GWだというのにブログ更新する気力がマイナス状態の管理人です。本日はきまぐれで手持ちの切り売りスピーカーケーブルのインプレです。テストはサブシステムA。ケーブルの長さは大体どれも片側50cm〜1mくらいです。

※アナリシスプラス ブルーオーバル
アナリシスプラス ブルーオーバル

アナリシスプラス_ブルーオーバル米国Analysis Plus社のスピーカーケーブル。最近は英米ブランドでも実は中国製〜なんてところが多くなってきましたがこちらはちゃんとアメリカ製みたいです。導体が円形ではなくオーバル状。専用工具がありませんので被服剥くのに手こずりました・・・。中身は独特の構造をしていて細かいOFC撚り線をオーバル状に網組にしたケーブルを、きしめんみたいに平たく潰してあります。なんというか網組シールドが中心導体になっているみたいな不思議な作りです。剥いてみると確かに中空なのですが、PVC被覆内ではジャケットに圧迫されていて中空じゃないんじゃ・・・?なんて。尚、黒側と白側で内側の被覆の硬さが何故か違うので、どちらをプラス側にするかで微妙に音質が違ったりするかも。

analysisplus blueoval音質は低域方向への厚みがあり、まったり太い音。音像描写が等身大でスケールが大きい。高域の歪み感は全く無し。但し細かな情報量やハイエンド方向への伸びは控えめ。堅さのないリラックスしたウォームトーン。いわゆるアメリカンサウンド。ここ数日試した数種類のスピーカーケーブルの中ではダントツに本格的な音。低域方向に厚みが出ますので、オーディオプロImage11みたいな低域なにそれ美味しいの?って感じで高域寄りのスピーカーでもまともな聴感f特バランスが得られます。低域が浅かったりキンキンしたスピーカーや歪み感のあるスピーカーで、バランスを改善したい場合はかなり効果的なスピーカーケーブルになる思います。逆に高域の切れ込みや空間の広がり感は控えめになってしまいますが。。。

ブルーオーバルはAnalysis Plusのスピーカーケーブルの中では7つあるラインナップの下から3番目くらいの商品で、壁や天井の中に埋め込んで使用するのに最適となっていますが、これは耐候性、経時劣化に対する耐久性が高い?という事なのでしょうか・・・割と太めのブルーの被覆は屋内配線用の電源ケーブルのような感じです。音質的にはサラウンドスピーカーよりもトールボーイやフロアスピーカー向きの音質傾向になると思います。チャラチャラした歪み感のないまともな音の出方ですので、Blue Ovalの音質をベースに高域の伸びや情報量を獲得出来ればより魅力的な音質になると思いますが、それはたぶん上位モデルでという事でしょう。アメリカ的な暖色系で濃くまったりゆったりしたサウンドはもしかすると他のアナリシスプラスのケーブルとは若干異なる傾向かも知れません。

ピュアオーディオRANKING←目に入ったらとりあえずポチっと♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!