◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪

Victor(ビクター・ウッドコーン)

SX-WD5の魅力を引き出すためのオススメの組み合わせ。
ETERNO EX-A5 VS EX-A1 DEUSアンプとの相性は如何に?
VICTOR "ウッドコーン"驚異の音楽性を誇る国産小型スピーカー

SX-WD5の魅力を引き出すためのオススメの組み合わせ。

ビクター2ウェイバスレフ型スピーカーSX-WD5【送料無料】【代引き料無料】
それでは今回はSX-WD5を生かすアンプについて書いてみます。

前の記事はこちら↓
VICTOR "ウッドコーン"驚異の音楽性を誇る国産小型スピーカー
ETERNO EX-A5 VS EX-A1 DEUSアンプとの相性は如何に?

SX-WD5は性格的に"美音系"のスピーカーであると書きましたが、これは裏を返すとこれ自体が独特の個性を持ったスピーカーであるとも言えます。明るく透明感のある美しい音色と澄んだ中高域は大変魅力的な音色なのですが、決してフラットでワイドレンジではありませんし、低域方向の厚みは不足気味です。

特に繋げるアンプとの相性や、どの音楽を聴くか?で、まるで正反対の評価になってしまう事もあり得るでしょう。

私自身、このスピーカーを最初に聴いたときは、深く考えずにそこにあったD社の10万円クラスのプリメインアンプと組み合わせで音出しをしたのですが、この音はお世辞にも良いとは言えず、正直かなり酷い音が出てきてびっくりしました。

単品オーディオは優れた物同士を組み合わせたとしても、それで1+1=2のように結果が必ずしも良い音になる訳ではありません。トータルで出てくる音質を評価する場合、価格帯やグレードよりも、組み合わせの"相性"の方が本質的により重要になります。(この相性の部分が実は一番単品コンポに於ける難しさであり、なかなか語られない部分でもあります。)

しかし、私は同種の音色傾向を持ったSX-A103での組み合わせ経験から、ビクターの美音系小型スピーカーは、Hi-Fiで鮮烈な音のワイドレンジ系アンプより中域が充実した、艶めかしく太く濃い音色のアンプの方が上手く行くのではと考えるのです。例えばSX-A103の場合、ミュージカルフィデリティ A1との相性は驚くほど素晴らしいものでした。スピーカーの張りのあるクッキリした美音が、アンプ側の弱点である解像度と鮮度の低さを補い、お互いの持つ音楽的な躍動感は相乗効果でより情熱的に強調され、アンプの丸い音色でスピーカーの高域方向の刺激を抑えながら、中〜中低域方向の密度感を高め、女性ボーカル系などはこれ以上無い程の艶っぽさで艶めかしく聴かせてくれたものです。

ですので、WD5を鳴らす際には出来るだけ音色の甘さと中域の密度を高めることに主眼を置き、中古のMusical Fidelity A1系や、コンパクトなX-Seriesの旧(現行シリーズは日本未発売)モデル、或いは、定評のある穏やかな音色の真空管アンプとの組み合わせも面白いかも知れません。
primo2





これらと同系統の音質をより高い次元で現在販売されている製品で再現することを考えた場合、真っ先に候補に挙がるのがイタリア、オーディオアナログ"PRIMO"シリーズiconとの組み合わせです。プリモはミニコンポサイズながら、音質はピュア単品コンポとして十分通用する本格的なものです。また、その外観の仕上げの精度の良さ、筐体の剛性の高さは文字通りハイエンドクラス。操作性もシンプル且つ非常に洗練されたフィーリングのもので、遥かに高価な上級機の持つ高級感溢れる質感の高さを、グレードダウンすることなく全て受け継いでいます。

これだけの作りの美しいアンプとCDプレーヤーがそれぞれ定価10万円少々という、信じがたい程リーズナブルな価格で販売されている訳で、これはかなりのお買い得モデルと言えるでしょう。音質面でもアンプのドライブ力の高さには定評があり、並のハイエンドアンプを凌駕するそうです。また、音楽的なストレートさと楽しさでも、個人的には上位モデルを凌駕するかもしれないと感じました。強いて弱点をあげるとすれば、外観の精度の高さや筐体の剛性の高さから来るハイエンドライクな安定度とは裏腹に、上級機と同じくボリュームの調整ピッチが細かくない事や、セレクターのチャンネルセパレーションがイマイチとか(実はMusical FidelityA1もです・・・)、電源が合わないとトランスが唸るとか、イタリア製らしいお茶目な部分がいくつかある様ですが、そういった部分に目を瞑ってでも、道具として傍らに置いて長い間使いたいと思わせるだけの質感と音質を十二分に備えている、それが"AudioAnalogue"社のPrimoシリーズなのです。

プリモとSX-WD5の組み合わせは本当に素晴らしいものです。(この組み合わせを聴かなければSX-WD5をココで取り上げる事は多分しなかったでしょう。)デザイン的にもDEUSとPrimoでは違和感がなく、変更しても統一感がありますし、そこから得られる音質は、新世代のアンプらしく現代的な節度を兼ね備えながらも、柔らかさの中に明るい響きと充実した中域を感じる音楽的感性に溢れる物で、ウッドコーンの磨かれた美しい音色とイタリアらしい歌心を一際際立たせる見事な表現力が合わさり、PRIMOと同サイズの国産ハイコンポなどからでは絶対に得る事が出来ない、音楽的抑揚の効いた文化的で深みのある音場再現を聴く事が出来ます。

音源との相性ですが、やはり女性ボーカル、あまり激しくない洋楽、ジャズボーカルも良いのですが、SX-A103もそうでしたが、意外と邦楽ポップス系との相性が良いかも知れません。電気的にエンハンスされ、コンプでレンジ圧縮され、音がクリップしている低音質な音源でも、このシステムではウッドコーンのキャラクターで美しい音色で聴かせてくれますし、低域を適度に削ってくれるのでドラムスが全体のバランスを崩して、肝心のボーカルを殺してしまう心配はありません。その反面アコースティックソースでは、金管・木管楽器、ギターなどは良いですが、A1と異なり弦楽器は・・・と正直思います。ピアノはこれ自体がピアノっぽい輝かしいキャラクターなのでアリでしょう。ただ、低域の厚みが足りないので本格的なものとはまた違う意味でです。

どちらにしろ、この種の美音系キャラクターが好みであれば買って損はないですし、
他にビクターのスピーカーの代わりが出来るモデルはありません。試聴して好きだと感じたのであれば、"自分を信じて"間違いないと思います。

オーディオアナログ"PRIMO"の激安店を探す

オーディオアナログPRIMO・10%ポイント付icon

歌の翼に
川畠成道 ピエナール(ダニエル・ベン) エルガー ラフマニノフ

おすすめ平均
心を洗われるような神聖な響き。
魂の底から奏でる流麗な音色の響きに
一音一音が美しい
一音一音が美しい
一音一音が美しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このビクターの録音もプリモと組み合わせた場合のウッドコーンスピーカーWD5に近い傾向の音色です。(注:あくまで組み合わせた場合で、SX-WD5/PRIMOそれぞれの音色とは違います) 結構極端な音色の前記事のフジ子ヘミングCDよりこちらの方がより近いかも。ポピュラーな選曲で演奏も素晴らしく、割と普通に聴ける範囲の録音(川畠成道さんの生の音とは少々違います)ですので、クラシックを知らない人のバイオリン入門としてもオススメです。

ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪

ETERNO EX-A5 VS EX-A1 DEUSアンプとの相性は如何に?

EX-A1さて先日の予告の通りビクターの美音系スピーカー"ウッドーコーン"について書きましょう。先だっての記事はこちらです↓
VICTOR "ウッドコーン"驚異の音楽性を誇る国産小型スピーカー

ウッドコーンSPは、単品売りされているSX-WD5を別にすると、ミニコンポ>コンパクトコンポーネントDVDシステム"ETERNO"として販売されていて、チューナー/DVD/DVD-Audio内蔵の小型デジタルアンプ、通称"DEUS"アンプがセットになっています。このセンターユニットですが、元々は先行発売された下位のEX-A1に付属する、小型フルレンジタイプのSPをドライブするために開発されたものです。このデウスアンプのデザイン、ビクターの名CD/DVD-Audioプレーヤー、XV-D9000のイメージを受け継いでいます(^^)。音質もこのクラスでありながらトゲのない潤いのある響きが音場にふわりと広がる品位の高いもので、十分にビクターのピュアオーディオの名に恥じないクオリティが確保されています。

JVCこのヘッドユニットとウッドコーンフルレンジとの組み合わせによる音ですが、単発フルレンジらしく鮮度の高い音質で、特に弦やボーカルの生々しさは一級品です。ネットワークを介さない8.5cmの小型フルレンジ一発という最小限の構成と、響きの美しいウッドコーンユニットとチェリー材のキャビネットが最大限生かさる事で、他のピュアオーディオの高級大型スピーカーでさえ敵わないような、生々しくリアルな音が出てくるのです。ビクターの録音スタジオで、モニタースピーカーとして使われている事が納得できる素晴らしい音質です。

ただし、フルレンジ一発で鮮度が高い事と引き換えに、録音によってボーカルのサ行が目立つことや、小型ユニットの帯域限界からピアノの音色が明るくしゃくれてしまうなど、レンジ不足による弱点があることは否めせん。その為、これは大音量を突っ込んで聴く為のスピーカーではなく、あくまで小音量〜ニアフィールドで鳴らすのが相応しい楽しみ方だと思います。その点さえ勘違いしなければ、このスピーカーから出る音色は、今そこで演奏されているかのような極めてライブなリアリティを持っている事に、誰もが驚くこと請け合いです。

後発のEX-A5に採用されているスピーカーSX-WD5は、EX-A1のフルレンジスピーカーと同一の素材を使い、キャビネットを二回り大きくして(それでも手のひらサイズですが・・・)ネットワークを介し、ウッドコーンツイーターを搭載した、2WAYバスレフ型の一般的な構成の小型SPです。なんでもEX-A1とは開発者が異なり、後を受けた若い人が担当したそうです。

SX-WD5の音質は、オーディオ的にみても不満無く多くの録音を再生できる、フルレンジバージョンよりも幅広い音源対応力のあるスピーカーです。最初のレポートで書いたビクターの"美音系"の部分をより際立たせたのがこちらで、私個人は2WAYスピーカーを使い慣れフルレンジの音には慣れていないこともあり、どちらかというと、A5の音の方が従来の感覚で受け入れやすく落ち着いて聴けます。裏を返せば、EX-A1に鮮度の部分では敵わないという事でもあります。

EX-A5のDEUSアンプですが、見た目はEX-A1と一緒ですが、スピーカーが異なるためにEX-A5用に調整されているそうで、その点からするとA5とA1のセンターユニットは同一ではありません。

あくまでDEUSアンプとの組み合わせで両スピーカーを比較した場合、どちらにも魅力があって片方を切り捨てるのは大変に難しいのですが、最終的にA1を選ばれる人が多いというのはある意味頷ける部分があります。

それについては、このセット同士を同一環境で比べると、A5の方が下も上も出ていてトータルのオーディオ的品位では上なのですが、ハッとさせるような鮮度の部分と、音楽再生にとって一番大切な"音楽性"、パッションの部分、音楽を聴いていてどちらが楽しいか?となると、この点では私の感覚ではA5よりもA1に軍配が上がると感じてしまうからです。A1は素晴らしいパッションがリアルな響きを伴ってワクワクと伝わってくるのですが、A5に切り替えると若干現実に引き戻されたような冷めた印象が拭えません。
ビクター2ウェイバスレフ型スピーカーSX-WD5【送料無料】【代引き料無料】
では、結果的にA5に付属するSX-WD5はA1のフルレンジウッドコーンより劣るのか?これはそうとも言えません。DEUSユニットとの組み合わせだけを比較した場合、短絡的にそういった結論に達する人がいらっしゃるかも知れませんが、私はこのテスト以前にSX-WD5を単体である海外製アンプと組み合わせて聴いたことがあり、その場合の音は純正組み合わせの両機を大幅に凌駕する音質だったからです。

DEUSアンプの音を聴いた感じ、SX-WD5用にチューンされているとは云え、なんとなくドライブ力不足の印象は拭えません。響きは奇麗なのですが、音楽に必要な活気が十分引き出されないように感じます。非常に能率の低いSX-WD5の本来のポテンシャルを引き出すためには、出来れば、より品位の高いドライブ力のアンプを持ってくる方が良いと思います。

逆に、EX-A1の場合、DEUSアンプとフルレンジSPの相性は夫婦のようなもので、お互いにとって無くてはならない存在のようです。DEUSアンプ自体が本来A1での組み合わせのために作られた物ですし、相性を無視してこのSPに他のピュアオーディオアンプを繋げても、これ程の相性、鮮度、バランスで鳴らすことは難しいとの話もあります。
ビクターがA1のスピーカーを今まで単体発売しないのは、この辺にも理由があるのかと思ったりします。。。

pastel_pianoの結論としては、あくまでDEUSアンプとのセットで使う場合はA1を推薦♪ EX-A5は将来アンプをグレードアップする見込みがある場合にオススメ。あくまでミニコンポとしての使用で、全くその気がないのでしたらEX-A1がお薦めです。

私は・・・出来ることならデスクPCシステム用にEX-A1を買い、他にサブシステム向けにSX-WD5も単品で買うのが理想です(爆) 欲しいのと買えるのとはまた違いますけどね、はぅぅ_| ̄|○

あと、DEUSアンプはタイマーを内蔵していないので目覚ましとして使えないそうです。ビクターさん・・・この辺がなかなかどうして片手落ちです。これをベッドサイドで使いたい御仁は沢山いらっしゃるでしょうに(^^;。ちなみにDEUSアンプは初期のモデルはファン内蔵でしたが、2005年度製造分からファンレス仕様にマイナーチェンジされたそうです。ファンが無くなったと云うことは音質面でもより良い方向に改良されたことでしょう。今度は出来ればタイマー内蔵仕様にマイナーチェンジしてくださいませm(__)m
DEUS
もし今5〜6万円以内でミニコンポをと考えていらっしゃるのでしたら、迷わず、VICTOR EX-A1・EX-A5を推薦いたします。他メーカーの現行ミニコンポとは音楽性がまるで違いますから♪

ピュアオーディオの事は知らなくても構いません。しかし、質の悪い圧縮音源を浴びている現代の子供達に少しでも上質な音楽に触れさせる為に、低価格であってもDVD-Audioなどの超高域再生にも対応し、ラジカセや他のミニコンとは違う優れた音楽性を秘めたETERNOをそばに置いてあげること、これは贅沢などではなくもはや大人の使命と云えるでしょう。入学祝い(遅いか・・・)や誕生日のプレゼントとして、もしラジカセやミニコンを買われる機会などがございましたら、派手な見た目や広告、雑誌の評価に惑わされず、是非こちらを聞き比べて御購入されることをお薦めします。

単品SX-WD5の魅力を引き出すためのオススメの組み合わせに続く。
憂愁のノクターン
フジ子・ヘミング ショパン ドビュッシー リスト

おすすめ平均
歌う演奏
ネコも好きなCD
彼女のドビュッシーは最高です
耳に残る澄んだ演奏
こんなのが売れるなんて世も末

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
賛否両論のピアニストなので多くは語りませんが、音楽は本質的に技術ではなく感性です。クラシック"音学"いや"音が苦"に毒されていない人々にこそお薦めしたいレコードです。

ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪

VICTOR "ウッドコーン"驚異の音楽性を誇る国産小型スピーカー

87ba1cb9.jpg



近年、小型スピーカーのマーケットというのは、海外製の独壇場といった感じですが、国産メーカー製の中にも優れたスピーカーはいくつもあります。その中でも、ピュアオーディオ作りに於いて個人的に非常に高く評価しているのがビクターです。

ビクターは、SONYDENON(デノン)ほどオーディオブランドとしてメジャーではなく、Accuphase(アキュフェーズ)LUXMAN(ラックスマン)程、玄人好みの高級機を一貫して作ってきた訳でもなく、marantz(マランツ)オンキヨー程ピュアオーディオではっきりとした音の方向性を認知されていない、なんとなく、商品構成が中途半端でマーケットに占めるブランド力が弱い印象が拭えませんが、ビクターには余り知られていない、他の国産メーカーとは以前から一味も二味も違う優れた部分があります。

それは、ビクターのオーディオ製品の多くが、実はとっても"音楽性が高い"点なのです。

"音質"という評価軸に於いて、日本メーカーは世界でもトップにあると云えるでしょうが、こと、"音楽性"(音楽のハート、生命、精神性を伝える力)という評価軸になった場合、残念ながら海外製品と比べると相対的に1歩も2歩も劣ると言わざるを得ません。これが、音楽ファンにレコードを通して"音質"ではなく"音楽"を聴いて欲しい私が、かねてからネット上で海外製品を推してきた一番の理由です。

しかし、ビクターはそんな国内メーカーの中でも、音楽性に於いて海外製に匹敵、どころか、十分にトップクラスの音楽性を備えていると言える数少ないメーカーなのです。

これは、Victorが傘下にその名の通り●ビクター音楽産業(現エンターテインメント)という、国内レーベル屈指の録音品位を備えたレコード会社を抱え、そのレコーディングエンジニアが、オーディオ機器作りにまで深く関わっている事が理由の一つなのかも知れません。とにかく、誰だかこの会社には感覚的に音楽を知っている凄い人物がいるのではないかと思います。
XM-R1




ビクターのオーディオ機器iconの持つ音は、90年代以降躍動感溢れる透明で耳当たりの良い明るいトーンでクオリティが一貫していました。不況の為か、ピュアオーディオ機器のラインナップがちぐはぐで揃わないのが難点ですが、私の所有するポータブルMDプレーヤー XM-R1(当時は単品コンポ並の音質と評され、このポータブルがなければ私はMDなど到底聴く気になれなかったでしょう。)から、直ぐ立ち消えたHMVシリーズ、ハイエンドDVDオーディオプレーヤーのXV-D9000(ずば抜けて音が良いのに売れないまま最後は叩き売られて消えていった・・・)まで、何故か市場の評価が伴わない状態が続いているにもかかわらず、けなげに、生きた音楽が伝わるオーディオ機器を作り続けている点を、日本のオーディオファイルの人々はもっと高く評価してしかるべきでしょう。
XV-D9000


そのビクターから昨年発売され、最近あちこちで高く評価され、話題となっているのが、スピーカーがピュア単品でも発売されているミニコンEX-A5EX-A1です。

pastel_pianoは、このミニコンから独立した単品スピーカーSX-WD5の音を先日たまたま聴くまで、巷の評価のことは目にしても、内心、何寝言いってんだ?wと完全スルーをしていました(爆)10年少し前、ビクターにはドイツ・クルトミューラー社製コーンを搭載した、大変に音楽性の高いスピーカー、SX-A103、SX-V1、SX-V05という一連のシリーズがあり、特に、SXA103には個人的に使って非常に良い思い出があるのですが、これらの後のSPラインナップが現代的な方向性で、個人的に好みでなかったこともあり、まさか今更ミニコンポから良い音のスピーカーを作ってくるとは思ってもいなかったのが本音です。

SX-WD5を聴いた最初の印象は、SX-A103の音が戻ってきた!というものです。当時感じたビクター特有の美しく磨かれた明るい音色、躍動感溢れる表現力・・・もう中古でしか再び手に入れることは出来ないと半ば諦めていた音が、再びそこに蘇って生き生きと再現されていたのです。私は、A103のこういった美点は、ユニットを供給していたクルトミュラーに依存しているのだとばかり思ってましたが、
どうやらそうではなく、これを作っている人が持つ優れた音感の成せる音色だという事が、全く違う新開発のウッドコーン・ユニットとツイーターを使うSX-WD5で理解出来ました。

とにかく、聴いていてもの凄く楽しい音なのです♪小口径ユニットの小さなスピーカーですから低音の量感は望むべくもありませんが、音質云々のリアリティではなく、音楽を血の通った音楽として鳴らす力については、国産でこのスピーカーの右に出るものが果たしてあるのでしょうか?といった感じです。

ウッドコーンスピーカーは、そのウッド素材を大切にした、楽器作りにも通じる面倒な制作行程を観ても想像出来るように、スピーカー自体が共鳴して楽器のように豊かに鳴るタイプであって、色付けを廃し、無響室的なアキュレートさを身上とした、高分解能で高音質なモニタースピーカーの類とは毛色が違います。

海外製でいうところの、OLS(Kharma)、アコーステッィクラボ、ウィーンアコースティックなどの、"美音系"スピーカーと共通した音色の方向性を有していると言えるでしょう。

そういった意味では、この音色をそもそも色付け、後付けされた個性と感じる事で、受け付けない人もいらっしゃるかと思います。ただ、モニター的ではないにしても、リアルでない訳ではありません。それどころか、録音の段階で失われてしまう声の温もり、楽器の質感、ピアノや弦楽器などのアコースティックな要素を、スピーカーの響きが蘇らせてくれる、この意味で、出てくる音の質感のリアルさは、そこらの無個性なSPやモニタースピーカーを軽く凌駕する生々しいものなのです。音にこだわる余りに、色々と音楽の大切な要素が失われたつまらない音をそのまま聴くよりも、ウッドコーンを通して再度生気が蘇った音を聴く方が、実生活において、どれだけ楽しい音楽ライフになると言えるでしょうか?

こういう音は、生楽器の音に良く触れている人にしか掴めないんじゃないかと思います。オーディオスペック的な意味での高音質、正確性を追求する以前に、音楽をリアルに聴きたい、音楽そのものに近しくありたいという意志がなければ、機器という介在物を飛び越したような"生々しい音"は絶対に生み出せないでしょう。

EX-A5 VS EX-A1 DEUSアンプとの相性に続く。
グレイテスト・ヒッツ
マライア・キャリー ベン・マーグリーズ ナラダ・マイケル・ウォルデン

おすすめ平均
凄まじい重量感
名曲多すぎ!
満足できます☆☆
アメリカではなぜ売れないの?
イイ曲満載!オススメの1枚

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪
オーディオ音質向上アイデア集
オーディオブログRanking

Yahoo! JAPAN
AUDIO STYLE 内を検索


Yahoo!ショッピング オーディオ機器検索


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
↑出来たら投票お願いします↑




オーディオ逸品館

Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

▼Twitterアカウントはこちら▼
ぱすてるぴあの@pastel_piano

ピュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの辺境公爵」でございます。自称ルンペンブログタリアーティスト。コメント&ご質問はお気軽に♪ ⇒連絡先

当サイト箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリーです。但し画像ページのみへの直リンクについてはご容赦下さい。本文その他を転載/引用される際は、必ず元ページのリンク併記をよろしくお願いします。

当コンテンツはApple iPhone7, iPad mini4/ASUS VivoMini VC65 Windows10/ASUS UL20FT Windows10、Chrome及びIE11で制作・最適化デザインされています。

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。各種アフィリエイトなどの広告配信によって運営されています。
フィードメーター - 箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ


CD・DVD・レコードの整理整頓に役立つ収納グッズが大集合!

サウンドハウス
SOUND HOUSE 超特価ヘッドホン・イヤホン





DALI SPEKTOR1【プログ推薦】


DALI ZENSOR PICO


DALI ZENSOR 1(センソール1) 【WHAT Hi-Fi Award 2014】


DALI ZENSOR 3


DALI MENUET 【ブログ推薦】

日本ブログ村