◆♪◆箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE◆♪◆

オーディオ機器選びは音楽性とデザインがポイント♪クラシック音楽からジャズ/ロック/ポップス/アニソンまでオールジャンルで楽しもう♪ 豊かなライフスタイルを実現するコンパクト&スタイリッシュなインテリア系Hi-Fiステレオ/PCオーディオ/オーディオアクセサリーのレビューと、CD/SACDから生演奏まで音楽全てを気軽に楽しむピュアオーディオ総合レビューブログ♪

つれづれ日記

利点よりも実は問題点が多いTwitterとの関わり方を見直そうと思う。【オーディオと音楽】
Warner/Erato/EMI音源の無料ダウンロードでから騒ぎ♪
絶賛リハビリちう・・・ブログ復帰するかはみていのよてい。
謹賀新年@箱ピュア2014の目標を書いてみる♪
2013年・生存報告〜♫
Twitterといういまいち仕組みが謎のSNSに登録してみました。
ブログを長期休止していた理由・・・
ブログ再開してみようかな♪
ストロベリーが実った♪&ビートルズやブリティッシュロックに合うオーディオブランド
ピュアオーディオ製品"個人輸入"の薦め♪その1・・・為替メリットとリスクを知ろう♪
カザルスホールが閉館されるらしい・・・(涙)
自作タイムドメインスピーカーといちご100%を愛でる話
ウォーターフォード・ウェッジウッド、経営破綻
エニアグラムのタイプ4
何気に再開してみるてすと(メインシステム紹介)
浅田真央のフリーで流れたショパンの幻想即興曲
ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2008
地元のジャズバーに行ってみた。
F1珍事件!たった6台だけのアメリカグランプリΣ('◇'*)
まったりと再開〜♪ (新品のA-1VLが故障した話)

利点よりも実は問題点が多いTwitterとの関わり方を見直そうと思う。【オーディオと音楽】

2019年新年明けましておめでとうございます。昨年1年間はわりと体調不良が続いたため、思うように箱ピュアブログの更新が進みませんでしたが、今年はもう少し特に本来のテーマであるオーディオ関係の記事を沢山更新出来たらなぁと(いつもの事ですが)思っています。大体僕が音楽とオーディオ以外のブログやPC家電ネタを投稿している時というのは本調子ではありませんので・・・(^^;) ま〜過ぎ去ったことをgdgd思い返してもはじまりませんので、この記事では本年の箱ピュア管理人の路線変更として、Twitterとの関わり方を見直すことを書いてみたいと思います。
Twitter iPad
ところで、実際のところ好きでTwitterをやっている方って本当のところどれだけ居るのでしょうか?今回のエントリでは、Twitter中毒、Twitter依存症の方で、SNSに振り回される生活から本当は抜け出したい方に向け、関わり方を見直すヒントになるかも知れない、皆が感じているだろうTwitterへの違和感について僕の考察を述べてみます。
>>READ MORE

Warner/Erato/EMI音源の無料ダウンロードでから騒ぎ♪

エイプリルフールネタでは無いですよ?3月末のことですが、箱ピュアブログの常連の方からTwitter経由で、オランダのダウンロード音源販売店primephonicで、最近発売されたばかりのルノー・カピュソンのバルトークバイオリン協奏曲1番&2番の96KHz/24bitハイレゾ音源が、何故か無料になっているとの有り難い情報を戴きました。


一般的に、ハイレゾなどのDL音源が無料になるのは、権利放棄したような古くて売れ無い音源や、マイナーレーベルの特別企画、会員獲得目的など、何らかのキャンペーンに基づくサンプル音源の限定的サービスである事が普通だと思うのですが、今回のカピュソン盤は、先月発売されたばかりの新規アルバム。新譜ですので普通にAmazonやHMV&BOOKS onlineiconでもいいお値段で販売されています。とはいえ無料という事もありとりまダウンロードしてみたものの、音質がイマイチでほんのり残念。。。>>READ MORE

絶賛リハビリちう・・・ブログ復帰するかはみていのよてい。

2017年、今更ですが明けましてにゃあにゃあ・・・・にゅ?年始より箱ピュアBlogに微妙にメンテが入っておりますので、極々希に気付かれた方がいらっしゃって、コメントを早速いただいたりしたのですが、現在管理人復帰に向けてリハビリ中でございます。しょ〜じきなところ、ルンペンブログタリアート業にまだ復帰できる確信というか、あんまり自信が持てない状況ではありますので、いろいろ突っ込まないでくださいませ・・・・(^^;)
箱ピュアのミニバラ
気付けば2015年11月に(注:日付整理で10月扱いに移動) やむをえない事情でブログ更新がストップしてしまい、それから気付けば1年3ヶ月ものあいだ開店休業を続けてしまいました。。。2016年は一身上の都合により一年間丸っと休業させていただいた形でございます。その件や諸々については後々記事にしたいというか、一昨年に書いた未推敲原稿のストックがそれなりにあったりするのですが、製品レビューのご依頼(だがしかし電波上等notすてま♪)を戴いたいくつかのメーカー様には、承ったお仕事を途中で放り出したままになってしまっていて、大変なご迷惑をお掛けしているところでございますm(__)m>>READ MORE

謹賀新年@箱ピュア2014の目標を書いてみる♪

あけましておめでたうございました♪

すーぱーそに子2014
すーぱーそに子そにアニ。来週から放送開始です♪》

表題書いておいてなんですが、目標はありません(爆)

てか、10分考えたけどあんまり思いつかなぃ。

先ずは、とにかく、生きる。生存する。

ブログを放置プレイにしない。

1日1記事・・・まあこれはたぶんからだ的に無理でしょう。

でもそれに代わる、続けるペースを見つけないといけません。
>>READ MORE

2013年・生存報告〜♫

January 03, 2013 15:25

明けましておめでとうございますm(__)m

すーぱーそに子が好きです♪(爆)


年末のアセンションで世界が終わらず全部無かったことにしたい今日この頃、電波系の皆さん如何お過ごしですか? 箱ピュア管理人は高次元世界へ移行出来ないまま、何とかこのタイムラインに細々と生きていますw
すーぱーそに子
2012年は大したイベントも無くあっという間でした。なんたって病人というのは日々同じ事のルーチンでロクに何も出来ないですからねぇ・・・。一日が短く、感覚的には1年が4ヶ月くらいで終わってしまった感じです。具合の方は良くも無く酷くも無く、色々と微妙な状況に大きな変化はありませんが、ジッとして負荷を掛けたりの無理をしなければ、なんとかユルく生きてはいられる。本当に細々と生きているだけですけれども〜。まぁ、 病気のネガティブ話はココで書いても仕方がありませんので本日はこの位で。>>READ MORE

Twitterといういまいち仕組みが謎のSNSに登録してみました。

今更ですが、Twitterまじでワカリマセン・・・てへ♪ 管理人が活動停止中に出てきたSNS、ソーシャルネットワークなコミュニケーションサービスですからね〜。ここの所Twitterがあっちこっち検索でヒットするから見てみるんですけど、RTとかツィートしたりされたりがあると、誰が誰で誰が何を言ってるのかさっぱり意味不明(苦笑) 去年はTwitterでどうやら中の人が同じw黒猫と桐乃の女子中学生w電波トークをリアルタイムに読んでみましたけれど、それでもイマイチ良く理解できなかったくらいには、ぱすてるんのアタマはふにゃけていますw
twitter-1795652_1280
そんな感じで一通りTwitterというシロモノについて説明されてもさっぱり理解できないので、モノは試しと登録してみました。一ヶ月位前ですけれども。こういうのは習うより慣れろってね〜。ていうか〜pastel_pianoは登録した事を誰にも言ってないし、まだ一回もツイートしてないのに、何故かフォローしてくる御仁がいるのがふ・し・ぎ♪

・・・・・・これってHNで検索してくるんでしょ〜か?>>READ MORE

ブログを長期休止していた理由・・・

長期休養で色々な方にご心配をお掛けしましたので、このブログを休止した一連の経緯をご説明しておこうと思います。以下はオーディオや音楽とは直接関係のないプライベートな話になります。長文ですので、管理人に直接ご興味がおありで無い方々はスルーして頂けると幸いです。>>READ MORE

ブログ再開してみようかな♪

皆様お久しぶりです。箱ピュア管理人のpastel_pianoです。今でもこんな僻地にある箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"へ来て下さる方がいることに本当に感謝します。6月1〜3日にかけてブログが落ちておりましたが、なんとまさかのドメイン期限切れです(爆)。先程自分のサイトが消えて無くなっていることに気付いて、慌ててクレジットカードで入金しました。ほんと何やってるんだか・・・orz さきほどサーバー復帰した直後に速攻でコメントが入っていて嬉しかったです。

RED ROSE MUSIC

それくらい管理人はパソコンから離れて浦島太郎になって久しい状態ですが、健康状態が大分回復してきていることもあり・・・未だ実際のところリハビリ中ではありますが、そろそろブログを再開しても良いかなぁと思っています。詳しい話は日々の更新で語っていこうかと・・・。あ、自宅のオーディオ機器もあまり進歩はしていませんが、2009年のブログ中断前にちょこちょこと機器を揃えていたりもして、微妙に更新されている気がします。当時はエントリにすている余裕がありませんでしたけれども、2年遅れですが少しずつでも紹介していきたいな〜と♪

と、まあこんな感じですけれど、もし今でもブログを気に掛けて下さっている方々や、検索やら何かで辺境の箱庭へ辿り着いた方がいらっしゃいましたら、ごゆるりと愉しんで頂ければ幸いですm(__)m

人気ブログランキング←水無月の横浜は夏の薫りがして参りました♪

ストロベリーが実った♪&ビートルズやブリティッシュロックに合うオーディオブランド

ちょうど一月前、自作タイムドメインスピーカーといちご100%を愛でる話
で書いたデスクトップでのいちご栽培ですが、あのときに撮影した花がやっとイチゴになりました。
ストロベリー
いちごの花は3日くらいで散ってしまうのですがその先が長い・・・少しずつ真ん中の花托の部分が膨らみはじめるのですがこれが恐ろしくスローペース。食べられるくらいになるまで一ヶ月もかかるとは思いませんでした。これが最初の一粒。どうやら小さい実がなる品種だったみたいです。たった一粒ですのにいちごの甘い香りが部屋中に漂います!そして肝心のお味ですが・・・甘い!超甘い!感動した(笑) と書きたい所だったのですが、実際にはあんまり味がしませんでした・・・orz。やっぱりハーブ用ではなく甘いイチゴを作る土にしておけば良かったかなぁ。。。

ストロベリーフィールズ2番手3番手の花托はまだ小さく、この感じでは次の収穫は半月以上先。春の間に何つぶ採れるか判りませんがこれはかなり楽しいです♪ そして、自分で栽培したいちごはプライスレスです!いちご栽培セットが色々販売されていますので皆さんも通販やホームセンターで苗を買ってみるとデスクトップでいちごが実って楽しいですよ♪

◆本日の一枚

いちご繋がりでビートルズのマジカル・ミステリーツアーに収録されているストロベリーフィールズ・フォーエバーなんてね。リバプールにあったとされる架空?の孤児院の名前らしいです。(Wikiに架空の場所って書いてあったのですが、孤児院が閉鎖されるとかなんとかで以前にドキュメンタリー番組?で観たたような・・・記憶違いか・・・)
マジカル・ミステリー・ツアー
マジカル・ミステリー・ツアーザ・ビートルズ

おすすめ平均
starsクオリティの高さ
starsオリジナルアルバムおすすめの1枚
stars魔術的神秘旅行
starsこれも好き
starsみごとな作品群

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビートルズの楽曲を当時の雰囲気タップリにそれっぽく聴くには、やっぱり国産オーディオよりもイギリス製のオーディオシステムが合います。音の入口から出口まで英国製・・・音の入口から出口までイギリスのCREEK&EPOSで通した箱ピュアサブシステムその2改(近日公開予定?)は、こういった古いブリティッシュロックには極めて良く合います。正に水を得た魚状態♪ ビートルズを代表するイギリスの洋楽ファンの皆様には、箱ピュアで紹介しているコンパクトピュアオーディオのブランドの中でもQUAD(クォード)CREEK(クリーク)NAIM(ネイム・オーディオ)の3つのブランドが特にお薦め。高価なシステムでしたら中古になりますが古いLINN(リン)の下位モデル、もっと廉価なものでしたら、国内に入っていませんがCAMBRIDGE AUDIO製品も悪くない気がします。。。

スピーカーは英国製の中でも現代的なサウンドのB&Wモニターオーディオよりも、箱鳴りを生かしたウォームで暖かみのあるアコーステッィクサウンドを特徴とするQUAD・HARBETH(ハーベス)・Spendor(スペンドール)に代表される伝統的な小〜中型ブリティッシュスピーカーがお薦め。
HARBERH(ハーベス)HL-P3ES-2

最近のKEFは音がマッタリしていた一昔前のモデルとまるで音傾向が違いますので対象外かなぁ。。。モニターオーディオも90年代のモデルはビートルズにマッチしたサウンドでしたが現行モデルは音が今風で奇麗すぎる。数年前に消えてしまったブランドではCASTLE(キャッスル)。アナログ録音時代にマッチしたクラシカルなサウンドでした。この手のスピーカーで一番はやっぱり伝統あるBBCモニターのLS3/5Aなのですが、既に精算を終了しプレミアものですのでコンディションの良い中古の入手大変難しい。。。中国/台湾製のレプリカ類似品が最近は多く出回っていますが、外観を似せていてもこれらは本来のLS3/5aとは違う音傾向のようです。新品でしたらイギリスでLS3/5aのレプリカを制作しているStirling Broadcast のスピーカーが面白い。ちなみに現在日本国内では英ロジャースが生産する限定復刻版が販売されています。

【生誕60周年記念・復刻版】Rogers(ロジャース)LS3/5A

ブリティッシュロックが懐かしの枯れた暖かみのある音色で楽しく聞こえるスピーカーは、ジャズやクラシック音楽も良い感じに鳴らせることが多いのです♪

IXOS IXOS 6002 SUPER GAMMA 7 切売りスピーカーケーブル

オーディオケーブル類はIXOS(イクソス)がお薦め。イクソスは英国の著名なオーディオケーブルメーカーの中でもとりわけイギリスっぽい音がするように感じます。最近IXOSのケーブルを国内ではあまり見なくなくなってしまいましたがどうしたんでしょうか。。。最後に、ビートルズは本当はCDよりもアナログ盤で聴いた方が遙かに雰囲気がある音がします。残念ながらオリジナル盤には出会ったことがないのですが、、、90年代初頭に再販された赤盤青盤は持ってます・・・ターンテーブルはもう持ってないのに!(滝汗)

楽天市場でビートルズの中古レコードを探す

ピュアオーディオRANKING←読んだらクリック紳士のたしなみ♪

ピュアオーディオ製品"個人輸入"の薦め♪その1・・・為替メリットとリスクを知ろう♪

最近の為替変動で心が壊れそうな今日この頃、皆さん如何お過ごしですか?(^^; 私はオーディオ製品をしばしば海外から個人輸入していることもあり、ここ数ヶ月は為替レートとの睨めっこの日々が続いております。

※1月26日の為替レート(始値)
   $1=88円/£1=121円/1ユーロ=114円
※2月26日は現時点で
   $1=98円/£1=140円/1ユーロ=125円

リアルタイム外国為替相場

ほぼ一ヶ月で$とユーロで10円、ポンドで20円も円安方向に振れてしまいました。グローバル経済での動向や円安/円高の是非はひとまず別にして、ここ2〜3ヶ月ほどの強烈な円高進行は、海外製品を求める個人消費者と旅行者・そして輸入業者にとっては、アメリカ・イギリス・ヨーロッパ等の海外製品、具体的このサイトで関わりのある「輸入オーディオ製品」を従来ではありえない低価格で手に入れることが出来る空前の円高になっています。(輸入代理店さんも主力製品を値下げに踏み切られる所がちらほら・・・。)

この円高、私が輸入ピュアオーディオ製品に目覚めて程無い1995年以来の円高水準です。当時はバブル崩壊後の景気の名残りもあって、イギリス製を中心に薄型コンパクトな多くの海外製ブランドのオーディオ機器が日本に登場し、重厚長大路線をひた走る国内製品と同等若しくは下回る価格で国内ピュアオーディオ市場を席巻しました。Aura Design(オーラデザイン)/CREEK(クリーク)/Musical Fidelity(ミュージカルフィデリティ)/ARCAM(アーカム)/AUDIOLAB/QUAD66などなど数多くのブランドが、プリメインアンプ10万円/CDプレーヤー15万円/小型スピーカー5〜10万円程度・・・若いサラリーマンや貧乏学生にも手が届く価格で販売され、それまでの日本製オーディオ機器/アメリカ製大型スピーカーを中心とした重厚長大ピュアオーディオ機器とは一線を画す、ライフスタイルに溶け込んだ趣味のコンパクトオーディオが、音楽ファンのマーケットに受け入れられた黎明期だったように感じます。当時の円高による海外製品の氾濫が無ければ、私が箱庭的な欧州製ピュアオーディオ機器に出会い、実際に手にする機会は訪れなかったのかも知れません。。。
円ドル為替チャート2009-2-26
さて冒頭の円高です。私は2009年前半に1$=80円/1£105円を視野に入れ、海外製オーディオ機器を個人輸入しようプチキャンペーン♪をしようかなんて勝手に考えていたのですが、残念ながら短期視点で見ると1月末に一端円高のピークを過ぎてしまったようです。昨年秋までの為替相場でしたらとても想像できないような、あまりに性急な、まるでジェットストリームに巻き込まれた飛行機のような値動きのため、この円安が何処まで続くのか、どっかの抵抗線で奇麗に反発するのかは判りませんが、まぁどっちにしても今は未だ海外から物を買うチャンスでありつつも予断は許さないと云ったところでしょうか。。。
超円高社会 日本が変わる
超円高社会 日本が変わる水澤 潤

講談社 2009-02-21
売り上げランキング : 147501

おすすめ平均 star
star誤った常識から目を覚まさせる本です
star政府の喧伝するワケが見える本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実は2月7日にアメリカのとあるオーディオショップにイギリス製CDプレーヤー等々を発注しました。残り一台でしたので手持ち資金や為替を気にしていられなかった・・・(^^;。販売価格は概ね国内定価の3分の1、ネットショップ系実売価格の半額以下です。ただ、セールを発見して発注した2/7日は$1=91円。しかし、注文後の製品手配やら手続きやら何やらで、決済と発送の連絡があったのが2/23日$1=94円。結局、注文時に比べて3円以上の円安ドル高になってしまいました。。。orz しかも本日25日のレートになると$1=98円。高額品で決済価格が7円も違ったら・・・どんだけ悲惨か解っていただけると思います。。。

internalCREEK CLASSIC CD (CD50 mk2) CDプレーヤーの紹介です♪

またまたCREEKって感じですが、どうも私は特定のブランドが気にいると固執する傾向があるみたい。。。あと、基本的に懐古趣味ですので一昔前の音色がするのが好きだったりするのです。

ピュアオーディオ製品"個人輸入"の薦め♪その2・・・電圧の話に続く

ピュアオーディオRANKING←個人輸入してみたいのでクリック♪

カザルスホールが閉館されるらしい・・・(涙)

カザルスホール、来年3月に幕 室内楽の殿堂
カザルスホール閉館へ 愛された人肌の室内楽
国宝級建築物の運命:カザルスホール閉館に思う
カザルスホールが!?

 日本を代表する室内楽の殿堂、東京・お茶の水の日本大学カザルスホールが来年3月で閉館することが分かった。日大キャンパスの再開発計画に伴うもの。風情のある建物や文化財級のパイプオルガンがどうなるのかは未定だが、音楽ホールとしての歴史は事実上幕を閉じることになる。
 同ホールは87年、チェロの巨匠パブロ・カザルスの名を冠し、日本初の本格的な室内楽ホールとして主婦の友社によって建設された。当時は華やかな大ホールが注目を集めたバブル期だったが、511席という親密な空間と優れた音響で、ロストロポービチや内田光子ら内外の一流アーティストにも愛された。

カザルスホール

このニュースを読んだとき、私は全身の血の気がひいていくのを感じた・・・・・・・・>>READ MORE

自作タイムドメインスピーカーといちご100%を愛でる話

お友達ブログのYears may go by@Kuniさんで、自作のタイムドメインスピーカーを制作されたエントリがありました。タイムドメインスピーカーやDIYによるハンドメイドスピーカーにご興味がおありの方は、是非ご覧になって下さいませ♪

塩ビ管スピーカー自作(の真似事)
塩ビ管スピーカー自作(の真似事)―その2
塩ビ管スピーカー自作(の真似事)―その3
塩ビ管スピーカー自作(の真似事)―その4


箱ピュア管理人はオーディオの自作というアプローチを殆どしていないのですが、相互リンクをしている先の皆さんには自作オーディオをメインにされている方が幾人かいらっしゃいます。私は自作が苦手・・・という訳ではなく、実を云えば手先は器用で物を作るのは得意な方です。音楽が一番得意なのは別にしても、こども時代の図工→技術の成績は美術と並びトップクラスでしたし・・・w ただ、なんというか(音楽もですが)ある程度やっていくと自分より上手い人がいて、人生賭けて取り組まないと追いつかない壁が出てきます。。。

高峰山のヤナギラン_柳蘭凝り性で片手間にやることが苦手で、なんでも取り組みはじめると自己放棄しつつ本気モードでやらなきゃ気が済みません。だからこそこだわりがエスカレートして行くのですが、その先にある上のレベルが見えてくると、本気で追いかけるか・・・諦めるかのどちらかになってしまいます。手先が器用でも精神的に不器用なんですね・・・(汗)
【長野県・高峰山 CASIO EX-Z750 隣の浅間山が噴火しましたが今のところ大丈夫みたいです】

今は、音楽も美術も物作りでも、才能ある人が作品を生み出す経過をあちこちで観ている方が気が楽・・・みたいな。CDを集めたり、コンサートに行ったり、時々絵画や手描きの磁器を手に入れたり、PC繋げてると、ついついPIXIVで才能はあるけど無名の皆さんが描く二次元習作をかき集めてみたり(爆) とまぁそんな理由でピュアオーディオ機器やオーディオアクセサリーの本格的な自作は敢えてやらないようにしている(・・・手出ししたら多分洒落にならない)管理人ですが、作っている人を端から観ているのは割と楽しかったりするのでした♪

いちごの花そんな感じで、自作ではありませんが最近嵌っていること・・・いちごの苗を育てる(笑) 元旦に貰った苺の苗。品種も不明、ビニールポットに入ったまま、少ない葉っぱも黒っぽくなって痛んでヨレヨレだったのですが、室内で水をあげたり世話をしていたらなんだか元気になってきた・・・。そしてまだ一月末なのに花が咲きはじめました(@_@;)

いちご苗_Soendgen20090202このままのポットでは窮屈そうでしたので先週末に植え替えにチャレンジ。園芸屋さんに沢山置いてあった植木鉢は、その殆どが見慣れた和風のデザインなのですが、室内コーナーにふと好みのデザインの一群を発見♪

安いしどうせ中国製だよね〜と思いつつ家で開封してみると、なんと"Made in Germany"のステッカーが!・・・さすが物を見る目が俺様だ(謎)

この植木鉢、Soendgen Keramikというドイツ大手の陶器メーカーらしいです。それにしてもドイツ製の植木鉢なんて日本に輸入されているんですねぇ。。。今回パステルが購入した物はVega Joyというモデル。私が出向いた園芸店には3〜4タイプくらいしか置いてありませんでしたが、他にもスタイリッシュで色々なデザインのラインナップがあるらしいです。

SOENDGEN土はハーブ用の土@300円を2L購入。甘いいちごを作る土とか、イチゴ用に最適化された肥料とかも売っているのですが、なんだかプライス的に商売っ気がするwのでスルーしておきました。ていうか最少パックの2Lが売ってなかった。
ポット1つに株1つですので、これでも土が半分余る・・・。それにしてもSoendgenの植木鉢はモダンでカラフルで奇麗♪植物が葉っぱだけの時期でも、植木鉢の美しさだけでも部屋のあちこちへ置きたくなる魅力的なデザインです。

イチゴの栽培方法についてはネットで色々検索してみたのですが、栽培方法よりも品種が沢山あることにびっくり。私はイチゴは一年に一季、春に採れるものという思い込みがあったのですが、四季なりイチゴというほぼ一年中収穫できるタイプのいちごや、花が赤やピンクで大きく、ハンギングにすると実が奇麗に垂れ下がるタイプもある。更に木イチゴも色々ある。"なつあかり"とか"紅香/桃香"が良さそう、、、どうせならもう一つSoendgenのポットを買い、余った土と四季成りの苗で一年中PCデスクでいちご栽培にチャレンジしたい!、吊すタイプのポット栽培もやってみたい!な〜んて考え中。こうやってエスカレートしていくんですよねぇ・・・(汗)
◎Basel hangingbag

とまぁそんな感じの今日この頃、リアル3次元苺には興味ナッシングのおまいらには、こっちのイチゴぱ○つを薦めておく♪
いちご100% イメージテーマソング 君色100%
いちご100% イメージテーマソング 君色100%水樹奈々 橋本みゆき 豊口めぐみ

おすすめ平均
starsイイ曲なんだけど・・・
stars私にとっては「ペパーミント」のシングルです。
stars素晴らしい出来です
starsOPテーマ&EDテーマ両方共に完成度の高い楽曲です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちなみに管理人は北大路さつきが大好きだ!(死)

ピュアオーディオRANKING←いちご100%に免じてクリックしておく♪

ウォーターフォード・ウェッジウッド、経営破綻

英国を代表する世界的な陶磁器メーカーの一つWEDGWOODが経営破綻しました。

英高級陶磁器ブランド、「ウェッジウッド」が経営破たん

 英国の高級洋食器「ウェッジウッド」などのブランドを抱える大手陶磁器メーカー、ウォーターフォード・ウェッジウッド(アイルランド)が5日、事実上経営破綻した。同社は会計事務所のデロイトを管財人に選んだと発表した。中国製などの安価な陶器の普及に加え、金融危機を契機とする世界的な景気後退の影響で、売り上げが低迷していた。

 負債総額は4億ユーロ(約500億円)を超えるとみられる。近くウェッジウッドなどが管財人の管理下に入り、支援企業などを募る見通し。

 ウェッジウッドは1759年に創業された陶磁器の老舗。英国王室御用達の「女王の陶器」として世界的に人気を集めた。1986年にアイルランドのガラスメーカーであるウォーターフォード・クリスタル社と合併したが、合併効果が出なかったうえ、中国製など低価格陶器の攻勢で、売り上げは伸び悩んでいた。


ウェッジウッド時計なんというか個人的にはかなりシッョクなニュースでした。WEDGWOODも海外への拡大戦略による薄利多売を繰り返した結果、本来のブランドと食器の価値を甚だしく毀損し、結局消費者からそっぽを向かれたという事でしょうか。。。

僕が子供の頃、、、或いはそれ以前の日本では、Wedgwoodといえば、スノッブなお姉さまや主婦の皆様にとってのあこがれの洋食器ブランドでした。うちでも昔からワイルドストロベリーの27cmソーサーを普段使いにしていますし、こうやって部屋を見渡してみると、置き時計や小さな飾り物なんかもあったり。。。たぶん、皆さんの家の食器棚にもこのようなイギリス生まれのブランド洋食器がいくつか紛れ込んでいるのでは無いでしょうか。
ウェッジウッド・ワイルドストロベリー

ここ10数年を振り返ると、ウェッジウッドに限らずこれらその他の有名人気ブランド、、、リチャード・ジノリなどもですが、、、プリント印刷の廉価品が、町のスーパー、イトーヨーカ堂やイオンでも割引価格で並んでいる月並みなブランドに成り下がり、Made in Englandの誇りも何もなくなってしまったように感じてしまいます。元々法外な価格設定がされている事もあるのか、国内定価の3割5割引が当たり前、B級品も掃いて捨てるほど存在しますし、最近では中国製の製品までが出回るようになっていたみたい。。。さすがにこれは偽物の話かも知れませんが。

ウェッジウッド ワイルドストロベリー マントルクロック

本来のボーンチャイナ、ポーセリンアートというものは、手描きであってこそ価値があるもの。。。勿論、普段使いのテーブルウェアとして手描きのオールド食器を使うのは勇気が要りますから、その為の代用品としてのプリント模造品だとしても、そこにある一定の品質的裏付けは不可避です。そのブランドなりの品質管理と製造国の裏付け、販売網の厳選が無くなれば、ブランドが本来持つプレミアム価値を失い、中途半端な価格だけが残ったままニトリや100円シッョプの食器をライバルに販売争いを挑まなければいけなくなる。。。。スーパーに並ぶ1客2千円のバーゲンセールを斜めに見ながら、そんな悲哀を感じてした今日この頃、金融危機を発端とする不況の波がこれから雪崩のように押し寄せたら、どんな世界になってしまうのでしょうか。。。

ウェッジウッド(Wedgwood)インディア ティーポット 【L】送料無料

経営破綻したウエッジウッドは、どこかの誰かが買い取り再建を図ることになるのでしょうが、そういえば、イギリスのオーディオ関連機器メーカーのブランドも、好景気・不景気関わりなく浮き沈みが激しく、文字通り"澱みに浮かぶうたかたの如く"ですが、従来は経営破綻した後に投資グループに吸収されて再出発するケースが多く見られます。
TANNOY(タンノイ) オートグラフ・ミニ(AUTOGRAPH MINI)

QUADTANNOY(タンノイ)など古くからあるオーディオブランドのいくつかも、過去に投資グループの傘下でくっついたりまた分離したりを繰り返しつつ伝統を築いてきたところがありますが、ここ数年のトレンドとしては、IAGなど香港台湾中国資本による買収や、元々は英国国内での手工芸生産だったものを、コストダウンのために現地の音響メーカーや工場に委託生産というケースが多くなってきました。既に英国メーカーの低価格ピュアオーディオ・マルチサラウンドスピーカーは、B&Wなど一部を除きもう殆どが中国生産になってますし、アンプやプレーヤーについても、香港・台湾メーカーが開発生産するオーディオ機器をベースにし、複数の欧州・米国ブランドがフロントパネル等の外観を違えつつ、自社ブランド品として展開しているケースがそこかしこに見られます。

USHER_CD1蓋を開けてみるとまたこれか〜orzなんて事が実は良くある。もちろん電源トランスやキャパシタの選定、オペアンプのグレードなど、ブランド毎に異なるパーツをあしらうことでの最終的な音のキャラクターを味付けするチューンは施されていますが、基本設計が同じ物が香港A社で3万円、米国B社で5万円、英国C社で7万円、フランスD社で10万円、それらが日本に来るとヨーロッパ製品となって販売価格は15万〜20万円な〜んて事になってしまうのがピュアオーディオのお茶目なところ♪詳しくは書きませんけど。。。(関連記事オーディオ機器の内外価格差と日本市場の問題点)
Wedgwood ミューズキューピッド クロック

たぶん、ウェッジウッドもライセンスが売却される形でブランド名自体は生き残る事になるのではと思いますが、買収先によっては、欧州の職人の手で手描きによって作られた本物のボーンチャイナや、欧州工場製で一定品質の量産品が過去のものとなり、一般流通する大量生産品の大多数は、文字通りのMade in Chinaになる日が来るのもそう遠くないかも知れません。もちろんそうならない事を祈りますが。。。兎に角、今流通しているイギリス製コレクションに欲しい物がありましたら、無くなる前に確保♪した方が良いかもです!?

ピュアオーディオRANKING←景気回復を願って軽〜くクリック♪

エニアグラムのタイプ4

今日はオーディオや音楽の話とは全く関係ありません。特に私と直接面識が無く、モニタの向こうで繋がっているネットの住民の皆さんとは全然関係ない愚痴話。。。以下は性格診断テストエニアグラムタイプ4と思しき人物が身近にいた場合(9人に1人いるらしい)、つき合い方というか、注意して欲しいことの参考になるかも!?
9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 PHP文庫 (PHP文庫)
9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係 PHP文庫 (PHP文庫)鈴木 秀子

おすすめ平均
stars人間関係を学ぶ基本書
starsエニアグラムの入門書としてもとても優れた書籍です
stars自分と他人を理解し、許すために
stars自分にぴったり合っている内容で多いに参考になりました。
starsイスラム神秘主義だが、原理主義ではない性格診断

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
>>READ MORE

何気に再開してみるてすと(メインシステム紹介)

このブログを見ている皆様 (いるのか!?) 忘れた頃にやってくるお久しぶりの管理人です。毎回の例の如く、体調不良で4月からブログをお休みしていましたが、徐々に回復傾向?になって来たような気がしなくもないので(^^; とりあえず復帰したいと思います。当初は何とか1ヶ月の休養で5月1日に復帰するつもりでしたが上手く行かず。結局3ヶ月間の休養となりました。3月に飲み薬を切り替えたのがどうやら良くなかったみたいで、それに気付くのに手間取ってずるずる引きずってしまいましたorz
livingroom200806
とはいえ、その間オーディオ、PC関連、集めたCDなどの方は順調に進化しております。メインシステム+箱庭サブシステムが3つ。更にPCオーディオとカーオーディオ。合わせて再生装置が6系統、ゆっくりとではありますが着実に手を加えています。というか300ページもあるブログですが、相変わらず自分が所有している機器について半分も記事にしていない体たらく。。。それでいて、お店で試聴してきた機器のことなんか細かくレビューしてしまったりして、相変わらず何考えてるのか訳の分からない行き当たりばったりの管理人ですが、今後とも生暖かく見守っていただけると幸いです。

とりあえず。整理がてら今の視聴環境をリストアップしてみます。というよりも、自分で頭の中を整理するためのメモです。>>READ MORE

浅田真央のフリーで流れたショパンの幻想即興曲

昨日スウェーデンのエーテボリで行われたフィギュアスケートの世界選手権の録画放送を観ました。

ショートプログラムで2位に付けた浅田真央ちゃんですが、フリープログラムでは初っ端のジャンプで、飛ぶ直前に大転倒。この時点でもう駄目かと思いましたが、転倒のショックを引きずらずにその後は素晴らしい演技を披露。結果、見事に優勝しました(^^)。テクニカルエレメントでは転倒での−1点がありましたが、それを引きずらずに最後まで溌剌とした演技を続けたことが、かえって審査員の心証を良くしてプレゼンテーションの高得点に繋がったように思います。
figure-skater-1955812_1280
そうそう、真央ちゃんが最近フリーの演技で使っている曲。フィギュアスケートで良く使われるショパンの幻想即興曲なのですが、これが大変に素晴らしい。使われているのは原曲のピアノ曲ではなく、ほぼ原曲通りのピアノを伴奏に、オリジナルのチェロの旋律が入るピアノとチェロの二重奏バージョンなのですが、誰がアレンジしたのか驚くほど良い感じなのです。原曲をスポイルするどころか、ショパンもびっくりのナイスアレンジ。荒川さんがトリノで使った、移調した弦楽合奏版の微妙な幻想即興曲とは大違いです。>>READ MORE

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート20083

昨晩のウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2008。
指揮者がフランス人のジョルジュ・プレートル
83歳の高齢指揮者ですから巨匠なのかもしれませんが、
手持ちのCDにもそれらしきものがどうも見当たらず。
恥ずかしながら今までスルーしていて殆ど存じ上げませんでした。
普段、オペラを殆ど聴かないからかも。。。

例によってVienna AcousticsのスピーカーMOZART MODEL T-2で聴く
ウィーンフィルの音色♪ウィーンフィルが好きなら、
韻を踏んだ甘い音色のこのスピーカーは本当におすすめ♪
そして、パイオニアのプラズマテレビと組み合わせでの視聴は
今回で2年目になります。
Vienna Acoustics T-2G
うちのT-2の後継モデルです。ちょっと欲しぃ。。。

明るく小気味良い演奏に、くけ〜♪とか思いながら
うつらうつら聴いていましたが、眠かったので途中で寝ちゃった・・・(爆)
ということで、後日BS-Hiでの再放送を観直しますか〜。
再放送、低画質のBS2は早速今晩ですが、
一番ビットレートの高いBSハイビジョンは6日の15:00〜18:00です。


そうそう、朝起きて外気温計を見てみたら何と−3度。なんじゃそれ!

横浜市内某所ですが、例年0度を下回ることは殆ど無く、
珍しくフルパワーで回るエアコンの音に目が覚めちゃいました。
2月くらいにどんなに寒くてもせいぜい0度か1度なのにぃ。。。
温暖化どころか、今年の冬は昭和にタイムスリップしてるような。

しかし、今年のお正月は良い天気で晴れていますので
昼間は暖かく、暖房はいらない。毎年のことですが、
さんがにちというか、特に元旦は外が静かになり、
人出が少ない分、外の空気もきれいになります。
今年は雲や景色に映る日の光と陰が不思議なくらい奇麗で、
・・・案外、いい年になるかも知れないと思うのでした。

ニューイヤー・コンサート2008ニューイヤー・コンサート2008
ジョルジュ・プレートル ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ヨハン・シュトラウス2世

ユニバーサルクラシック 2008-01-30
売り上げランキング : 105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
                           うおぅ、早速予約できる♪

ピュアオーディオRANKING←クリック御願いします♪

地元のジャズバーに行ってみた。

先週末の夜は誘われてAU LAPIN AGILEという地元のジャズバーに初めてお邪魔しました♪ 日本料亭の板前だったオーナーの作る美味しい創作料理やカクテルを味わいながら、アットホームなジャズの生演奏が楽しめる小さなお店です。

クラシックの演奏会には何だかんだとちょくちょく出かけている気がするのですが、ジャズの生演奏をこれほど"間近"で聴くのは、正直なところこの年になって初めての経験です。数人〜十数人程度の席数のこぢんまりとしたバーでの演奏という事で、正にお客さんの目の前でのホットセッション。当日の演目はごきげんJAZZという名のトリオで、普段ジャズを殆ど聴かない私にもそれなりに聞き覚えのあるスタンダードナンバーを中心に数曲演奏され、特に増田一郎さんというジャズベーシストの方のウッドベースはなかなか聴き応えがありました。aulapinagile
小さな町の小さなJAZZバーですので、誰でも知っているような有名なプロミュージシャンの演奏という訳ではないみたいですが、それでもJAZZ独特の楽器の迫力とライブな熱気は色々な意味でクラシックとは音の伝わり方や鳴り方が異なります。

オーディオでJAZZを再生する際に何が大切なのか、クラシックとは同じ生演奏でもポイントが根本的に大きく異なることを、頭ではなくより体感として理解することが出来ました。特に直接音と間接音のバランスからくる距離感やウッドベースの再現力、ドラムスの直接的な鳴り方など、音の立ち上がり方やF特面でも全然気になるポイントが違っていて、もしかすると、クラシックとジャズの音楽再生というのは、ほどほどに両立は出来ても、より実体感のある再生音を求める場合には、余程のハイエンドシステムでもない限り、積極的にどちらかに特化しないとなかなか難しい部分があるのかも知れません。

さて、JAZZiconという音楽、父がこれまたJAZZオンリーの愛好家な事もあって、家には山ほどCDやレコードがあるにも拘わらず、私自身は一部手持ちの高音質盤等以外は普段殆ど聴かないジャンルな訳ですが、その理由として、実こんなブログを運営して普段音楽について能書きをたれている割に、JAZZを聴くポイントが未だに良く分からないというのがあったりするのです(爆)

クラシック音楽iconの愛好家として、私は毎日バッハやモーツァルトやショパンの音楽が無ければ気がおかしくなってしまうし、バロックや宗教音楽から近代までクラシックならほぼ何でも聴きます。ザ・ビートルズiconなどアコーステッィクなロックからシンセ音の被ヒーリング系ニューエイジミュージック、国内外のポップスに、ラテンやスラブの民族音楽系も嫌いじゃないし、ダンスミュージックなんかも案外聴けちゃう口です。ついでにアニソン脳まで発達しているものだから、基本的に自分は音楽なら何でも聴けるような気分ではいます。

アニソンiconというのは実は現代日本を代表する職業作曲家がコンテンツに合わせて世界中のあらゆる音楽をパクってごった煮にするジャンルでもあり、声優さんの素人歌唱を半ばネタとして確信犯的に楽しんだり萌えたりしながら、その裏で日本のあらゆるBGMを支えつつ浸透する優れた曲が毎月多く供給される源だったりしますので、このジャンルの音楽を馬鹿にしちゃあいけませんw むしろアニソンを頭ごなしに鼻でせせら笑う連中というのは、実は音楽を世間の評価で着飾る事しか出来ないエセインテリだと言ってしまおう。文句あるなら自分で曲書いてみろとwな〜んて吠えてみるテスト♪

実際、オーディオ雑誌等の選曲を見ても40代以降のオーディオマニアの多くはJAZZかクラシック音楽両方か若しくは片方の愛好家が占めているでしょうし、20〜30代前半となると・・・JAZZやクラシックを聴く層は何時の時代にもいる一部の固定層で、一般的なオーディオ購買層=アキバ系率激高って図式は、上の人達には理解できなくても経験上否定しようもない事実。 ただ、私のようにクラシックとアニソンというカテゴリの脳内両立というのは希な特異事例ですので、この点はあんまり参考にはなりませんがw

とりあえずアニソンは横に置いておいても、多くの親世代の音楽愛好家の場合、ジャズとクラシックの両方を楽しんでいるのが主流?な訳で、それからすると片方のジャンルに特化されてる私には何か問題があるのではないかと思ってしまうわけです。クラシックが聴けるのに、JAZZの聴き所、楽しみ方がハッキリ言って良くわからない。これはこうやってネットの辺境の片隅でオーディオを紹介する上でも、自分の中で確実にネックになっているのは否定できない事実。

とりあえず、どこか好みの聴けるポイントを見つけてそこからJAZZを攻略していくしかないのだろうとは思うのですが、その取っかかりが未だになかなか掴めないのです。

今までの少ない経験からすると、素直に聴けるのは鈴木重子のボーカル。なぜかこの人のCDは眠くなるのでいくつも揃えてる。あと、矢野顕子綾戸智絵。種類は違いうし声の癖がかなり強いとは思いますが、好きかどうかは別にしてこの人達はまぁ見ためからして面白いのでありかもw ただ、敢えてCD買い揃えようとまでは今のところ思わないかな。SACDとなると食指が動きますが。有名どころの日本人ばっかりやな・・・w M・A RecordingsのCDも音質、演奏共に良い物ばかりですが、手持ちはラテン民族音楽系の聴きやすいCDが多く、私が言っている意味でのジャズ像とはかなり意味が違う感じ。 基本的にこの手の民族音楽テイストは大体好きなのです。ここのケーベルのCDは諸手を挙げて楽しめます♪M・A Recordingsの録音はハッキリいって出来れば全部欲しい(爆)
La Segunda
La SegundaSera Una Noche

おすすめ平均
stars珠玉のアルゼンチン音楽。録音もすばらしくオーディオファンにオススメ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それからクラシック聴きだから最初はクラシックのジャズアレンジはどう?ってのはちょっと違ったりする。これはどうしても原曲の劣化アレンジに聞こえてしまい、多くの場合逆に落ち着けないのです。そんなんですから、うーん、どこから入ったら良いんだろ?となってしまう訳(汗)

ピュアオーディオやってるくらいですので高音質盤は好き。ただ、クラシックでは高音質盤=むしろ名盤ではないケースが多いですので、JAZZもきっとそうなんだろうなとは思うw とはいえドロドロした熱気が濃すぎると確実に気分悪くなるし、かといってクラシック慣れしているせいか案外無意識に理詰めで音楽を聴いているものですから、その辺で半端に浅すぎたり誤魔化しが多かったり破綻してると敬遠しちゃう。

もしかすると、黒人に特別なシンパシーを感じないので黒人音楽というテイストが強い音楽が駄目なのかも知れない。なくとなくそれは薄々感じてはいる。だから、いわゆる伝統的なジャズらしいジャズよりも、ラテン音楽系だったりヨーロピアンテイストだったり日本風だったりする方が聴きやすいような気がするのでしたw

そんな私がこれからまずどんなJAZZiconを聴いたら食わず嫌いから変われるのか、誰か教えて下さいな(笑) なんて言っても実際難しいですけどね。逆にクラシック良く知らない人に何から聴いたらいい?って訊かれても色々な意味で困っちゃう自分がいるのでした(爆)←むしろ布教に失敗した経験しか無いw

鈴木重子公式ブログ
矢野顕子オフィシャルウェブサイト
綾戸智絵オフィシャルウェブサイト

ピュアオーディオRANKING←可哀相なのでクリックしてやる♪

F1珍事件!たった6台だけのアメリカグランプリΣ('◇'*)

コンフェデレーションカップ、サッカー日本代表がギリシャに勝った直後ですが、

こんなF1はじめて観ました!間違いなく歴史的大事件です!
f1-1881026_1280
ほんと録画していてヨカッタ〜(爆) ミシュランタイヤ勢7チーム14台がレーススタート寸前にFIAをボイコット!マクラーレンメルセデス、BMWウィリアムス、ルノー、トヨタ、BARホンダ、ザウバー、レッドブルはフォーメーションラップの後ガレージに直行。レースをスタートして現在周回しているのはブリジストンタイヤのフェラーリ・ミナルディ・ジョーダンの3チーム6台のみ。

アナウンサー曰く史上最低のグランプリ・・・_| ̄|○

ウソだと言ってよバーニィwww
>>READ MORE

まったりと再開〜♪ (新品のA-1VLが故障した話)

読者の皆様こんにちは。管理人のpastel_pianoです。

夏風邪をこじらせてダウンしてました。まだ完治はしていませんが、ぼちぼちブログ再開したいと思います。メールいただいた方、レスいただいた方、お返事滞ってしまっていて申し訳ありませんm(__)m。かなり溜まっていますので、徐々にお返事という形になりますが、もうしばらくお待ち下さいませ。

さて、ONKYOのデジタルプリメインA-1VLですが、昨日なんと壊れてしまいました。電源投入直後に落ちてしまい、最初はヒューズが飛んだのかと思ったのですが、開けてみても純正ヒューズには問題なし。説明書の故障のページにある、"電源ランプが点滅→そのまま沈黙"というコース。電源が落ちた際に天板のスリットの中からパチッと火花が一瞬見えた気がするのですが子細は不明。他には見た目で壊れていそうな部分も見当たりませんので、回路の何処かが何らかの理由で故障した模様です。オンキヨーへ修理に出すので、しばらくA-1VLについてのインプレは出来ません。こんな時でもアンプが2台あると音楽が聴けなくなる事もなく便利です。

ジョーシンのリニューアルセール&(A-1VLのお陰で沢山付いてる)割引クーポンは明日までなのですが、未だ何も買ってないのでこれからオーディオアクセサリでも物色します♪ONKYO A-1VL用のアイソクリーン・フューズを注文しようかと思ってましたが、故障してしまったので今回は何か他の物を買いますか・・・。

(追記:修理は基盤丸ごと交換になりましたが無事戻ってきました。突然のエラー表示と沈黙でしたが、滅多に無いトラブルらしく結局何が原因なのか良く判らなかったみたいです。音は新品同様のカラッとした音質になり、再びエージングのやり直し(^^; 購入店のJoshinwebONKYO DIRECT オーディオ販売の対応はスムーズ且つ丁寧で、修理の日数も僅か数日で済みました。意味不明な対応をするどこぞの販売店やメーカーとは大違いですので、この二つのお店はサービスの面でも皆様に広く安心しておすすめ出来ると思います。

ピュアオーディオRANKING←お役に立てましたら♪
Blog Writer & Designer
pastel_piano
pastel_piano@管理人

ピュアオーディオ、PCオーディオ、デザイン家電とAVガジェット、クラシック音楽専門のWebライター「ぱすてるぴあの辺境公爵」でございます。自称ルンペンブログタリアーティスト。コメント&ご質問はお気軽に♪ ⇒連絡先

▼Twitter▼
pastel_piano

▼Instagram▼
pastel_piano_audiostyle

▼Pinterest▼
pastel_piano_audiostyle



にほんブログ村

著作権とプライバシーポリシー
箱庭的"AUDIO STYLE"はリンクフリーです。但し画像ページへの直リンクはご容赦下さい。本文・画像その他を転載/引用される際は、必ず元ページのリンク併記をお願いします。 文章・画像等の著作権はを運営しているpastel_pianoにあります。 全体あるいは一部を問わず無断使用はできません。 Never reproduce or replicate without written permission.

audiostyle.netは、楽天アフィリエイト及びAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。その他各アフィリエイトサービスプロバイダの広告配信によって運営されています。

レビューその他コンテンツはあくまで管理人の一意見であり個人的主観に基づきます。商品ご購入の最終的な判断は読者様の責任でお願いいたします。箱庭的"AUDIO STYLE"を利用することでトラブルが発生した場合にも直接的・間接的問わず如何なる責任も負いかねます。内容に誤記や不備がある場合も含め、予めご了承くださいませ。

Apple iPhone7, iPad mini及びASUS VivoMini VC65 Windows10で製作し、Google Chromeで最適化デザインされています。