今回は久々にスピーカーケーブルのインプレを書いてみます。ブランドはイギリスのQED。モデル名Silver Anniversary XT。 国内定価は2,205/m。本国価格は£5.38/m 最近の為替の急激な変動で見るとやや割高に感じられるかもですが、少し前は£≒\240でしたので割と良心的な価格です。Silver Anniversary XTはイギリス WHAT Hi-Fi?誌において、2005年/2007年AWARDS. 2006年"Product of the Year". Hi-Fi CHOICE BRONZE等々、 英国各誌で数多くの賞を受賞している事もあり、そのサウンドには以前から興味がありました。
qed silver_anniversary-xt
XT300、XT400に採用され高い評価を受けているT-TUBE構造を採用したスピーカーケーブルが、人気モデルSilver Anniversaryのアップグレードモデルとして登場しました。

 中空チューブの回りに導体(編組線)を円形状に配列しているのがT-TUBE(注1)構造です。この構造は、高価なケーブルに採用される個々に絶縁した導体を使った場合と同じように、ケーブル損失、伝送過程でのゆがみを防ぐ効果があり、高周波がきれいに伝送されます。また端末処理のしやすさも兼ね備えています。T-TUBE構造は、構造的にセルフインダクタンスが低いゆえに、表皮効果の影響が少なくなっています。つまりストレスのないスムーズな信号の流れをもたらし情報量が豊かになり、かつ、音の透明感をより表現することができます。

(注1:本国では 'X-Tube' technologies)
QED"クオリティ・エレクトリック・デザイン"は1973年に誕生した英国ロンドンの老舗オーディオアクセサリー専業メーカーで、スピーカーケーブルとRCAオーディオケーブルを、エントリークラスから高級品まで揃えるブランドです。(姉妹ブランドに"スピーカー専業メーカーのQ Acoustics"キューアコースティックス"があります→代理店紹介ページ。) イギリス製のケーブルブランドといえば、私はIXOS/QED/CHORD あたりを思い浮かべますが、QEDの場合、主なラインナップは銀コート線の導体を特徴にし、プラグやケーブルの外観も含めて文字通りアクセサリー的な美しさを追求している所がポイント。特にシルバーアニバーサリーXTは、QEDのラインナップの中でも切り売りのリーズナブルなケーブルとして、ピュアオーディオからホームシアターに至るまで他用途に使えるお買い得なスピーカーケーブルです。尚シルバーアニバーサリーXTの下位モデルにQONE/MICRO(たぶん下で書いているQUDOS系)/SILVER MICRO/SILVER ANNIVERSARY旧モデルに加えて、

QED GENESIS スピーカーケーブル 《Silver Anniversary-XTでこのくらいとなると、最上位のQEDジェネシスに手を出したくなる音質ではあります。》
上位モデルにはX-TUBE300/X-TUBE400、最新モデルのGENESIS REVELATION SPEAKER CABLE、そして日本国内でもお馴染みのフラッグシップモデルGENESIS SILVER SPIRAL SPEAKER CABLEとPROFILE12(本国では終了)があります。

QED QUDOS私は10年ほど前にはじめてQEDのケーブルを手にしたのですが、その時購入したのがスピーカーケーブル"QUDOS"。細くなんの変哲もない数百円/mの低価格なスピーカーケーブルながら、撚り線銅にも関わらず真鍮を想わせる輝き感と、単芯導体を思わせる硬質でワイドレンジ、ライブ感豊かで明るく明晰、クリアで輝かしいサウンドに驚いたのを覚えています。こちらも1995年のWHAT Hi-Fi?誌で★★★★★。英国では現在もQED "QUDOS ORIGINAL SPEAKER CABLE"として£2.7程度で販売されています。ちなみにSilver Anniversary XTも本国ではQUDOS Silver Anniversary XTという名称みたいです。

QUDOS Silver Anniversary XTの被覆は固めで大変剥きやすくものの3分で加工終了。芯線はシルバーコーティングされた多芯線。導体外側はアンテナケーブルのノイズシールドのような独特の編み方が施されていて、中心には核となる絶縁体があるようです。まず最初にシルバーアニバーサリーXTをサブシステムA接続してみます。見た目が以前使っていたQUDOSと良く似ていましたので類似したサウンドを期待していたのですが、意外とこれが全く異なる音作り。全く別メーカーのケーブルといっても過言でないくらいサウンドが異なります。聴き始めて直ぐに気付くのは歪み感の少なさ。この点は特筆に値します。明るい爽やかな音色で、音楽表現は親しみやすくチャーミング。音楽性も割と高く抑揚も自然。
QED Silver Anniversary XT
低域方向は弾力的。高域は丸みのある聴きやすい音。この価格帯のケーブルとしては珍しく位相が整っていて、それぞれの音のパートが崩れずに立体的に定位します。残響は整理されていて、エコーやホールトーンなどの間接音よりも直接音に意識が行く印象。でも音像感がカッチリしているわけではなく、輪郭強調のない柔らかい音で音像はふくよか。色で例えると銅線とは異なる銀コート線独特の白っぽい音。 ケーブルの変な色が付いてないので音楽の色彩感をパステルタッチで素直に表現します。なんというか、冷たくないパウダースノー(笑) 女性ボーカルはマシュマロみたいで極めて魅力的です。

弱点を挙げると、音色が兎に角爽やかで明るく、音楽の陰影、深みや暗さの表現は苦手かも。それと、弦楽器では基音がビニール臭く感じられる場面もあり、欲を言えばもう少しヨーロピアントーンの格調が欲しいかも。情報量は程々。このケーブルに見合った箱庭マイクロシステムでは問題は出ないでしょうが、メインシステムで使うには少し寂しい感じ。メインシステム用途では最低でもジェネシスか、せめてシルバースパイラルを使う方が良いと思います。

それまでサブシステムAで使っていましたSpace&Timeのオムニ8Nと比較した場合、音楽的には劇的に良くなる感じはありませんが、音質的にはシルバーアニバーサリーXTの方がより現代的で本格的な音がします。Omni8Nに戻したところ、レンジが狭まって音色の暖かさとまったりしたレトロ調の色付けが気になることに・・・。ずっと聞き慣れてて忘れていた欠点ですけども。。。

Trends_Audio_ta-10.1次にデスクトップPCオーディオの方へ接続・・・これは良いかも♪ PCオーディオの色彩感の欠如した無味乾燥でアルミアルミwした音が、このケーブルで聴ける音質にガラッと変わりました。位相反転したような質の悪い変な響きを抑えてくれますので、長時間聴き続けても疲れない所はこのスピーカーケーブルの長所です。欲を言えば音像はもっと明瞭な輪郭で絞った音だったら良いなぁと思いますが、もっと相性の良いスピーカーケーブルが見つかるまで当面はシルバーアニバーサリーXTを使用することに決定♪
Tara Labs
QED RCA同軸デジタルケーブル Qunex Signature75。こちらのブログでインプレが書かれています。台湾製との事ですが、QEDは以前はロンドンでパートのおねぇさんw達がハンダゴテ片手に一つ一つ手工芸で作ってたのになぁ・・・。モデルに拠るのかもですが・・・これも時代の悲哀?

まとめ。情報量の多いONKYO A-1VLImage11を組み合わせたサブシステムAではどこか物足りない音でしたが、PCオーディオや一般的な箱庭コンパクトオーディオ用にはかなり使えるスピーカーケーブルです。長時間聴き続けても聴き疲れない歪み感の少なさは特筆に値します。まぁ結構音が耳に残るケーブルですので本当の意味での低歪みとは違うのかもですが。。。なんというかお化粧・・・おしろいっぽい音ではある。WHAT Hi-Fiの持ち上げっぷりはちょっと大袈裟かも。注意点としては多芯線ですので端末処理は必須。今回のインプレは端末処理をしないで試聴しているのですが、輪郭の滲みやぼんやり感は端末処理次第で案外印象が代わりそう。本来はQEDのバナナプラグを使うのが良いのでしょうが、音質的には金メッキよりもロジウムメッキのYラグが合いそうな気がします。あんまり高くないヤツで♪
QED RCA→ステレオミニ(1.5m) QPJ2P 1.5(QED)QED RCA→ステレオミニ(1.5m) QPJ2P 1.5(QED)

QED
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今QEDのケーブルで一番欲しいのがiPodなどのポータブルオーディオ端末とオーディオ機器の接続のためのシャア専用ミニプラグ→RCAオーディオケーブル。通常モデルの3倍音が良いはずだ♪なんてw モンスターケーブルやIXOSの製品も持っていますが、このタイプのケーブルってなんとなく好きなんですよね・・・(笑)
《Update2013/8/28》
ピュアオーディオRANKING←オーディオぽえまぁに支援クリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!