◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪

管理人のプロフィール

サブシステムBの構成は今@2011 Summer
箱庭的ピュアオーディオシステムの紹介@2011 Summer
ブログを長期休止していた理由・・・
萌えスピーカーがさっぱり決まらないよ〜♪
サブシステムその2。オーディオプロ ALLROOM SAT
サブシステムその1。今ってばこんな感じ
何気に再開してみるてすと(メインシステム紹介)
箱庭的ピュアオーディオシステムの途中経過・・・
ブログコメントを下さった方々へ
AUDIO STYLEのコンセプト-音楽性と技術と美的感性のバランス感覚について
ドメイン取得しました http://www.audiostyle.net/
ちっさいものが好き♪コンパクトピュアオーディオの薦め
Vienna Acoustics リビングルームのメインシステム紹介です。
"AUDIO STYLE"管理人♪pastel_piano♪のプロフィール
オーディオブログ始めました&サブシステム紹介
音楽を愉しむために・・・ピュアオーディオの薦め♪

サブシステムBの構成は今@2011 Summer

箱庭的ピュアオーディオシステムの紹介@2011 Summer。手始めは書斎にあるサブシステムBの紹介からいってみま〜す。

箱ピュアブログを始めた2005年はこ〜んな感じだった筈ですが、
TL5100Z/タグマクラーレン60i
>>READ MORE

箱庭的ピュアオーディオシステムの紹介@2011 Summer

箱ピュアブログを再開してからオーディオのエントリを全然書いてないような気がしますので、そろそろ箱庭AudioStyle管理人のピュアオーディオ&PCオーディオ的近況について紹介してみたいと思いまする。
ユジャ・ワン
2011年現在・・・今に自宅あるオーディオシステムをざっと挙げてみると・・・・>>READ MORE

ブログを長期休止していた理由・・・

長期休養で色々な方にご心配をお掛けしましたので、このブログを休止した一連の経緯をご説明しておこうと思います。以下はオーディオや音楽とは直接関係のないプライベートな話になります。長文ですので、管理人に直接ご興味がおありで無い方々はスルーして頂けると幸いです。>>READ MORE

萌えスピーカーがさっぱり決まらないよ〜♪

【サブシステムその2】の続きです。

TAG McLaren 60iRVデジタルアンプのオンキョーA-1VLと異なり、TAG McLaren 60iというアナログアンプの性質上、サブシステムその1程の解像感やスピード感、クリアさは出ませんが、こちらは本来もっとナチュラルで深い表現と音場空間が得られます。よって、よりクラシック、ジャズなどのアコーステッィク楽器を得意としている筈。今後のグレードアップの課題としては、ALLROOM SATの為にサブウーハーを増設するか、或いはより本格的な小型スピーカーを導入すること。頭の中にある候補としては以前ここで散々誉め倒したQUAD11Lの後継機種QUAD 11L2と言いたいところですが、スペース的にこれですとちょっとばかり大きいのです。よってココは一部で地雷との誉れ高き、QUAD L-iteはどう?みたいな(^^; 価格.comを除けばあまりネット上で熱心なレビューを見ませんし、11L/12L/11L2/12L2より好きだという人と、何故かボロクソ呼ばわりの人がいたりして、そこがまた魅力(爆)
QUAD L-ite

とにかくQUAD L-iteはサイズ的には完璧。外装の美しい仕上げは頬ずりしたくなるほど。試聴は家電量販店の横並べセッティングで、2度ほど試してみましたが、11L程インプレッシブではない感じというか、やや微妙(^^; 使いこなせれば化けるかも!?ですが。

逸品館さんの商品説明を引用します↓
QUADの末っ子。同サイズのAUDIOPROやAIRBOWと比べてみましたが、こちらの方がややまろやかな音質です。

このサイズで純粋に音質を求められるなら、同じ価格帯で圧倒的な音の良さが自慢のAIRBOW IMAGE11/KAI−S2がありますが、QUAD LITEの「仕上げ良さ」その「美しい外観」は、やはりこの価格帯では圧倒的です。

このクラス最高の「高級感」。それがQUAD LITEの持ち味です。


そう、まろやか。QUADですから。ただ、店頭試聴した印象では悪く言えばやや混濁してた。これ、劣悪な陳列と配線の量販店だからってのも多分にありますので、繋げる機器のクオリティが管理人のものなら大丈夫かなぁ? でもちょっと怖いなぁ、、、って感じです。

最近はイギリスのスピーカーも現代的な音のするモデルが多くなり、古き良き伝統を感じさせるミニサイズスピーカーがめっきり減ってしまいました。15年前は、ロジャースやKEF、スペンドールで生産されたBBCモニターのLS3/5aに始まり、キャッスルやワーフェデール、セレッション、EPOS、ROYD、他にも小さくて安くて濃い音のするスピーカーが色々ありました。KEFの音は極限までとろ〜り濃厚していたし、ハーベスは思わずうとうとしてしまうくらい自然な暖かみのあるサウンドでした。モニターオーディオでさえ、英国の空を想わせる翳りがあり、昔はこんな明るい音ではなかったのです。

そういう意味では未だに紅茶色の音がするQUADのブックシェルフは貴重。ちなみにQUAD L-ITEはイギリスのWhatHi-Fi誌では何気に五つ星評価。音質のみならず音楽性を当たり前のように聞き分けるこの雑誌の評価については個人的に割と信頼しています。
PROAC(プロアック)Tablette Reference 8

次点候補としてはB&W CM1。以前の記事で書きましたように音質のスケールと見た目は文句なしですが、サブシステム用にしては少しばかり大きいのと、B&W CM1は小音量では本来の持ち味を発揮しにくい印象がなきにしもあらず。秋の夜長にしっとりと音楽を聴く相応しいとなると、何かが違う気もします。
DALI(ダリ)Royal Menuet

そしてDALI Royal Menuet供B臺以前に試聴記事を書きましたが、外装の仕上げとサイズはばっちり。ただ、個人的にはDALIと云えばメヌエットよりもロイヤルタワーの音質の方が好みなのと、好きな木目調よりも、ピアノブラック仕上げの方が塗装の影響で高音質なのが(注:これは他のスピーカーでも良くある)、やや引っかかる点。あと、ロイヤルシリーズで採用されているSEASのポリプロピレンウーファーユニットは、型番が違うとは云えVienna AcousticsT-2で使われている物と共通するソフトな音色です。スピーカーの性格がメインシステムとやや被ってしまう気がして、その点も購入を躊躇させる要素かしら。。。まぁ一番は微妙に高価な値段ってのがあるのですが、そうなると再輸入されているProAcのTablette Reference なんかもう、あり得ない値段になってしまって遠のくばかりの今日この頃、実は一番憧れているのは難のことはないLS3/5aだったりするのですが、先月Rogersから60周年を記念して発売されたLS3/5aの復刻レプリカなんて定価で399000円(爆) 音質もオリジナルと傾向が違うらしく、更にパチモンが色々巷に出回っていたりして、もうこうなると、さっぱりどうして良いのか分からないよ〜(^^;
【生誕60周年記念・復刻版】Rogers LS3/5A(2本1組) スピーカー ロジャース LS35A

螺旋館Blog @ So-netさんの記事。復刻版スピーカー2種類。
上記のRogers LS3/5AとSonus faber Minima Vintage


まだまださっぱり脱線気味に続くよ♪

ピュアオーディオRANKING←さっぱりクリックして欲しいよ〜♪

サブシステムその2。オーディオプロ ALLROOM SAT

引き続き書斎のサブシステムその2です。5.5畳の小部屋ですが別壁にあるこちらのシステムはスピーカーがボトルネックかなぁ。サブシステムその1オーディオプロ/イメージ11を使えばAとBは良い勝負(音色が違うので主に好みの問題)になるのですが、いかんせん、スピーカーの相性がどうも微妙な感じでございます。。。
arcam-tagmclaren-audiopro
2組のスピーカーがありますが、並列接続にしている訳ではなく、音源に合わせて気分でスピーカーケーブルを繋ぎ換えています。TAG McLaren純正のF3-10SPKは、音質重視でバナナブラグではなく専用Yラグでオーダーした物ですので繋ぎ替えがちょいと手間なのですけれど。。。>>READ MORE

サブシステムその1。今ってばこんな感じ

昨日書き忘れていたのですが、4〜5月中にコメント欄に書き込みを下さった皆様、いつものことですが、長らく放置プレイしてしまい大変申し訳ございませんですm(__)m 一応、先月19日にコメントお返ししております
A-1VL/EVO-CD/IMAGE11
そんな感じで昨日に引き続き、今日は現時点での書斎のサブシステムの構成を紹介してみたいと思います。>>READ MORE

何気に再開してみるてすと(メインシステム紹介)

このブログを見ている皆様 (いるのか!?) 忘れた頃にやってくるお久しぶりの管理人です。毎回の例の如く、体調不良で4月からブログをお休みしていましたが、徐々に回復傾向?になって来たような気がしなくもないので(^^; とりあえず復帰したいと思います。当初は何とか1ヶ月の休養で5月1日に復帰するつもりでしたが上手く行かず。結局3ヶ月間の休養となりました。3月に飲み薬を切り替えたのがどうやら良くなかったみたいで、それに気付くのに手間取ってずるずる引きずってしまいましたorz
livingroom200806
とはいえ、その間オーディオ、PC関連、集めたCDなどの方は順調に進化しております。メインシステム+箱庭サブシステムが3つ。更にPCオーディオとカーオーディオ。合わせて再生装置が6系統、ゆっくりとではありますが着実に手を加えています。というか300ページもあるブログですが、相変わらず自分が所有している機器について半分も記事にしていない体たらく。。。それでいて、お店で試聴してきた機器のことなんか細かくレビューしてしまったりして、相変わらず何考えてるのか訳の分からない行き当たりばったりの管理人ですが、今後とも生暖かく見守っていただけると幸いです。

とりあえず。整理がてら今の視聴環境をリストアップしてみます。というよりも、自分で頭の中を整理するためのメモです。>>READ MORE

箱庭的ピュアオーディオシステムの途中経過・・・

ONKYO A-1VLクリークEVO-CDの組み合わせの音がどうもあんまり宜しくないと昨日書きましたが、このままでは悔しいので電源ケーブルを交換したりとか色々やってみるも、基本的な相性の悪さの前に付け焼き刃気味で結局挫折。(後日注:EVO-CDのエージングと電源BOXの変更でこれは解決しました。)

アーカムDIVA CD72Tの方がA-1VLとの相性が良いのですが、この時アーカム使ったのがクリークの純正電源ケーブル。これが細くてあまり良い音がしないみたい。C.E.CTL51Zに付属していた太い純正ケーブルをアーカムに繋いでみると、重心が下がって厚みとまろやかさが増し、思わずおっ!と唸ってしまいました。CD72Tは電源ケーブルで結構遊べそうです♪

今、家にある機器をちょっと整理してみます。

【CDプレーヤー及びそれに準じるもの】

CREEK Evolution CD
CEC TL5100Z
・CEC TL51Z
・ARCAM DiVA CD72T
・MARANTZ CDR630
・MARANTZ CC4000
PIONEER DV-545
PIONEER DV-585A
・PIONEER DV-838A
・PHILIPS PLD-600

【プリメインアンプ】

・東京サウンド Valve300
・TAG McLaren 60i
ONKYO A-1VL

【スピーカー】

Vienna Acoustics T-2 MOZART
audiopro Image11
・Denon SC-M53
Victor SX-WD5

(いつものことですがちゃんと個別に記事書いてない機種多すぎ!!!)

うーん・・・こうして並べてみると私が如何にプレーヤー偏重か判りますね。今まで手放したり入れ替えたりが最も多いのがCDプレーヤーです。一般論としてオーディオコンポーネントの中でデジタルプレーヤーは最も重要ではない、予算配分はスピーカーとアンプにと言っていますが、自分個人としては音質、音楽性の核みたいな物はむしろアンプやスピーカーではなく大元のCDプレーヤーに宿っている気がすると云いますか、音楽表現の精神性やディティールが一番敏感に影響を受けるような気がする・・・なんて経験的に思っています。まぁこれを言うと異端扱いされそうですので、他人にこの指向は勧めませんけれど・・・(汗)

あと、私がハイエンド指向でないのもこうやってみると顕著ですね。高いのポンと買っちゃえば実は簡単に解決するん問題もあるのです。SACDプレーヤーなんかもそう。でも、敢えて安いのを集めて、組み合わせで良い音を出す方が面白いっつーか、私にとってのピュアオーディオってそういう逆行した趣味なんです(笑) 50万のスピーカーをポンと置くよりも、例えば5万のスピーカーを10セット買ってそれぞれの音質を楽しんだ方が一つの録音から色々な角度の音楽が聴けて楽しいじゃん?みたいな、ちょ〜個人的趣向から小っさいは正義♪なのです。言ってみればスピーカーロリ、ロリコンオーディオです〜゜゜(´▽`。)°゜。 まぁ箱庭趣味的には小さければ高くても良いんですが、あまりそういう製品も少ないですので、必然的にこんな感じです。

アンプは使いこなしに時間が掛かるので割と長く使ってるかも。。。それにしても実働3台は少ないわね。しかも欧州製が1台だけというのは極めて遺憾です。手放したクリーク4240ミュージカルフィディリティーA1Juniorかむば〜く、、、じゃないですが、薄型小型プリメインをあと1〜2台欲しい・・・(爆)、現実的にはまともな品質のプリメインアンプの価格帯が、どうもCDプレーヤーやスピーカーに比べて高いですよね。実売で20万円前後になる印象。15〜20年前の最初の薄型ヨーロピアンアンプブームの頃は、10万円前後で各社よりどりみどりだったのですけど。。。
DENON SC-M53

そして、近い将来強化したいのは小型スピーカーかしら。。。デノンのSC-M53、なんとペアで1万円強、しかも設計は英国MISSIONらしい(噂)というネット評判釣られて買ってみたけれど、これはやや無茶でした(爆) エントリークラスとしてはまぁまぁの音ですが、ココの右側で紹介しているスピーカー達と比較するのは流石に厳しいというか、Image11のような上位モデルキラーには成り得ないと思うのです。。。この部分の代わりを務めるよりハイグレードな海外製小型スピーカーが欲しいのですが、この場合、B&W CM1が自分的にベストなのはほぼ確実としてタンスの上にはちょっと大きいのです。となるとQUAD L-ite(Lite)Eかぁ。。。
QUAD L-ite(Lite)

それから、PC用の超コンパクトスピーカー(例:BOSE M2 Micro music Monitorとか・・・)を考えてます。液晶モニタは国産IPSハイエンドモデルのマルチディスプレイ環境ですが、実はPCオーディオがとてもココでは公開できないゴミレベル。PC用には高音質なUSB/DACや、アンプ無しスピーカーの場合は小出力のプリメインアンプも必要になりますから、自分でブログのサイドバーに並べたアンプをキョロキョロ眺めつつ、ゆる〜りと検討してます。
Firestone USBDAC

まぁこれらは全て単品オーディオの話で、一体型コンポの方が高音質で失敗は少ないのは解っているんですけど・・・個人的には大抵何でも鳴らせるAura NOTEか、抜群の音楽性で楽しませるaudiopro STEREOONEがお薦めというか七転八倒するほど欲しいのですが、極力バラで買わないとブログに書くネタが引っ張れ無いって管理人の悩みなのでした・・・。

ピュアオーディオRANKING←大した物持ってないじゃんと思ったらクリック♪

ブログコメントを下さった方々へ

閲覧者の皆様へ。いつも当ブログへの質問やコメント、メールをいただき大変ありがたく思っております。以前からの常連の方々はお気づきorご存じだと思いますが、時々誠に不本意ながら長期に渡り更新が止まってしまい、皆様にご迷惑をお掛けしてしまうことがあります。(音楽・オーディオネタは毎日書ききれないほど沢山あるのですが、体力的にパソコンヘのリソースが割けなくなり書けなくなります)。
Rosa gigantea
箱ピュア管理人は先天的な病気の悪化と軽快を繰り返している身でして、症状のコントロール及び出来ることなら完治を目指して日々各種の治療を受けておりますが、具合が悪くなるとコメント、メールのお返事が直ぐに出来ない&ブログの更新が滞ってしまう事になります。

コメントを下さる皆様におきましては、書き込み時期により管理人からの即レスが無いことで大変不安にさせてしまったり、いらぬストレスをかけてしまう事もあり、本当に申し訳なく思っておりますm(__)m 特に返事がしたくないとかそういう事は全く無く、出来ればよりコミュニケーションを活発に出来る掲示板を再開したいくらいなのですが、以上のような理由で見合わせております。

以上の件ご了解の上、ごゆるりとお付き合いいただければ幸いですm(__)m

ピュアオーディオRANKING←寛大なる心でクリックしてね♪

AUDIO STYLEのコンセプト-音楽性と技術と美的感性のバランス感覚について

昨日、建築系のデザイナーをされているbydさんからコメントをいただきました。デンマークのトールボーイスピーカーDALI ROYAL TOWERを使われている方で、インテリアデザインの際に、オーディオ機器のコーディネート(音のデザイン)までされる方のようです。こちらのブログを拝見して、改めて箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"について感じたことを書いてみたいと思います。
rosegarden
昨年BSで見たフランスの番組での話です。あちらでは生活空間の中で発生するサウンドのデザインに対し、まるで調香師が香りを吟味するかのように敏感な要求があるのだそうです。>>READ MORE

ドメイン取得しました http://www.audiostyle.net/

いつも訪問してくださっている皆様に業務連絡です。この度、ブログのアクセス数増加に伴い、新規に独自ドメインを取得しました。これに伴い、

"箱庭的輸入ピュアオーディオシステムの薦め"のURLが、

旧: http://blog.livedoor.jp/pastel_piano/ から

新: http://www.audiostyle.net/ へ変更になります。


ライブドアブログの仕様で、今まで通り旧アドレスの方でも閲覧可能ですが、あくまで新しいアドレスがサイトの正規URLとなりますので、ブックマークをされている方、相互リンクの方々(こちらは順次御連絡を差し上げます)は、大変御手数ですが、アドレスの再登録をしていただけると幸いです。

6月中はページ内リンクの都合で新旧アドレスが入り乱れた表示となりますが、順次書き換え作業を行いますので、今後ともご贔屓にしていただけると幸いです。

注:独自ドメインにしてからなんか異常にページ表示が重いのですが、今、たまたまLivedoor全体の表示が重くなっているのかしら? 重いとイヤですのでとりあえず暫くミラーサイトとして併用しながら様子見ます。

ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪

ちっさいものが好き♪コンパクトピュアオーディオの薦め

ずっと前に書いた自己紹介の続きになりますが、ここで書かれているレビューやインプレッションがどんなバイアスに基づいているのか?これを皆様が知っておられる方が良いかと思いますので、pastel_pianoが特にどんなオーディオが好みなのか?について触れてみたいと思います。

まず、とにかく小さいものが好きです。手のひらサイズの小さなスピーカー、薄型で揃いの小さいアンプと小さいCDP。ポータブルプレーヤー大好き。別にオーディオに限らず、何でも小洒落た小さい物、それらを集めることが大好きな人です。

たとえば、30万円、50万円の大型スピーカーを一組み買うより、良くできた手のひらサイズのコンパクトスピーカーを同じ予算で数セット購入し、音楽や気分で使い分ける方が楽しいと思っています。スケールが劣る点を除けば、点音源に近い小型SPの方が同一設計の上級機よりも音楽性に優れる傾向があるのも大きな理由です。

コンポも小さいものが好きです。音質的に国産の家電ミニコンポは殆どNGですが、CREEKミュージカル・フィデリティ東京サウンドTAG McLarenと使って来ているところをみても、コンパクトなライフスタイルオーディオに趣向が向いているのは間違いありません。

マンション住まいという環境や音量的な制限がもたらした趣味かも知れませんが一戸建てに住んでいたとしても、きっと各部屋別にコンパクトサブシステムを組むでしょう(爆)B&O(バンク&オルフセン)みたいなのも憧れます。誰が何と言おうがこの音は好きです。

あと、値段。徹底的に安い物が好き(爆)小粋なバジェットハイファイを見つけるとしびれます。こんなに安いのにこんなに良い音がする〜!というそのコストバリューに心から感動できます(笑) その意味で、私の評価は絶対評価ではなく、価格に影響された相対評価である点は断っておきましょう。例えば、DV-545素晴らしい〜というインプレッションは中古の5000円で入手したからであって、これが15万もする機種の音だったら皆が買わないようにと無言のバイアスをかける筈です(^^; ケーブルやアクセサリなども手頃な価格の物を"色々"試すのが好きです。でも安くても一般人からしたら非常識に高いと思うのです。たかがケーブル一本に1万円!とか。高いケーブルを云々する前に、長すぎるケーブルが無数に絡まってとぐろを巻いている現状を、どうにかしようという問題提起がオーディオマニアの間から出てこないのがとってもふ・し・ぎ♪ 

だからといって別にアンチハイエンドって訳ではありません。ただ私の予算がケチで少ないだけです。限りある予算をオーディオのみにどんどん注ぎ込むくらいなら、そのお金でCD買って下さい!演奏会に足を運んでください!と本気で思ってます。勿論、CDもオーディオもそれぞれ好きな物を十分買える"限りない予算"の人の場合は話が別です。でも、私が各所で聴いてきた限り、ハイエンドシステムの実態が、所有者の虚栄心を満たす以上に客観的に価格に見合った音を聴かせてくれるケースは、なかなか少ないのも事実です。音質的な意味でのクオリティはある程度まで値段に比例する部分があるかと思いますが、こと音楽性となると値段はまるで関係ありません。偉い人にはそれがわからんのですよw

私の場合、リビングルームにウィーンアコースティック/モーツァルトのシステムが別にあるからこそ、割り切ったバジェットHi-Fiのサブシステムで、箱庭的な愉しみ方が出来るのだと言えなくも無いです。サブ機は低域が十分出ず個性的な音色であっても、小粒でピリリと楽しければ構わない訳です。

でも、使いこなしにナーバスで、オーディオ的に繋げる全てに高級品を要求するメインシステムよりは、箱庭システムの方が手軽に高音質を得られ、ライフスタイル面で満足度が高かったりするのも事実。Vienna Acousticsの音は、深くたっぷりとした音場感でお客様をビビらせるのには良いのです。でも、普段使っているのは小音量でも楽しく聴き疲れしないaudioproの方が圧倒的に多い。音楽を長時間楽しむためには、何もかも全部聞こえれば良いってものでも無いのです。録音の良くないCDには聴きたくない歪みや不愉快なノイズも沢山入ってますからね。程々に音をまとめて、音楽の美味しいところを聴かせてくれるコンパクトなサブシステムは、日常生活で音楽を近しく楽しむという意味に於いてはより真理に近いと思います。

そんな感じで、"箱庭的輸入ピュアオーディオシステムの薦め"では、安くて美味しいバジェットHi-Fi、日本家屋の主流を占める小さな部屋で、小音量でも豊かに音楽を楽しめる音楽ファン向けのオーディオシステムについて、"音楽性"と"家具としての美しさ"をも吟味しながら、紹介していけたらと思っています。
ショパン:24の前奏曲
ボレット(ホルヘ) ショパン

おすすめ平均
イチオシ
ボレットの世界
ショパン像と重なるボレットの演奏
ボレットのショパン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この演奏で1000円〜♪ショパンの前奏曲は意外と名演が少ないのです。

ピュアオーディオRANKING←支援クリックお願いします♪

Vienna Acoustics リビングルームのメインシステム紹介です。

オーストリアのスピーカーVienna Acoustics "Mozart Signature"こと日本名T-2をメインにしたピュアオーディオの16畳リビングルームシステムです。今のところルームアコースティックに特別な仕掛けはありませんが、元々は練習用のグランドピアノを置いていた部屋で、昔リフォームをした際に、オーディオシステムの背面壁内には一面に15僂曚匹竜朮産爐仕込んであります。ウィーンアコースティック初代T-2はとても柔らかく夢のように良く歌うスピーカーですが、基本的なクオリティが高い反面、Scanspeak製のツイーターが神経質で非常に扱い辛いのが難点で、些細な事でコンディションの変化が激しくでなかなか管理人の期待通りには鳴ってくれません。
ウィーンアコースティックT-2(2005)
>>READ MORE

"AUDIO STYLE"管理人♪pastel_piano♪のプロフィール

箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"は2005年2月のブログ開始以来、皆様の支えもありまして遂に14年目に突入しました。20代で始め、それから細々と更新を続けてきた音楽とピュアオーディオについての辺境Blogですが、年号も更新されますし、開設当初から引き継いでいるプロフィールも古くなりましたので、ブログ管理人としてのプロフィールをあらためて更新したいと思います。
ぱすてるぴあの一ノ瀬ことみ
>>READ MORE

オーディオブログ始めました&サブシステム紹介

皆様はじめまして♪ご訪問ありがとうございますm(__)m 箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"の管理人ことpastel_pianoと申します。ピアノ演奏にクラシック音楽CD集め、ピュアオーディオ、PCオーディオ等、音楽系全般が趣味です。それらの音楽文化を統合した、音楽生活に於けるライフスタイル情報発信サイトとして、箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"を始めました。
TAG McLaren 60i+CEC TL5100Z
>>READ MORE

音楽を愉しむために・・・ピュアオーディオの薦め♪

箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"では、ミニコンポやラジカセを卒業し本格的なピュアオーディオへステップアップしたい方々や、特に音楽を愛する音楽愛好家の皆さんを対象に、国内外のコンパクトでリーズナブルなオーディオ機器を中心に、より音楽を楽しめる、あくまで"音楽のための"オーディオ装置を、クラシック音楽を中心に色々な音楽を交えながら紹介していききたいと思います。
emf_sequel2_creek_classiccd_quad_lite2b
>>READ MORE
オーディオ音質向上アイデア集
オーディオブログRanking

Yahoo! JAPAN
AUDIO STYLE 内を検索


Yahoo!ショッピング オーディオ機器検索


にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
↑出来たら投票お願いします↑




オーディオ逸品館

Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

▼Twitterアカウントはこちら▼
ぱすてるぴあの@pastel_piano

ピュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの辺境公爵」でございます。自称ルンペンブログタリアーティスト。コメント&ご質問はお気軽に♪ ⇒連絡先

当サイト箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリーです。但し画像ページのみへの直リンクについてはご容赦下さい。本文その他を転載/引用される際は、必ず元ページのリンク併記をよろしくお願いします。

当コンテンツはApple iPhone7, iPad mini4/ASUS VivoMini VC65 Windows10/ASUS UL20FT Windows10、Chrome及びIE11で制作・最適化デザインされています。

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。各種アフィリエイトなどの広告配信によって運営されています。
フィードメーター - 箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ


CD・DVD・レコードの整理整頓に役立つ収納グッズが大集合!

サウンドハウス
SOUND HOUSE 超特価ヘッドホン・イヤホン





DALI SPEKTOR1【プログ推薦】


DALI ZENSOR PICO


DALI ZENSOR 1(センソール1) 【WHAT Hi-Fi Award 2014】


DALI ZENSOR 3


DALI MENUET 【ブログ推薦】

日本ブログ村