シトロエンC4の話からカーオーディオへ話題を戻します。管理人は二十歳そこそこで免許を取って以降、C4に乗り換えるまで、二台続けてヲタクの象徴スバル車に乗っていました。・・・らきすた的なあれですw。車載のカーオーディオについては、スバル純正からのトレードインとして、まずはオール"ナカミチ"でシステムを組むことになります。初心者にも関わらずいきなり入り口がナカミチです。 ナカミチは知る人ぞ知るハイエンドカーステレオのイメージがありますので、こんな風に書くとなんだかとっても凄そうですが、ま〜箱ピュア管理人の例によって実情はそんなに大層なものではありませんでした・・・(滝汗)
スバル ヴィヴィオ bistro
1DINヘッドユニットにはナカミチCD-35、前後の4スピーカーには10cmのSP-C10と16cmのSP-C16。ともに共通設計の同軸ハードドームツイーター&メタルコーンウーファー。これ実は全部オートバックス専売品として製品企画された廉価モデルです。10万〜20万もする高級レシーバーが跋扈していた当時のカーオーディオの中で、実売3万円というのは比較的安価な部類のヘッドユニット。スピーカーも定価がペア9800円で更にセールで半額でした。購入時期はうろ覚えですが、90年代末か00年前後の話です。日本のナカミチは2002年に倒産してますので、あれからかれこれ10年以上も経つんですね。。。
21世紀になったばかりの頃の話ですから、今で云うところのデッドニングなんかは専門店や一部趣味人のニッチな世界だったりして、みんカラ以降急速に広まった、誰もがネット情報を元に低予算×体力勝負でカーオーディオをDIYして楽しむスタイルは、まだそれほど普及していなかったように思います。14〜5年前は、多くの人にとってまだカーオーディオ≒ブラックボックスの時代でした。
あの頃、カーステレオのインストールに(もちろん専門店で)何十万も掛け、ナカミチの最高級ヘッドユニットCD-700とチェンジャー&スピーカーを揃え、フルナカミチのシステムを組んでいたお医者さんのシトロエンXMに乗せて貰ったことがありました。ふわふわのソファーとしか思えないシートと低い車高、ヌルヌル走るハイドロサス、そしてオールナカミチの極度に繊細でクリアなサウンドに、カルチャーシッョクが強すぎて良いのか悪いのかさえ当時は理解できませんでした。でも考えてみると、この御仁の影響を潜在的に受けてしまったのが今の私なのかもしれなかったり・・・?。 ("ナカミチCD-35を分解してみました"に続く)
ピュアオーディオランキング←らきすたのこなたっぽく連打推奨♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!