CREEK Evolution-CDがCDを遂に認識しなくなって、なんだが遂に故障か!?と慌てそうなところなのですけれども、実は毎年の恒例の出来事だったりします(苦笑)。9年前に導入したCREEK EVO-CDのドライブメカはオランダPHILIPSが設計したVAM1202(CDM-12.x)で、リニアトラッキングのものが使われています。
CREEK EvolutionCD
VAM1202(CDM-12.x)は旧PHILIPS/MARANTZの普及価格帯CDプレーヤーや、海外製のCDプレーヤーでは数年前まで良く採用されていた量産型のリニアトラッキングドライブメカです。ただこのCDM-12系、PC用ドライブと違って音質はまあまあですが、実はあんまり耐久性が高くないのですよね。VAM1202/CDM-12搭載機のメカが壊れて音飛びジャンク扱いというのを、ヤフオク!でもHARD OFFでも頻繁に見かけるくらいの問題設計品だったりします。
philips-cdm12-vam1202
うちのCREEK EVO-CDもご多分に漏れず、購入2-3年目くらいからCDの60分過ぎた外周トラックでしばしば音飛び症状があり、有償修理が面倒くさいのでそのまま騙し騙し使っていたのですが、5年目くらいからはローディング時にたまにCDを認識しなくなる症状が出るようになり、少々困った事に。。。


これはどうやらCDの読み取り出力不足が原因みたいで、症状が出てきたらトップカバーを開け、ピックアップを綿棒とアルコールでクリーニングするとあっさり直す事が出来ました。梅雨か冬場の湿気でレンズが汚れる事が多く、大体1〜2年に一回くらいの頻度で発生→レンズクリーニングを繰り返しています。※ちなみに外周での音飛びは完全には治りませんが、軽減はします。

vam1202ピックアップレンズ
というコトで17年4月、重い腰を上げて非キトサン含有の赤ちゃん綿棒とアルコールでピックアップをクリーニング。実は2月から再生できない状態のまま暫く放置してたり。。。(^◇^;) 前回のクリーニング履歴を見たら15年7月でしたので、まぁ1年半ぶりでございまする。曇ったレンズより綺麗なレンズのほうがサーボ電流や訂正の負荷が減るぶん、音質も良くなりますので億劫だからといって放置してはいけないのですが。
oem-philips-vam1202-12
PHILIPS VAM1202/12。PHILIPSと記載が無いのでEVO-CDに搭載されていたこれはたぶん最初からOEM互換ドライブですね(正規新品購入です)。蓋を開けたついでにElectroluxの掃除機で隅々まで埃をクリーニングしておきます。※筐体にスリットもないのにどういう訳か埃は溜まる。。。

ちなみにCREEKでも中上位のイギリス国内生産品と違い、当時のEvolutionシリーズはMade in PRC、即ち中国製なのですけれども、これ実は中国深圳(シンセン)のオーディオメーカーSHANLING(シャンリン)が製造元のように見受けられます(爆) ※もし間違っていたらすみません・・・。
SHANLING S100リモコンSHANLINGには内部回路、細部の仕上げ、リモコンなどがEVO-CDとほぼ同じCDプレーヤーとしてSHANLING CD-S100という機種が存在し、当時のCREEK EVO-CD、EVO-CD2に限らず、MUSIC HALL CD25.2、ONIX CD-2、ONIX CD-5、ONIX XCD-88、ONIX XCD-99、USHER CD-1、CARAT C57など、名だたる英米仏ブランドのCDプレーヤーがみ〜んなほぼ同じSHANLINGベースの製品っぽいコトが、CDプレーヤーの内部を蓋を開けて見るとバレバレだったりします(;゜ロ゜)。同様に海外ブランドの比較的安価なSACDプレーヤーもSHANLINGのSACDプレーヤーがベースだったり。

ちなみに決して全く同じ中身という訳ではなく、基板のレイアウトがドライブメカの位置に合わせていくつかパターンがあったり、それぞれ採用する電源トランスやコンデンサーの種類などの細かい部品は色々と異なり、メーカ&機種毎にかなりの独自モデファイもといチューンが施されています

CREEK EVO-CDやEVO-CD2にはトランスが安物のEIコアではなくより高品位なRコアトランスが載っていますし、更にMUSIC HALLやCARATなどメーカーによってはトロイダルトランスだったりしますので、製造下請けとしてSHANLINGがベースシャシーと基本設計を提供した上で、それぞれのメーカーの仕様に沿った構成で製造していたものと思われます。
CREEK Rコアトランス
この情報、2008年のEvolution-CD購入当初から管理人は海外検索で気付いていて、暴露記事にしようかかなり迷ったのですけれども、零細輸入代理店さんの営業妨害になると心苦しいので当時は黙っていた話だったり。※もう全ての機種がディスコンなのでオープンにしても良いかなと。CREEKは歴代CDPでクリスタルセミコンダクターのDACチップを採用してきた(最新機ではWolfson)のに、なんでEVO-CDだけバーブラウンPCM1738Eなのかとか、グリーンのLEDインジケーターに拘ってたのに、どうしてこれだけブルーなの???等に疑問を持ったのが、OEMの存在に気付いた切っ掛けでした。
CREEK-Evolution-CD-inside
エントリーモデルの悲哀と云いますか、ベース設計が他にあるものをCREEKっぽくモデファイすると云ってもそこにはやはり限界があり、音質は英国生産された本来のCREEK(手持ちのCLASSIC CD PlayerEMF Sequel2)とはやや毛色が異なります。基本的には艶や解像度を備えつつ輪郭がしっかりした現代的なサウンドがベースで、それにCREEKっぽいスコッチウィスキーの様な色合いと雰囲気がある程度加わったという印象。伝統的な英国色が色濃いオリジナルのCREEKよりもベースの透明度が高いぶん、あまりソースを選ばないバーサタイルな性格のサウンドではあります。

中華メーカーというと日本では非常に良くないイメージがあるかと思いますが、SHANLINGについては中を見れば判りますが非常に製造品質に優れていて、音質についても(本国並みの価格であれば)お値段の割にかなりの高音質と云えます。CREEKやONIXなどOEMでの音質を聴いた範囲でも、上位機との差別化で変に軽々しいキャラクタを纏ったものが多い日本ブランドの普及価格帯プレーヤーよりも、むしろバランスが良く高品質なCDプレーヤーではないかと個人的には感じています。
tempo eC1B
中国ではSHANLING CD-S100の下位機種にハーフサイズのCDプレーヤーTEMPO eC1Bが販売されていて、これがまたお安いのに中を見るとバーブラウンPCM1796+NE5532Pにトロイダルトランスなどなかなか出来が良さそう♪ メカは旧機種のSHANLING PCD3000AはVAM1202/12のようですが、現行はいつのまにかSF-HD8650(EP-HD850)っぽいですね。これは取り寄せて使ってみたい機種だったり♪

メタラーのヘッドホンブログ/Shanling M3を購入
メタラーのヘッドホンブログ/Shanling M1のレビュー

※近年SHANLINGはDAP、ポータブルオーディオの分野にも進出しています。


現行モデルのCREEK EVOLUTION 50CDと100CDはトロイダルトランスで、回路設計も完全CREEKオリジナル仕様だと思われます(要するにSHANLINGのOEMではない)。スロットローディングメカは賛否両論になりそうですけれども、音質面はスィートでウォームなCREEKそのものの伝統が継承されているようです。
CREEK-Evolution-50CD-inside
このほかにも最近では気温が下がる冬場になるとVAM1202のトレイがなかなか出てこなくなる&閉まらなくなる症状があり、これは開閉時の歯車のグリス切れが原因っぽい。モーターとかトレイ開閉メカそのものが壊れている訳ではありませんので、分解してグリスアップすれば直せるたぐいの軽故障ですが、地味に面倒くさい・・・(苦笑)

⇒【楽天市場

数年前から自分でピックアップをDIY交換しようとオークションを見ているのですが、最近ヤフオク!では新品の互換ピックアップレンズユニットの出品がめっきり減ってきているので、そろそろ海外から一式調達しないとなぁと思っていたり。海外のオークションではレンズ部のみならず、トラッキングメカ+レンズユニットがまだ安価且つ大量に出回っているのでタカをくくっておりますけれども、気付いたらもう部品がない(´Д`;)な〜んて事になる前に、一度自力で分解修理をして、出来たら予備のメカとピックアップレンズも調達しておきたいところ。DIY情報がいまいち少ないので分解するのは少しばかり怖いのですけれども・・・(^^;)

ピュアオーディオBlogランキング←驚愕の実体というのは些か大袈裟でありんした♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ【パート2】 に参加中!