internalPIONEER"KURO"プラズマテレビ"ピュアビジョン"PDP-427HXの電源ケーブルを交換してみた。

そんなこんなで、プラズマテレビの電源ケーブルとしてZonotone 6NPS-3.5 Meisterを使うだけで画質はおおっ!てくらい向上しました。ただの電源ケーブルの筈ですが、まるでノイズフィルターを噛ましたような方向での変化です。更に驚いのは、画質はいざ知らず音質までもが変わってしまった点です。しかもこれ、PDP-427HXの内蔵スピーカーの話ではありません。内蔵スピーカーの音質も確かに変わりましたけれど、ふだん使用していないテレビ内蔵スピーカーの音質は自分としては二の次。問題はあくまで外部スピーカーVienna Acoustics Mozart T-2から出ている音質の方が変化したことです。
Pioneer_PDP
箱庭オーディオ管理人のリビングルームでは、Pioneer PDP-427HXでデジタルハイビジョン映像やSD録画視聴する際にDVD/HDDレコーダーであるスグレコDVR-DT100の光デジタル出力をD/AコンバーターFirestone Spitfire 24BitDAC(工事中)へ繋げ、それをメインシステムのプリメインアンプTAG McLaren60iへRCAアナログ入力しています。(注:画像では一時期入れていた真空管アンプのTOKYOサウンド Ex-pro Valve300になってます)。


このうちプラズマディスプレイのPIONEER PDP-427HXとHDD/DVDレコーダーDVR-DT100については、オーディオと分離したビジュアル用の電源系統としてノイズフィルター付き電源タップaudio-technica AT-NF34から給電してます。プリメインアンプとD/AコンバーターやCDプレーヤーは、オーディオ系統として映像機器と別系統の電源ボックスJ1 project PT-4に繋げています。ただし両方とも大元の壁コンセントは同じPAD CRYOMAGになります。この条件の場合、音声系統の給電にPDP-427HXに繋げた電源ケーブルは直接関係ない筈なのですけれど、アースがループしているのと電源が4m先で並列接続されている以上、何かしら間接的に影響があるのでしょうか?


プラズマディスプレイの電源部分はノイズ垂れ流し状態みたいで、PS AUDIO Noise Harvesterを繋げるとプラズマテレビが原因で点滅が速くなります。特に電源ON直後は顕著。プラズマテレビ自身も外来ノイズに弱い上に、周囲の機器へもノイズをまき散らして悪影響を与えていそうな感じです。

internalPS Audio Noise Harvesrerを使ってみたてすとれびゅ〜♪
internalプラズマテレビからダダ漏れの電源ノイズってどうするの?

2年半前にPioneer PDP-427HXを導入した際、メインシステムの音質が少し歪みっぽくなってしまい凹んだのですが、これは当初、大画面パネルの物理的音反響と回析が空間に「何もない」状態に比べて不利なために起こるルームアコースティック現象だと捉えていました。しかし今回のような結果を見ると、大画面テレビから常時流れている電源ノイズやアースループについてもそれなりに悪さをしているのかも知れません。スタンバイ状態にしても電気的には待機電力その他でループしたままですし、スタンバイも切ってしまうか、毎回いちいち電源コードを抜かないと駄目だったりして!?・・・流石にそこまではやらないですけども(滝汗)


ちなみにこの音質変化、以前にプリメインアンプに直接Zonotone 6NPS-3.5 Meisterを挿した状態でレビューしたときの音質と大体同じ傾向です。但し影響力はずっと小さくて、プラズマテレビの電源を入れて映像コンテンツを視聴している場合に、純正ケーブルよりも台詞の中域がシャキッとしてややハスキーに聞こえる程度です。プリメインアンプ直差しで吃音のサ行がかなり強調される傾向も僅かなもので許容範囲。壁コンセントまでぐるっと回ってアンプやDAC側にまで影響を与えているのか、AT-NF34の隣りに挿しているDVR-DT100の光デジタル出力に大きな影響を与えているのかは不明ですけれど、ビジュアル系電源タップの空きコンセントにノイズハーベスターを挿した際の違いよりも、プラズマテレビの電源ケーブルを交換する方が画質音質共によっほど判りやすい変化をします。


実際にZonotone 6NPS-3.5マイスターがノイズを遮断しているかは兎も角として(途中にノイズフィルター回路やフェライトコアはありません)、あくまで聴感上/視覚上はそんな風に感じられます。ただまぁプラズマテレビ(液晶テレビ)が垂れ流す各種デジタルノイズやパネルのノイズがピュアオーディオ系の電源を揺らして好ましい訳はありません。37〜60型の大画面プラズマパネルの消費電力は高輝度ピークで300〜500Wもありますし、画面の明るさ変動に伴い刻々と電力消費量が刻々と変化しています。輝度変化に伴いPS AUDIO Noise Harvesterが点滅するくらいですので。大型液晶テレビも実は省エネどころか旧来のブラウン管テレビに比べてかなりの電気喰い。こんな大画面テレビの前段には、出来ればそれなりのノイズカットトランスFURUTECH Flowシリーズのようなインライン電源フィルターを、一段噛ました方が良いのかも知れません。大画面液晶テレビの画質向上だけでなく、オーディオ系周辺機器への悪影響を減らすためにも。。。

internal並列型簡易電源ノイズフィルターをいくつか試してみたテスト
internalフェライトコア(フェライトクランプ)を大量に使ってみた。
《Last modified 2021/3/23,21/9/8》



ピュアオーディオBlogランキングに投票する←でむぱダダ漏れ管理人に天誅クリック♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!