箱ピュアカテゴリ:D/Aコンバーター略してDAC
箱ピュアカテゴリ:インテグレーテッドアンプ
箱ピュアカテゴリ:デスクトップPCオーディオ

LUXMAN(ラックスマン)の製品にについては、筐体がやたら大きい上に比較的高額製品が多いこともあって、コンセプトの違いから箱庭ブログで殆ど語ったことがないのですが、クラシック音楽メインの管理人的にはLUXって割と好感の持てるタイプの音がするブランドだったりします。
  
NeoClassicoシリーズは正直欲しかったです。遂に生産終了して現時点ではCDプレーヤーD-N100が少し残ってるだけみたい。公式サイト。》

一昔前2000年位迄の製品ではMARANTZとLUXMANはどこか似た傾向の音色で、黄金色の輪郭が甘くたゆたう温い音ってイメージでした。マランツは更に加えて匂いがバタ臭い感じw マランツはその後、高速電源モジュールHDAMを使ったハイバランス&ハイスピードなスリム傾向にシフトして、音"色"以外の音の質感が全く違う方向性の現代的な音作りに変貌していますが、ラックスマンの場合、各所のレビューを読んだ感じでは今でも当時からの甘い音色でクラシカルな個性をそこそこ保っているような印象です。(まぁ、最近の機種は殆ど試聴してないのであんまり確かなことは云えないのですけれども・・・(^^;  
そんな感じで今日は出たばっかり&最近気になっているLUXMANの3機種を紹介。まだ試聴していませんので、チェックを忘れないように自分でメモしておく意味も込めて♪

LUXMAN DA-200 USB対応D/Aコンバーター

リリースが2010年11月下旬ですので約一年前に発売された製品です。時の流れが緩やかなオーディオ界隈では未だ十分新製品の部類。画像で見た感じフルサイズのコンポですが、実際にはB4サイズ幅364mm高さ81mm奥行き279mmという余り見たことがない寸法で、普通のオーディオ機器と比べると一回りコンパクトサイズの筐体です。定価148000円。国産ハイエンドの覇権をAccuphaseと争ってきたLUXMAN製品の中では、かなり低価格な部類の単体D/Aコンバーター。いつもは25万の戦車みたいなプリメインアンプやCDプレーヤーをエントリークラスって言っちゃうメーカーですからね〜(爆) デジタル入力はUSB/TOS/同軸の3系統。製品コンセプトとして想定されているPCオーディオ用途に限らず、ピュアオーディオに組み込んだ場合にも、その音質クオリティにはマニアの間で一目置かれています。単体DACとしてのみならず、ヘッドホンアンプやデジタル(3系統)&アナログ(2系統)のプリアンプ機能も兼ねているなど全体的にお買い得感があり、不況なオーディオ業界の中でもコンスタントに売れている機種。価格.comのレビューや購入した皆様のブログレビューの多さからも、DA-200の人気と音質への好意的な評価が伺い知れます。
  
それとDA-200は少し前にこのブログで詳細レビューをしたストレートサウンド傾向のONKYO DAC-1000とは方向性が異なり、あくまでLUXトーンの個性を保ちつつ音楽を纏まりよく聴かせてくれるタイプらしいです。DAC周辺やアナログ段は、価格が2倍ほどする上位の一体型SACDプレーヤーD-05と同等の回路を搭載。チップはバーブラウンPCM1792A。標準電源ケーブルはJPA-10000を付属。これは市販されていませんが、サービス部品@5250円でLUXMANから直接購入することも出来ます。

LUXMAN USB対応D/Aコンバーター DA-100
       
DA-100は最近発売されたばかりの機種でまだ何処にもレビューがないのですが、前述したD/AコンバーターDA-200の弟機として設計された製品で、幅149mm×高さ70H×奥行き232Dmmの更にコンパクトなデスクトップサイズです。価格も希望小売価格が71,400円とONKYO DAC-1000と並ぶ価格帯に切り込んできた戦略機種。サイズ的にコレならデスクトップPCオーディオ用途でも使えそうですし、そもそもこの価格帯で購入可能なラックスマン製品は今まで殆どありませんでしたから、ラックストーンを聞いてみたいけれど、高いよね〜と思っている管理人みたいなバジェットHi-Fi層にもかなり受けそうな気がします♪
DA-100 LUXMAN

入力はDA-200と同様にUSB/TOS/同軸の3系統。デジタルプリアンプ機能はなく、アナログ出力は1系統。しかしDA-100もヘッドホンアンプ出力を装備。しかもヘッドホン出力回路は上位DA-200と同じみたいです。ヘッドホンでのリスニング環境が多いPCオーディオ界隈のユーザーの使い道を良くリサーチしてますよね。DACチップはバーブラウンPCM5102 32bit対応の新型チップ。32bitでアップサンプリングをしているとすれば、上のDA-200より情報量的にはより新世代になってる予感。更に、2種類ですがONKYO C-S5VLのようにデジタルフィルター切り替え機能も装備してきました。

どのくらいの実力なかは上位のDA-200ONKYO DAC-1000と比較してみないと本当のところは判断できませんが、PCオーディオの弱点の一つに、ノイズが絡みすぎて音がギスギスしてしまう・・・という部分があります。これをLUXMANのDACは(DA-200の評判を鑑みるに)ある程度音作りの巧みさでカバーしてくれるような気がしますので、個人的にはかなり期待していたり。。。

DA-100_inside_bigDA-100の中身はこんな感じで、ラウンドパターン配線基盤と呼ぶそうです。DA-200の中身も更に凄いことになっていますが、オレンジ色の電源の配線引き回しが凄いですよね・・・。普通はCADで配線不要か最短配線になるように基板をレイアウトすると思うのですが、何か意味というか理由があって、絶対ワザとやってますよねこれ。。。


LUXMAN ステレオパワーアンプ M-200

LUXMAN DA-200がせっかく高音質なデジタルプリアンプとして使用できるっぽいのに、対応する純正パワーアンプがないよね〜とか思っていたところ、1年遅れでしっかり対となるB4サイズのパワーアンプを発売してきました。面白いのは、出力がたった25W+25W(8Ω)しかない事。真空管アンプじゃ有りませんよ?ソリッドステートでこの小出力。完全にデスクトップPCオーディオ小型スピーカーでの用途を視野に入れたパワーアンプだと思います。しかも立派なヒートシンクや回路部品を見た感じ、小出力ミニコンポやハイコンポのアンプとは一線を画すピュアオーディオクオリティなのは確実。標準電源ケーブルとしてこちらもJPA-10000を付属してます。
LUXMAN S-N100(NeoClassico

アンプってパワーがあればより良いように思われていますが、実際にはそれぞれのスピーカーにマッチした出力のものにしないと、(過剰な出力のアンプでは)押し出しばかりの詰まったような音や歪みっぽさに繋がってしまい、本来の再生音が持つ筈の響きとニュアンスがスポイルされてしまうのです。音の品位を重視するなら大は小を兼ねない。そう考えると、サブシステムやニアフィールドリスニングで、比較的能率の高い小型スピーカーを使う場合、この25Wという数字と高い次元のクオリティでマッチングできるのはある意味で画期的かも知れません。既存の他社製品では、箱庭的なヨーロッパ製の薄型プリメインアンプでも、最下位モデルですら概ね50W+50Wくらいの出力があるのが一般的ですから。(実のところ50Wよりミニマムなプリメインアンプがヨーロッパのアンプメーカーには色々あったりするのですが、何故か日本向け製品として入ってこないのです。)
LUXMAN M-200

尚、M-200はBTL接続によるモノラルアンプして使うことも出来ます。この場合の片チャンネル出力は70W(8Ω)。うちのメインシステムのトールボーイスピーカーVienna Acoustics T-2の場合、60〜70Wクラスのアンプでなければ大概上手く鳴ってくれない(多くても少なくても駄目)為に滅多に相性の良いアンプに出会えないのですが、これだったらフィットしそうな予感・・・。今有るTAG McLaren 60i(工事中)をプリアンプ(A級プリ)にして、M-200をモノラル2台で追加したらどうなるんだろう・・・なんて妄想してしまいます。あ〜でも定価134,400円ですから2台で合計20万コースか・・・となると微妙に高いかも(滝汗)

ピュアオーディオランキング←いつもクリックありがとうございます♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加