カルミニョーライタリアの伊達男?ジュリアーノ・カルミニョーラ"Giuliano Carmignola"とVenice Baroque Orchestraの演奏会。日本に何度か来日して収録放送されてますので今更〜っ感じかもですが、今回のは2010年12月1日の新しい録音です。

なんといいますか、これは見事に私の苦手なタイプのヴァイオリン演奏。何しろ見た目からしてカルミニョーラ怖っ!見た目だけじゃなくて音楽的にも、まるでスピーカーからナイフが飛んでくるようなシャープで切れ味鋭い演奏。バロック・バイオリンでピリオド奏法だからとか関係ないです。なんつか気取ったマフィアって感じだわ(爆) ヴィヴァルディって所詮演歌なんだからもっとお気楽に楽しくないと〜とか思っちゃう。

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」 他

とは云えpastel_pianoと好みがまるで合わないって方々には逆にお薦めできる演奏かもですね。カルミニョーラの演奏は素晴らしい超絶技巧で隙がありません。極めて大人で辛口のクラシック。なんかこう、クラシックを背筋を伸ばしてツンと聴きたい人にはウケると思います。
イタリア協奏曲集

Amazon.co.jpやHMVで見るとレビューで絶賛されているのにびっくり。それと尼はすっごくカルミニョーラのUS輸入盤CDが安くなっています(2001年7月5日現在)。カルミニョーラはヴィヴァルディの世界初録音がいっぱいありますので、古典回帰的奏法も含め、学術的資料としても価値があります。ただ演奏は当時の貴族社会でこんなに速くシャキシャキ演奏をしたとは思えないし、むしろ斬新で知的で現代的な解釈?新古典解釈?っぽく聞こえるのは私だけかしら?
Vivaldi: The Four Seasons

でもイタリア人ってイタリア的でオペラチック明るくアバウトに歌う音楽家がいるかと思えば、マウリツィオ・ポリーニ等もそうですが、論理的で隙の無いテクニカルな演奏をする人も存外多いですよね。かといってテクニックだけの浅薄演奏と切り捨てるには完成度が高いし、音楽的にも充実してたりする。なんだろう・・・やっぱり音楽に対する文化的バックボーンの深さの違いなのかも。。。カルミニョーラの演奏にビビリながらそんな事を逡巡しつつ、以前に書いたヴィヴァルディ四季についてのぷちエントリはこちら
Late Vivaldi Concertos

サンブル音源iconはハイスピード&ワイドレンジで音良いですね。NHKのライブ収録に比べて低域に厚みや勢いがあって聴き応えがあります。むしろSACDで聴きたくなる演奏かも。国内盤はDSDマスタリング ルビジウム・クロック・カッティングと書かれていますがSACDは出てないのですね〜。

※カルミニョーラのCDはこちらでも購入できます。
 ◆HMVicon ◆Amazon.co.jp ◆TOWER RECORDS
 ◆楽天市場 ◆Yahoo!ショッピング

ピュアオーディオランキング←蝶のように舞い、蜂のようにクリック♪

【DSDマスタリング/ルビジウム・クロック・カッティング】

※アナログ信号をデルタシグマ変調器で高速1ビットのデジタル信号に変換し、直接記録するレコーディング、マスタリング方式。従来のCDに用いられているPCM方式に比べ、シンプルで自然な音楽信号が再現できるため、アナログ信号に近い、音楽の空気感までも再現できます。

SONY MUSIC「ベスト・クラシック100」では、前回(2000年)のシリーズリリース時に、音質向上のために全タイトルこの「DSDマスタリング」を採用しました。今回もよりハイクオリティな音質を求めて全タイトル「DSD」と「ルビジウム・クロック・カッティング」を採用しました。

※銀蒸着仕様(初回版限定):CDはポリカーボネイト層、蒸着層、印刷/保護層の3層で構成されております。CDは蒸着層におけるレーザー光の反射を利用して再生を行うというシステムで、通常はレーザーの光がよく反射するように、反射層としてアルミニウムが真空蒸着されています。アルミニウムは安価ではありますが、反射率は決して高くありませんでした。そのため最近ではアルミニウムに比べコストは高くなるものの、音質アップを狙ってより反射率の高い金や銀の蒸着がなされるようになりました。なかでも反射率は銀がいちばん高く、音質の向上が著しいことが認められております。実際、金、銀、アルミの反射層で試聴した結果、銀のものはダイナミック・レンジが数段向上したような印象を受けます。(正式には「銀スパッタ」といいます)

※ルビジウム・クロック・カッティング:デジタル機器の基準となる信号をマスタークロックといいます。デジタルオーディオはハイビット、ハイサンプリングへと進化し、ますます高性能化、デジタルデータも増加の一途をたどっています。そのデータを読み書きする時間精度はすべてこのマスタークロックの発振に依存しています。マスタークロックは通常、時計などにも使用される水晶発振が使われていますが、その精度は10の−4から10の−6乗程度です。近年のデジタルデータの大容量化にともない、より高い精度のマスタークロックが求められるようになり、プロの間では水晶発振にかわり、ルビジウムやセシウムをクロック源に使うようになりました。ルビジウムの精度は10の−9乗と、水晶に比べて非常に高くなっています。このルビジウムのマスタークロックを使って、高精度のカッティングを行うことで、マスターに忠実な音質が再現されております。


 ▽J.カルミニョーラ&ベニス・バロック・オーケストラ演奏会
 − ジュリアーノ・カルミニョーラ &           
          ベニス・バロック・オーケストラ演奏会 −
                              
「バイオリン協奏曲 変ロ長調 作品8第10“狩り”」    
                              
「バイオリン協奏曲 変ホ長調 作品8第5“海の嵐”」    
                              
「バイオリン協奏曲 ハ長調 作品8第6“喜び”」      
                              
「バイオリン協奏曲 ト短調 作品8第8」          
                              
「バイオリン協奏曲 ニ長調 作品8第11」         
                     ヴィヴァルディ作曲
                              
         (バイオリン)ジュリアーノ・カルミニョーラ
           (演奏)ベニス・バロック・オーケストラ
                              
  〜東京・紀尾井ホールで収録〜              
                              
<収録:2010年12月1日(水)>
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加