一月ほど前にも同じ事を書きましたが、昨年秋以降箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"の表示が全てのページで異常なほど重くなっています。最初にアクセスしたときや、サイト内・サイト外問わず検索エンジン経由でアクセスした場合などが特に酷く、文字が表示されるまで平気で15〜30秒間、何も無しの白画面状態になるのです。。。

外部へのリンクが多く画像を多用している都合上w一般論として重いサイトなのは事実ですが、それでも秋頃までは問題無く1〜2秒程度で表示されていましたし、現在主流であるADSL〜光回線のブロードバンド環境では、特に問題になるようなサイズでは無いはずです。

また、表示が遅いのはトップページに限った話ではなく、軽い個別ページや(サイドバーが表示されない)ブログ管理画面からのプレビューでも同様に遅延します。こうやってエントリを書いている間のプレビュー確認もリロードの度に重くてうんざり。。。先月のエントリを書いた際には再開してまもなく、思い込みでトップページのみかと考えたのですが、調べてみたら無関係でした。

CSSも夏から12月に再開するまでの間は弄っていませんし、休止している間に何かサーバー環境が変化したみたいな感じです。あるいはIEの自動更新で仕様が変わり、上手く表示できなくなったとか・・・・Wikipediaも似たような感じで泣くほど重いんですよねぇ・・・これはIE6特有の症状らしいですが。

最初は私のPCの設定がおかしいのかと思い、あちこちカスタマイズしているレジストリを元に戻したり、考えられる限りの設定変更、オフラインコンテンツ、履歴や一時ファイル、cookie等の削除、最後はブラウザやOSを再インストールしたりと色々試してみたのですが一向に改善せず。試したアプローチは全て無駄という結果に(涙) 結局の所、私のPCに限らず、再現性は100%では無いものの、触れる機会がある数台のパソコン全てで表示が遅い事を発見。

どうやらブラウザ内にブログのキャッシュが存在しない状態or新しいページを確認する状況で15〜30秒の遅延症状が出るみたいなのですが、一端WEBページのキャッシュが保存されてしまえば、その後暫くはどのページもサクサクと表示されます。その後何かの拍子に新しい情報に更新するタイミングになるとまた遅延。私はインターネット一時ファイルを最少(1MB)/新しいバージョンを"自動的に確認する"にチェックしているもんですから、更にこの表示の遅れが頻繁に発生します。

IE6で人為的に再現する方法としては・・・

IE6インターネットオプション








>インターネットオプション
>全般
>インターネット一時ファイル設定
>WEBページの新しいバージョンの確認
>ページを表示する毎に確認
もしくは"Wwbサイトを表示する度に確認する"
にチェックを入れリロードすると、この遅延症状が高確率で発生するっぽい。IE8_beta2での画像はこちら(注:サーバーレスポンスがたまたま良い?時は、何をしても何事もなかったかのように普通に瞬速表示されます。休日やイブニングタイムに限らず、私が記事を書くことの多い朝でも発生しますので、時間帯もそれほど関係なく、数分〜数十分間隔で激重になったりサクサク軽くなったりするような感じです。)

私はWindowsXP用のブラウザとしてずっとIE6を使っているのですが、表示確認用に使っているウィンドウズ用のSafariでも同症状。更に最新版の暫定ブラウザIE8 Beta2でも、IE6程頻繁ではない気がしますが結局同じ。今主流になりつつある"強制終了マイスターw"のIE7でも、一時ファイルを一端削除して、新しいバージョンの確認を義務づければ再現性高いと思うのですが、皆さんの環境からではどんなもんでしょうか?

ピュアオーディオRANKING←表示を軽くして欲しいので支援クリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
livedoorBlog全般 に参加中!