以前よりサイドバーのトップで紹介しているオーラデザインのCDプレーヤー/チューナー/アンプ一体型オーディオシステム"Aura note"ですが、久しぶりに覗いてみたらいくつかのショップで価格が20万を切っている?!なんだ〜(@_@;)・・・と思ったら4月末に新機種が出る予定なのですね。現在の特価は代理店の在庫処分価格とのことらしい。今度の新機種は"Aura note premier"。主な変更点はCDドライブ周りの全変更とiPod対応、プリアウト・AUX・光デジタル入力の装備。ガラス蓋の厚みを増して外れないようになった・・・、インシュレーターが立派な物になった・・・等々のマイナーチェンジ。外観もほぼ同じで、定価も283500→295000円らしいですので、こちらもほぼ据え置きっぽいです。
aura note

AURA NOTEについては、2年前の発売当初に店頭でじっくり試聴したのですが、当時ここには敢えて書きませんでした(遠い目)。外観のデザインは英国のインダストリアルデザイナー ケネス・グランジ(グレンジ)氏。90年代初頭に企画されながら発売に至らなかった製品の設計図を元に、オーラデザインのブランド元である日本のユキムと、stelloブランドで知られる韓国のオーディオメーカーエイプリルミュージックが共同で開発したモデル。アンプ部の主要回路は1990年前後に販売されていた旧Aura VA50を踏襲し、増幅素子にはこの製品のためにわざわざ再生産した日立のMOS-FETを使っています。FMチューナーも内蔵し、トップローディングのCDプレーヤーが好きな私としては、スタビライザーや透明なガラス蓋も含めて、音楽を聴く為の装置としての存在感が大変魅力的で、まさにライフスタイルーオーディオの一体型製品として、最高レベルの製品価値と音質を獲得しているように感じました。

linn_classik_musicここだけの話、ライバルだったLINNのCLASSIK-T(製造終了)よりもランクが上のクラスではないかと思わせる高音質。なんか30万以下で単品オーディオを揃えるのがバカらしくなるような品位に、こんなの薦めちゃったら良くも悪くもピュアオーディオのドツボに皆さんを誘い込む事が出来無くなっちゃうよとか心配になったり・・・。

Aura_va100ev_cd50_tu50AURA NOTEの音色は白い光を連想させる相変わらずの明るいオーラの音色ですが、たゆたう水銀灯を想わせる豊潤な音色の昔のVA50の記憶と比べると、ディティールの雑味が無く音場のスケール感があり、50W×2のアナログアンプとは思えない程どんスピーカーでも軽々とドライブするのには舌を巻きました。性格的におおらかであんまり相手スピーカーを選ばないような感じで、フレッシュで明るくスピード感があり、むしろデジタルアンプかコレは???と勘繰りたくなるような肌触りと現代的な音質傾向です。

Life, I love you! オーラデザイン『VA-100EV II』
Aura VA-100EV2を長年使っているしばやんさんの記事です。

AURA/VA100EVよってどこか真空管の薫りがするソリッドステートアンプだったVA50と同じ音ではありませんでしたが、それでも、オーラデザインという枠の中の音色は間違いなくしていることに感心。どちらかと云えば2000年頃に出たVA105 STINGRAYやVA200スティングレイ系の音に近いような印象です。しいて弱点を挙げるなら、NOTEは良く聴き込むとCDドライブ側の限界から音数が足りないのかな?という印象が無きにしもあらずでしたが、その辺りはPremierでのブラッシュアップで改善される事でしょう。

繋げるスピーカーについては6〜7機種を試しましたが、個人的に相性が良いと思ったのはELAC BS203.2です。AuraとELACは音色の方向性が似通っていて、更にELAC BS203.2の音楽的表現力が加わり、この組み合わせにすると昔のたゆたう感じの芳香な音色が蘇ってくるように感じました。あと、NOTEのドライブ力を生かすには電源ケーブルに付属品ではないしっかりしたモデルを補ってあげるのが良いと思います。

昨年発売されたnote専用スピーカーのAura poloは今のところ未試聴ですが、H280×W170×D250mmの箱庭コンパクトサイズですし、価格が割と低価格ですのでうちでも紹介した方が良いのかな・・・?2ウェイ・バスレフ型のブックシェルフルスピーカーで、カスタムメイドの麻を混入した135mmパルプコーン・ウーファーと25mmシルクドーム・トゥイーターを搭載。ネットワークには独ムンドルフ社のコンデンサーと抵抗を採用してます。
Aura polo

ピアノフィニッシュ仕上げや英国製のブックシェルフスピーカーを想わせるユニット配置は魅力的ですが、これはあくまでエイプリルミュージック製。旧Aura Designのような純然たる英国製品ではない部分は好みの別れそうなところです。しかしながらaura poloの光沢ブラック仕上げは、VA-50/VA-80/VA-100Evolutionの時代、B&Wの傘下にあった旧オーラデザイ時代のスピーカー、SP-50を連想させるに十分な外観です。

aura_sp-50当時のSP-50はなんというか、、、同社の兄弟機に当たるB&Wマトリックス805Vの圧倒的な高音質と比較するとあれぇ・・・?という思い出が(^^; 価格も半額、内部にMATRIX構造を採用していませんでしたので当時最強の小型モニタースピーカーのような音質を期待するのは無理があったのですが、それでもそれなりにオーラっぽい音色のする、(そしてでかい@高さ399mm&16cmウーハー)ブックシェルフスピーカーでした。poloがSP-50の音を凌駕しているのか気になるところですが、少なくともサイズ的には箱庭ブックシェルフに相応しいコンパクトさに纏められていて好感触♪ 今見るとSP-50って現行のQUAD/ワーフェデールのスピーカーにそっくり!QUADのツイーターとWharfedaleのウーハーの組み合わせみたいな(笑)但し当時のAura SP-50はメタルドームツイーターでしたけれども。

オーラノートに話を戻します。管理人は正直"Aura note"が欲しいです。普段イギリス製やフランス製に執着する私でも、生産国を抜きにしても抗しがたい魅力がある。手に入るなら新しい"premier"でなくても良い(笑) しかし、冷静になって考えると処分特価の19万でも今のご時世決して安くはありません。勿論、CD/チューナー付きでこのアンプの音質でしたら、とても単品の組み合わせ30万円クラスで得られるクオリティではないのですが、いつもながらこまごまと他にも欲しい物が色々ありますし、一つのハードに20万円出すのは、流石に私の箱庭オーディオのバジェット流儀に反するのかなと(笑) だって私、何だかんだ言いつつ実売20万円もするピュアオーディオ機器(スピーカーは1本あたり)って・・・良く考えると1つも持ってないですし・・・(滝汗) 今更ながら周りにある機器の購入価格を思い出してみて、自分のチープな金銭感覚にビビッた今日この頃でした(笑)

ピュアオーディオRANKING←バジェットHi-Fiにお恵みクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!