なんだか今日、自宅のリビングが窓を開けているにもかかわらず妙に焦げ臭い&塩素臭がする?と思って周囲を見回してみると、ふだん割と常時通電しているプリメインアンプ、TAG McLaren 60iの通電中の青色LEDインジケーターがなぜか赤く光っていて???。この赤いLEDはミュートリレーのインジケーターで、本来は電源ON直後の数秒間ととヘッドホン端子使用時にのみ点灯するものです。それ以外では、ボリュームを上げて保護回路が働くレベルの大音量で再生しなければ普通はブルーのまま。ちなみに今日は音楽を流さず、アイドリングで昨晩から丸半日以上電源を入れっぱなしの状況でした。※ちなみにこれまで保護回路が働くレベルの大音量を突っ込んだことは管理人の場合は今まで一度もありません。。。
メインシステム TAG McLaren 60i ONKYO C-S5VL
近寄ってみると案の定、焦げ臭い&塩素臭がアンプからしているっぽい。。。震えながら電源を落としつつ、背面のケーブルの配線を全て外し、数年ぶりに蓋を開けて見ると・・・・あああぁ、回路の一部、中央部にある抵抗数本が焦げておりました...orz
TAG McLaren 60i 焼けた抵抗
ぱっと見、焦げてしまった部分以外には、他の抵抗や半導体、コンデンサ等々に外見上の異常は無し。経年劣化でコンデンサが弾けたのかと思ったのですけど、そうではありませんでした。それにしても2000年の購入から18年超、文字通りメインシステムのアンプとしてかなり酷使した自覚はありますが、大きなトラブルも無くここまで良く頑張ったものです。
60iRV
元々TAG McLaren 60i及び60iRVは、1980年代後半にイギリスで開発発売されたAUDIOLAB 8000Aのマイナーチェンジモデル。1998年にAUDIOLABがフォーミュラ1で有名なマクラーレンレーシングチームの傘下に入り、外観を有名デザイナーの手でハイエンドオーディオらしくリデザインされましたが、中身そのものは8000Aの基本設計を踏襲したまま細かな変更を加えただけのマイナーチェンジモデルだったりします。その後TAG McLarenを離れ、資本がHong KongのAIGグループに買収されるなど紆余曲折を経つつも、再びAUDIOLAB名義に戻り、同一設計を踏襲したまま60iRVのマイナーチェンジモデルとして8000Sが発売。※60iRVは60iにリモコン機能及びプリ/パワーセレクター付きの機能強化モデルです。
audiolab_8000s
数年後には8200Aにモデルチェンジ。ネットで画像検索すると内部が判りますが、回路設計や主要部品は初代から通してあんまり変わっていません。音そのものは歴代聴いてみましたが兄弟機の範囲内でブラッシュアップされています。初代はニュートラルで地味目の英国クラシカルサウンド。TAG McLaren時代は特に音場表現に振られて響きが多くゆったりとしたサウンド。その後のモデルではより現代的に高解像でハイスピードな傾向になりました。
audiolab 8200a
2017年に完全新設計となる8300Aが発売されるまで、初代8000Aから外観の意匠変更のみで基本回路やパーツ構成には大きな違いがないまま、30年近く英国製プリメインアンプのリファレンスプロダクトとしてオーディオ誌等の評価機に君臨し、長年に渡り世界中で愛され続けてきました。普及価格帯のプリメインアンプながら中国製では無く、古くから一貫してイギリス国内で生産されているのもポイント。ちなみに主要パーツには日本製の部品が多用されています。

⇒【楽天市場

それにしても、ああ、これってば修理においくらくらい掛かるのでしょうか...。当時の現地価格は£500。今は無き秋葉原のサトームセンから13万円で購入したプリメインアンプです。そもそも今更修理対応が可能なのかどうか?、他にも壊れてしまっていないか?少々不安なところではありますけれども、壊れたから捨てるなんてのは箱ピュア管理人の辞書にはありません。メインシステムのプリメインアンプを将来的にアップデートする可能性は無ではありませんが、そうだとしてもTAG McLaren 60iとはずっと付き合っていきたい。少なくともマイナーチェンジの後継機は昨年まで生産されていて、イギリス本国では8200Aが今もAUDIOLABホームページ上のカタログラインには残っていますので、オリジナル若しくは後継互換部品そのものについては、本国取り寄せも視野に入れれば今ならまだまだ入手可能なはず。
TAG McLaren 60i inside
故障と云えばこのアンプ、実は購入初年度からボリュームにガリが出始めて、18年掛けてじわじわゆっくり症状が酷くなっていました。これが原因で完全冷却状態からの電源投入時、最初の数分間、左チャンネルからちゃんと音が出ない問題を抱えていたり。尚この症状はヘッドホン端子を抜き差しすると直ぐに直るので、普段、長時間or長期外出時以外はほぼ常時通電に近い運用をしていた事もあり、修理に出すのをずっとサボっていたのが実情だったりします(滝汗)
NOBEL 可変抵抗器
ちなみにこれもNOBEL 帝国通信工業製の可変抵抗器だったりするのですが、ボリューム交換をするとなると、同じパーツかより高品質・高音質なものがあると更に良いのですけれど。他にも大きなELNAの50v10000μF電界コンデンサとか、そろそろ新しい物に乗せ換えた方が良い...筈ではありますよね。

Twitterで相談してみたところ、識者の皆様から数多くのアドバイスをいただきました♪

TAG McLaren 60iの回路構成はA級プリアンプ+AB級パワーアンプで、A級プリのお陰で発熱もそこそこあり、アイドリングの消費電力が見かけに拠らずなんと45W。18年分の消費電力を積算するとそ60iか8200Aがもう一台買えるよね?って思ってみたり(爆) どうも焼損している抵抗は容量が微妙に不足気味らしく、ネットに転がる他のTAG McLaren 60iの画像でも、同一部分が焼けているものが見られます。これ、同等修理では無くて、余裕のある抵抗に交換するのが望ましいっぽい。
TAG McLaren 60i 2008
今回焼けて壊れてしまった抵抗部分が以前どうだったのかなと思い、丁度10年前の2008年に撮影した内部画像を引っ張り出してズームアップしてみたところ...当時は気付かなかったのですけれども、既にそこそこ焼けていて、抵抗も破損しつつあり、故障の兆候が見てとれます(画像右側) むしろここから更に10年良く持ったなと(滝汗) 昨晩深夜までは普通に鳴ってましたので、ほんとにじわじわ年月を掛けて焼損限界が来たのでしょうね。

それにしても私、2005年のAUDIO STYLE開設の遥か以前より、18年間もTAG McLaren 60iをメインシステムの中心に据えているにもかかわらず、当初から工事中の表記にしていて実は一度もこのプリメインアンプについてのちゃんとした紹介記事を書いていません(爆) 無事に直って私のところに戻ってきたら...今更ですけれどもその際には必ず紹介記事を書いてあげようと思っています(o゜▽゜)o

以下、修理状況の進展に応じて追記します。

ピュアオーディオBlogランキング←修理成功を祈ってクリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
スピーカーアンプ に参加中!