うちのデスクトップPC(ヒューレットパッカードd325)のリアUSBポートは4系統あるのですが、そこへ接続しているUSB機器は現状で6系統あります。

・USBワイヤレスデジタルオーディオシステム ONKYO UWL-1
・ポータブルハードディスク Transcend StoreJet 25 Mobile
・デジタルカメラ充電スタンド CASIO EXILIM EX-Z750
・プリンタ ヒューレットパッカード Photosmart C4175
・テンキー ARVEL TK07US-BM
・光学式マウス(右) iBUFFALO Arvel MCS06

その他に、PS/2ポートに同じマウス(左手用)とキーボード(BUFFALO BKBC-J91SBK)。マウスがデスクに2つあるのは、管理人はピアノのお陰かなぜか左手も器用で、両手でマウス操作ができるからですd(^_-)

SHB-PT/WHこれら6つ全てを接続するには4ポートでは足りませんので、ハードディスクとプリンタ以外はUSBハブを介しているのですが、このハブが昔、確かWindows98時代に買ったシグマAPOのSHB-PT/WHというモノ。USB1.1時代の製品ですので、これにデジカメスタンドを繋げた場合データの読み取りに大変時間が掛かりますし、USB接続のHDDやプリンタは速度が落ちすぎて使い物になりません。近日中にPCオーディオ用に購入したTrends AudioのUSB接続D/Aコンバータ(兼DDコンバータ)がアメリカから届くのもあって、その接続用に本体のUSBポートを一つ開けておきたい。更にワイヤレスオーディオの発信器ONKYO UWL-1とデジカメスタンドをUSBハブに回す必要があり、既存のSHB-PTのままでは到底必要な転送速度が確保できないという状況...。
   
そんな感じでございますので、本日はヤマダ電機でUSB2.0対応の新しいハブを見繕うことに。。。こういう話を書くときに何でいっつもヤマダ電機なのかというと、ヤマダ電機には無料長期保証の加入サービスで、毎年送られてくる2ヶ月に一度使える500円の優待サービス券があるのです。この券・・・PC関連やAV機器の小物を見繕うのにとっても便利♪ サービス券とポイントの組み合わせで、ほとんど毎回無料で何かしらPCパーツ&オーディオアクセサリやDVD-Rメディアなどを購入することが出来て超お得なのれす♪


さて、USBハブは色々な形状のものが数十種類以上も発売されているのですが、現行のものは殆ど既にWindows Vista対応、ただバスパワー規格の制約でもあるのかのか、店頭にある製品は殆どが4ポートみたい。デザインやサイズは千差万別で価格も1000円〜2000円と幅広い。でもこれ、USB2.0ですから速度性能はみんな同じですよね??? だったら安い方が良いじゃん?とも思うのですが、管理人的には例によって何でもかんでもちっさいは正義♪という事で、店頭にあった一番小さいモデル、BUFFALO BHB4-U215を購入してみました。サイズが小さいのみならず、価格も在庫処分特価@1280円。スリム&コンパクト机の上がすっきりキレイ♪というキャッチコピーでございまする(*^-^*)


39mm×39mm 厚さ10mmの超小型。ポケットに入れても邪魔になりません・・・むしろあっさり紛失しそう(^-^;)。USB-A/USBミニBの接続ケーブルは付属しています。但し見た目はプラスチックであまり高級感はありません。PCの裏側に押し込むモノですので高級感があってもあんまり意味無いかもですけれど・・・そこはかとなく頼りない。この外観の頼りなさは商品としてびみょ〜に問題あるかも?(既に製造終了らすぃ)。

例によってPCオーディオUSBケーブルで音質が変わるとか何とかぁ ゃι ぃ話もありますので、もしかするとUSBハブの種類でも音質が変わる!?な〜んて事があるかもですが、そのあたりは今は敢えて考え無いようにしよう〜なんてね゜゜(´▽`。)°゜。
BUFFALO BHB4-U215
実際に繋げてみると不安定なところもなく速度は十分。といっても比較対象はUSB2.0ポートを標準搭載するPC本体直挿しとの差ですが、特に体感出来るような違いは無さそう。ほんのり生暖かくはなりますけれども、製品寿命を危惧するような発熱は全くありません。

予想外のプチトラブルとしては、BUFFALO BHB4-U215へ既存の周辺機器を挿した瞬間(注:自動的にドライバがインストールされる)何故かアナログ接続された外部PCスピーカーからサウンドが出なくなってしまい、サウンドとオーディオのプロパティを開いてみると、サウンドデバイスがデフォルトのSOUNDMAXからUSBオーディオに勝手にすり替わっていました。再起動しても直らないので手動でSOUNDMAXに戻す。これは最初に繋いだ延長USBケーブルの先にONKYO UWL-1の発信器があったのが原因っぽいですわね。。。

そんな感じで今更ながら無事に全てのUSB接続機器をUSB2.0環境へ移行。どんだけ浦島太郎君だよって話ですが、PCオーディオ高音質化計画の準備はこれで整った!いざ、アメリカからTrends AudioのデジタルアンプとDACの到着を待つのみでございます♪
《Last modified 2017/3/3》

Amazon.co.jpでおすすめのUSBハブを探してみる

ピュアオーディオBlogランキング←読んだらクリックするであるです〜♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
パソコン・周辺機器 に参加中!