大画面テレビ導入計画Ⅳピュアビジョン届きました♪

Pioneer PUREvision 42V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ PDP-427HX
Pioneer PUREvision 42V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ PDP-427HX
おすすめ平均
starsプラズマは今が買い時
stars製品といえるのは映像の動きがまともなブラウン管テレビ!?
stars画質はピカイチ!
stars画面が大きくなるほど
stars画質が最高です。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

薄型大画面テレビ導入計画その1
薄型大画面テレビ導入計画その2
薄型大画面テレビ導入計画その3

遂に念願の大画面薄型テレビ、パイオニア・ピュアビジョン PDP-427HXがリビングルームに届きました。購入店は県内のコジマでしたので配送設置料は無料。焼き付いて中古としての価値がないSONY WEGAは、家電リサイクル料を払って引き取って貰いました。先ずは配達員立ち会いの下で開梱通電し、画素欠けなどの初期不良がないか目を皿のようにしてチェック。幸い問題は全くなく一安心。それにしても外観デザインの美しさと高級感は、オーディオマニアやインテリアにこだわりのある皆様に所有する喜びを与えてくれる素晴らしい仕上がりで、払った額に見合う以上のハイエンドなオーラが漂っていて思わずうっとり♪

myroompdp-427hx

デザイン優先のブラックの光沢枠は映り込みが気になるのでは?との心配の声もありますが、実際使用してみると判りますが、実用上気になることはあんまり無いだろうと思います。それ以上にモダンデザインの家具として、光沢枠の醸し出す存在の高級感はPioneer PureVisionにとっての外せない個性でしょう。ヨーロッパではシルバーのプラスチック筐体よりこちらのデザインの方がウケるというのも頷けます。

ピュアビジョンの中のヴァイオリニストはNicola Benedetti

【設置サービスと保証について】

現物を見てやはりという感じですが、プラズマテレビの設置は2人以上で行った方が無難です。まず店頭で受けた印象よりも随分大きい。PDP-427HXiconの本体重量は僅か29kgで、ブラウン管テレビと比べると随分軽く、プラズマテレビの中でも現在最軽量を実現していますが、構造上画面に触れるのは望ましくない&そのままでは自立しませんから、一人で持ち上げて設置しようとするとかなり無理が出てきます。大切なプラズマパネルに万が一傷を付けないためにも、通販・実店舗に拘わらず設置サービス込みで販売されているお店を選ぶ事をお薦めします。あと、部品としてのプラズマパネルが高価である以上、万が一の際の5年保証iconは必ず付けておきたいところですが、PIONEERが自社で5年間安心サービス保証(有償)を設けていますので、長期保証のないお店で購入された場合は必ずこちらに加入しましょう。大画面薄型テレビは他の白物家電よりずっと高価なものですので、目先の僅かな値引きに囚われず、保証・設置リスク・運送リスク・初期不良への交換対応可否などを含め、評判の良い信頼できるお店iconで購入されるか、或いはメーカー直販のパイオニアオンラインから購入されることをお薦めします。(オリジナルAVラックやピュアビジョン専用スタンド、ホワイトカバーキットを同時購入する場合、パイオニアオンラインはかなりお買い得です。)
欲しいのですが値段が…(@_@;)

【専用スタンドについて】

うちの場合主に予算上の都合から、パイオニア純正の専用テーブルトップスタンドをPureVisionと同時購入しました。ちなみにPDP-507HX及びPDP-427HXPDP-427HXDは、この専用テーブルトップスタンドに乗せた状態で左右にスイーベル(首振り)可能です(Woooのスイーベルスタンドiconのように自動ではありません)。動きはスムースで軽く、掃除の際や後部の配線を抜き差しする場合など、この首振り機構がなかなか便利で、色々なメンテナンスが楽に出来ます。配線いじりに関しては重くて大きいブラウン管と比べると格段に楽になったと云えるでしょう。ただ、PDK-TS25に乗せた状態では、スタンド下部を壁面へ密着させたセッティングでも、壁面からパネル前面まで22cm弱(本体後部から11cm程度)の距離があり、後方スペースがそれなりに開いてしまい、せっかくのプラズマテレビの薄さを生かし切れないのが難点です。出来れば専用の壁掛けユニットを使用して壁面へ取り付けるのがベストな使い方なのですが、筆者宅の場合、硬度の低い防音パネルiconが後壁一面に埋め込まれていて壁掛けに必要な強度が足りず、吸音パネルをくり抜いてテレビを埋め込むか、オーディオラックに乗せるかの二者択一になってしまいます。吸音材を切り取るのは流石にリスクが高いですから、ラックに固定する方法で、出来るだけ壁面に密接したセッティングが出来れば言うこと無しですので、今後、そういった汎用部品がパイオニアさんかAVファニチャーiconメーカーさんから発売されることを望んでいます。(かな~り続く)
PDK-TS25(PDP-427HX/PDP-507HX用)

  • URLをコピーしました!

コメント一覧 (4件)

  • お久しぶりです!Mattaです。最近またオーディオ熱がきてます。
    PDPレビュー読ませていただきました。僕もPDP派で一通り製品をチェックしましたが、受けた印象はまったく同感です。Pioneerの画質にはかなり惹かれるものがありました。
    Pioneerはシェアがかなり低いことが心配ですが、すくなくとも将来僕が購入する時まではこの路線で(少し高くても)ハイクオリティーな製品を作って欲しいと思いますw

  • Mattaさんお久しぶりです~♪
    相互リンクの皆さんに再開の挨拶回りをしなきゃ等と思ってはいるのですが、今のところ過去記事の改行・誤字・リンク切れ修正などで手一杯というか、サイトが一通り整理されて奇麗になったら、新規のリンク先探しも含めてぼちぼち回ってみようかしらと。mattaさんの記事は少し前にatollがパッとしなかった~云々を読みました。 アトール良ければここでも紹介したいんですが、実機を聴いてないのでした。(昨年は殆どオーディオ屋さんめぐりをしていない)
    パイオニアは厳しいですねぇ。常日頃から感じるのですが、一般市場で売れるかどうかに「品質」は全く関係ないようですね~。液晶もプラズマもメーカー別シェアと品質が逆さま。宣伝イメージと多数派が正義、これにつきます…。 パイオニアは店頭で宣伝力無いですから、微力ではありますが、クオリティ優先の辺境逸般サイトの皆さんが草の根的にネットの片隅で口コミ布教するしかないのかな?なんて思ってます。
    あと、パイの品質は独自性の高い技術力もありますが、何と言っても今画作りしている中のエンジニアさんのセンスの良さでしょう。どんなに技術があってもセンスが悪ければどうにもなりませんが、PureVisionは画作りの巧さ、映像芸術への理解の深さで他社を圧倒してます。このマイスターさんがいる限りはモデルチェンジしてもマニアにとっての孤高のモニタであり続けるでしょう。

  • なるほど。絵作りの部分はチューニングによるところが大きいのでしょうね。LDから映像にこだわってるパイオニアのノウハウなんだろうな、と想像します。

  • プラズマパネル自体は今回のモデルから買収したNECプラズマディスプレイのものになり、それで従来PIONEERは43型だったのが、元NECのラインの都合で42型にサイズダウンしたみたい。蛍光体も変更され、昨年モデルからすると完全に新開発に近い物になってます。PIONEERとNECの技術の良いところを掛け合わせた第一世代になるのかな?旧モデルと比べると随分と奇麗になったと思います。

コメントする