◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪


Samsung 870QVO SSDを1年半使ってみた感想レビュー【QLC NAND】

【各社のSSDを独断と偏見のみに基づいて比較してみる】
比較2017850EVO比較2019860EVO中編860EVO後編|870QVO

以前にこちらのエントリでも少し紹介していますけれど、メインPCのデュアルSSDが「Samsung 850EVO 250GB+860EVO 1TB」の構成でも暫くすると容量が逼迫してしまい、2020年9月に改めて2TBのSamsung 870QVOを追加しました。2022年現在、箱庭的ピュアオーディオのブログ製作用PC ASUS VivoMini VC65は「860EVO 1TB+870QVO 2TB」での運用になっています。
Samsung 870QVO 2TB
Samsung 870QVOは現行最新モデルとは云え、Samsung製SSDに於ける立ち位置はあくまでローエンドモデル。低価格化のために1セルに4ビットを保持する高集積QLC NANDを採用したSSDであり、「PRO>EVO>QVO」の3種で一番性能が低いのですが、2TBのSSD容量をなるべくお安く手に入れるために、やむを得ずローエンドのQVOを選びました。※OSではなくあくまでストレージ側で使うつもりなので妥協できるかな〜と...( 3△3 ).。o>>READ MORE

DALI MENUET デンマーク製ブックシェルフスピーカーのレビューです♪

箱庭ピュアオーディオ管理人は書斎にミニマム&コンパクトなオーディオシステムを複数組んでいますが、その1つが窓際のYAMAHAクラビノーバの上に乗っている小さな真空管プリパワーアンプ、Miuaudio MKTP-2(CarotOne ERNESTOLO)を中核にしたシステムで、サブシステムMと呼んでいます。2013年以降、ここのスピーカーにはQUAD L-ite2を入れていましたが、新しいDALI MENUETはQUAD L-ite2からリプレイスする形で導入しました。
DALI MENUET Made in Denmark
実は2013年のMiuaudio MKTP-2を導入当初より、そもそもDALI MENTOR MENUET(先代SEモデル)を入れる予定ではあったのですけれど、プライベートその他で中々都合が付かず。。。2020年になってやっと新型無印MENUETにモデルチェンジしてから今更ながら導入することが出来ました。今回のレビューまで更に2年を費やしていますが、そこはいつも遅筆過ぎる管理人で申し訳ないところです...( 3△3 ).。o

internal【2021年】2020年にAUDIO STYLE管理人が購入して良かったオーディオ&PC家電 15選:DALI MENUET>>READ MORE

2022年2月 DALIの度重なる値上げに衝撃…DENON&MARANTZも

近年オーディオ関連の値上げが多すぎて感覚が麻痺しそうですけれど、またまたこれまた再値上げ。D&M Import Audioが輸入元を務めるデンマークのスピーカーメーカーDALI製品が2022年2月1日から価格改定。再び大幅に値上げされることになりましたΣ(・□・;)www 。直近では2021年7月にDALI製品がまとめて大幅値上げされたのは記憶に新しいのですが、それから僅か9ヶ月での再々値上げになります。
DALI MENUET
こんな世界情勢ですので、物流コストや原材料費の高騰、円安等の影響が色々重なっているのでしょうが、推測するにデンマークのDALI側が卸原価をごりごり上げてきているっぽい。日本を代表するオーディオメーカー及び輸入代理店として、良識的な価格設定を続けているD&Mホールディングスにとっては、正直、色々とかなり辛い状況なのでしょうね。。。販売面でマイナス判断なのは百も承知で、DALI側の値上げ通達に従わざるを得ない事について「苦渋の決断の末、再度の価格改定を実施」とプレスリリースで述べています。>>READ MORE

Zonotone 6NAC-Granster 3000αモニター当選インプレッション♪

箱庭ピュアオーディオ管理人、初夏にZonotoneのレビューモニターに応募していたのですけれど、なんとモニターに当選してしまいました!前園社長ありがとうございました♪ 見ていないかもですがこの場で御礼申し上げますm(__)m。と云うことで、いただいたケーブル6NAC-Granster 3000αを8月末から使用しております。2週間ほどエージングして、初期の印象とは変わってきた部分もありますので、そこら辺も絡めて詳細なレビューをしてみたいと思います。
Zonotone 6nac-granster3000 package
実は2012年にも当時の新製品モニタープレゼントに応募していたのですが、その時には落選してしまい、今回は二度目の正直?だったり(^^)ゝ>>READ MORE

プレスCDやDVDメディアの寿命はいったい何年くらい?【耐用年数30年説】

【光学ディスクメディアの寿命と耐久性について】
CD-R|プレスCD/DVD|やっぱり音盤が好き

internalNASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話

1982年にCDが登場してから早33年(2022年で40年)が過ぎました。CDが発売された後しばらくの間、CDの寿命は30年などとまことしやかに囁かれていたにもかかわらず、結果どうなったかと云うと、皆さんご存じの通り、80年代初期のプレスCDであっても、その大半は特に何も起こらない・・・これが答えでした。ヤフオク!でもクラシックやジャズの80年代初期プレスが高音質盤として今でも高値が付いたりしますし、つまるところ経験則として事実上問題無いと多くの方に認識されていることが窺われます。
supraphon old CD
CDが発売された当初、1980年代はCDの製造品質に極一部でバラツキがあり、ポリカーボネート層が浸食してしまい反射層のアルミが錆びて再生不能になるCDがあるにはありました。但しこの手の問題が発生する際には30年と言わず、製造後数年で見るからに腐食や茶変色(ブロンズ化)が始まりますから、30年以上経っても見た目に明らかな問題が無いCDは、そのまま保管条件が特に悪くなければ更に30年は余裕で持つでしょうし、結論から云えば経年劣化は極めて遅く、プレスCDというものは事実上、今後も半永久的に保存出来るものではないか?と今では考えています。>>READ MORE

昔作ったCD-Rの寿命がそろそろ危険な時期に入ってます!【耐用年数10年】

【光学ディスクメディアの寿命と耐久性について】
CD-R|プレスCD/DVDやっぱり音盤が好き

internalNASがコケてHDDが論理クラッシュ・・・音楽データが全滅した話

もう一つ、昔、CD-Rでのエアチェックがピュアオーディオ界隈でうっすら流行ってた1995-2000年前後、NHK-FMのクラシック番組やら、丹下桜さんとか、当時のアニメ声優のラジオ番組などをMARANTZ CDR630Pioneer PDR-D5を使用して沢山デジタル録音していたのですが、これらの録音データもNASのHDD論理クラッシュで、まるっと全て消失してしまいました...(@_@;)
TDK CD-R
ところがですね・・・これらのFMエアチェック録音については、探してみるとなんと、忘れられた本棚の片隅に原盤CD-Rで全て保管してあったのですよ!\(^o^)/。だがしかし、これで安心するのはちと早かった。。。試しにこれら長期保管したCD-R達を再生してみると・・・おお!そろそろ色々読み込めなくて、音飛びしたり、かなり雲行きが怪しいことに事になっておりました・・・(;゜ロ゜)>>READ MORE

オーディオテクニカAT6098 vs AT6099インシュレーター比較レビュー♪

先日はaudio-technicaのハイブリッドインシュレーターAT6099の詳細レビューを書いてみましたけれども、この際ついでですので、弟分のAT6098も購入してみましたd(^_-)。AT6098は兄貴分のAT6099よりもずいぶんと小さく、1セット8個入り。高精度な真鍮削り出しのコアとハネナイト(上下)による3層構造で、底面部の素材としてソルボセインを使っていない点がAT6099との大きな違いです。
audio-technica AT6098 vs AT6099
また、AT6099は金ぴかインシュレーターがあるぞ〜と存在感をアピールする見た目ですが、こちらはサイズが小さい分、オーディオ機器の足として違和感なくインテリアにすんなり溶け込む印象。特にデスクトップPCオーディオの小型システムや、小型ブックシェルフスピーカーの足として使うのに丁度良いサイズ感のインシュレーターです。>>READ MORE

audio-technica AT6099 手軽に音質が向上出来る定番インシュレーターのレビューです♪

今回紹介するAT6099は、東京町田市にあるオーディオ関連製品メーカーオーディオテクニカから発売されている、オーディオ&ビジュアル機器専用のインシュレーター。汎用性が高く且つ価格的にもお手頃で、たぶん過去に日本国内で最も良く売れている定番のインシュレーターになります。箱庭ピュアオーディオ管理人のオシステムの各所ででも長年に渡り愛用していて、音楽性が蘇る魔法のインシュレーター♪としてこのブログでも度々紹介してきました。
DSCF2100
audio-technica AT6099に出会ったのは確か2000年頃に遡ります。当時、オーディオ初心者の友人がイギリスの小型ブックシェルフスピーカーKEF CRESTA 2とMarantzののアンプとCDプレーヤーを組み合わせた6畳ワンルームサイズのオーディオシステムを組んでいました。スピーカースタンドはホームセンターの木材で組んだ自作で、スタンドとKEF CRESTA 2の間にAT6099を3点支持。この安価なオーディオテクニカのインシュレーターを内心侮っていた僕は、未だオーディオ初心者だった友人の部屋に、手持ちのより高価でマニアックなインシュレーターを複数持ち込み、比較テストを試みたのです・・・アドバイスつもりで色々としょうもない能書きを垂れつつ、高価なインシュレーターの効果を感じて貰うつもりで・・・。>>READ MORE

クラシック音楽の歴史的名盤と権威主義。それって本当に名演奏?

今日は、箱庭的"AUDIO STYLE"流、クラシック音楽の歴史的名盤、定番の存在意義について解説してみます。考えてみると、僕がこれまでこのBlogでCDやSACDを紹介する際「歴史的名盤」だからという理由で紹介したことはあまり・・・と云うかこれまで殆ど無かったと思います。と云うのも、そもそも正直なところ僕は世間で持て囃されている歴史的名盤というものにあまり興味がありません。そしてクラシック音楽ファンの主流派リスナーとはやや毛色が異なる方向からクラシック音楽を楽しんでいます。
ピアノリサイタル開演前
クラシック音楽の演奏家を志した以上、子供時代にその手の録音には自然に触れていて、家庭で日常的にクラシックのFMラジオやTV番組を流していれば、名盤、名演奏を否応無しに耳にしてはいました。またインターネットの無い時代に一通りのクラシック音楽を学習するとなると、各メジャーレーベルから発売されていた名盤100選CDコレクションなど、教科書的な録音全集を通して、世間一般で「名盤」と呼ばれる演奏にも多く触れています。そんな形でクラシック音楽界の権威、評論家、批評家を通して選ばれた「歴史的名盤」・・・いつの間にか神格化されている演奏を色々と聴いていると、正直な感覚として、必ずしも自分自身が良い演奏だと感じるとは限らない・・・と云う現実に割と早いうちから気付かされることになります。。。>>READ MORE

オーディオ機器の個体差と中古購入時の注意点について

オーディオ趣味を続けていると、友人と同じ機種を所有したり、はたまた自分で同じオーディオ製品を複数台所有したり、過去に所有していたものを再び中古で買い戻したり等、色々なきっかけから同一機材を比較する機会を得ることがあります。そこで否応無しに気づかされる問題点の一つとして、「オーディオ製品は同じ機種でも無視できない個体差が存在する」と云う、どうしてなかなか認めたくない事実に突き当たる事になります。
中古オーディオアンプ
工業製品は色々な部品を組み合わせて作っている以上、それぞれの部品全てに完全な精度が保たれている訳ではなく、積み重なった特性の違いが個体差となって出てくるのは、どうしても避けられない運命にあります。例えばハンドメイドの楽器、ピアノや弦楽器などの場合、どんなに精巧に作ってもほぼ全ての個体が違う音色になってしまうのは判りやすいですよね。しかしこれが金属や樹脂を組み合わせて作る自動車ほどの工業製品でも、多くの部品を組み合わせた結果として発生する個体差は、人間が体感出来るほどの違いになって現れます。>>READ MORE

【ハイレゾ】Amazon Music HDに加入してみました【ロスレス】

Amazon Music Unlimited HD。先日リリースされたApple MUSICのロスレス・ハイレゾ化に対抗し、同様のロスレス高音質ストリーミングのAmazon Music HDが、圧縮音源のAmazon Music Unlimitedから+1000円の追加料金無しに値下げされました。従来プライム会員は月額1,780円(税込)、プライム会員以外は月額1,980円(税込)だったものが、それぞれ月額780円(税込)、月額980円(税込)に実質値下げです。※2021/6月現在
Amazon Music HD
しかも同時に新規登録で4か月額99円キャンペーン(プライムデー終了6/22まで)。2021/6月期に行われた年間最大プライムデーセールのから騒ぎについ流され、遅ればせながら箱庭ピュアオーディオ管理人もAmazon Music HDに加入してしまいました。従来のAmazon Music Unlimitedへ既に加入されている方もAmazon Music HDに追加料金無しで切り替えできます。よって高音質・大容量データでのストリーミングが可能な環境の方は、Amazon Music アプリや再生機器の設定からHDハイレゾに移行されることをお薦めします。>>READ MORE

ONKYO UWL-1 USBデジタルワイヤレスシステム 購入レビュー♪

殆どPCオーディオに関して放置状態だった箱庭ピュアオーディオ管理人が初めて購入したPC関連のオーディオ製品、それがONKYO UWL-1です。現行製品ですが発売直後に購入しましたのでもう2年近くなるのですね。
ONKYO UWL-1
デジタルワイヤレスシステムを簡単に説明すると、PC内のデジタル音楽データをリアルタイムに2.4GHz帯の無線で飛ばし、受信機側でD/A変換して音出しをする外部D/Aコンバーター。ずばり、無線式USB DACです。最近では同様の機能を持つAirmac Expressが良く知られていますが、UWL-1はあくまで純粋な音楽再生機であるのと、それなりのDACチップを積んでいること、ミニジャックではないTOSリンクの光デジタル出力を備えている点が特徴です。
>>READ MORE

RKI-5005 Acoustic Reviveの新オーディオインシュレーターを早速レビューしてみる

今回は箱庭AUDIO STYLE管理人にしては珍しく、店頭予約して発売直後にゲットしたアコースティックリバイブの新製品、RKI-5005インシュレーターのレビューです。ちなみに購入店は地元のオーディオ専門店スクェア。使い易い形状と、妙にお高いですけれどオーディオマニア的には手を出したくなる微妙な価格設定で爆発的ヒットしそうな予感・・・。因みにRKI-5005は既に発売されて大ヒット中のターンテーブルシートRTS-30と同じ素材をインシュレーター用に調整し転用したものだそうです。
RKI-5005 Acoustic Revive a
Acoustic Revive RKI-5005は直径5cm厚さ5mmとインシュレーターとして非常に使い易いサイズ。質感は硬めのゴムパッドそのもので色はグレー。正直、見た目にお値段ほどの高級感はありません。開封するとなんだか仄かに良い匂いがします。裏側は真っ平らで、凹凸模様がある面を上にして使います。硬めのシリコン系素材と云ってもブニブニ曲がる程度ですので、長期間機器を載せておくと足の跡が残るかも知れません。また、それなりに弾性があり、落とすと軽く跳ねます。ツルツルとしたタイプでは無く埃がくっ付き易いのが難点ですけれど、表面が滑らないので、耐震目的等の滑り止めパッドとしてもそれなりに使えそうです。>>READ MORE

Inakustik「インアクースティック」NF-202R RCAケーブル インプレッション!

ドイツの老舗レコードレーベル&オーディオアクセサリーメーカーInakustik(インアクースティック)。長年「モニターPC」と呼ばれていましたのでそちらを覚えている方もいらっしゃると思いますが、2008年にブランド名の「モニターPC」を廃止して社名のInakustikに統合したそうです。今の時代には検索するにもあまりに紛らわしいブランド名でしたので、代わって良かった〜なんてね♪。それはともかく、管理人は現在いくつかのInakustik製品を使用しているのですが、今日はその中でも中核となっているRCAインターコネクトケーブルNF-202Rをレビューしてみたいと思います。
Inakustik NF-202R
現在インアクースティックのRCAケーブルはユキムが代理店を務める日本国内では5種類がラインナップされていて、33万/mペアのフラッグシップがInakustik NF-2404 RCA。NF-2404の構造を継承しつつコストダウンした新モデルがNF-1204 Air、NF-1204 Airとほぼ同価格ですが、下位機種の構造を継承しつつ設計されたInakustik NF-1603R。今回レビューするNF-202Rとその下位モデルNF-102Rは普及価格帯の位置付けですが、いずれも全てドイツ国内でハンドメイド生産されています。>>READ MORE

Transcend TS8XDVDS-K 超薄型ポータブルCD/DVDドライブ購入レビュー!

Transcend TS8XDVDS-K 2014年の新製品です。価格.comのDVDドライブ 人気売れ筋ランキングではなぜか下位に低迷していますけれど、価格、性能、安定性をトータルで比較すると、2014年春夏現時点でのベストチョイスとなるポータブルDVDドライブではないかと秘かに思っています・・・。Transcend TS8XDVDSは、先代の人気モデルTranscend TS8XDVDRW-K(2009年発売)と比べて筐体が薄く小さくなりました。※このエントリの初出は2014年ですが、製品の出来が良く、2021年現在でも製造販売が継続されているロングランCD/DVDドライブです。
Transcend TS8XDVDS-K a
2層ディスクのデータ転送、DVD±Rの8倍速、CD-R/RWの24倍速でのリード/ライトに対応。USB接続のポータブルCD/DVDドライブは、国産品含めて電源周りが不安定で挙動がすこぶる怪しい&耐久性も低い製品が多く、割と直ぐに読み込みが甘くなるイメージがありました。これまでの経験からすると、当たり前の読み書きが安定して出来ない製品が意外なほど多い。しかし、TS8XDVDS-Kについては今のところ予想以上に良い感じに安定している印象です。>>READ MORE

PS Audio XPD/1.8mk2 xStream 電源ケーブル使用レビュー♪

ジャズ&オーディオ通信さんの方でPS Audio PerfectWave Transport & DAC試聴会の様子がレポートされていましたので、便乗して手持ちのPS Audio XPD/1.8mk2 xStream 電源ケーブルについて使用レビューを書いてみます。
PS Audio XPD 1.8mk2 xStream e
今回紹介するPS AUDIO XPD MK2は、イロモノ好きの箱庭ピュアオーディオ管理人にしては珍しく、ネット上での評判がメチャクチャ良いので釣られて購入してしまったアメリカ製の電源ケーブル。しかもオーディオ銘機賞2006≪ケーブル部門賞≫受賞モデルです。管理人宅ではメインシステムの大元、壁コンセントPAD CRYOMAGから電源ボックスJ1プロジェクトPT-4の間で使用しています。1年半ほど前の購入時には、かなり特殊な感じのする音質にこれは失敗したかな〜と思ったのですが、エージングが進んだ今ではこのXPD MK2でしか成し得ないサウンドの存在意義を高く評価している電源ケーブルだったりします。>>READ MORE
Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

開設2005年-18年目。ビュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの」です。何故かヴァイオリンのアイコンですが本当はピアニスト。

Twitter
pastel_piano

Instagram
pastel_piano_audiostyle

Pinterest
pastel_piano_audiostyle


にほんブログ村
著作権とプライバシーポリシー

箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリーです。但し画像ページへの直リンクはご容赦下さい。本文・画像その他を転載/引用される際は、必ず元ページのリンク併記をお願いします。 文章・画像等の著作権はを運営しているpastel_pianoにあります。 全体あるいは一部を問わず無断使用はできません。 Never reproduce or replicate without written permission.

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。その他各アフィリエイトサービスプロバイダの広告配信によって運営されています。

レビューその他コンテンツはあくまで管理人の一意見であり個人的主観に基づきます。商品ご購入の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。箱庭的"AUDIO STYLE"を利用することでトラブルが発生した場合にも直接的・間接的問わず如何なる責任も負いかねます。内容に誤記や不備がある場合も含め、予めご了承くださいませ。

Apple iPhone7, iPad mini及びASUS VivoMini VC65 Windows10で製作し、Google Chromeで最適化デザインされています。

TOWER RECORDS