それと、左右の余白が大きすぎて肝心の文章の横幅が狭い。実はこれ、このCSSデザインテンプレートを採用した2005年以降、ず〜っと昔からの悩みだったりします。

今日からはじめるライブドアブログ (三才ムック VOL. 271)

訪問している皆様から文字が小さいと指摘されたことは確かありませんが、ある種ブログってのは割とこういうもんだ〜という一般的事情もあって、紳士淑女の皆様方は敢えて突っ込みを入れる無粋をしないのかもですね。でも、字が小さいって管理人本人が思っているのですよ・・・自分で作っていて辛い。このCSSテンプレートは元々LivedoorBlogが提供している出来合の物で、それを私がゴチャゴチャとCSSの細部を書き換えたものです。

オーディオブログ元々800×600 SVGAの古い時代のモニタを基準に横幅が設定されているので、こんなに左右に余白があるのです。今時SVGA使っている人なんて100人に1人もいませんよね? 更にブラウザで文字のサイズを調節しようにも変わりません。レイアウトが微妙に崩れるだけです。CSSでフォントサイズを指定してしまっているのが原因なのですが、これを可変にしてしまうと想定していたデザインが盛大に崩れますw

そんな感じですので、出来れば少しでも早い時期にブラウザの表示サイズに横幅が自動で可変対応できるブログデザインに変更しないといけないな〜工事が大変すぎてやってらんねー!!!なんて思っていたところで休止に追い込まれてしまい、このデザインのまま早5年が過ぎていたのでした。

2009年のblog休止以前はIE5〜IE6を基準に制作していたこともあって、読み辛かったら"WEBページで指定したフォントを使用しない"をオンにして回避してね〜なんて内心思っておりました。でもこれ、IE7以降は右下の拡大レベルの%をクリックする、Ctrl キーを押しながらホイールをスクロール、あるいはノートPCなどのタッチパッドの拡大縮小操作で、モニタのサイズに合わせて任意の見やすいサイズで拡大表示することが出来るようになっていたんですね。年始にPanapsonic レッツノート CF-T2をIE8 Windows7 搭載のモバイルノートPC ASUS UL20FTへ新調するまで管理人はずーっとこの拡大レベル調節機能に気付きませんでした・・・(汗)

Web ページを拡大するピュアオーディオ紹介

IEのこの機能さえあれば、うちみたいな文字小さすぎ極悪SVGAブログでも、全く問題無いフォントサイズで表示できるのであります。よってブログのデザインを変更する必要も無いって事で、マイクロソフトが勝手に箱庭Audio Styleに合わせてくれたことに感謝しつつ、今後も慣れ親しんだこのデザインで続けていきたいと思います!(^^;

LivedoorBlogが管理画面で提供するアクセス解析を見た感じ、箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"のユーザーは2011年6月時点でWindowsXP 40%、Windows7 27%、 Windows Vista 14%となっています。そのうちブラウザに関してはIE8+IE7+IE9ユーザーが合計60%超。昨日まで使っていたIE6に至っては既にXPユーザーの15%に過ぎないという・・・。4月に公開されたIE9のユーザーもWindows7では既に16%を超えてきました。管理人のサブノートPC ASUS UL20FTも64bit版Windows7搭載機ですので、これを機にIE9に乗り換えないと・・・。

ピュアオーディオランキング←なんという灯台もと暗し?みたいな♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加