人大統領と捉えることには些か違和感があるのは否めませんが、まぁ便宜上中立ではなく黒人とする事で、米国に於ける人種問題や差別意識を少なからず緩和する事が出来るとしたら、それはそれで良い事になるのかも知れません。

アメロ/アメーロまた、現在の世界を覆いつつある大恐慌=金融経済危機は、アメリカ一国の大統領をしてもどうにも出来ないレベルの危機になりつつありますが、この難曲を任されたオバマ新大統領がどう梶を切り乗り切るのか?もしかして$がデフォルトし本当にアメロ(AMERO)が誕生するのか?これから数年の世界動向の激変は、後の時代にも残る歴史的大転換期になる気がします。

さて、ここからは音楽の話。就任式典では黒人歌手アレサ・フランクリンの他に、アメリカ在住の著名なクラシックの演奏家による4重奏が演奏され式典を飾りました。曲名はAir and Simple Gifts。イスラエル出身のユダヤ系イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)、フランス出身で中国系米国人のヨーヨー・マ(チェロ) アフリカ系のアンソニー・マギル(クラリネット)、 ベネズエラ出身のラテン系ガブリエラ・モンテーロ(ピアノ)と、オバマ新大統領の就任式典に相応しい多民族国家アメリカを象徴する四重奏となりました。特にイツァーク・パールマンとヨーヨー・マはクラシック音楽の世界では知らない人がいない世界的ソリストです。そういや司会を努めていたおばちゃん、民社党のダイアン・ファインスタイン上院議員もユダヤ系アメリカ人ですねぇ。。。

Air and Simple Giftsはキリスト教シェーカー派の賛美歌Simple Gifts(作曲:Elder Joseph Brackett)を元に、映画音楽の大家ジョン・ウィリアムズが作曲(厳密には編曲)した曲です。まだ日本でCD等の発売予定は出ていませんが近日中に発売されるのかしら。出たらここに貼っておきます(笑)

◆本日の一枚
さて、今晩はヨーヨーマでもパールマンでもなく、黒人初の大統領にちなんで↓のCDを聴いています。
バロック・デュオ
バロック・デュオヘンデル A・スカルラッティ プレディエーリ

ソニーレコード 2000-11-01
売り上げランキング : 164953

おすすめ平均 star
starホントオススメです
star贅沢なCD

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

米国のアフリカンでリリック・ソプラノのディーバキャスリーン・バトル、ジャズ・トランペッターのウィントン・マルサリスの二重奏による”Baroque Duet”。ヘンデル・スカルラッティ・ストラデッラ・プレディエーリ・大バッハなどの曲で、ソプラノとトランペットの二重奏というスタイルもなかなか珍しい物ですが、大変格調高く楽しい演奏で明るくポジティブな気分になる上に、イブニングタイムに食事をしながら流すととってもリッチな気分を味わえます♪お薦めは2曲目からのスカルラッティ”7 arie con tronba sola”独奏トランペットを伴う7つのアリアからの4曲。ティーンエイジャーの頃、このCDのこの曲に出会って小躍りした覚えが(^^)ゝちなみに今私が所蔵しているのは米国プレス盤(SK46672)ですが、音質面で惜しむらくは初期のSONY SBM録音特有の粉っぽさが拭えないところでしょうか。。。耳当たりは良いのですが、トランペットの輝きがマスキングされている感じがします。もしかすると国内盤(SRCR-8715(初期廃盤)/SRCR-2081(96年)/SRCR-2653(00年〜))の方がベターかも知れません。このCDの演奏はメインシステムでの再生がベスト。小編成の室内楽でソプラノとなれば、やはりVienna Acousticsのスピーカーにとって十八番になります♪

ピュアオーディオRANKING←お祝い気分で軽〜くクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オバマ氏アメリカ大統領就任に思う に参加中!