audiopro Image11は、今こうして書き込みをしている間にもデスクの後ろで一日中クラシックを奏でている、我が家のサブシステムとして大活躍のキュートなミニスピーカーです。スウェーデンのスピーカーメーカーaudioproが数年前日本に紹介され、その輸入第一弾シリーズの中で最小モデルのスピーカーとして登場したのがこちらのImage11。日本国内では小型ブックシェルフスピーカーとして扱われることが多いのですが、本来はオーディオビジュアル用途、マルチチャンネル用のサテライトスピーカーとして設計されたスピーカーです。→日本輸入代理店サイト

audiopro_image11&onkyo_a-1vl&creek_evolutioncd
《audiopro Image11にCDプレーヤーCREEK EVO-CD。デジタル/プリメインアンプにONKYO A-1VLを組み合わせた箱庭的サブシステム。》

この手の輸入品スピーカーとしては販売価格が現地と余り変わらない良心的な価格で国内販売されたこともあり、インターネットの高品位で低価格なオーディオを求める人々の間で話題になることもしばしば。大阪のオーディオ逸品館さんがいち早くイメージ11の素晴らしさに着目され、積極的に販売展開をしたこともあって、この素晴らしい音色を既に体験しているオーディオマニア/音楽ファンの方々も日本中に既に沢山いらっしゃる事でしょう♪
   
audiopro Image11の特徴の一つに、素直でスムースな澄んだ音色が挙げられます。ワイドレンジを追求した近年の小型低能率スピーカーにありがちな、強力なユニットから力技で音を絞り出すような人工的な部分が無く、一昔前の高能率スピーカーを連想させる何処までもナチュラルで軽快な鳴り方をします。非常に美しいピアノ仕上げの外観からも想像出来る、滑らかで潤いのある上品でシックな細身の音色、耳当たりが繊細で聴感S/Nに優れ北欧の空気を想わせる澄んだ高域は、特に小編成のクラシック音楽や女性ボーカルとの相性が抜群です。キャビネットのピアノブラック光沢仕上げの影響もあるのか、実際にピアノの音色などはもうコレしか無いでしょう♪という程のリアリティで鳴ってくれます。加えて、一聴して明るく軽快な鳴り方の割には内面的なトーンがシックで落ち着きがあり、大人っぽい音楽をじっくりと静かに愉しませてくれる懐の深さを感じさせる所も魅力です。管理人がImage11で静かに音楽を聴く時間は、我が家のメインシステムであるVienna Acoustics MOZART T-2と比べてもずっと長く、クリアにもかかわらず長時間聴いていても聞き疲れしない歪み感の少なさは、小音量でのBGM的な使い方にも非常に適しています。

弱点はあまり低音が出ないことでしょうか。密閉型でf特の公表値でも下が80Hzですので、それ以下の帯域成分についてはそれなりに軽い印象になります。近年人気のある超小型サイズスピーカーの中でも低音の軽さでは最右翼でしょう。この問題点を解決したのが、オーディオ逸品館さんのカスタムモデルであるAIRBOW Image11/KAI。私が使っているオリジナルモデルと比較をした印象(アンプはTAG McLaren 60i)では、周波数バランスがオリジナルとは随分異なる印象で、KAIはサイズの小さいイメージ11からでもかなりの低音が出せるように改良が加えられ、中域〜低域にかけての厚みとオーディオ的な意味での"音質"が改善しているようでした。音色も濃く深くなっており、低域を重視される場合や、オーディオ的な音質、例えばジャズの濃い色彩を好まれる方などはAIRBOW イメージ11/改の方をより好まれると思います。


フルオーケストラなども、オリジナルではハイ上がりで音が薄くなってしまい、量感や実体感の部分などは諦めざるを得ないのですが、AIRBOWのKAIモデルでは概ね問題無く鳴らすことが出来ます。これだけ小さいスピーカーでどんな音楽でも一通り鳴らせてしまうというのはある意味驚きでした。ただ、高域の出方という点では、オリジナルモデルの方がより音色が繊細で明るく、音色が透明でより軽快な印象が際立ちますので、こちらの持つ魅力も決して侮れません。管理人にはメインシステムが別にあることもあり、Image11では書斎のBGMとしてピアノを中心に女性ボーカルや弦楽器の小編成、バロック音楽等を小音量で聴くことが多く、手を加えていないオリジナルモデルの方が自分のライフスタイルには合っているかな?とも思いました。

初心者さんのミニコンポからの買い換え候補スピーカーとして、或いは他の小型ブックシェルフスピーカーを使っていてイマイチ音質に満足出来ない場合、既にピュアオーディオを極めていらっしゃる方のサブシステムとしても、audiopro/AIRBOW Image11は一度試してみる価値のあるスピーカーだと思います。但し、低音・音圧・パワー感とは対極にある点だけは間違えないでください。そういった要素が重要になるジャンルの音楽を聴かれる場合はまた他によりマッチしたスピーカーが色々とある筈ですから。

ちなみに2004年末でaudiopro Image11は新型のImage12に切り替わり、Image11については既に本国では生産終了となり、日本国内でも店頭では既に入手困難です。オーディオプロの残り在庫、Image11/KAI/ Image11/KAI防磁型 オリジナル オリジナル防磁型は、これらの普及に尽力されたオーディオ逸品館さんに若干数の在庫が確保されているみたいですので、ご興味がおありの方はそちらをご覧下さいませ。→AIRBOWオーディオプロのページ

次回はImage11のアクセサリ使いこなし虎の巻?と、audioproの良きライバルであるドイツALR/JORDAN EntrySを取り上げたいと思いますのでお楽しみに♪
《Last modified 2018/08/18》

ピュアオーディオBlogランキング←クリックしてくれると嬉しいです♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加