皆さんが今お持ちのミニコンポやラジカセを購入した際、お気に入りのCDをお店に持参して、良い音と音楽が聞こえるかどうか、じっくり他の商品との聴き比べを試されましたでしょうか?残念ながら実際にそこまでトライされる方は少ないと思います。

そもそも、ミニコンポやラジカセは多くの場合、大メーカーによって低コストで大量生産されるものですから、販売と収益の面からはどうしても、どんな良い音がするか?より、生産コストを極限まで削れるか? アピールできる機能が豊富か、トレンドに合ったルックスか、店頭で人目を惹くか? 言ってしまえば外見で良い音に見せかけられるか、こんな商業主義的観点から企画生産されていて、音質の面でも、騒音の多い店頭で目立たせる為に、不自然に高音と中低音を持ち上げて強調し、その為に音質的には望ましくない回路を加えたり、本来の音楽を楽しむ為のツールという基本部分からは、やや外れた存在になりがちです。優先順位の最後に押しやられた音質が、エンジニアの感性と良心に委ねられていたとしても、短い開発期間と厳しいコストの制約から、まともな音に仕上げることさえ困難だったりする訳です。

(しかし、音楽第一主義的な観点からは問題の多いラジカセやミニコンポでも、音の良いモデルが時折紛れているのがまた面白い事実で、この点から言えば、必ずしもミニコンポ=全て低クオリティではありません。予算的にこのクラスからしか選べない場合などは、恥ずかしくてもとにかく店頭で試聴されることをお勧めします。出来れば他のお客様に邪魔にならない平日の午前中か閉店間際に普段良く聴くCDを持参して、店員に御願いしてじっくり比較試聴をされると、安いラジカセやミニコンポでも意外な程音質はバラエティに富んでいること、音楽が楽しめる音質と高音質はちょっぴり意味が違うこと、必ずしも音質=音楽性=価格ではないことを体験出来ると思います。)

とは言いましても、ミニコンやラジカセで十分に音楽が楽しめ、満足出来るのでしたらそれで何も問題無いと思います。価格やクラスは関係なく、聴いていて実際に音楽が楽しめるのでしたら、それが貴方に合っているか、実は音楽性が高いモデルなのかも知れません。高価なオーディオシステムであっても、聴いていてちっとも楽しくないもの、音楽性に乏しいもの、それ以前のレベルとして歪み感が気になって聴くに耐えないものなどは幾らでもあります。

大切なのは、リスナーが音楽を楽しめるかどうか。

一日中でも音楽が聴きたくて仕方がない。いつの間にかCDがどんどん増えていってしまう。毎週リリースされる新譜を出来ることなら全て買い占めたい(爆) とにかく音楽を聴いていると幸せ♪


今がこの様な状況でしたら、他人が何と言おうと、値段がいくらのものであろうと、貴方は既に正しいオーディオシステムに巡り会っている可能性が高いですd(^_-)。

これは、車で例えると小型車=悪い車ではないし、排気量の大きいパワーのある大きな車=良い車では無いのと同じ。もっと極端な例ではバスやトラックだから運転して楽しいとは限らないのと一緒です。ファントゥドライブが必ずしも車の価格に比例しないように、音楽性はコンポの価格に比例しません。勿論、排気量やラグジュアリー感が価格に比例するように、表面的な音質面やハードとしてのステイタスはそれなりに価格に比例しますけれど。。。

逆に言えば、高価で立派なオーディオを所有ていても、普段音楽を殆ど聴かない、聴く気になれない人、わざわざCDやレコードを集める気になれない人。それはオーディオマニアとしては立派でも、音楽ファンとしては寒いですよね。でも、そんな方向へ嵌ってしまう人が沢山いるのもオーディオ世界の実情です。音楽を聴く為のオーディオがいつのまにか本末転倒して、音楽ソフトの内容ではなく、オーディオ機器の音質を評価するテスト信号になってしまう。オーディオ機器の為の音楽になってしまう。確かにそんなハード本位的な楽しみ方も趣味の在り方としてあるとは思いますけれど、このサイトはあくまで音楽がテーマ。あくまで主役は音楽です。ですからここでは、オーディオ機器本位の趣味や技術論ではなく、ライフスタイルと音楽性についてフォーカスし、音楽の為の脇役として相応しいオーディオライフについて語りたいと思います。

貴方は大切なCDやレコードを何枚持っていますか? オーディオ機器に掛けたお金の数倍の金額を、ソフト集めに注ぎ込んでいますか?

ピュアオーディオRANKING←敢えて入場料を払う♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加