ここを読んでくれている皆さんは、音楽を聴く為の道具として普段どんなオーディオシステムを使っていらっしゃいますでしょうか?一番多そうなのは、国内家電メーカーの作ったミニコンポや一体型コンポ、iPhone等のスマホ、DAPと呼ばれる携帯型MP3プレーヤーにイヤホンかヘッドホン、自家用車が家にある人はそれに備え付けのカーステレオといったところでしょうか?
emf_sequel2_creek_classiccd_quad_lite2b
こういったお手頃且つお手軽な音響システムの世界的な普及は、日常的なポピュラー音楽をより多くの人々に安価で提供するという意味で、マーケティング面からはとても理にかなった素晴らしい事だと思います。しかし、本当に大好きな音楽を聴いている時、ふと・・・今よりももっと良い音で聴きたくなったりする事はありませんでしょうか? 好きな音楽がクラシックやジャズ等の加工の少ない生演奏が主流のアコースティック音楽だったり、ポップスでも特にお気に入りのアーティストのボーカルものだったりすると、生演奏やリアルな肉声と比べて聴こえ方が不自然なのが気になったり、篭もっていたり or 逆に妙に五月蝿かったりして、せっかく手に入れた音源がつまらなく感じて直ぐに飽きてしまったり。。。
   
そういった再生装置が知らず識らずにボトルネックとなる音楽再生の体験を色々と繰り返すうちに、出来る事ならより高価な単品オーディオシステムに買い換えたら、もしかすると今までよりも遥かに素晴らしい音質で楽しめるのではないか・・・?これが良くありがちなオーディオマニアの出発点でしょうか。。。(^^)ゝ しかし、それではいったいどんな機器を手に入れれば幸せになれるのだろう? 最初からあまり高価なものはちょっと・・・でも巷のオーディオ雑誌に載っているオーディオ機器は、数万円どころか〇100諭吉、〇千諭吉等々目が飛び出るような価格の製品もちらほら(滝汗)。そもそもオーディオ用語は独特な専門用語が多く説明や表現もちんぷんかんぷんで、正直、何を書いているのか殆ど意味が判らないし・・・orz
カタログスペック
そこでありがちなのが、カタログスペックは科学的な絶対基準だから間違いない!数値が優秀な機種を選ぼう!こんな感じのスペック至上主義的な機器選びです。その結果、以前の管理人と同じように有名オーディオ雑誌の★★★★★評価とメーカーの公表スペックを信じてしまい、価格.comで上位に来るような売れ筋のベストバイ製品を揃え、大枚を叩き清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したにもかかわらず、いざ自宅で鳴らしてみるとどういう訳か心地よく音楽を楽しめる音質には程遠くて、いろんな意味で大ショック!Σ(・□・;)www みたいな〜┐(´〜`)┌

確かにオーディオは趣味性の高いガジェットであり所詮は自己満足の世界ではあるのですが、趣味の目的が本来あった筈の"より心地よく音楽を愉しむ"ための手段から、このような出会いの不幸・・・もとい間違いが重なることでいつの間にか本末転倒し、"機械弄りや高級ブランド所有欲"を満足させる事"にすり替わってしまう。高価なオーディオ機器を所有する側面としてこの手の愉しみ方があるのも事実ですが、どちらにしても、オーディオ機器は本来、音楽を聴く為のツールに過ぎません。演奏者が表現する感情と意志を伝えるための道具、音楽を心から楽む為の手段である事を忘れて欲しくない。そう、音楽を真に愛するものとして、弾き手のはしくれとして、オーディオ機器は、音楽を生み出す側と聞き手との、幸せな橋渡し役であって欲しい。。。

その原点に基づいて、箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め"AUDIO STYLE"では、本来の音楽ファンの皆様、音楽愛好家さん、クリエイターさん、音楽を志す学生さんに向けて、音楽の本質に近い、音楽をより感じることの出来る血の通ったオーディオ機器を色々な角度からピックアップしつつ、可能な限り紹介していきたいと思っておりますm(__)m
《Last modified 2018/08/17》

ピュアオーディオRANKING←良ければクリック支援お願いいたします♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加