記事内にプロモーションリンクを含みます

January 03, 2013 15:25

明けましておめでとうございますm(__)m
すーぱーそに子が好きです…( ੭ ・ᴗ・ )੭♡

年末のアセンションで世界が終わらず全部無かったことにしたい今日この頃、電波系の皆さん如何お過ごしですか? 箱ピュア管理人は高次元世界へ移行出来ないまま、何とかこのタイムラインに細々と生きていますw

すーぱーそに子 iPhone ピアノ

2012年は大したイベントも無くあっという間でした。なんたって病人というのは日々同じ事のルーチンでロクに何も出来ないですからねぇ・・・。一日が短く、感覚的には1年が4ヶ月くらいで終わってしまった感じです。具合の方は良くも無く酷くも無く、色々と微妙な状況に大きな変化はありませんが、ジッとして負荷を掛けたりの無理をしなければ、なんとかユルく生きてはいられる。本当に細々と生きているだけですけれども~。まぁ、 病気のネガティブ話はココで書いても仕方がありませんので本日はこの位で。

昨年1年間、色々とコメントやご質問を下さった常連の皆様&はじめましての皆様、ありがとうございました。殆どお返事できずに申し訳ありませんでしたm(__)m こんな状態ですので、今後も返答の有無についてはその時の私の具合次第となります。何週間も自分のブログにアクセスすらしないことがザラにありましたので、今後ともコメントへのリアルタイム返信は期待しないで下さいませ♪ 不在期間に難しい質問を投げられても回答できませんので、ご容赦いただけると幸いです。

そんでもって、2013年、何をしようか・・・であります。。。

ブログ・箱庭的ピュアオーディオとしての今年の目標は、再開すること!なんて大層に掲げてしまふと早晩挫折しかねませんので、ここはひとつ、「極めてユルく続けてみること」・・・としませうか。。。。 ご覧のように止まるか全速力で走るかの二択しか出来ないピーキーな性格の管理人ですので、ほんとうは、ユルく~とか程々に~とかはかなり苦手としています。いつも10分で何か一言書くつもりが、気づくと1時間以上使って画面一杯に長文書いてますw。既にこの文章が・・・orz そんなんですので、 力を入れず短文でユルユルとブログやmixiなんかを延々と続けられる巷の皆様が羨ましい事この上なかったり。。。

出演:メスト(フランツ・ウェルザー)
¥5,416 (2024/04/07 12:43時点 | Amazon調べ)

箱ピュアの場合、数ヶ月連日で長文レビューを力投するかと思えば、数ヶ月がっつりと停止・・・(今回はついに1年と2ヶ月停止)な~んて感じで足かけ9年続けて?きました。しかしながら、今のわたくしの体力では、数ヶ月全力で長文連投な~んて力業は到底叶わない夢と云いますか 、1週間更新を続ける事すら怪しい気がするのですが、まぁそこはゆるく敢えて意識してgdgdにやってみれば・・・何とか細々と続けられるかも知れないし~みたいな?ブログの質とか毎日更新とか拘らないでね(難題w)

そうそう、以前より置かれている状況が他人とは思えない声優の後藤邑子さんのブログを読んでいたりしますが、つまるところわっちもあんな感じなんでありんす。あの更新の少なさ・・・ヨクワカリマス。別録りらしいですが、後藤邑子さん最近もたまににアニメに出てたりするんですよねぇ。ひだまりスケッチとか。

この文章を元旦にでは無く、3日にやっと書き始めている次点で既に雲行きが・・・なのですけれどもorz ていうか既にこのエントリを書いていて割と辛いデス!…。 そ~んな感じですので、また誰も見なくなった頃にひっそり更新するかも知れません・・・。

  • URLをコピーしました!

コメント一覧 (13件)

  • ふっかつキター
    なんかバナーが替わったりするから見てたら案の定。

  • お・ひ・さ♪
    バナーが”替わったり”の誤変換ですねw
    これお正月に作ったエントリです。
    気に入らなくてすぐに引っ込めたのですが、
    後半消して書き直して今更再掲してみました。
    何年も反寝半起き生活を続けつつ、
    ず~っと普通には体調は良くならないので、
    体調悪いままでもなんとか緩く続けるという、
    「完成度の低いの駄目な人(のブログ)でいいや」的な
    もはや諦めの境地?かもー。

  • 私もオーディオ関連はご無沙汰で 自転車という方面へシフトしつつ
    だらだらとブログが続いています^^
    ブログで変えてないのは 音楽ネタを一つ入れる事だけかなぁw
    さくら学院重音部のベビーメタルなんてアイドル路線も聴きながら
    あいも変わらず 幅広く聴いていますよぉ~♪
      ↑
    脳内変換 アイモ アイモ ネーデル ルーシェ~♪
    とにかく ゆるりとでも復活されたのは目出たいです^^

  • ぱすてるさん お元気そうで何よりです!
    トップページが変わっていて、もしやと思ったら、もしやでしたね。
    まあ、私も長くブログを続けていますが、正直、1年くらい更新が滞ってしまうこともあります。
    まあぼちぼちやっていきましょう!
    私はといえば、ネイムのNAIT2を手に入れたり、先日はメリディアンの207MK2を手に入れたり、いろいろとシステムが変わったりもしました。
    そして一番大きな変化は、松田聖子ちゃんの再発見といったところでしょうか。
    まあぼちぼちやっていきましょう!
    名前のリンクはメリディアンの記事です。
    ではでは^^?

  • しばやんさん、お久しぶりこんばんわ♪
    着実に箱庭的オーディオを実践されてますねー(@_@;)。
    ネイムオーディオのNAIT2は良いアンプです。
    音楽性が高く温かい音です。初期のCREEKと並び、
    当時後藤さんのプッシュで中京圏で大量に出回ってたらしいです。
    そしてネイムオーディオ、英国では今でも健在です。
    Melidianの207MK2 PHILIPSのダイキャスト・スイングアームメカ+
    ビットストリームDACですから、さぞや音楽性が高いだろうと想います。
    それにしても8万とは・・・。価値が分かればお買い得ですし、
    25年落ちで未だにこの値段なのも凄いとも言える。
    ドライブメカだけでも宝物です。内蔵も良いと思いますが、
    別の意味で現代的な良いDACと組み合わせて使ってみたいですが、
    なんかリアの端子の組み合わせが普通では無いですね。
    この後のメリディアン製品は、ヨーロッパ製品の中では、
    意外な程理知的でクールな音質になってました。
    INFINITY InfiniTesimalは流石に聴いた事も見たことも無いです。
    ・・・・どんなサウンドが出てくるのかちょっと想像できないです。

  • すいません緑内障患ってしまって変形文字や細い自我読めません。
    できればいまくらいかいまより大きな文字で標準的五体にならないでしょうか。

  • 緑内障ですか・・・あちゃ。PC眼鏡掛けてますか?私は普段、JINSのブルーライトカット率45%のモデルを使ってますが、軽い度付きが欲しいので今別のを探しています。
    それと、新しいデザインにして、ここ数日のCSS書き換えで、フォントサイズ指定を、前のデザインよりもかなり大きくしてたのですが。。。IEの100%で文字が小さくないくらいにです。前のは幅が狭いためにかなり小さめの指定がされてましたので、自分でも不便を感じていたりしました。
    IEの場合、これでも小さい場合は、125%→150%と右下クリックで大きく出来ます。
    フォントに関してはそちらでどのように表示されていますか?正直こちらでは分からない部分が多いんです。一応、MeiryoKeが入っている場合はそれが最優先、Windows7以降はメイリオ優先でMeiryo UIが次点(ここのプライオリティを入れ替え。これでも文字間隔が広くなって実質的な字体が大きくなってるはずです。)、XPより古いマシンではMS Pゴシックです。英字は普通のArialです。
    Macでは”Hiragino Kaku Gothic ProN”が優先です。最近のAppleマシン用に”ProN”指定入れました。これでどっかおかしくなったのかも。
    《font-family:”Hiragino Kaku Gothic ProN”,”Hiragino Maru Gothic ProN”,”HG角ゴシックM-PRO”,”ヒラギノ角ゴ”,”ヒラギノ丸ゴ”,Arial,Tahoma,verdana,cursive,”MeiryoKe_PGothic”,”MeiryoKe_Gothic”,”Meiryo”,”メイリオ”,”Meiryo UI”,sans-serif;》
    注:より前の方がプライオリティの高いフォントになります。
    どんな感じになってるか、なかたさんのサイトにマシンスペックと、箱ピュアのキャプチャ載せてくれると嬉しいです。
    ・・・追伸 音符が文字化けするのはワザとなんで確信犯です…。

  • モグさんにも指摘されました。
    う゛~うちのXPとWindows7の2機だとフォントのどこが変か良くわかんない。。。
    昨日検査に行った病院でも備え付けのXP機で確認しましたが、普通にMS Pゴシックでの表示でした。
    今、和文プライオリティをMeiryo UIにしていたのをまたメイリオに戻して、英数指定のArial,Tahoma,verdana,cursive,を後ろに下げてみました。

  • 所帯ありがとうございました。リンクもいっぱいでいろいろ見るのが楽しみです。
    最近といえばステレオのおまけの基盤で遊んだくらいですが。

  • パステルさん 
    コメント回答ありがとうございました。
    >ネイムオーディオのNAIT2は良いアンプです。
    オーラのアンプもそうですが、新品でのデモを、このNAIT 2も秋葉原の電気会館のとある店でみた(聴いた)覚えがあるのですが、そのときには、それほどピンとこなかったんですよね。20年何年ぶりに聴いてみて、その心地よさにびっくりしました。とても鮮度が高いですよね。オーラとは別の意味でとても魅力的です。そして、オーラのVA-100EVIIでは鳴らしきれなかったEMITツイーターのテシマルを鳴らしてしまったのには本当に驚きました。実は同じ大須の中古ショップで、LINNのCLASSIK-Pと、実際にテシマルをつながせてもらっての比較試聴で、最後までもめたんですよ。いやドライブ感を見れば圧倒的にNAIT2のほうがスピーカーをドライブしていました。LINNも悪くはないですが、グルーブ感にかけた印象がありましたね。
    >さぞや音楽性が高いだろうと想います。それにしても8万とは・・・。価値が分かればお買い得ですし、25年落ちで未だにこの値段なのも凄いとも言える。
    いやあ、8万ではとても買えないといいますか、現行のモデルでは絶対にだせない音ですね。
    >別の意味で現代的な良いDACと組み合わせて使ってみたいですが、
    なんかリアの端子の組み合わせが普通では無いですね。
    わたしも最初そう思って、とりあえずトライオードのルミナス1.0との接続を楽しみにしていたのですが、実はオリジナルでそこそこといいますか、いい感じでなっていますので、特に外部DACにつなげる必要がないかなと思っています。
    いやあ、25年前の製品ですが、その中身といますか、音の心地よさには、全くびっくりしました。かなり味があるプレーヤーで、わたし的には大正解でした。
    ではでは^^?

  • >しばやんさん
    遅レスすみませんですm(__)m、いくつか前のエントリへのレスだったので見逃しておりました~(滝汗)ネイムはちゃんと基本に中域があって、活き活きしていて血が通ってる。LINNは元々グルーブ感を求める方向の音ではありませんよね。英国調の音の中で、更にハイエンド寄りのセンシティブで上品なサウンド。エントリークラスのCLASSIKはその中でも、アンプが非力でドライブ力が特に不足していました。能率の低い小型スピーカーではどうしてもシャカシャカしてしまう事が多かったので。CREEKなんかはネイムとLINNの中間。オーラデザインはVA40/VA50の初期から全く別の音です・・Auraは音色があんまりイギリス的ではないかも。
    >25年前
    CDもそうなんですよねぇ。結局80年代~90年代初めのドイツプレスの初期盤の音が一番良くって、それ以降は劣化しまくり。特にリマスターを繰り返す程、とほほな音色に。70~80年代の音楽には、その頃のオーディオ機器と、当時プレスされたCDやLPで再生しないと、どうしても活き活きした空気感や色彩感が蘇ってこないです。これは音楽が生まれた時代と、機器の設計製造年代とプレスされた時代、このコラボレーションが、人間が感受する再生芸術には必須なのだからかもと感じてます。
    これはまた、最近録音されたり作られた音楽は、ロック・ポップス、クラシック、ジャズなどジャンルを問わず、今の時代のオーディオ機器とCD/SACD ハイレゾ音源で聴くべしって事でもあったりします。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA