今回はなんとなく先日購入してしまったスピーカーケーブル、SUPRA(スープラ)CLASSIC 2.5Hの印象を書いてみたいと思います。スープラはサエクが代理店をしているスウェーデンのケーブルメーカーJENVING社のブランド。日本ではマイナーな部類ですが、ヨーロッパ最大のオーディオビジュアルケーブルの生産量を誇るメジャーブランドらしいです。
SUPRAのスピーカーケーブルの中でも、独特の特許理論に裏打ちされたハイエンドスピーカーケーブルのSUPRA SWORDが以前に新次元の高音質という評判で話題になったことがあり、同社が日本で販売しているローエンドモデルに当たるCLASSIC 2.5Hでも、SWORD(ソード)のエッセンスが感じられたらいいな〜くらいの軽い気持ちでトライしてみました。
CLASSIC 2.5Hのポリエチレン被覆は防振素材&不燃性でハロゲンフリー。薄水色で適度にソフトな感触。見た目は何の変哲もない良くある細い平行型のSPケーブルです。導体は極細の5N高純度銅線320本(OFC無酸素銅)撚り線で2.5スケア。ピュアオーディオのスピーカーケーブルで錫メッキは今時珍しいかも知れません。尚、CLASSIC2.5Hには同一構造で芯線を増やした上位モデルとしてCLASSIC 4.0CLASSIC 6.0があります。

CLASSIC 2.5HをサブシステムAに接続してみます。スピーカーはスープラと同じスウェーデンのAUDIOPRO Image11。アンプはオンキヨーA-1VL。CDプレーヤーがCREEK EVO-CDです。CLASSIC 2.5Hから音を出してみて直ぐに感じられるのが残響の豊かさ。響きが豊かにたゆたいます。私はホールトーンが豊かなライブ傾向の音色が好みですのでこれはなかなか好感触♪ 立ち上がりが速く輪郭が強調されるHi-Fiな音です。音像の表面は多芯線独特の滲み感があり、響きの多さもあってある種、静電型(エレクトロスタティック型)スピーカーを連想させるセンシティブな鳴り方です。よって高域方向は華やかで魅力的ですけれども、反面低域のボリュームは控えめ。これは一番導体が細い最廉価モデル故でしょうか・・・。

by カエレバ

楽音帯域の高域がシャープですので、長く聴き続けるとやや耳に付く傾向があるかも知れません。超高域や背景の描写は静かですが情報量は普通。パッと聴き音の表面のクリアネスが高くHi-Fiで高解像度なのですが、聞き込むとどうやらそうでもないというか、深い意味での情報量までは流石に出ていない印象です。同じスウェーデン製だからではありませんがaudiopro Image11とは似た傾向の音質で、そこへ更に色を付けたような感じです。オーディオプロ ALLROOM SATとは全然違いますけれども。。。

エネルギー感は控えめで大人しい傾向です。音像の線が細く繊細で上品ですので、文字通りクラシック音楽・・・特に古楽器や室内楽には向いていると思います。また、音楽のニュアンスが豊かで音楽性は高いです。この手の繊細で解像度の高い音質のケーブルは、大抵音が無表情で死んでいることが多いのですが、CLASSIC 2.5Hはピアニッシモ方向へ誘われるような独特の気品あるニュアンスが溢れていて好印象。ただし力感が欠けている分、弾けるような陽気な表現は苦手、、、仄かにもの悲しく愁いを帯びた印象です。響きがクリアで透明感が高く一聴すると華やかなクール系なのですが、聞き込むと音そのものの内面的な温度感はそれなりに感じられ、この辺りのディティールの甘さが高級ケーブルとの違いかも知れません。錫メッキ線ですがメッキのキャラクターは感じませんでした。音のカラーレーションはサングラスを掛けたようなOFC銅撚り線の範疇で、錫メッキの色や薄水色の被覆からイメージされる爽やかな音色とは異なります。

by カエレバ

新発売のステレオミニプラグ→RCA変換ケーブルSUPRA BILINE-MP。iPod等の携帯音楽プレーヤーを<繊細なヨーロッパサウンドにコンバートしてくれるハイセンスなケーブルです。

CLASSIC 2.5Hの音色をベースにレンジ感が下にもスーッと伸びて、適度な力感が加わり情報量がグッと増えるとしたら、、、超高音質との評判高いSUPRA SWORDを一度は使ってみたいかも。。。今回テストしたローエンドのCLASSIC 2.5Hについては、パッと聴きは高音質ですが、どうにも生命力に欠けるのと繊細な中高域の立ち上がりが時に気になる部分があり、最初のおおっ♪という求心力の割に数時間聞いていると飽きが来てしまいました。撚り線独特の滲み感がこのスピーカーケーブルの繊細感を強調する魅力となっている部分もあるのですが、、SUPRAのYラグ端子かバナナプラグでカシメて接触部分をタイトにし、もう少し音のサーフェスに滑らかさを加味した方が良いかも・・・。あくまでネジ式ではなくカシメタイプがあればですけれども。
CLASSIC 2.5Hの響きの豊かな広がり感は素晴らしいですので、小型のサラウンドスピーカーのサラウンド感増強には割と向いていると思います。或いは元々の解像度がImage11ほど高くない小型スピーカーの場合、シャッキリして一気にHi-Fi感が増すかも知れません。CLASSIC 4.0かCLASSIC 6.0等、より導体が太い上位モデルを選んでいれば、もっと低音が出てバランスが改善されたのかも。それでもニュアンス豊かで繊細にたゆたう音色には捨てがたい魅力がありますので、この音質傾向が維持されつつより良くブラッシュアップされていると仮定して、中級モデルのSUPRA LINC 4.0を使ってCDプレーヤー用の電源ケーブルを自作するのも乙かななんて思ってみたり♪
《Update2013/8/28》
QUAD L-ite2 ぱ〜と5 バイワイヤリング接続を試してみる その1《SUPRA CLASSIC2.5Hのインプレ有り》
1976年創業のJENVING社はAVケーブルの生産に特化、その規模はヨーロッパ最大の生産量を誇るとともに、その品質は世界市場で最高の評価を受けています。日本における最初の導入は平成7年SUPRA PLYスピーカーケーブルが第一弾であり、当時スピーカーケーブルに関して高音質の裏付けとなる理論を明確に示し大きな話題になりました。それはケーブルの構造で「インダクタンス」をいかに処理するのかを命題とするものでありました。その後それまでの常識を覆す発想で次々に新製品を発表し、2002年にはSUPRA SWORDと命名されたまったく新しいコンセプトのスピーカーケーブルが世界特許製品として世界中にその名をとどろかしたのはまだ記憶に新しいところです。CLASSICシリーズは、今までの理論上の正しさを証明できる究極のスピーカーケーブルであります。最大756本(2.5Hでは320本)の錫メッキ高純度銅線束は被覆電気抵抗値が高く、また半絶縁被覆構造の特徴である線束間の漏洩電流を最小限に抑止することで、高域でのインピーダンスの上昇を抑えることに成功。伝送ロスが大幅に抑制されて、基音と倍音の位相ズレが解消されることにより、バランスのとれた広帯域の力強いダイナミックレンジレンジが大きな特徴です。
ピュアオーディオRANKING←お役に立てたら投票お願いしま〜す♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!