Wireworld Chromaシリーズは米国フロリダの老舗オーディオケーブルメーカーワイヤーワールドが展開するUSBケーブル5ラインの最下位、エントリーモデルです。
Wireworld Chroma USB package1
外箱は良くある剥き出しの透明ブリスターパッケージではなく、箱入りのブリスターパックでそこそこ豪華。英米系のアクセサリーメーカーって、数百$や数百£のオーディオケーブルを、吊るしの剥き出しブリスターパッケージに入れているのが普通だったりするのでちょっぴり嬉しい♪。しかもフランス、スペイン、ロシア、中国、ドイツ語と共に、なんとなく微妙な日本語の説明プリント入り(^^;
Wireworld Chroma USB Cable
℃派手な黄色い導体はイロモノ感はあっても高級感はあまりありませんが、黒いプラスチックプラグの見た目や質感はしっかりしています。USBの差し込みの勘合は甘め。きしめん平行タイプですので横方向には曲がりませんが、この手の高級USBケーブルの中ではあまり固くないタイプですので、屈曲し易く背面クリアランスが狭いデスクトップPCオーディオでも配線は楽です。


そもそもあまり売れて無さそうなワイヤーワールドChromaを選んだ切っ掛けは、エントリークラスでとりあえず質の良いUSBケーブルを探していていたところ、逸品館のWireworld Series 6/7 USB cable音質比較テストで高評価されていた事です。特に総評で "1万円/1m未満のエントリー価格帯では、Wireworld Chroma7がaudioquest ForestやCinnamonよりも音質的に一歩秀でてるように思いました。"と書かれていたのが決め手。エントリークラスの海外製USBケーブルでは緑色のオーディオクエストのForesと後継のForest2が一番人気だったりしますが、AudioQuestって導体が硬質なので背面クリアランスが7cmほどと狭い箱庭デスクトップでは割と使い辛いのですよね。。。


しかも上位の赤いCinnamonよりトータルで良いというならChroma7を試してみるしかないでしょ!?みたいな。


Wireworld Chroma7の音質レビュー

さっそくWireworld Chroma7の音質レビューいってみます。イマドキのハイレゾ強調サウンドとは一線を画すナチュラルなウォームトーン。USBケーブルながらサウンドへの支配力は強めで、明るく暖かみのあるスウィートな音。音楽の流れ方がスムースでナチュラル。時間軸方向の音楽の流れが活き活きと求心的で、とても音楽性が高い。解像度は高級USBケーブルとしては甘め。ピーキーなところが皆無なので音量を上げても長時間聴き疲れしません。高域は耳当たり良くソフトで滑らかにロールオフ。肉厚な中域はクローズアップされて前に出てくる。音像は等身大で大きめ。聴感ダイナミックレンジは広いのですが、上方向への伸びが今ひとつで惜しい。中低域は響きが多く有機的で厚みがありますので、高域方向を多少犠牲にしてもまず中域〜低域方向の実体感重視という御仁には向いていると思います。グラマーにデフォルメされるWireworld独特のサウンドですので、良くも悪くもフラットな音とは対極になると感じます。
Wireworld Chroma USB package2
何より雰囲気感がこゆいと云いますか、笑ってしまうくらいものすごく伝統的なアメリカンサウンドで、音場空間が間違いなく田舎くさいアメリカの空気感になります(^o^;)。悪く言うとグラマーだけどデブめで清潔感が諸々足りてないメリケンのねーちゃんみたいな(謎)。アメリカのジャズやカントリーミュージック、アメリカンロックポップス系がメインならWireworld以外の選択肢はもはや考え無くて良いかも・・・というくらい雰囲気バッチリ♪。クラシックには・・・あれだ、アメリカ人演奏家には合うよ?(意味深)

これは音が色で見える系のでむぱちゃん向け限定の説明ですけれど、高域方向をもう一歩伸張させたいのと、音に纏わりつく無メッキ銅線のキャラクターが気になるので脱色のために(注:銀線の音質を知っていると)、どうしても上位モデルの銀コート線にリプレイスしたくなります。黄色いきしめんコードですけれども、明るい音ではありますが黄色い音かと言われると・・・う〜ん...スタバのクリームてんこ盛りラテ?(謎) 彩度・・・Chromaが高いというか濃い。音楽的ですが本質的にはのどかな音です。
usb cables for pcaudio
音傾向の文化的な好みで合う合わないはあると思いますが、ワイヤーワールドらしい音楽性の高さはほんとに魅力的で、奏者が演奏時に込めた生命の息吹がスポイルされずにちゃんと伝わってきます。難点を云えば意図的に上位と差別化されているように聴こえる情報量の少なさとか、色付けの多さの面でHi-Fiオーディオ的にはローエンドモデルという印象は否めないですけれど、Chromaを使っておけば屈託無く音楽を楽しめる一本なのは確か。高域のハイレゾチックな解像度や美しさは先日のELECOM BH-AB10/BH-AB20に全く及びませんし、抑も分析的に聞くようなハイレゾ音源向きではありませんが、「音」ではなく「音楽」を聴きたい音楽愛好家の皆様が手を出すなら、こういうUSBケーブルの方が幸せになれると思います。いくら高解像で音数が多くても、音楽が音楽として活き活きせず、つまんない音しか出ない地雷ケーブルは世の中にたくさんありますから。。。


上位モデルとして紫のUltraviolet7と赤いStarlight7とがありますが、Ultraviolet5(先々代)は英国WHAT Hi-Fiで5つ星。但し逸品館の評価ではChroma7より音質が良くなる反面、音楽性が落ちるとのこと。Starlight7は音源出版の2014オーディオアクセサリー銘機入賞。2015ホームシアターグランプリで金賞。個人的には今すぐにでもに出来れば銀コート線のStarlight7にグレードアップしたい感じ(気が早い)。



更に上位には構造が違うSilver Starlight7や純銀単線を使用したPlatinum Starlight7がありますけれども、システム総額10万円未満のチープなデスクトップPCオーディオに奢るにはお値段が厳しくなってくるにゃ〜orz。ただPCオーディオでもそこそこ予算をかけている、本格的な広い音場展開のリビングシステム、専用オーディオルーム等で使われる場合には、私でしたらSilver Starlight7以上のグレードを間違いなく選びます。※Chromaの音作りから同構造のStarrightまでの音質限界はある程度読めるので...。


VivoMini VC65背面今回は、PCオーディオの核となるUSBケーブルとして、とりあえず音質追求は二の次にしても、音楽性のベンチマークとなる一本が欲しかった。それがクロマを選んだ最大の理由です。(諭吉さん未満のモデルで音質も音楽もレベル高いUSBケーブルには手持ちに短いSUPRA USB2.0があるので、多少質的に落ちるのは致し方ないと納得済。) ふだん音楽をPCで聴いていて音楽を楽しめないと、PCオーディオを追求するモチベーションを失ってしまうので・・・。Wireworld Chromaより高音質なオーディオ用USBケーブルを見繕うのは同社の上位モデルを含めて難しくないでしょうが、併せて音楽的に許容できるものとなるとある程度絞られてくる。お高いのを買って音楽性が足りなかった日には、悲しみの余り心がフリーズしてしまうので、とりあえず安全パイとしてChromaを手元に置いておこう。試行錯誤中に訳がわかんなくなったらChromaに戻ってこよう。そんな感じで、わっちにとってのWireworld Chromaは、PCオーディオのHome sweet homeになってくれそうな一本なのでございます♪

ピュアオーディオBlogランキング←なんとなくドルトムントっぽいクロマちゃん♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
オーディオ【パート2】 に参加中!