JVCウッドコーンスピーカー
【ぱ〜と1】|【ぱ〜と2】|【ぱ〜と3

近年、小型スピーカーのマーケットは海外製の独壇場といった感じですけれど、実は国産メーカー製にも優れたスピーカーはいくつもあります。その中でもピュアオーディオSP作りに於いて管理人が昔からとても高く評価しているのがJVC/Victorです。
JVC Victor  ウッドコーン EX-A5
最近のJVC/VictorはDENON(デノン)Marantz(マランツ)ほどオーディオブランドとしてメジャーではなく、Accuphase(アキュフェーズ)LUXMAN(ラックスマン)程、玄人好みの高級機を一貫して作ってきた訳でもなく、SONY(ソニー)ほど先進的でも無く、ONKYO(オンキヨー)ほど普及価格帯のピュアオーディオではっきりとした方向性を認知されている訳でも無く。。。なんとなく、商品構成が中途半端でマーケットに占めるブランド力が弱い印象が拭えません。しかしJVC/Victorには一般の方には余り知られていない、他の国産大手メーカーとは一味も二味も違う優れたスピーカー製造技術があります。※むしろ日本の他の大手メーカーはまともなスピーカー作りが元々出来ないか、かなり前に辞めてしまっています。現在でもまともに評価出来るのはJVCとONKYO、YAMAHAくらいかも。


そして、箱庭ピュアオーディオ管理人が何よりも評価しているのが、JVC/Victorのオーディオ製品の多くが伝統的に「音楽性が高い」点にあります。

「音質」という評価軸に於いて、日本の大手電気メーカーが作るオーディオ機器は、世界の最高品質を長年に渡りリードしています。にもかかわらず「音楽性・・・音楽のハート、生命、精神性を伝える力」という評価軸になった場合、残念ながら海外製品と比べて相対的に一歩も二歩も劣っているケースが多いと云わざるを得ないのも事実です(※もちろん例外はあります)。これが音楽愛好家の皆さんに上質なオーディオ機器を通して「音質」ではなく「音楽」を聴いて欲しい管理人が、かねてから海外製品を中心に推してきたいちばんの理由です。
XM-R1
しかし、JVC/Victorは音質至上主義的な傾向にある国内大手オーディオメーカーの中でも、音楽性に於いて海外製に匹敵・・・どころか、十分にトップクラスの音楽性を備えていると云える数少ないメーカーなのです。これは、JVCが傘下にその名の通りビクター音楽産業(現ビクターエンターテインメント)という、国内レーベル屈指の録音品位を備えたレコード会社を抱え、その中の優秀なレコーディングエンジニアが、オーディオ機器作りにまで深く関わってきた事が理由の一つに挙げられそうです。誰かは判りませんがこの会社には感覚的に音楽を知っている凄い耳の持ち主がいるのではないか?と思っています。
XV-D9000
JVC/Victorのオーディオ機器のキャラクターは、90年代以降、透明で柔らかく躍動感溢れるアコースティックなトーンでキャラクターが一貫していました。例えば管理人の所有するポータブルMDプレーヤー XM-R1(当時は単品コンポ並の音質と評され、このポータブルがなければ私はMDなど到底聴く気になれなかったでしょう。)から、高品位なのに後が続かなかったSX-V1等のHMVシリーズ、ハイエンドDVDオーディオプレーヤーXV-D9000(ずば抜けて音が良いのに、あまり売れないまま最後は叩き売られて消えた・・・)まで、心に残る製品は枚挙にいとまがありません。なぜか市場の評価が伴わない状態が続いていたにもかかわらず、変わらず生きた音楽が伝わるオーディオ機器を作り続けている点を、日本のオーディオファイルの人々はもっと高く評価してしかるべきでしょう。

そのVictorから2003末に発売され、最近になり各所で高く評価され話題となっているのが、スピーカーがピュアオーディオ単品でも発売されているコンパクトコンポーネントシステムEX-A1です。箱庭ピュアオーディオ管理人、このミニコンポから独立した単品スピーカーSX-WD5の音を先日たまたま聴くまでは、巷の評価を目にした上で内心は何寝言を云ってるんだろ???と完全にスルーしてました。

87ba1cb9.jpg
今から10年少し前です・・・Victorにはドイツ・クルトミューラー社製コーンを搭載したSX-A103、SX-V1SX-V05という大変に音楽性の高いスピーカーのシリーズがありました。特にSX-A103には個人的にも使って非常に良い思い出があるのですけれど、これらに続いたSPラインナップがより現代的な方向性であまり好みで無かったこともあり、まさか今更ミニコンポ付属品で高音質なスピーカーを作ってくるとは思ってもいなかったのが本音です。

outSX-WD5 楽器のような美しい響きの2ウェイウッドコーン・スピーカー

新しいウッドコーンSX-WD5を聴いた最初の印象は、Victor SX-A103の音が戻ってきた!というものです(注:実際に比べるとかなり違います)。当時感じたビクター特有の美しく磨かれた明るい音色、躍動感溢れる表現力・・・もう中古でしか再び手に入れることは出来ないと半ば諦めていた音が、再びそこに蘇って活き活きと再現されていたのです。SX-A103のこういった美点は、ウーファーユニットを供給していたクルトミュラーに依存しているのだとばかり思ってまいした。しかしどうやらそれだけでは無く、Victorのスピーカー開発陣が受け継ぐ優れた感性の成せる技だという事が、クルトミューラーとは全く異なる新開発のウッドコーン・ユニットとツイーターを搭載するSX-WD5で理解出来ました。


あくまで組み合わせるアンプがSX-WD5にマッチしている事が絶対条件ですけれども、とにかく聴いていてとても楽しい音なのです♪小口径ユニットの小さなスピーカーですから低域の量感は望むべくもありませんが、音質云々のリアリティではなく、音楽を血の通った音楽として鳴らす力については、国産でウッドコーンスピーカーの右に出るものが果たしてあるのでしょうか?といった感じです。

ウッドコーンスピーカーは、文字通りウッド素材をユニット振動板に採用し、楽器作りにも通じる面倒な制作行程を経て製造されています。そこから想像出来るように、スピーカー自体が共鳴して楽器のように豊かに鳴るタイプの音作り。即ち、色付けを廃し無響室的なアキュレートさを身上とした、高分解能で高精度なモニタースピーカーの類とは全くキャラクターが異なります。海外製で方向性が似たものがあるとするとDALI、FOCAL/JmLab、Vienna AcousticsKharma KPL Reference/1a">OLS(Kharma)、Acustik-lab等々の「美音系」スピーカーと共通する、アコースティックで暖かみのある音色を持っていると云えます。

正直に云うとウッドコーンの音色をそもそも色付け・・・脚色と感じる事で好みに合わない方もいらっしゃるかと思います。ただ、モニター的では無いにしてもリアルで無い訳ではありません。それどころか、録音の段階で失われてしまった声の温もり、楽器の質感、ピアノや弦楽器などのアコースティック要素を、スピーカーの響きが蘇らせてくれる様にも聴こえます。


この意味で、SX-WD5から出てくる音の質感のリアルさは、そこらの無個性なスピーカーやモニタースピーカーを軽く凌駕する生々しいものだと云えます。音にこだわる余りに、色々と音楽の大切な要素が失われたつまらない音をそのまま聴くよりも、ウッドコーンスピーカーを通してあらためて生気が蘇った音を聴く方が、実生活においてどれだけ楽しい音楽ライフになると云えるでしょうか?

こういった音色感は、リアルな生楽器の音に良く触れているエンジニアにしか掴めないんじゃないかと思います。オーディオスペック的な意味での高音質を追求する以前に、音楽をリアルに聴きたい、音楽そのものに近しくありたいという意志がなければ、オーディオ機器と云う余計な介在物を飛び越したような「リアリティが伴う質感」は絶対に生み出せないでしょう。
《Last modified 2021/1/16》

internalJVC/Victor ETERNO EX-A5 vs EX-A1 DEUSアンプとの相性についてに続く。
categoryJVC Victor(ビクター・ウッドコーン)
categorycategory:スピーカー 箱庭"AUDIO STYLE"


ピュアオーディオBlogランキングに投票する←今日も明日もクリッククリック♪
このエントリーをはてなブックマークに追加