おすすめRCAケーブルパート1。入門&クラシック&ジャズ編に続くパート2です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ROCK、POPSを中心にお聴きになる方におすすめ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
KIMBER KABLE HERO

低域はやや量感がありますが、決して緩み過ぎたり反応が鈍くなるような所はなく、躍動感のある音を聴かせてくれます。全帯域にわたり深みのある、独特な再現力を持ったケーブル。分離すべきところはきれいに分かれ、融合すべきところでは見事なハーモニーを醸し出してくれます。

EINSTEIN ALLEGRO SUPERIORE
EINSTEIN"アインシュタイン"ALLEGRO SUPERIORE【RCAケーブル】

濃厚な中域を中心とした独特の質感を持つケーブル。それほどワイドレンジではありませんが、艶やかで色気のある、香り立つようなサウンドを聴かせてくれます。テンポの良いJ-POPSなどよりも、しっとりと歌い上げるような音楽によく合うのではないでしょうか。ヴォーカリストの魅力を存分に発揮させてくれるケーブルです。

HARMONIX HS-101 Imprived

 高解像度、ハイスピードなだけであれば、同じような傾向の製品は他にもあるのですが、このケーブルはそういった音にエネルギッシュさを加え、楽しく聴かせてくれます。表現力が豊かですので、陰を持ったような歌い方から、パンチのきいたパワフルな曲まで幅広く対応できます。

Siltech SQ-28 Classic MKII-WBT0144SILTECH SQ-28 Classic MK2

ロック、特に派手目でパワフルな再現をしたいなら絶対おすすめ♪ 低価格帯の製品になると、この手の音は出しづらい帯域を強調したメリハリサウンドで表現されがちですが、このケーブルは押しまくる強烈なパワーで表現。キンキンのドンシャリではなく音圧で圧倒する感じでしょうか。しかしその再生音は決して雑なものではなく、十分な解像度ももちあわせていますので、地味目のPOPSもより緻密に元気な音で再生してくれます。

シルテック"SILTECH"のスピーカーケーブル導入しました♪

FOSTEX(フォステックス)WAGC102

独特の濃厚な色彩感によりエネルギッシュさがよりリアルに伝わってくるケーブル。解像度も高く、特に低域は何層にも積み重ねられているのが感じられ重量感も相当なもの。バランスが良く高密度。パンチのきいた激しさのあるROCKやライブものなどには最適なのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ジャンルを問わずお聴きになる方に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SAEC(サエク)SL-3030 ラインケーブルSAEC(サエク)SL-3030 ラインケーブル

分析的な方向ではなく表現力の豊さを追求した音。解像度の高い芯のしっかりとした音ですが、それに加え、余韻や艶、潤いが乗り魅力的な再現となります。お使いの機器にやや強調感を感じる方や、再生音の表情に物足りなさを感じている方にもお薦めです。帯域も広く優雅な音です。

reference_8nx_rcaortofon(オルトフォン)Reference 8NX

帯域ごとのバランスが非常に良いケーブル。Hi-Fi調の音にエネルギー感、滑らかさ、潤いなどもう一味ほしいと思われる要素を盛り込んだ感じでしょうか。派手さはありませんが、どこを取っても合格点を与えられる優等生的なケーブルです。■参照:オルトフォン(Ortofon)とゾノトーン(Zonotone)
ACROLINK(アクロリンク) 7N-A2070

この価格帯で、いやもうワンランク上の製品も含めてといっても過言ではないHi-Fiサウンドを極めたようなケーブル。レンジは恐ろしく広く、ピアニッシモからフォルテッシモまで見事に再現。解像度も非常に高くスケール感も出ます。写実的描写とはかくあるべきとお手本を示してくれるようなケーブルです。

FURUTECH Audio Reference ラインケーブル

透明感があり引き締まった音。全帯域にかけて線はやや細めのように思われますが、芯はしっかりとして密度感も高いといえます。ワイドレンジで空間表現力も高く、奥行の見通しも素晴らしい。エネルギッシュさを追求したタイプではなく、計算しつくされたかのような精緻な再現力が魅力。

ESOTERIC 7N-A2500 MEXCEL
ESOTERIC(エソテリック)7N-A2500 MEXCEL【ラインケーブル】

音楽的な楽しさと芸術性の高さを備えたケーブル。明晰な分析力を基調とした音に、 瑞々しさや艶やかさ、温かみを加えることによって写実的な冷たさが消え、生命力の あふれる音になっているのではないかと思われます。スピードも速いのですが、これ ほど引き出せるのかと思うほどの情報量が漏れることなく伝送できている音は、他の ケーブルではなかなか味わうことのできないものだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガからの転載を許可してくださった、フジレコードの藤井様には重ね重ね感謝いたしますm(__)m

一定の枠内で文章が展開される雑誌のインプレッション以外に、低価格帯から高額ハイエンドまで、これだけの数のケーブルのインプレを一同にWEB上で紹介するのは、私個人には殆ど不可能に近いことでしたが、今回の切り口は大変参考になりました。特に、必要以上に個性的な海外製品にバイアスのかかりやすい私と比べると、流石にオーディオに携わるプロとして大変公平な分析をされていて、解りやすく、評論家さんとは違った表現がとても新鮮に感じます。このページが、ケーブル選びに悩む多くの方々の購入指南、福音となりますように♪d(^_-)
                              《2011/09リンク修正》

ピュアオーディオRANKING←読み終わったらぽちっとクリックしてね♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!