箱庭的ピュアカーオーディオの変遷・・・入口はナカミチでした。
1DINヘッドユニット ナカミチCD-35を分解メンテしてみた。

CD-35を筆頭にMD-85/MD-20等々、オートバックスでの専売品だった廉価なナカミチデッキ。(安いと云っても近頃の最高級デッキより高かったりする訳ですが・・・)当時のネットの噂ではサンヨーOEMで(ビクターとかアイワとかSONYという噂もあり)、ナカミチなのは名前だけなどと揶揄されていました。でもこれ、実はある種の誤解が伴っていたのではないかと私は考えてます。

関係者ではないのであくまで推測の域ではありますが、ヘッドユニットの製造委託先がもしかするとサンヨーの下請け工場だったんではないかなと。ナカミチが製品企画をして、一流企業傘下の下請けグループ会社への製造委託という、特に珍しくもない形態が、うがった見方で他社製品のブランド名だけ付け替えているという風に捉えられたんではないかしら〜?なんて(^^;


ちなみにCD-350(及び共通デザインの1DINヘッドユニット)は前述したようにマレーシア製で、MD/CDチェンジャー搭載2DINレシーバーは、純ナカミチ/オートバックス専売共に日本製でした。下位機種と上位機種でプリアウトやデジタル出力の有無など細かな違いはありますが、前エントリに詳しく書いたようにシャーシーやドライブメカは純ナカミチorオートバックス専売モデルに関わらず、ほぼ共通の部品が使われています。
余談ですが、当時サンヨーは光学ドライブ系のオーディオ機器OEM製造委託先として世界一のシェアがありました。例えば三洋メディアテック/三洋オプトロニクスは、元々はオーディオブランドC.E.Cの経営本体だったりします。当時サンヨーは自社ブランドでも安価なカーオーディオ用ヘッドユニットをいくつか販売していましたが、自分が探した限りでは、ナカミチと類似した筐体と構造のヘッドユニットは見当たりませんでした。丸ごとOEMなら少なくとも筐体は似た様な金型になってしまうと思うのですが・・・。
Nakamichi mySoundSpace サブウーファー内蔵 iPod / iPhone 用ドッキングステーション アンプ25W内蔵 ブラックNakamichi mySoundSpace サブウーファー内蔵 iPod / iPhone 用ドッキングステーション アンプ25W内蔵 ブラック
ナカミチのような小さな会社が、少量生産の高級モデルでは兎も角、世界中で量販される安価なカーステレオのヘッドユニットを自社のみで大量生産はほぼ不可能です。よって光学ドライブ系の製品の大枠の製造は海外下請け工場への外注、特許のCDチェンジャー"MB ミュージックバンク"のドライブメカ及び、ハイエンドCD700系等の高級モデルとMB搭載機を日本で生産し、更に一部の最高級については、出来上がった基板やパーツの選別アッセンブルや最終調整をナカミチの中の人がやっていた(注:100台限定生産のCD-700 K.Kobayashi Tuningなど)というのが、オートバックスのナカミチは偽物という噂の真相ではないかしらと。

更に昔へ遡ります。80年代〜90年代初めのバブル時代には、ナカミチ自身が企画設計製造まで全て手掛け、国内自社工場製造したカーステレオ用のインダッシュ高級カセットデッキや、Nakamichi1000dacや100mb等の大きなハイエンド外付けCDチェンジャーなどがありました。これらのモデルを所有するハイエンドオーナーからすると、90年代以降に発売されたCD-45/CD-40/CD-35/CD-350等の海外生産モデルは(パネルデザインが共通で一目瞭然ですよね)、粗製濫造のおもちゃに見えてしまうのは、ある意味仕方ないことだったのかも知れません。

ところでリンク先"Nakamichi History"の年表からの引用ですが、

"MSS(カーステレオ)は海外製、一部日本製もあったようだ。いずれも開発、製造とも香港、台湾系で行っていたようだ。"

とあります。サンヨーですらなく、そもそも台湾か香港だったのかー!?(実は後述するスピーカーは台湾製だったりする) ココまでグダグダ推論を書いておいて今更なんですが、90年代半ば以降の製品は、商品企画と仕上げのチューニングを除くと、ナカミチの開発陣が直接カーオーディオの製造に関わっていた範囲は意外と限定的だったのかもですねぇ(^^; (Nakamichiスピーカー編に続く・・・。)

221616.com【ガリバー】中古車ご提案
ピュアオーディオランキング←面白かったので支援クリックしておく♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
カー用品 に参加中!