SACDプレーヤーに想いを馳せる・・・【その1】

さて、現在SACDプレーヤーを購入しようとする場合の最大のネックは、選べる選択肢が極端に少ない点ではないでしょうか? SACDプレーヤーの製造メーカーが少なく、製品の大多数が日本の大手AV機器メーカーの製品であり、特に趣味性の高い製品を作り出すマイナーブランドの製品は殆ど存在しません。あっても大衆に手が届くであろう価格帯を大きく上回る、富裕層や一部マニアをターゲットにしたハイエンドモデルにほぼ限られてしまう点です。

Pioneer CD/SACDプレーヤー ハイレゾ音源対応 PD-10《2012年現在の最廉価CD/SACD専用プレーヤーPIONEER PD-10。PD-10/PD-30が製造終了した場合、低価格入門機種がほぼ無くなってしまうことに・・・。》

【SACD対応プレーヤーを国内販売している主なブランド一覧】《注:2007年時点》
                
***************************************************************
【日本メーカー】
SONY(ソニー)
ONKYO(オンキヨー)/INTEGRA(インテグラ)
DENON(デノン)
MARANTZ(マランツ)
PIONEER(パイオニア)
YAMAHA(ヤマハ)
TEAC(ティアック)/ESOTERIC(エソテリック)
Accuphase(アキュフェーズ)
LUXMAN(ラックスマン)

【海外メーカー】
・カナダ Classe(クラッセ)
・イギリス dCS(ディーシーエス)
・アメリカ lexicon(レキシコン)
・アイルランド LINN(リン)
・アメリカ KRELL(クレル)
・ドイツ Lindemann(リンデマン)
・スイス GOLDMUND(ゴールドムンド)
・アメリカ McIntosh(マッキントッシュ)
・中国 SHANLING AUDIO(シャンリング オーディオ)
・中国 CAYIN(カイン)
・カナダ EMM Labs/Meitner(EMMラボ/マイトナー)
・アメリカ Ayre Acoustics(エアー)
・スウェーデン BLADELIUS(ブラデリウス)
・デンマーク PRIMARE(プライマー)
・ドイツ Accustic Arts(アコースティック・アーツ)
※リンク先は楽天市場/Yahoo!Shopping/Amazon.co.jpの商品一覧ページです。
***************************************************************

うーん、、、海外メーカー製は殆どのSACD対応機が50万円以上で、なんと100万円以上のモデルが目白押し。反面手が届く国産ブランドについては、個人的に敢えて欲しいという程のモデルが今のところあんまりないという・・・(涙) 値段がどうこう〜という以前に、ハイエンド指向が強すぎるのか最近のトレンドなのか、サイズが大きく現代的でゴージャスなデザインの物が多く、私の望む箱庭的な趣味性、サブシステムにも使える薄型コンパクトさ、そしてある種の控えめで落ち着きのある伝統文化の薫りというか、書斎の片隅にさり気なくたたずんで馴染むような、そんな音楽ファンの心をときめかせるシックなモデルがなかなか国内まで入って来ないみたいです(・・・なんか海外製品には一応ある)。そんな風に色々と悩んでいる間に、SACDを再生できるという最低限の責任?はPIONEER DV-585Aに任せて、普段はメインシステム/サブシステムそれぞれのCD再生専用プレーヤーを、そのままHybrid-SACD盤の再生に使い続けることに。。。
⇒【楽天市場

goldmund srcd3gそれでも管理人的にちょっと良いなぁ〜と思えるモデルはいくつかあります。海外製品でしたらデンマークPRIMARE(プライマー)のDVD30(後継機は3D Blu-ray対応ユニバーサルプレーヤーBD32 mk2)や、スイスGOLDMUNDSR CD3-G(ゴールドムンドにしてはかなりお安い)。ゴールドムンドは海外サイトを見るとDVD/DVD-Audioにも対応とありますが、何故か日本ではSACD/CD専用機という触れ込み。何か仕様に違いでもあるのでしょうか?ちなみに現地価格は5200スイスフラン(2008/03注記:Gの付かないSRCD3の方)ですので、現時点の国内実売価格はこれってバーゲンセールなのかも?

SCD-T200Cそれから中国のメーカーですが、海外ブランドのOEM供給元だったりもするSHANLING AUDIO(シャンリングオーディオ)SCD-T200Cも、CD再生の儀式を楽しめるトップローディング機構に加えて、デザインがなかなか変わっていて楽しいかも♪

国内ブランドでしたら、以前CD92さんが紹介してくれたYAMAHA DV-1500S。欧州製スタイリッシュコンポとの混用にも馴染む薄型のリージョンフリー系ユニバーサルプレーヤー。実売価格は3万円弱。更に時々ファクトリーリハビッシュ(再生品)が2万円台前半で出回ってる脅威の低価格機。発売されたのは大分前になると思うのですが、結構ロングランで未だに製品を見かけます。

⇒【ヤフオク!

ポイントはYAMAHAブランドですが中身が実は欧州PHILIPSのOEMという点。ただ、CD92さんのレビューを見た感じ、音質はPHILIPSというよりヤマハ系(注:この辺りはアナログ段でちょいちょいと弄れると推測)というのが個人的にはネック。ヨーロピアンサンウド丸出しのウォームで色っぽいフィリップストーンでしたら、音質なんて二の次で買う〜!とか言い出すところですが、ヤマハサウンドはもっと薄味で上品。端正な佇まいですので、そこが気になって手が出せないでいます。いや、それでも2万円の出物にばったり出くわしたら即回収しちゃいますけれどね・・・(^^; 但し価格.comの掲示板を読むとノイズやメカの回転音が大きいとの事で、ピュアオーディオ専用機としては幾許かの難点がありそう。。。


次はPIONEERのPD-D9もしくはPD-D6。この普及価格帯でユニバーサルモデルでもマルチチャンネル対応機でもなく、完全に2ch再生に特化させたSACD/CD専用機として開発されています。低価格ながらも余計な機能が介在しない分、コスト配分を純粋にピュアオーディオとしての回路と音作りへ特化できるのがポイント。ただ、実機は横幅420mm高さ100mmの普通のコンポサイズで案外大きいと感じるかも。私は当初、写真の印象からはもっと小さいのかと思ってたのですが、実機を見たら大きかったです。あとやや変わったデザインですけれども高級感が素晴らしい。イロモノ機能かも知れないレガートリンクコンバージョンも個人的にはかなり魅力的ですし、往年のターンテーブル式パイオニア製CDプレーヤーや高級LDプレーヤーで感じられた、日本的な節度のある色気と潤い、スッキリした伸びやかなトーン、レガートリンク特有の高域方向へのチャーミングな表現力などが健在であれば、なかなか魅力的なモデルになる思います。但し、いかんせん一昔前であればエントリークラスの普及価格帯に当たるモデルですので、コスト面から来るクオリティの限界をどの程度許容できるかが判断の分かれどころなのかも。

重量級筐体+パワフルな中〜低域の押し出し感があるサウンドで、最も日本のオーディオマニアックな方々に人気のあるデノンブランドが、こんなオサレで音楽ファンに媚びたものをリリースするなんて吃驚!とか大袈裟に言ってみる。見た感じ、LPジャケットサイズや薄型のトレイとか、一昔前のLINNのデザインを意識しているのかな?と思えるスクエアなコンパクトサイズ。とにかくデザインだけでも凄く魅力的♪ しかも価格はお手頃。これ、もの凄い売れてるみたいで、同時に作られたプリメインアンプのPMA-CX3やスピーカーのSC-CX101M/SC-CX303とセットで割とどこでも試聴できますので、敢えて細かいことは書かなくても良いかと思いますが、このデザインコンセプトに共感しつつDENONの音色が特に嫌いで無ければかなりお薦めできるSACD再生機。しかし、同じデノンのSACDプレーヤーでも、メインシステムとしての費用対効果や空間情報量、音の厚み、押し出しを重要視する場合には、DCD-1500REなど、フルコンポーネントサイズのモデルにアドバンテージがあるとは思いまする。。。→レビュー書きました

ソニーストア

最後にSONYのプレイステーション3(初期型)。ゲーマーを卒業してだいぶなりますので、今更PS3をゲーム機として欲しいとはあんまり思わなかったりするのですけれども、実はこれ、SACDプレーヤーとしての音質が素晴らしいと各所で話題になっています。ただこれって割と技術的なアプローチを評価する視点からの音質評価で、こちらでもレビューされていますが、ピュアオーディオ視点から音楽の再生品位で比べてしまった場合、SCD-XA1200ESに代表される良くできたピュアオーディオ機としてのSACDプレーヤーと比べてしまうと明らかに劣る・・・とっいたらこれはもう袋叩きかしら?w とはいえDSDのエンコード性能は優れているらしいですので、この技術が音作りをしっかりされたピュアオーディオ機に、他社製品含めてフィードバックされると良いかなと思います。

《2008年に発売されたSCD-1200ES後継機SCD-XA5400ESですが、その後、2015年時点でもSONYからは改良新機種がリリースされていません。》

SCD-XA1200ESを試聴した感じ、SONYの歴代SACDプレーヤーの音作りは、さすがSACD規格を作ったメーカーだけのプライドを感じると云いますか、ソニーサウンドの音作りは伝統的にSACD規格に向いていると個人的には思っています。耳当たりとしての音楽性が高いか?と訊かれると・・・う〜ん(滝汗)だったりしますけれど、デジタルオーディオ的な鮮度の高さ、SACDの持つ音質のスペック的な良さをいじらず素直に引き出しているのはやはりSONY機に一日の長がある。これはオーディオ機器としての作り込みはされていない筈のPS3ですらもそうでしょう。他社製SACD再生機の場合は、それぞれに割とメーカー独自のキャラクターを付加して音楽的に聴かせる代わりに、聴感上、価格の割に情報量の多さや上下帯域の伸びがスポイルされてるような機種もあったりします。これについてはどちらが良いかは賛否両論だと思うのですが、私はソニー製品の音質の良さと、他社製品の音楽的表現力の狭間で視聴時に結構悩んでしまいました。録音の種類や品位によって何れの再生機がマッチするのかが、どうしても違ってきてしまいますから。。。

さて、ココまで書いてじゃあオマエは何を買うんだ?と訊かれても、結局結論が出ていないのですけれども、湯水のように予算があればゴールドムンドのSR CD3-Gを手に入れてみたい気がしますし、低価格箱庭オーディオ好きとしては、出来ればもう少しばかり様子を見たい気もします。という事で、今後も時々試聴しながらつらつら考えようという事で、今現在迷っている機種を今回はとりあえず挙げるだけ挙げてみたのでした〜(^^;
《Last modified 2015/8/1》

ソニーストア
ピュアオーディオRANKING←SACDプレーヤー欲しいのでクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ に参加中!