首と腰に優しいワーキングチェア探し・・・但し低価格で♪
IKEAで出会えた本当に疲れないワーキングチェア♪
アメリカ人が選ぶ2番目にクールなワークチェアの購入レビュー♪

IKEA MARKUSを購入した最大の理由は、10年保証があるからです。

IKEAというメーカーは超低価格の薄利多売。スウェーデンのデザイナー達によるモダンな北欧デザインと設計思想が美しいのですが、その多くがMade in Chinaのコストダウンで製造品質が?なのは、色々なIKEA製品を買ってみるとしばしば感じてしまう本音。IKEAっておしなべて大雑把というか、色々な製品で一定数、品質精度面でぁ ゃι ぃのが含まれている印象があるんですよね(^^; ねじ穴の位置がおかしくて家具が組み立てられなかったりはありがちな話みたい。外資系ファストファッションと似た感じで、見た目は良いけど素材と製造管理はそれなり〜みたいな。
【これはヒドイ!】イケアIKEAの不良品・不具合
「イケア・ジャパン株式会社」 のリコール情報一覧
イケアにクレーム 気持ちはわかりますが・・・
↑この社長さん、イケアとのお付き合いの仕方を良く分かってらっしゃいます・・(^^;

こんな状況を考えると、購入したMARKUSのワークチェアとしてのこなれた出来は、良い意味で私の期待を裏切ってくれました。IKEAってたまに価格を超越しすぎてるハイクオリティ商品が実際あるんですよ。目利きの御仁であればお買い得な家具やアイテムを実店舗では色々と見つけられると思います♪ とはいえ、ホントに5年/10年/15年/25年の品質保証って大丈夫なのか〜?有名無実じゃ無いのか?などと一部では疑われていたりも・・・。

製造品質面で時にぁ ゃι ぃ部分があるとは云え、いまのところ店舗での返品交換や保証修理には快く応じてくれます。休日になると返品交換サービス窓口には人が並んでいますが、私の少ない体験では保証や修理、交換を断わられているのを殆ど見たことがありません。窓口横にはイケア家具のあらゆる補修パーツが棚にだーっと並んでいますが、これらはセルフサービスで全て無料とのこと。アフターサービスがフリーダムに良すぎてナンダソレハ状態です(^^;

イケアの商品は、お買い上げから90日以内なら返品可能です。“90日間、ご自宅でお試しください” - love or exchange 気に入らなければ返品可。

こんな感じですので初期不良に怯える必要性は全くなっしん。まぁ故障や不良品であっても、イケアの場合は持っていくのも持ち帰るのもあくまで基本はセルフサービスですので、時間と手間はかかりりますけれども。(※初期不良や保証に基づく代品交換では、IKEA側の送料負担で交換して貰えるとの事。但し購入時にオプションの有料配送ービスを利用した場合、仮に後日返品した場合でも、配送サービスでのオプション送料までは戻らないそうです。)

IKEAの品質保証について公式。5年。10年。15年。25年。
回転チェアMARKUS/マルクス 品質保証10年《PDFファイル》
回転チェアVOLMAR/ヴォルマル 品質保証10年《PDFファイル》

【保証期間】
MARKUS/マルクス 回転チェアの品質保証は、ご購入日から10年間です。品質保証サービスをご利用いただくときには、購入を証明するレシート原本が必要となります。

【本品質保証の適用範囲】

本品質保証は、MARKUS/マルクス 回転チェアの以下のパーツの材質または加工の不良に適用されます。
・構造フレーム ・可動パーツ

【保証期間内に受けられる品質保証について】
お買い上げいただいた製品に生じた故障や破損についてイケアが独自に調査を行い、製品自体にその原因があると判断した場合に本品質保証が適用されます。故障・破損した製品が保証の対象となる場合 、イケアまたはその委託業者の判断により、修理または同一製品もしくは代替製品との交換を行います。品質保証が適用される場合には、修理 、部品交換および修理担当者の作業や出張サービスにかかる通常の費用をイケアが負担いたします。なお本品質保証は、イケアが了承した場合を除き、イケアまたはその委託業者以外の業者による修理には適用されません。交換した部品は、イケアの所有となります。新品との交換の際に、保証の対象となる製品が製造・販売中止などの事情により、イケアで販売されていない場合には、イケアが指定する同等の代替製品と交換いたします。

【品質保証に関する条件】
故障や破損が以下に記載された原因で生じた場合 、本品質保証は適用されません。不適切な保管。不適切な組み立て。不適切な使用。許容範囲を超えた過度の負担がかかる使用。誤用。本来の目的とは異なる使用。改造。誤った方法または不適切な洗剤によるお手入れ。本品質保証は、日常的な使用による磨耗 、破損 、傷 、または衝撃や事故による破損には適用されません。製品が屋外または浴室のように湿度の高い場所などで使用・保管されていた場合、本品質保証は適用されません。本品質保証は間接的損害、付随的損害には適用されません。

なぬ、レシート原本!?一瞬背筋が寒くなったので、保証書をまとめて保管してるファイルを漁っってみたところ、ちゃ〜んとありました(滝汗) 随分インクが薄くなりはじめてますが・・・(^^)ゝ尚、この感じでは革とかファブリックの経年劣化や、クッションのへたりについては補償範囲の指定がされてないみたい。実際の対応はそれぞれの状況次第でしょうが、これはまぁ、ワークチェアですから、可動部と構造部の保証があってなんぼですので←個人的にそれ以外は割とどうでも良かったり。そもそも他の高級&高機能ワーキングチェアと違い、部品そのものが有償でも安価っぽいですし。そもそも故障する気配が今のところ全くない・・・( ̄∠  ̄ )
このMARKUSやVOLMARの10年品質保証について、保証規約がオカシイ、実体が無い云々の話もネット上にはありますが、10年保証ですから、可動部や接続部などで、明らかに壊れてしまったものをサービスカウンターへ持っていけば、普通に部品交換して貰えると思います。ただ、自分の手落ちで破いた、とか汚した、とか、人力で変型するはずも無い、金属フレームの部品がありえない感じで曲がったり傷が入ってるってのは、さすがに保証対象外になるのは言うまでも無いですけれど。その手の特殊なクレームに対する免責説明を拡大解釈する必要は無いのでは〜?とネット上の憶測から来るネガティブ反応に対してほんのりと厳かに反論してみたり(はぁと)
個人的な経験を書きます。LED電球のインテリアスタンドで1年保証が切れる前に運悪くLEDが球切れしてしまい、球交換に持っていったところ、故障なので本体丸ごと新品交換or返金(※イケアでのみ使えるリターンカード)のどちらにしますか?という予想外の神対応にびっくりした覚えがあります。結局カードにしてもらって別の雑貨を購入しましたが、なんでLED球替えてくれないんだろうとは思った(笑) でもまぁ行くと色々と欲しい物がありますからね〜♫

実店舗を何度も利用している印象として、イケアは良くも悪くも大雑把だと思います。そして売り場と返品交換窓口の対応が随分違う。売り場の係員は人によって話が違ったりしてなんだかな〜と思うことが数回。色々体験した結果、あそこは店員に話しかけちゃダメなのかも、或いは1人の店員を鵜呑みにしない方が良いのかも〜なんて学習してみたり(滝汗) あとネット上の噂では電話でクレームしてはいかんらしい。。。でも実店舗の場合、サービスカウンターの窓口では、あくまでサービスマニュアルに従った事務的な流れ作業の印象です。

注意したいのは、冒頭でも触れましたが、返品交換や修理時の各種送料、返送料が、条件(保証外orお客様都合)によっては自己負担みたいですので、近所か電車や車で買いに行ける人でないと実費が必要になる事がある。大きくて重い家具ではこれが大変。ですのでIKEAでは購入後の持ち帰りも組み立ても、不良交換でも何もかもが暗黙の内にセルフサービスが推奨。欧米式のセルフサービスを受け入れる必要があります。その上での低価格なんですね。
IKEA組み立てサービス
もちろん有料で配送・宅配サービス組み立てサービスを申し込んだりも可能ですが、これお願いするとご覧の通り結構な料金を取られます(滝汗) 別に送料くらい構わない〜って場合は遠方の方でもきっと楽しくお付き合いできるはず♪ そういった意味で、家具の運搬や組み立て、事後のサポートに日本式の贅沢なサービスを求める皆様には、IKEAを敢えておすすめはいたしません。IKEAってその辺りのサービスコンセプトと云いますかノリが違うんです。

もう一つのおすすめ回転チェアVOLMAR



回転チェアVOLMAR(ヴォルマル)のヘッドレスト&アームレスト付タイプは、MARKUSの更に上位にあたるイケアのハイエンドモデルですが、こちらの方が椅子のコンセプト形状的に、先のエントリで紹介した、ヴィトラのHeadline、Wilkhahn(ウィルクハーン)Solis(ソリス)など独伊デザインの超高級ワークチェアに近いと思います。もちろん、似ているだけで椅子そのものとしてみると各所の素材やパーツの高級感等々が決して同レベルではありませんが、少なくとも3万円以下の他社製(・・・の比較的定評ある)ワーキングチェア各種で感じた、とてもじゃないけどErgohumanチェアと比べてチープ過ぎて悲しくなる・・・という残念感が、なぜかMARKUSとVOLMARには殆どありませんでした。・・・アームレストの高さが可変しない点だけは少々アレですけれども。

ヴォルマルはマルクスに比べて座面が狭いのと、両機を同時に座り比べると、姿勢的にVOLMARの直立性が強く、どうしてもMARKUSの方が自由度があって私の体(首や腰)には快適に感じられました。もちろんこれはあくまで私個人の主観ですので、細身のVOLMARの方がタイトで好みという方も沢山いらっしゃると思います。

まとめ。低価格でまともな品質のワーキングチェアが欲しい御仁にはMARKUSとVOLMARは私的に超おすすめd(^_-) なんと言っても最強の10年保証がありますし♪ 自分はMARKUSで普段使いのワークチェアのコンセプトが普通である事の大切さが、文字通り、身に染みて解りました。ただ、IKEA製品はセルフサービスが基本であり、+αは時に有料。日本メーカーのサービス感覚とはやや違う部分についてだけは、良く理解してから購入される事をおすすめしたいと思います。
《Update 2014/6/12》
ピュアオーディオBlogランキング←安心したのでクリックしておく♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
家具・インテリア に参加中!