アンチハイエンド!?〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その1
音楽の共有のために〜管理人がハイエンドオーディオを好まない理由 その2
オーディオの文化と教養と成金趣味


Phile-webコミュニティをロムっていたら、オーディオの投資金額と音の満足度関係は比例するという趣旨のエントリーがあって興味深く読んでしまいました。(会員制ブログですので直リンクは貼りません。) あんまり考えたこと無かったのですが、やはり「投資金額=満足度」というようなお客さんが高級オーディオ、ハイエンドオーディオのユーザーさんには沢山いらっしゃるのでしょうか?
QUAD99
かくいう貧乏性の箱ピュア"AUDIO STYLE"管理人の場合、投資金額が上がるほどむしろ満足度が落ちるので、このエントリーの方の御意見とはまるで正反対だったりします。むしろ金額が膨らむほど何かに負けた気がする。。。(謎) なんで投資金額に比例して満足度が下がるのかというと、私の場合はお金を払うことよりも「これだけの音のシステムをこんな少額で構築したよ?」って方に自分のアイデンティティを感じるからです。・・・これってプライドが低いのかな? 高額な有名ブランドオーディオ機器を所有することで生じるらしいステイタス感には全く興味がないというか、凄いなぁと思いつつ、さっぱり他人事の世界だよ♪

ついでに私はすべからく人と同じが嫌なタイプですので、他人が余り持ってない、簡単にはお金で買えないマイナーな製品を所有する方がより精神的に満たされますw 基本的に人と同じで安心するとか、その手の感覚は全く持ち合わせていないどころか、むしろ出来うる限り他者とは違う変わった人でありたい(笑)
   
サブシステムその2。オーディオプロ ALLROOM SAT投資金額に関しては、予てよりエントリークラスへミドルクラス迄のバジェットHi-Fiオーディオを標榜している通り、コストパフォーマンス重視です。高いお金を出した結果として凄い音がするのはある意味当然のことですよね。けれど、投資金額が少ないのにハイエンドに匹敵する、あるいは凌駕する音を出せたら、その方が更にイケてることだと思いませんか?

しかもピュアオーディオの世界は音質と金額に様々な例外が多く、現実はそう簡単に奇麗には比例しません。時折ハイエンド機器の素晴らしい音に出会って畏怖を覚えることもありますが、逆に総額数百万円、下手すると壱千万円以上もするのにもかかわらず、ありえない謎の音がするハイエンドシステムもザラにあります。というか実際はむしろトホホ・・・なケースが多いです。ハイエンド製品のコストはゴールドムンドのエントリーでも触れたとおり必ずしも音質に割かれている訳ではありませんから、逆に云えば予算が少ないからといって必ずしもそれが悪い音に直結する訳ではなく、組み合わせやセッティング、各種アクセサリーの使いこなしなども含めて、投資額よりも再生音への感覚的センスと試行錯誤の経験値、音楽への愛情が相互作用して結果に結びつく趣味がオーディオなんだと思っています。

得られる音質、音楽表現力に対して支払った金額が少なく投資効果が大きい、要するにコストバリューに優れること以外にも、オーディオシステム選びにはそれ以上に管理人にとって大切なポイントがいくつかありますので、金額云々の他にも今回はそれらについても挙げてます。

デザインや質感が魅力的なこと

オーディオ機器は部屋の中に置く調度品ですので、インテリアにそぐわないメカメカしい機械や野暮ったいデザインがあると、音が良くても個人的には余り良い気持ちはしません。管理人は西洋かぶれでインテリアは古き良き英国式スタイルで統一していますので、それらと相性の悪いデザインは必然的に選択の対象外。イギリスやフランスを中心に、欧州製のオーディオ機器を中心に取り上げるのもそこら辺が理由です。北欧系のアバンギャルドなモダンデザインも好きなのですが、あまり前衛的な場合は我が家のインテリアの場合PCオーディオ周り以外では合わせにくいことも。

単純にスタイリッシュオーディオと云いましても、私の中では古さと伝統を感じさせるデザイン、ハイエンドチックな高級感よりも、洋書とCDにレコードの沢山ある書斎の片隅が似合うような、ちょっとひなびてヤレた感じが好きなんです。ヨーロッパ製CDプレーヤーのガチャコとしたトレイの出方とか、時代錯誤の変ちくりんなインジケーターに心を擽られたり、ペラペラの軽い筐体や、蓋を開けると中身がスカスカなのもそれはそれで良いものです(謎)。
CREEK CLASSIC SOUND SYSTEM
とは云いましても、これらの安っぽさには何処か文化の薫りがする事がとても大切です。ミニコンポのような軽薄感の漂う安っぽさでは駄目ですし、見た目がこれなんの自作キット?みたいな玄人好みの無骨な製品とも少し違うんです。音質やモデファイを殊更強調しつつ、美的センスを感じない野暮な手作り感と、伝統文化の薫りがする安物感には雲泥の差があります。だって音質は音楽のため。音楽は美学。中小ガレージメーカーが主流を占めるオーディオ機器のデザインには、自ずと機器の作り手の音楽に対する美意識が反映される。結果、機器やスピーカーの意匠デザインは音作りの美的センスにも多大なる相関性があると私は思っています。

構成や配線がシンプルであること

私は本来、Aura Noteのような一体型のオーディオシステムが好きです。一体型システムは今のところVictor EX-A5しか持っていないですけれども。プレーヤーやアンプがセパレート化して、更に各種ケーブルが必要でというピュアオーディオ・コンポーネントの構造は、音楽を楽しむためには本来不必要で遠回りな機械マニア的欲求であり、自分で色々試行錯誤を重ねつつも、本質的には馬鹿げていると感じているのも事実です。ただ、マーケティング上の商業的必要性からすると商品の細分化は必要ですし、趣味性、趣味の不確定要素、問題点を芋づる式に増やしてマニアを泥沼化させ、次々とオーディオ機器の開発と周辺アクセサリの需要を煽るためには、多筐体化、セパレート化がどうしても必要になるのかなと(汗)


沢山のオーディオ機材を並べたり、そこら中にとぐろを巻いたケーブルを見せびらかすのが音楽の本質から如何に縁遠いことかと考えると頭が痛くなりますが、オーディオと云う趣味はそういった自己矛盾や同族嫌悪を抱えつつ、確信犯でデムパを垂れ流すのが世界中のマニアのアイデンティティみたいなものですので、その辺は大人の対応で愉しみつつ、あんまりムキになって僕を虐めないでくださいませ♪

構成の単純化という点で、管理人は今まで(L/R 2chの)ピュアオーディオにこだわり、プリメインアンプ→セパレートアンプという多筐体化や、マルチチャンネルAVアンプ中心のサラウンド化は断固として拒否してきました。しかしながらスマートフォンとDAPネットワークオーディオ及びデジタル音楽配信等々の普及に伴い管理人もぼちぼちPCオーディオへ首を突っ込み始める以上、従来のスピーカープリメイン/デジタルアンプDACCDトランスポート構成からの、特にデジタル送り出し機器(デジタルトランスポート)側の多様化に拠る細かなセパレート構成化は今後は避けられそうにないです・・・orz

ただ、各種オーディオケーブルに関しては最短距離で揃えるというのが基本的な私のポリシー。海外では50cm or 6ftの長さのRCAピンケーブルやデジタルケーブルが普通に販売されているのに、日本で作られるケーブルや輸入されるケーブルはアホみたいに1m〜って決められていますが、これは何故しょうか?技術的にも配線は物理的ストレスの掛からない範囲で最短距離にすることが望ましいわけですから、大は小を兼ねる、長は短を兼ねるみたいな変なところでビンボ〜臭い発想は、ピュアオーディオの世界ではいい加減止めていただきたいものです。箱庭オーディオでの最少スペースセッティングの場合、スピーカーケーブルも片側60cmもあれば大抵は足りると思いますので、切り売りのケーブルも1mではなく10センチ単位で販売して欲しいものです。スピーカーケーブルを120cmで買おうとするお前こそが、何よりビンボ〜臭いんじゃないのか?って話ではありますけれども(爆)

DENSEN B110これは内部回路にも云えることで、ゴテゴテと部品を詰め込んだ機器よりも、スカスカ上等!海外製品に良くある考え抜いた最小限の部品点数を、左右ディスクリートで奇麗に構成したシンプル且つ美しい回路が好きです。回路が配線引き回しで小汚いのは論外です。こんな事を書きながら回路図の意味は殆ど理解できない素人ではありますけれど、信号経路に介在する部品が増えると、ソースに記録されている音楽が本来持つ表現やディテールの精神性がスポイルされて、ギトギト味付け色付け加工された加工食品を食べているような気分になってしまうのです。

コンパクトであること

戦車みたいなオーディオ機器を一体どうしろというのでしょう?←所有者さんにケンカ売ってんのかコノヤロウ♪ 日本人はうさぎ小屋に住んでいて、道路も町もミニチュアみたいな世界に住んでいるくせに、何故かやたらとでかいオーディオ機器や、日常で殆ど使い道のないワゴン車やRVを欲しがります。コンプレックスの裏返しなのかコレは? 狭い住環境で一辺50cmも占有するオーディオ機器がいくつもあったら、部屋を圧迫して邪魔でしょうがと思うのですが、いやまぁ他人事ですので本人が邪魔じゃなければ別に良いんですけど。家族にどう思われてるかは知りませんが。。。勿論、一戸建てで爆音で音楽が聴ける地方の人や、豪邸で可処分所得の大きい皆さんには関係ない話ですので気にしないで下さい♪


ただ、少なくとも音楽を聴くという行為の本質を突き詰めると、前後左右に音を遮る物が何もない、出来るだけ広い空間から音が出てくるのが理想の筈です。というか私の理想です。この場合、オーディオ機器は生活スペースを考えると小さければ小さいほど合理的。だからといって全部音楽データはHDDに放り込んだよスペースファクター無限大(はぁと)とか云われると、音楽文化的な意味での潤いが無さ過ぎると思うし、CDコレクターを長年やってきて後戻りできない私の保守的な思想が、作り笑いをしつつ内心むくむくと不快感をあらわにしますけれどw 

オーディオ機器本位ではなく、再生音楽のリスニング空間として捉えた場合、視覚的に邪魔にならない、目に入ってもさり気なく美しい小さなオーディオ機器と、家具として見目麗しく、音響上は点音源に近い小さなスピーカーから、スピーカーや装置の位置を感じさせず、まるで部屋全体が音場となってコンサートホールのように鳴ってくれるのが、一番自然で音楽的な再生方法ではないでしょうか?(注:主に生演奏が基準となるクラシック音楽再生の話です。) 本当のところ、高い天井の隅に吊された小型スピーカーから、屋内を反響しつつどこからともなく流れてくる音が一番感覚的に心地よい良い音だったりしますけど、そんなことは100年前から気付いてますけど、それを認めちゃったらピュアオーディオマニア的には負けかなって思ってる(爆)。

とまぁ、方向性としては大体こんな感じの価値観で、このブログでは箱庭的ピュアオーディオなる世界を構築しております。個々のケースでは奮発してハイエンドブランドの製品を手に入れてみたり、変に複雑な機器構成にしてみたり、一部のケーブルが最短距離じゃなかったり、どうみても見目麗しくなかったりする箱を持っていたり、前述した理想通りには必ずしも出来ていないのが現状ですが、オーディオ機器の本来の存在意義は、装置の在り方云々以上に、あくまで音楽を聴くことが目的の筈です。

頭の中にある理想の音のイメージと音楽性に所有機器の音質を近づけるためには、色々紆余曲折があったり、買い物やセッティングが理想通りに行かない事も多々ありますけれども、それも含めて趣味の楽しみということで、皆さんも年月を費やしつつ、ゆっくりまったりオーディオ界隈を楽しんでくれたらそれが一番と思うのでした♪(*^▽^*)
《Last modified 2018/08/21》

ピュアオーディオBlogランキング←箱庭的低価格オーディオに支援クリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!