なんじゃこの企画・・・思わず爆笑してしまいました\(^o^)/

耳栓をしてハイレゾは聴き分けられるか!?11名の強き被験者たち。

ハイレゾ対応とは云え、実売5〜6万前後のミニコンポで、しかもこんな会議室みたいな所でしかも横幅が狭いプアーなセッティング。これでみなさん聴き分けられるのってすごいです(@_@;)←ハイレゾやケーブルで音が変わるの当たり前だと思っていて、もはや議論する気すら皆無のわっちからしても、正直ここまでの結果は全く以て想定外でした。だいいち、目隠しはともかく耳栓は必要ないと思うの(笑)

でも、今回テストに使ったハイレゾ対応ミニコンポのCMT-SX7について、SONYからこんな重大トラブルのリリースが出てますけど・・・いいのかしら?(爆)
 
システムステレオ「CMT-SX7」ご愛用のお客様へ、使用中止のお願いとお詫び

2015年7月23日
ソニー株式会社
ソニーマーケティング株式会社
ソニーカスタマーサービス株式会社

平素は、ソニー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

2015年7月より販売しております弊社製システムステレオ「CMT-SX7」において、電気部品の不具合により、下記の症状が発生する場合があります。
・音楽が正常に再生されずノイズが聞こえる。
・人の耳では聞きとれない高い周波数の信号が大音量に相当する音圧レベルでスピーカーもしくはヘッドホンから出力される。
・スピーカーのツイーター部が高温になり破損する。
(微量の発煙・異臭を伴う場合がありますが、周囲への損傷などに至ることはございません。)

つきましては、対象製品をお持ちのお客様には、安全のため電源プラグをコンセントから抜き、ご使用を中止下さいますようお願い申し上げます。

なお、既に症状が発生したお客様は、下記のお問い合わせ先までご連絡下さい。

現在、対策方法を検討しております。詳細は2週間以内に、本ホームページ上で改めてお知らせ致します。

お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。

あ〜あ゛、せっかく実験したのにケチが付いてしまった・・・(´・ω・`)。たぶんきっと某原理主義の皆様からは、高周波ノイズが出てて違和感あっただけだろ的に、脊髄反射で否定されること請け合いですわよ。。。(苦笑) ※Joshin webさんはたぶんきっと対策アップデートした上で実験されていると思いますので、その旨、この企画ページに併記された方が良いのではないかと思われまする。。。あと、これってすごい危ないというか、自覚的に高周波ノイズが聞こえるかとうかに関わらず、気付かずに耳を壊す危険性がありますから(特にヘッドフォンとイヤフォン!)、初期ロットを購入後に設計不良に気付かずアップデートされないまま使われている一般人の皆様、、、可及的速やかにソニーに連絡してくださいませ。
個人的に気になった点がもう一つ。従来のSACDやDVDオーディオ、Blu-rayオーディオなど、ピュアオーディオ的なアプローチで普通にオーディオコンポーネントを作った場合、こういったトラブルはふつうは発生しません。一応元信号そのままをなるべくフラット&ストレートに出力させるのがお約束ですから。広帯域再生の可否は、基本的にデータフォーマットと録音(&マスタリング)の質、スピーカーの周波数特性に依存するものです。ここら辺、ソニーの場合はハイレゾの効果を強調したいがために、DSPでソフトウェア的に高周波帯域、更に可聴帯域外を積極的に弄くってるって事が裏目に出てしまった事例なのかも知れません。

ソニーストア
ピュアオーディオBlogランキング←べ、別にクリックしてくれなくても良いんだからねっ♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
AV,家電 に参加中!