2013年現在、箱ピュアのブログ制作はWindows7のモバイルノートパソコンASUS UL20FTを繋いだトリプルディスプレイのデスクトップで行なっているのですが、管理人自身、インターネットに向き合う時間、特に情報収集・・・インプットの割合は既に7〜8割以上がiPhone5との睨めっこになってきていたりします。ただやはり所詮iPhoneはiPhone。慣れたとは云えブログ書きにとっては画面が小さすぎ、ことアウトプット面に関しては色々と不便極まりないのです。
iPhone5
いざ文章を書き込みしようにも、フリック入力では未だに誤入力のオンパレード。めんどくさくなってiPhone5からはSiriでの音声入力に頼ってますが、これまた音声の誤認識がまだまだ色々酷かったりしますし、それ以外にも全体的にアウトプットの困難さ加減にはうんざり。ブログの各種情報確認や細かな修正等々でも、拡大縮小スワイプ操作の煩雑さが半端なく。LivedoorBlogのiOS用投稿アプリもあるのですが、記事の制作途中で誤投稿とかしちゃうし、ぶっちゃけ、まともにブログを作る用途には、iPhoneは残念ながら文字のアウトプットツールとしては正直いろいろ力不足だったり。
※余談ですが自分、フリック入力では例えばあいうえおの場合、あ・い・う まではトグル入力(普通の真ん中タップ)、え・お ではフリック入力を使います。(同じ母音が続く文字列はトグル+フリックのコンボ)この方が自分は速く打てますし、フリック入力独特の入力ミスも抑えられる感じです。

何よりもスマートフォンの場合は表示画面の小ささがボトルネック。更にiPhoneではPC版の画面表示が崩れてしまうので、ブログのレイアウトを意識しながら作業するのが非常に困難です。このあたり、PCモニタに近い形で視認可能で、Bluetoothのミニキーボード"Apple Wireless Keyboard"を繋げつつ、アウトプットにも使えるタブレット端末が可及的速やかに欲しいところであったりもしますが、夏からず〜っと考えているのにも関わらず、今だ管理人の手元には適当なタブレットが無いという体たらくでありんす・・・orz
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
《Apple Wireless Keyboardはデザイン優先のようでいて実は非常にキータッチが良好且つタイピングしやすいのです》

夏に店頭で実機デモの比較を色々やりまくった挙げ句、7.9型ディスプレイのiPad miniを第一候補にし、秋に発売が噂されていたRetinaディスプレイモデルに期待して購入を控えていたのですが、蓋を開けてみれば良いことばかりでは無かった。画質(画素数)はRetina化でiPhone5レベルに向上したのと、高速とは云えない動作レスポンスが割と普通になったの迄は良かったのですが、


反面、外観はほぼ変更なしで重量は308gから331gと7.5%アップ。100円玉6枚分が地味に重い。個人的感覚ですが、無印iPad miniではギリギリ軽いと感じていたのに、Retinaではギリギリ重い微妙な重さに。更に16GBモデル無印の31800円(夏の値上げ前は2万8800円)から41900円と、価格が丸々1万円も高くなってしまい、正直これにはかな〜り絶句させられました。(注:全て16GB Wi-Fiモデル)

欲しいけど高い!高いけど欲しい!の無限ループみたいな(^^; 加えてRetinaディスプレイモデルのお陰で無印iPad miniの旧型在庫が叩き売られるかと思いきや、Appleまさかのそのまま併売戦略で、価格が下がらず我慢して待った意味がなっしんという・・・(´Д`;)

iPad miniの対抗馬として考えていたのは10.1インチ型のSONY Xperia Tablet Zです。ただ実機を触ると微妙な点が無きにしも非ず・・・。Xperia Tablet ZはiPadと比べても、ガジェットとしては最上級の誉め言葉を捧げたいくらいに格好良いのですが、枠が広くて大型なのと、WUXGA(16:10)という流行の横長アスペクト比の関係から、液晶画面サイズは短辺約13cm強。自分がブログとWEB閲覧で多用する縦表示で使う場合、幅14.5cmのiPad airよりも狭く、遥かに小さな7.9インチ(アスペクト比4:3)のiPad mini(幅12cm)と比べても、横幅の実用画面サイズでは大差ない表示領域に感じられます。

それでいて重い。サイズからイメージするより瞬間は軽いのですが、それでも約500gあります。あとやっぱりタッチパネルがiPadのようにはぬるぬる動作しない。Android OS機も改善されてきているとは云え、iPhoneに慣れてしまうとこれが案外ストレスだったり。495gの重量が許容でき、動画鑑賞などで横表示での使用がメインでしたらSONY Xperia Tablet Zが最善の選択になりそう。いろんな意味でソニーというか日本製品の良さが隅々まで如実に現れてる。あと防水なのでお風呂で使いたい人にはいいらしい。でもお風呂でタブレットって一体何に使うんでしょ?w (iPad/iPad mini・Xperia Tablet Z・Kindle Fire HDX・Nexus7・Surface 2・・・ブログに最適なタブレット端末はどれ?ぱ〜と2に続く)

ピュアオーディオランキング←役に立たなかったのでクリックしておく♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
iPad に参加中!