HP d330でのPC再構築パート1 メモリ増設とDVDドライブ

HDD ハードディスクドライブ交換

HDDの換装なんてピュアオーディオとは関係ない〜!って感じですけれども、PCオーディオ絡みの静音化が今回のデスクトップPC再構築テーマの一つでもありますのでお許し下さいませ。まぁあと1〜2年もしたらHDDは過去のものになってPCオーディオ=SSDって時代が来るとは思っています。SSDは無音で各種ノイズもありませんから。今回の記事はそれまでの繋ぎ、低予算で来たるべき未来までWindowsXPを延命しよう♪という趣旨です。

Maxtor_fireball3_HDD新しいd330を開けてみると中から出てきたHDDは40GB MAXTOR Fireball3でした。Made in Singapore。今まで使用して来たWestern Digital WD400BB 40GB(Made in Malaysia)と同じ3.5インチHDDですが、WD400BBと比べて厚みが2/3程度で17mmの薄型。デザインも何気に洗練されていて格好いいです♪ 容量は両方とも同じ40GB。回転音はMaxtorの方が静か。当初Acronis Migrate Easy 7.0を使用してMaxtorへHDD丸ごとコピーを試してみたのですが、使ってみると流体軸受けで音は静かなのですが、書き込み時のカリカリ音がやや大きいのと、パソコンの起動やアプリケーション動作速度がいまいちな感じがする・・・。気になりましたのでCrystalDiskMark 2.2で測定した結果がこれ。

Sequential Read : 30.231 MB/s
Sequential Write : 25.713 MB/s
Random Read 512KB : 20.259 MB/s
Random Write 512KB : 26.067 MB/s
Random Read 4KB : 0.423 MB/s
Random Write 4KB : 1.263 MB/s

うぐぅ・・・Sequential WriteでWestern Digital WD400の半分程度しか出てません。Sequential Readで2/3、Random Read 4KBでは同等って感じでしょうか。

HP d325 WesternDigital WD400 40GHDD (参考)
R 50.39/25.96/0.419
W 49.73/25.71/0.934


ナンダヨー(´Д`;)ノノってな感じでしたので型番を調べてみたのですがFireball3はなんと5400rpmでした。HPのd330 SFモデル情報で回転数について何故か触れてなかった訳です。WD400BBは7200rpm(d325の情報には記載してる)ですからこうなって当然か。仕方ないですのでForeball3はスペアとして保管庫行き。
Western Digital WE3200BEVE

次にチャレンジしたのが6年近く回して既にご老体のWestern Digital WD400 3.5インチHDDを退役させて、同じウエスタンデジタルが先日発売したばかりの大容量320GB 2.5インチHDD WE3200BEVEへの換装です。ぶっ壊れついでにHDDの大容量化&アクセス高速化を図ろうという趣旨。WD3200BEVEはもはや数少ないIDE(P-ATA/U-ATA)規格のHDD。長らく250GBのWD2500BEVEが2.5インチIDEの最大容量だったのですが、発売後2年を経過して今更のように320GBモデルが登場しました。今後SSDが主流になることを考えるとこのモデルがが最後の大容量2.5/IDE HDDになるかも。
WESTERN DIGITAL 2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 320GB 8MB WD3200BEVT
WESTERN DIGITAL 2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 320GB 8MB WD3200BEVT
おすすめ平均
starsPS3 HDD 交換の為に
starslinuxPCに
starsPS3をバグらせて
starsPS3のHDDの換装
starsPS3 換装用

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

同容量/同構造のSirial-ATAモデル(WD3200BEVT)と比較した場合、現時点で約1.5倍の実売価格となかなかの割高感がありますが、サブ機である古いモバイルノートPanapsonic レッツノートCF-T2の換装にも使えるという事を保険にしつつ購入してみました。何故デスクトップでわざわざ敢えて2.5インチの小型HDDを使うのか?については以前こちらで書きましたが、限界までスペースを切りつめている為に放熱が余り宜しくないヒューレット・パッカードのコンパクトタワー筐体で少しでもエアフロースペースを確保し、PCオーディオ的に更なる静音と省エネを実現したいからです。WD3200BEVEは5400rpmの低速回転型ですが、大容量とプラッタ構造が訊いているのか各所のベンチマークではSequential Readで65〜70MB前後とIDE型としてはかなりの高速HDDであることが判ります。

WD3200BEVEさて、届いたWD3200BEVEに早速2.5→3.5インチ変換アダプタセットHD2535を取り付けてd330に接続。。。。。認識はする・・・が!OSをインストールできません〜(涙) インストール初期段階で"このディスクにはWindows XP互換のパーティションがありません"という謎のメッセージが出てそこから先に進めません。一端Let's noteでNTFS完全フォーマットし直してから試してみても駄目、パーテーションを分割しプライマリをFAT32にしてみるもやっぱり駄目。どちらもUSB接続の外付けポータブルHDDとしては普通に使えるのにです。最後の手段?としてWestern Digital WD400BBに入ったデータとXP HomeのOSを丸ごとAcronis Migrate Easy 7.0を使ってWD3200BEVEへクローンコピー。そのままd330へ換装してみるもやっぱりエラーが出て立ち上がりませ〜ん!

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした:\system32\hal.dll.
上記のファイルをインストールし直して下さい



The following configuration options were automatically updated:
Disk:320 GB WDC WD3210CEWE〜(型番)!!!!!!!

こんな感じのメッセージが出てしまいます。(それぞれのエラーがどういう状況だったかは忘れた!) 結局土曜日丸一日を使って色々調べてみたのですが解決にいたらず。。。もしかすると例によって127GB(137GB)の壁がマザーボードのBIOSに存在する可能性は否定できませんが・・・他にIDEの大容量HDDが無いので確認不能。BIOSは一応最新版2.44 Rev.Aに更新してあります。HP d330はカススタマイズモデルで160GBのHDDを選択出来たはずですが、これも前述のPC3200メモリをPC2700でしか認識しないマザーボードでしたので、低容量HDD搭載機には制限が付いている可能性を否定出来ませんし・・・。

価格.com掲示板 Western Digital WE3200BEVE

結局今の私のスキルでは一日考えても埒があきませんでしたので、ここは諦めてHDDについては既存のWD400BBをそのまま移植する事にしました。設定環境移行の手間も省けて一石二鳥。最初からこうしておけば丸1日無駄にせずに済んだのにw WD3200BEVEは後日改めて保険にしていたレッツノートCF-T2への換装にチャレンジしてみます。ていうか最初からそうするべきでした。デスクトップ機は40GB+Transcend Storejet 25 Mobile 320GBで計360GBもあり十分。対してCF-T2は元々30GBしか無いカツカツ状態で、しかもHDD(4200rpm)のアクセススピードが遅くて動作が常にモタモタしているのです。6年前のCF-T2で採用されているPentiumM 900MHz自体は数字の倍くらい体感速度のある低消費電力型CPUですので未だに問題は無いはず。たぶんHDDを換装する事で最新型Let's note(除くSSDモデル)に肉薄する体感速度になる筈。この辺りは換装しましたらまた後日エントリにしてみます。

玄人指向GW2.5AI-U2ポータブルHDDのオマケ♪で貰った玄人指向のUSB外付けポータブルHDDケース GW2.5AI-U2。玄蔵という商品名。同形状でIDEとSATA(GW2.5AI-SU2)タイプもあります。玄人指向だけあって安さが魅力のお手軽HDDケース。アルミ製のシンプルな構造でHDDと本体は小さなビス2本で固定します。ビスが極小でわざわざ専用のドライバーが付属しているのには笑いました。ライン模様は片側のみで裏は無地です。Transcend Storejet 25 Mobileより一回り小さく、ポケットに入れても邪魔になりません。一応合革製の収納袋も付属しています。放熱性は良好ですが、アルミケースとHDD本体が接触したままリジットにネジ止めされる構造になるため衝撃吸収性はほぼ皆無。更に遮音性もあまり良くありません。Storejet 25 Mobileは指で弾くとポクポクとかなり衝撃を吸収している音がしますが、玄人指向GW2.5AI-U2ではカンカンと鳴り響きます。
Transcend Storejet 25 Mobile

耐衝撃性・遮音性・ワンタッチでバックアップが出来るボタン装備、ユーティリティソフト"Storejet Elite"の充実。2年間の交換保証もあり更にバルクHDD本体とケースを別購入した場合と大して変わらない価格となると、個人的にはTranscend Storejet 25 Mobileにかなりアドバンテージがあるかなぁと。実物の高級感にも差がありますし。たかがケース、されどケースみたいな。玄人指向GW2.5AI-U2は使用していない古い2.5インチHDDを入れて緊急用の外付けドライブとして補完することにしました。
玄人志向 2.5型HDDケース IDE対応USB2.0接続 GW2.5AI-U2
玄人志向 2.5型HDDケース IDE対応USB2.0接続 GW2.5AI-U2
おすすめ平均
stars素人では使いこなせませんでした。
stars良品
stars安いが工夫もいる
stars安い!!
stars苦労 と 試行 でなく認識しました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに外付けポータブルHDDは付属のUSBケーブルが二股に分かれていますが、片方はあくまで駆動電力不足時の電源供給用ですので普通は使わなくても大丈夫です。一本で正常動作しない場合のみもう片方を使用します。純正USBケーブルで片側接続のまま余らせているとプラプラ邪魔ですので、私はPCオーディオ的音質も兼ねてwアーベルのUSBスリムケーブルを使用しています(笑)

ピュアオーディオRANKING←7200回転スピンでクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
パソコン・周辺機器 に参加中!