アメリカのオーディオケーブルメーカーの中でも、TARA LABS(旧スペース&タイム)のオーディオケーブルは、オーディオクエストやカルダスが割と男性的な傾向のクリアで明快なサウンドなのに対し、より女性的なしなやかさと暖かみのある音が特徴のブランドになります。
Tara Labs
ピュアオーディオグレードの音質としっかりした品質にもかかわらず、日本国内でも低価格で多くのモデルが販売されているのが魅力で、ピュアオーディオからホームシアター、はたまたビデオデッキの配線に至るまで、魅力的な高音質を低価格で実現できる実力モデルが揃っています。

タラ・ラボの製品は高純度な8N導体を使用している先入観からか、Tara Labs/PACE&TIMEの廉価ケーブルが、まるでクリアな高解像度系であるかのような雑誌記事を時折見かけますが、実際には解像感や透明度を誇張せず、金属的な輝きや輪郭感などは控えめで、音場全体を耳当たりの良い暖かみのある空気で満たすかのような、まったりとしたナチュラルで甘いウォームな音色が特徴だったりします。ある種、ヨーロッパのフィリップストーンにも通じる音楽的なまろやかさではありますが、表現自体はよりおおらかで大きく、アメリカ的な色っぽさをも感じさせるグラマーでスィートなサウンド傾向です。

TARA LABS社は、8Nという導体純度以外にも素材の産地にこだわりがあり、元々の素材にオーストラリア産のバージン銅を使用しています。導体純度以前にも、産地による音質差が存在すると考えているのでしょう。更に導体に特許のアニール処理(焼きなまし)を加えることにより、単純に純度という言葉からイメージされるような分析的で明晰な高解像度のサウンドではなく、素材の持ち味を生かしたおおらかで屈託のない、あくまで音楽的且つナチュラルな傾向のサウンドを聴かせてくれる、音楽のために安心して使えるオーディオケーブルだと云えます。
また、主なモデルで単線(若しくは単線に近い構造の)導体を使用しているため、広いレンジ感は感じないものの、密度感のある音像が中域を中心に自然に広がり、音楽的なエネルギーや躍動感の伝達力がぶれずにストレートに伝わってきて、多芯撚り線にありがちな音像と音場の滲み感が無く、音のサーフェスが滑らかでスムーズなのも美点です。まろやかさの中にもピアノの右手方向など若干の明るいアクセントが感じられますが、小型スピーカーを明瞭に聴かせる為の適度な演出で聴感上は自然な範囲で収まっています。全体的に音に歪みっぽさが無く、オーディオシステムの持つ音の歪み感を抑制する傾向があると思います。

■Prism22 RCAピンケーブル
Tara Labs管理人が長年愛用している6N導体を使用した現行の2世代前の単線RCAケーブル。定価6300円。この価格帯では出色の音楽性(少々表面的ですけれども)とスケールの大きさが特徴。解像感はそれほど高くありませんが、音像は密度が高く暖かく濃くまろやかで、表現のスケール感が大きく血の通った濃密なトーンです。加えて中高域に適度な明るさがあるため、陽性で聴いていて楽しい音色です。喩えるならチョコレートみたいな甘くて美味しい音♪購入前は雑誌のレビューやプリズムという名前から透明感の高いキラキラした音を想像していたのですが、まるで正反対と言えるアナログ系のまったりしたサウンドです。

■Prism Omni"オムニ"8N スピーカーケーブル
tara labs_omuni8n
Prism Omni 8N(SA-OF8N)は、1000円/m程度のエントリークラス・スピーカーケーブルとして国内販売店の取扱も多く、この価格帯でも魅力的なアメリカンサウンドが得られる人気モデルです。アニール処理された硬い8N単線を7本拠り合わせた構造で、ほぼ単線に近い音場感が得られ、前述のSPACE&TIME Prism22と比べて音色が明るく、8Nアニール導体の銅色がそのまま乗ってくるような印象です。ただ導体の細さからなのか?少々音の出方に余裕が不足していて、楽器や音数が多くなると音色が単彩になってしまい描き分けが苦しくなります。オケや弦楽器は摩擦の倍音が潰れてしまい全般に苦手です。
その代わりスピード感といった部分が割と目立ち、中高域に明るさの伴うナチュラル系の甘いトーンと、そこそこのスピード感と程々のクッキリ感を、適度なバランスで両立させるのに向いています。レンジの広がり方は浅めで、小型スピーカーを使いフルレンジ的なイメージでのバランスを取るのに向いているケーブルだと云えます。中型以上のスピーカーの場合、上下のレンジが狭すぎて少々使いにくいです。このケーブルも音楽性がとても高いですので、死んだ音のシステムを蘇らせるメリットがあり、国産ミニコンポなどに使えば見違えるような表現力を発揮するケーブルの1つです。

"タラ・ラボ"TARA LABSのオーディオケーブルは、音楽性の高さや耳当たりの良さを生かし、とにかくボーカルを艶っぽく聴きたいとか、アメリカの歌姫萌えとか♪ドンシャリの耳障りなシステムで音のfレンジの広がりをまとめたり、音質優先ではなく音楽を長時間楽しむのにうってつけのケーブルだと思います。それから、薄い音色の国産AVスピーカー等から、表現力と密度感のあるしっかりしたオーディオグレードの音を出すのにも使い勝手が良いと思います。
《Update2013/8/27》
■SPACE&TIMEケーブルを楽天で探す

ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加