箱ピュアデスクでは、3台の同じモニタを新旧2台のPCで共用しています。モニタは3台とも2系統の映像入力(DVI-I or VGA)を備えていますが、PC側が2台とも同時出力可能なのが2系統までですので、トリプルディスプレイ化するためには、外付けGPUを積んだUSBディスプレイアダプタが別途必要になります。
トリプルディスプレイ
今までサブノートPCのASUS UL20FTでは、USBデスプレイアダプタにAREA スパイダーHを使ってトリプルディスプレイ化していましたが、新しい母艦PCの為にもう1個USBディスプレイアダプタを追加購入するのはそこそこお高い。つ〜ことで、いつものようになんとか此処をタダに出来ないかと思案してみました。
   
AREA スパイダーH SD-U2VDHって使い物になるの!?@ノートPCでトリプルモニタ・・・ ぱ〜と7

そういえば、同一デスク上の新母艦と護衛艦で、同じキーボードとマウス、テンキーを共有するためにUSB切替器ELECOM KM-A22BBKを使っているのですが、試しにこのUSB切替器にディスプレイアダプタも挿してみたところ、ラッキーなことに動作します。但しKM-A22BBKは本来(キーボード+マウス)2系統のみサポートする接続仕様ですから、キーボード+マウス+テンキー+USBディスプレイアダプタの4系統を繋げる為に別途USBハブが必要になるのですけれども、少なくとも管理人の環境下では運良く4つとも動作するっぽい。


KM-A22BBKの良いところは、切り替えスイッチが独立していて手元に設置できるため、USBラインの引き回しをデスクの下に隠しつつ、ブラインド配線が可能なところです。(切替スイッチの配線@1.8mはテーブルの裏側にテープで留めてます♪)
KM-A22BBK_switch
但し接続機器との相性はそれなりにあるみたいで、環境によっては正常動作しないとのレビューは割と見かけます。あと、PCと切替器を結ぶ一体整形のUSBコードが無駄に長い(1.2m×2本)ですので、デスク裏ではとぐろを巻いてグチャグチャ。切替スイッチと本体以外はケーブル一体型にせずに、任意のUSBケーブル差し込み式にして欲しかった。。。


と思ってググったら、USBケーブルを両方向とも着脱可能なU2SW-B27SBKもありました。2台のPC切替え型で、USBポートがなんと並列7ポートもある・・・これで4系統並列に挿して相互干渉せずに動作すれば良いのですが・・・多分きっと大丈夫の筈ですけれども、そこは試してみないとわからにゃいので保証は出来ませぬ・・・(^^;)。というのも、KM-A22BBKに無理矢理4系統挿した上で暫く使い続けてみると問題が発生。。。時折、PC切り替えのタイミングでキーボードやマウスをロストしたり、咬ませるUSBハブの種類によっては、頻繁にマウスやテンキーの入力がバグったりするのです〜゜゜(´□`。)°゜。

USBハブをUSB1.1からUSB2.0対応品に交換してみた。
《ちなみに手持ちで使えたUSBハブはiBUFFALO BHB4U215WHAでした》
KM-A22BBK+USBhub iBUFFALO BHB4U215
試行錯誤の結果、一応、USB切替器2系統の片側には直接USBディスプレイアダプタ、もう片側にのみUSBハブを咬ませ、ハブにキーボードとマウス、テンキーを繋げる方法で、入力バグやマウスロストの発生頻度を下げることが出来ました。ただなんとな〜く、無理矢理4系統繋ぐと供給電力がギリギリ足りていない気がして安心できない感じ。何かの拍子にマウスカーソルがプチフリしたり・・・。USB切替器での問題というより、USBハブを経由することで発生する干渉問題のような気もしますけれども・・・USBディスプレイアダプタを外し、キーボード/テンキー/マウスのみの3系統接続では、USBハブiBUFFALO BHB4U215経由でも、各入力デバイスの動作は全く問題無かったりするのです。


以上の条件でまともに動作するかは切替器とUSBハブやキーボード、マウス等々の相性次第。特にUSBハブは手持ちから誤動作しにくいものをあれこれ試して探しました。そもそも、諸々完全に動作保証の範疇外ですので、確実に動作させるには、やはりUSB切替器そのものを入力デバイス用とUSBディスプレイアダプタ用に分け、それぞれに2組用意すべき話ではあります。

そこでUSB切替器の追加購入となる訳ですが、KM-A22BBKをもう1組購入すれば箱ピュア環境で確実に動作するとは云え、無駄に長いUSBケーブルにデスクの裏でこれ以上とぐろを巻いて欲しくないので却下。

USB切替器をAmazon.co.jpで比較する


しかし、他の汎用USB切替器を見てみると、USB端子を繋げる入力と出力が、向かい合って反対方向に付いているものが多いのですね。前出のKM-A22BBKやU2SW-B27SBKみたいなスイッチ部分のみを別に引ける製品は別にして、ふつうはUSBの出入力ポートが全て同じ背面で、前面か上面にスイッチを配置するのが、配線を目隠しできて合理的だと思うのですが、ちょっとどんな意図で設計したのかイミフな製品が多すぎ・・・(# ゚Д゚)


背面ポートで中華製の安価な機械式USB切替器もあるにはあるのですが、なんというか見た目が微妙。前出のELECOM U2SW-B27SBKで、各入力デバイスとUSBディスプレイアダプタが干渉せずに動作すればベターなのですけれども、これは実際にやってみないと判らないですし、電力不足で万が一付属のACアダプタが必要となると、ACアダプタから高周波音が出ているとかAmazon.co.jpで不穏なレビューされているし・・・。そもそも値段が中途半端にお高すぎて、こんなん使うくらいなら最新のUSBディスプレイアダプタをもう一個追加で買った方がお得ちゃう?とか考えてしまふ。。。そもそもUSBディスプレイアダプタが2台あれば、相互干渉したり、PC切替え時にグラフィックドライバがとっちらかってバグったりするリスクも減らせますしね。

とは云え、映像入力端子が1系統しかないPCモニタで複数のPCを共有する場合、どちらにしてもUSBディスプレイアダプタ+USB切替器は必要になります。しかし箱ピュアのモニタEIZO L695/L685は、古いながらも映像入力を1台に2系統装備していますので、無理してUSB切替えハブを追加購入する必要も無いな〜と。

まとめ♪
USBディスプレイアダプタ1台のみでも、USB切替器を経由すれば、PC2台以上で使い回す(モニタを共有)ことは可能。※但しUSB切替器で相性問題が発生するリスクはある。しかし高品位なUSBディスプレイアダプタは少々お高いですので、低予算運用の場合には検討する価値あり。但し、他のUSB接続機器との相互干渉や、USBディスプレイアダプタ切替え時に発生するグラフィックドライバのシステム割り込み時に、PC内部でソフトウェア的なトラブルが発生するリスクは常にある。

安定運用するためには、出来ればPCそれぞれに独立したUSBディスプレイアダプタを用意することが望ましい。但し接続可能台数はPCモニタ側の映像入力端子数が上限。弱点はUSBディスプレイアダプタ本体が安くないのと、ディスプレイアダプタの数だけ消費電力(1台あたり2.5〜3W/待機1W前後)が大きくなること。


そんな感じですので、管理人的結論では、USB切替器を仲介せず、4K解像度の最新DisplayLink(DL-5500 or DL-3500)チップを積んだ、USB3.0&HDMI出力付きUSBディスプレイアダプタを新母艦用に1組み増設するという結論に至りました。(注:最新規格のdisplayPortタイプを選ばないのは、HDMIやDVI、VGA(D-Sub)などへの変換時、端子の物理変換のみならず、信号の電気変換が必要になり、変換アダプタ経由での下位互換性に色々と不安があるためです。)ちなみに今回購入したのは米国Cable MattersのUSB3.0→HDMI 変換アダプタ 4K Ultra HD解像度対応モデル。詳細は次のエントリで...。

ASUS VivoMini VC65 VM65系でトリプルディスプレイを実現する方法に続く

ピュアオーディオBlogランキング←ハイレゾ60fsで高速連打クリックする♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
PCパーツ情報 に参加中!