先日お友達ブログのぶらーぼぉ(2006年注:閉鎖されました)でマーラー第5番、クラシックCD批評『男塾』〜己の道で逝け!〜 vol.1

「マーラー交響曲第5番」の決定版を決める!という企画がありました。

私はマラ5のCDをアバド(BPOライブ)とショルティ(CSO2度目)の2枚しか持たない上に、マーラーのことは普段殆ど聴かない(近所迷惑なので)し良くわかりませんので、
3時間に及ぶ激論を拝見し、ただもうオケ奏者の皆さんの博識ぶりに恐怖と共にたじろぐばかりでしたが(笑) とにかく、こちらでベスト盤として決定されたのがこれ。
マーラー:交響曲第5番
B00005FHZ9ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 マーラー バーンスタイン

おすすめ平均
stars奇跡がもたらした演奏
starsマーラーの名手バーンスタインによる名演です
stars奇人=天才の描く美しすぎるメロディー
starsカッコイイし感動する交響曲
starsこの演奏について

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さーっと調べてみましたが、各所で凄まじいばかりの絶賛されっぷりですね。あまりの信者の多さにインプレだけでもたじろぎました(爆) 要するにマーラーのベスト盤、金字塔みたいな・・・。バーンスタインは嫌いじゃないですので、皆さんの超オススメという事でもあり、輸入盤の廉価プレスを買ってみました。。。ちなみにマラ1もセットの2枚組みです。

で、やっと届いたので再生してみたのですが・・・

むぅ。

むぅ。

ぐぁぁ。

・・・・・・・・・・ゴメン、生理的に耐えられません(爆)_| ̄|○
3楽章終了時点で具合悪くなってCD止めました。

めちゃめちゃ濃いです。もうむちゃくちゃ。そう、出だしは良かった。引きずり回されるような感覚に、おおっ!と思いました。しかし、聴いている内にだんだん頭の中がぐわんぐわんしてきた。まるで脳が日焼けを起こしたかのよう・・・もはや耳の中がモグモグする。。。辛い、疲れる、死ぬほど喉が渇く・・・。てか、殆ど拷問(爆) ウィーンフィルの情報量にCDフォーマットが応えられず、音色は変だし情報が詰め込まれすぎの上にカオスになってなんだか凄いことになってます。
手持ちのアバド/ベルリンフィルDG盤も若干問題のある音ですが、このくらいは一応高音質盤の部類らしいし、とりあえず聴ける。バーンスタイン盤では高調波の歪みで耳がおかしくなってしまって、聴いた後で他のCDまで暫く変な音で聞こえます。

mattaさんとmanpeiさんには悪いのですが、イデオロギーが違う音がする。ここまで生理的に耐えられない演奏(というより録音かな)は久しぶりです。生で聴けば、或いはもっとまともな録音なら全然印象違うかもですが・・・。

但し一つだけ断っておきますが、もしかしてもしかすると"廉価盤"を買ったのがまずかったのかも知れません。違うプレスの場合、評価が大きく変わる可能性がありますので・・・或いはうちの再生機との相性に問題があるのかも。ちなみに、セットになっていたコンセルトヘボウとのマーラー交響曲第一番と"さすらう若人の歌"は音質的にもそれほど問題無く楽しめました。こっちは素直にバーンスタインのマーラーって凄っ!て思いました。輸入廉価版でリマスターがおかしいのか、元から不自然なコンプか、電気的なエンハンスがかけられているのか、これも妙に弦がザクザクして高域は丸く潰れてもわーっとした音ですが、スケールがでかくて、(録音レベルを持ち上げて目立つように収録されている)音場感抜群です。
マーラー: 交響曲第1番「巨人」/第5番
B00005HO1Pマーラー バーンスタイン(レナード) アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 ハンプソン(トーマス)

おすすめ平均
stars至福の音に出会う
starsバーンスタインのマーラーを知る良い機会
stars試聴盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

んでも、手持ちのマラ1では他にアバド/ベルリンフィルのと
ドホナーニ/クリーブランド管があったのですが、それらと聞き比べると・・・きっと濃いのが好きな人には評価に値せず!とか云われそうですが、私自身は生理的にドホナーニ盤の軽妙な上品さが一番好きです。オーケストラ薄いし音楽的には3つの中で一番下かもですけれどね。

ほんとごめんなさい。でも討論会では好録音盤は虐められっぱなしで、評価が名盤に偏ってると思ったので、こういったアンチ名盤的意見もあるって事で敢えてブログに書きます。ちなみに私、これに限らずアンチ名盤傾向強いです。ピアノでも名盤と呼ばれているレコードで吐き気を催して、子供の頃はホントに具合悪くなって吐いたりする人でした。今でこそ感受性が落ちたのか、ある種防壁が出来てそうはなりませんが、そういったピュアな幼少期に音楽に対して刻まれた感性は信じています。名盤と呼ばれる物の多くはそれだけ彫りが深く濃い演奏って事ですから、本来は好き嫌いが分かれる、分かれて良い物の筈です。私は音楽に於いて多数派に迎合するのは嫌いなので敢えてかっ飛ばします♪

他に話題に出ていた盤では、私には手持ちのショルティ/CSO ムジークフェラインでのラスト公演の方が爽やかでえぐみ無く100倍好みです。ちなみに新録音の方です。こちらは聴いた後頭スッキリして明瞭な気分になりますから。金管が目立ちすぎで何が悪い♪ 明快なショルティ盤を聴けば耳が正常な状態に戻るし、なんだか悪魔払いになる(笑)・・・要するに私にはマーラー向いてないのかも知れませんねぇ!_| ̄|○

でも、私にとってのマーラーは、神と悪魔の対比的なコントラストの中で、光明を見出すような、孤高の精神性と清廉さ、人知を越えた純潔さが欲しいんですよね。旧約聖書の中で神に背いて荒野を彷徨うイスラエルの民の苦痛が満ちる如き、バーンスタインの演奏は人間的で血みどろすぎます。・・・・・なんつーか、ユダヤ的なカルマを引きずりすぎかな。。。そういう意味で、凄すぎるほど凄いけど、私は好きじゃないのでした。

ピュアオーディオRANKING←今日も明日もクリッククリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加