以前に書いた「管理人はハイエンドオーディオを好まない論」。一言で述べてしまうと「成金趣味が嫌い」と云う事について長々と説明したに過ぎなかったりしますけれども、これ、どうやら成金志向をオーディオに投影される方々には、負け組の僻み・・・ルサンチマン的な嫉妬の吐露として短絡的に捉えられがちだったりするみたいですね(^-^;)

拝金主義

しかしながら、管理人は中流家庭としてはそれなりに裕福な育ちで、学生時代、音楽学習やオーディオにかけるお金にはあまり困っておりませんでした。それでも、拝金主義的な成金趣味への感覚的な忌避感は、当時から変わらずそこはかとなく感じて来たと思いますので、こちらからすると、単純なお金の有る無しでスタンスが変わる類の話では無いとも思っていたりします。
 
どうして成金趣味が嫌いなのか?を自問自答してみると、色々なことが私の中の思想として浮かび上がってきます。これはオーディオという以前に、色々な音楽の中でも、何故にクラシック音楽に特化してずっと拘っているのか?にも通じるのですけれど、自分の中の「趣味性」というものは、即ち、文化的な思想哲学のライフスタイルを通しての表現という所に行き着くと考えるからです。

私はこれを説明する際に、昔から「文化の薫り」という言葉を良く使うのですが、これは、音楽もオーディオも、そこへ集約される趣味性は、意識的にであれ無意識にであれ、つまるところ個々人の教養表現なのだろうとの考えに基づいています。日本語で「教養」と書くのは、文化やアートよりも学術的な知性と知識に比重が偏る印象があり、定義が狭まりすぎてあらぬ誤解を生みそうなのですけれども、此処では幅広くハイカルチャーやリファインメント諸々を含めた上での、芸術文化を基礎にした教養表現全般について指しているつもりです。

幼少期から私の中に育まれた、芸術文化への憧憬、そこから派生した美意識、それらを包括する思想哲学と基督教文化・・・美術的な愉しみや文学的な学びもありますが、特に自己表現として形となっているのが音楽の趣味であり、楽器演奏であり、音楽観賞とレコード集めであり、その中の一部がピュアオーディオだったりもするわけです。要するに、市井の人ではあっても、云ってみれば属性として文化人の端くれでありたいと云うこだわりと矜持があるのですね。

成金趣味

そういった視点から俯瞰すると、私のオーディオシステム論は、様々な機材のコーディネートによって、文化教養面でのセンスと品位を表現する手段という側面があり、純粋に音楽を愉しむためのツールという本質のみならず、身近な文化財としての趣味性の発露が複雑に混在しているとも云えます。因みにこれ、成金趣味とは逆方向とは云え趣味性のある種の偏りでもありますから、ともすれば音楽再生装置としての純粋な性能追求を毀損している可能性があるのは、実を云うと明確に否定することが出来ません。虚栄心の発露の方向性が違うだけ・・・だと云われてしまえば返す言葉も無かったりします。

この文化教養主義を負の側面として捉えた場合、自己の内面も含めて(私程度のレベルでは)、裏を返せばスノビズムの要素が多々含まれる点も否定できず、成金趣味や重厚長大思想など、対比する価値観を暗に見下すが如きプライドが少なからずあったりもします。そのような視点からオーディオ趣味を捉えた際に、ある種、誰にでも分かり易くいかにもな高級品を見せびらかす姿というのは、表層的で安っぽく、恥ずかしく品位に欠けるものであるといった忌避感が、私の中には根強くあるのだろうと感じます。グリム童話の喩え話にある、ものの本質や真の価値がわからない裸の王様をあざ笑う感じです。・・・でもこうやって俯瞰して書いてみると、どうしてどちらもなかなかに趣味が宜しくないですわね(滝汗)


ハイカルチャー指向に基づく文化教養的な視点から、拝金的でブランド宗教的な一部のハイエンドオーディオに敢えて眉を顰めた場合、付加価値という詭弁に粉飾された絢爛豪華な品々に飛びつく成金趣味に違和感を感じるかは、上記の極端なYouTube動画を観れば端的に表現されていると思います。ここまで露骨な御仁はそんなに居ないとは思いますが、オーディオへの課金が音楽そのものへの教養と反比例しがちな多くのハイエンダーさんの趣味趣向を突き詰めてみると、どうも彼らの本音はこの辺りにあるのかなと。。。

つまるところ、物事の価値判断が金銭的な価値と正比例的に強く結びついていて、あまたの例外や反比例を見極めるに必要な知性と教養に欠けた、より高価である程優れる(≒安価な物は見縊る)との思い込みが、成金趣味を憚らない人々にとっての信念としてハイエンド界隈では肯定的に受け入れられがちだと思うのです。実用性に乏しいハリボテの如き超高級車や、ある種の女性が容姿に不釣り合いな高級ブランドを身に付け、指輪や宝石を見せびらかして歩くのと同じで、拝金主義という形の金銭信仰の具現化ですね。ちなみにこれ、心理的にみると善悪と強弱、力と正義を同一視するタイプにも見られる傾向で、本当にお金持ちかどうかとは実はあまり関係ないように感じます。

ハイエンドオーディオ

敢えて金銭的な物差しを当て嵌めつつ文化教養的にオーディオ趣味を捉えるなら、、、純粋に出音を聞き分けることで金額の多寡に囚われないシステムを組めたり、高品位なシステムを安価に構築するために創意工夫する事こそが智慧であり、高い知性と経験と感性無くしては成し得ない趣味性の証左になると思っています。価格バイアスを排除し、実質を見極め、安直に高額品に頼らないスタイルこそが、誰でもお金を積めば手に入る成金趣味よりも遥かに高度で、音楽の本質に寄り添った深い真理の探求に結びつく筈です。また、やたらに高価な新製品よりも、今現在の価格的価値に拘らず、修理を続けて長く使い続けてきた古いものに、人の生き様を映したより深い味わいと、本質的な価値を見出すヴィンテージオーディオの考え方にも繋がるように思います。

人間の内面は複雑ですので、多くの方々は、根源的な拝金的価値観を大なり小なり内面に持ち合わせていると思いますし、私のオーディオ趣味にもこういった成金趣味的要素が全く無いとは到底言い切れません。しかしそれらへの自戒を込めたアンチテーゼとして、現代社会では超マイノリティ側になってしまった文化教養主義を志すことで、資本原理主義が生んだニューリッチのセンスを低俗で趣味の悪いものとして見下すスノビズムもまた、私を含め、ある種の趣味人、文化人の皆さんが内面的に抱えている矜持でもあり、それを立脚点が異なる視点から覗き見ると、理解しがたい負の要素にもなり得るのだろうと思います。どちらの患いがより重いかは、個々人が置かれた環境もありますし、人それぞれなのでしょうけれども・・・( ̄∇ ̄;)

ピュアオーディオBlogランキング←そして誰も読んではいないのでした♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ【パート2】 に参加中!