■ヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (1)|(2)|(3)|(4)|(5)|(6)|(7)|(8)

ご自身がヤフオク!初心者さんの場合、下記の要素を満たす出品者さんを選んで入札/落札することをお勧めします♪

・非常に良いの評価数が一定数積み上がっている。
・「非常に悪い」「悪い」評価が無い。
・出品説明の日本語が常識的で丁寧
・個人の場合、ご自身で画像を鮮明に撮影されている。
・キズ汚れなどがある場合、文章と画像で詳しく正直に説明している。

※キズを隠すためにわざとピンボケ写真にしているケースはありがちです。
hammer-611582_1280b

Yahoo!かんたん決済に対応している。
・送料元払いで発送方法の選択肢が多い。
・送料をはっきりと明示している。もしくは送料無料。実費以上の要求をしていない。
・消費税(ストア出品は除く)、システム利用料、梱包料、手数料、キャンセル料を要求していない(注:これらは全て規約で禁止されています。)
・落札者に向けて一方的な細かい要求を過剰に羅列していない。
・オーディオ界隈に多い偽物出品者としてネット上でIDを晒されていない。
・その他、言葉で説明しづらいですが雰囲気が自然であること。


とりあえずこんな感じでしょうか。。。以上の条件だけでは必ずしも良い出品者さんを見極める完全なフィルターにはなりませんが、少なくとも、明らかにハイリスクな出品者をある程度は避けることは出来ると思います。取引数がまだ少ないアカウントによる出品の場合、「非常に良い」の評価コメントを含め、内容がまともかどうか全評価コメントに目を通して確認することをお勧めします。(※まれに取引実体が評価を上げるための自作自演IDだったりしますが、よく読めば判別できたりしますので。)

ヤフオク!初めての方へ

1)入札前の注意点

欲しいものがあっても安易に入札せず、出品画像と文章、出品・落札評価を一通り良く眺めて、出品者のタイプを見定めてみましょう。

時折入札者さんに向けて一方的な注意と細かい要求を過剰に羅列している出品者さんがいますが・・・これに関しては過去に痛い目を見ていて自己防衛的にされているのは本当に良く理解できますし、管理人自身も色々クドクド書いてしまうタイプではあるのですが、自分に厳しいストイックな人は他人にも厳しく、取引そのものに無用な緊張を強いられるのも事実です。 人柄によっては僅かな連絡遅れや行き違いで直ぐに口論モードになり、即「非常に悪い」評価に繋がってしまうこともありますので、落札する側も気を引き締めて、失礼や粗相が無いように留意する必要があります。取引に自信と余裕のないうちは、言葉で説明するのは難しいですが、出品画面の雰囲気が自然で安心感のある「あまり心が狭く無さそうな」相手を選んだ方がスムーズだと思います。


その反面ルーズなタイプの方々は、取引が遅い、梱包が雑、商品が出品時の説明と少なからず異なる、キズや汚れ、故障の見落としがある・・・・・なんてのはありがち。また、商品説明が少なすぎる場合も、多くは問題無いとはいえ、なにがしかのトラブルがあったときにどう反応するか見えない怖さがあります。大抵は単にてきと〜な人で済むとは思いますけれども、たまに無責任過ぎる方がいない訳ではありませんので、その辺りはやはり取引履歴での評価がまともかどうか、良く確認された方が良いです。何かしらの疑問点がある場合は、商品に仮に何らかの問題があっても、まぁ、いっかぁ〜と済ませられる程度の金額でのみ入札されるほうが賢明かもしれません。

また、出品者さんによっては、商品説明文が押しつけがましかったり、或いは一方的な条件を付けた厳しい文章を書かれていたりする場合もあります。また、支払方法の選択肢としてYahoo!かんたん決済を導入せず、特定の銀行や郵貯への直接振り込みのみに限られていることもあります。商品が安価にも関わらず、大多数の方々にとって振込金額が割高となる地方銀行のみを指定していたり、発送方法が着払いや宅配便のみとなる不親切なケースもありますので注意が必要です。「未着トラブルお見舞い制度」についても、出品者がが住所氏名電話番号を明記し、Yahoo!かんたん決済等のコマースサービスを利用して送金手続きをした上でなければ補償適用外になりますので注意が必要です。

2)NCNR ノークレーム・ノーリターン

ノークレームノーリターンと但し書きがある場合、何があってもクレームを受け付けない文字通りの場合と、クレーマー除けのお守りで一応書かれているだけの両方の方がいらっしゃるとは思いますが、原則として出品説明文や画像に虚偽や重大な(故意の)見落としが無い限りは、落札者のわがままや都合で返品は出来ない、商品に文句を言える立場にない事は肝に銘じておきましょう。法的にも、

ノークレーム・ノーリターンの表明は中古の場合、原則有効
ただし、商品状態の説明不足や虚偽が明らかな場合は無効

だそうです。現実問題、落札する側にもしばしばぁ ゃι ぃ危ない人がいます。ヤフオク!では、出品説明に「ノークレーム・ノーリターン」を明記することで、落札者都合のトラブルを未然に防止に防ぐように出品者の大半があらかじめ防護線を張っていますが、落札者の立場としても、どこかに変な人がいる為に出品者さんから皆一様にうっすらと疑われてる、恐れられている点は念頭に置き、社会人としてまともな取引、素早いレスポンスと入金、無茶な要求をしない・・・等々を心掛けるようにしましょう。

ヤフオク!で出品を利用されると分かると思いますが、落札者の方にも少ないながら一定数、困った人がいます。単に初心者さんや、親のIDを使った子供orインターネット上の常識に疎い高齢者さんでヤフオク!のシステムに不慣れな人をはじめ、落札しておきながら、やっぱりイラナイと言い出す方、イタズラ入札で音信不通の方、発送後に問題のない商品の返品を申し出る方、完動品の筈がなぜか壊れて届いたらしいケース、(本当は届いているのに)届かないと騒ぐかなり悪質なケース、そのほかにもコミュ障で日本語の受け答えが不自由な方、宇宙人、未来人、管理人みたいな異世界人・・・etc・・・\(^o^)/

ヤフオク!はあくまで対等の関係での取引ですので、顧客サービスを一般店舗での商品購入の如く求め、お客様は神様です的な、お金を払っているんだから落札者の都合に合わせろ!的な態度をとられる落札者は全力で嫌われます。原則、落札契約は出品説明の文面にある範疇でのみ履行されるべきであって、イレギュラーな要求は補償対象外になるなどの問題をはらみますので、出品者に安易に要求しないのが取引のエチケットです。

3)発送方法について・・・メール便の不着問題

高額品やある程度のサイズを伴う品物であれば、追跡可能で補償のある民間宅配便やゆうパック、ヤフオクでの利用がお得なはこBOONなどを利用されるのが普通ですけれども、実際にヤフオク!で小物&少額商品や、音楽CD/ビデオDVD等を取引する場合に最も使われているのが、送料が安いクリックポストゆうメール(旧定形外郵便)、飛脚メール便、クロネコメール便(本年4月に廃止)等々です。そして、運送補償がない小物、少額取引でのメール便等々は、互いにノークレームノーリターン「NCNR」に同意するのがヤフオク!での常識です。

問題はこういった補償が無い場合の少額配送トラブルです。大量の取引経験がある方ほど実情をご存じではと思いますが、実際の郵送事故や配送事故は、頻度としてはせいぜい数百件に1回あるかないか。受け取る側も、実際に届かなかった経験がある人はかな〜り少ないのではないでしょうか?そして一見不着のケースであっても、そのうちの多くは商品受け取り住所の同居人が本人の知らぬ間に受け取っていたり、或いはポストから第三者に抜き取られているというのがありがち。それ以外で運送業者の不手際に100%起因する不着トラブルは、現在の日本国内に於いては(念の為に年末年始を避ければ)実際にはかなり希な事だと云えそうです。

落札者側の場合、追跡不能なメール便を選ぶと、極々極希に敢えて発送しない出品者がいて、届かないとクレームしても、「発送した、郵送事故だ!後は知らない!」と言い張るケースを頭の片隅に入れておいても良いかも知れません。なかには補償の無いメール便を指定するのが悪い、社会の厳しさを教えるためにわざと送らないなどというトンデモな理屈もあるようです。ただ、この手の方はアカウント評価もクリーンではいられないでしょうから、出品内容を見て色々危なそうな人には入札しないをこころかげて、リスクを未然に防ぎましょう。

おなじく出品者にとってのリスクは、購入者が返金を求めるために受け取っていないと詐称するケースなどです。出品・落札双方の信用を担保する意味でも、追跡が出来ない「飛脚メール便」などはなるべく避ける方が賢明かも知れません。オークションではありませんが、ネットシッョプの販売店は一定割合購入者による不着詐欺で苦しめられる事が当たり前だそうで、それゆえ少額品であってもメール便を取り扱わないケースが大半なのが実情です。万引きと一緒で、たまにとんでもない輩がいるかも知れないのは、不特定多数相手の取引である以上、残念ながら自己防衛しておくしかありません。

※ちなみに管理人の場合、細々としたオーディオアクセサリーやCD/DVDなどの厚さ3冖にの少額商品を送る場合、クロネコメール便が廃止された現状では郵便のクリックポスト一択です。全国一律164円で追跡可能なクリックポストが登場してくれたお陰で、同サイズのレターパックライトの出番がほぼ無くなりました。それ以上のサイズの場合は特定記録付きのゆうメール⇒レターパックプラスはこBOONもしくは民間宅配便orゆうパックと、送料を計算しつつなるべく取引相手に負担がかからないように使い分けています。

4)支払方法について

落札時に必要な送料と支払方法の選択肢も大切です。ヤフオク!で安心確実な取引をされるためには、後にも先にもYahoo!かんたん決済を推奨します。ここまで来て未だにかんたん決済に対応してないとか個人的にはありえないと思っています。Yahoo!かんたん決済であれば、Yahoo! JAPANが責任をもって支払い代行を行うため、出品者や落札者はお互いの個人情報(※銀行口座番号)をやりとりする必要がありません。また、振込間違いも起こりませんし、詐欺やトラブルが多数報告されているトラブル口座への振込を自動的に防止できます。24時間365日支払い手続きができ、支払い後には出品者と落札者に自動通知されます。

※Yahoo!かんたん決済でお支払いされた場合は、行き違いを防ぐために取引ナビで「支払い完了連絡」を行ってください。

Yahoo!かんたん決済に対応していない出品者から落札する場合は、個人間の直接のゆうちょ及び銀行取引となり、個人の口座名、口座番号を相手に伝える必要があります。またヤフオク!の決済システムを経由しないため振り込め詐欺に遭いやすいという最大の弱点があります。かんたん決済を使わずに銀行間で個人取引をされる場合には、最低限トラブル口座リストに載っていない事を確認するようにしましょう。

5)ヤフオク!でお得になる銀行口座とクレジットカード

ヤフオク!を定期的に利用されるのでしたら、取引を有利にするために、JNBことジャパンネット銀行の口座と、Yahoo!JAPANカードを持たれることを薦めします。Yahoo!Japanカードは毎月初回取引の手数料が無料。その際に落札額が10.001円〜を超えると本来カード決済で5.4%のかんたん決済手数料がかかりますが、これがまるっと無料になります(※初年度のみ)。ヤフオク!の「未着トラブルお見舞い制度」とプレミアム会員に付帯する「お買い物安心補償」とは別に90日の一般的な損害補償がつきますし、もちろん利用の度にTポイントが増えていきます。ヤフオク!に限らずYahoo!ショッピングでもTポイントキャンペーン等での+αの優遇が色々と受けられますので、ライバルの楽天カードと並んでネットショッピングが多い方は持っていて損は無い1枚だと思います。
それ以上に、Yahoo!かんたん決済でジャパンネット銀行の指定であれば、いつでも振込手数料が無料になりますのでこれは侮れません。また、かんたん決済時の入金がJNB経由の場合はタイムラグ無しに即座に行われるため、お互いの信用や迅速発送に対応する面でも有利になります。
Yahoo!かんたん決済手数料
※落札者がジャパンネット銀行支払いまたは銀行振込を選択し、出品者の受取口座がジャパンネット銀行の場合、支払い手続き完了と同時に振り込まれますので、それだけ迅速な商品の発送が可能になります。
JNBファミマTカード
逆に云えば、ジャパンネット銀行の口座を持たない出品者さんは、決済先にゆうちょ銀行や地方銀行のみを指定しているなどインターネット取引に疎い方が多い印象があったり。落札者側にとって手数料含めた実質支払い価格が高くなるため、保障面や信用面の不備も含めて入札数が減り、結果的に落札価格が下がる傾向があると云えます。

管理人は三井住友銀行からジャパンネットバンクが誕生して直ぐに(2000年頃)口座を開設したのですが、2015年9月からはキャッシュカードをVISAデビット付きファミマTポイントカードに切り替えました。多くの入札者は意外と送料手数料分も加味した上で、それぞれの納得できる上限の駆け引きをしていますので、Yahoo!JAPANカードの有無にかかわらず、ジャパンネットバンク口座はヤフオク!で有利な取引を進める上で、絶対に必要なツールであると考えています。※管理人は今回紹介したカード3枚全て所有してますが、これぞネットショッピングをまるっとお得にする現時点最強のクレジットカード組み合わせだと思っていたり♪

ヤフオク!でオーディオ機器を落札する為の賢明な方法 (4)に続く

ピュアオーディオBlogランキング←いつも少ないクリックありがとうございます♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログネタ
AV,家電 に参加中!