bc783040.25s今回はMPコーポレーションのradio.wave.cutをご紹介します。radio.wave.cutはスピーカー端子にSPケーブルと共に並列に接続するチューンアクセサリ。効能書きはラジオウェーブ帯域のノイズを遮断し、アンプを正常な動作に導くetc・・・とのことですが、詳しい説明は販売元のゴトウ総合音響さんにお任せするとして、この手の商品は昔からいくつか市販されていますが、個人的に試した中で一番効果が大きく感じられ、また聴感上の副作用の少ない製品がradio.wave.cutでした。
radio_wave_cut
radio.wave.cutを取り付ける効果ですが、スピーカーの動作が低域から高域までワイドレンジになり、未装着では出ていなかった音の沈み込み、高域の伸び、ふくよかな響きを得ることが出来ます。しかも高域方向が奇麗に澄んだ音になり、文字通り歪み感が大きく減少しますので、お手持ちのスピーカーのツィーター(高音部)が神経質で耳に鋭く疲れる場合などに使用すると大変効果的なアクセサリです。特に長時間聴き続けても疲れない音になるというのはradio.wave.cutの非常に大きなポイントです。接続状態に慣れてしまった後から試しに外してみると、聴感レンジが中域中心に狭くなり、大きく広がっていた音場がスピーカーにまとわりつくように感じとても聴いていられません。未接続の状態では接続時と比較して篭もった音に聞こえます。販売元の能書きを信じるならば、ラジオ・ウェーブ・カットを使うことでアンプのロスが減り、スピーカーをきっちり動作させる事が出来るようになるという事でしょうか。。。この種の他の並列接続型アクセサリの場合、副作用として音が暗く沈んでしまい躍動感が失われるなどの問題があるのですが、radio.wave.cutではむしろ逆の傾向になります。
audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6147
audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6147
おすすめ平均
stars安くてもバナナプラグの良品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

付け外しで導線が傷み易いので良質なバナナプラグがYラグ端子の使用をお薦めします。

今回テストで使用したオーディオプロImage11に限らず、より大きなVienna Acoustics MOZART T-2でも絶大な効果を発揮ますし、過去に試した範囲では他の多くのSPでも効果的に作用してくれる印象ですが、オーディオアクセサリーの常としてスピーカーやアンプの組み合わせによっては上手くマッチしない場合はあるそうです。実際まだエージングが済んでいない新品のイメージ11に取り付けた時には歪んだ変な音になってしまいびっくりした覚えがあります。しかし、2週間程鳴らした後改めて使ってみると、取り付けた方が歪み感が少なくワイドレンジで豊かな音になりましたので、あまり状態の良くない製品、元々過度に歪みっぽいスピーカーなどでは合わない場合もあるのではないかと推測します。

また、ラジオ・ウェーブ・カットの導体に銀コート線が使われている為かradio.wave.cut使ったことで付加される音色のキャラクターは若干銀線っぽい瑞々しく明るく爽やかなトーンに振れますので、暗い沈むような・・・若しくは乾いた音色がお好みの方は、音色自体が好みに合わなくなってしまう可能性はあります。逆に明るめの音色がお好みの場合には、音にまとわりつく汚れを払拭するイメージで暗いトーンを明るくしてくれる効果があるともいえます。欧州系の箱庭的なオーディオシステムと洗練された音色の小型スピーカーの組み合わせでしたら、多くの場合上手くマッチしてくれると思われますので、聴き疲れしたりレンジ感や現状の音質に不満がありもう一歩追い込みたい場合などは、ラジオ・ウェーブ・カットをトライしてみる価値は十二分にあると思います。《2009/03リンク本文修正》
(注:このレビューは、radio.wave.cutの廉価ノーマルモデル@8900円での感想です。ハイクラス上位モデルはもっと性能が良いそうです。)

ピュアオーディオRANKING←微妙に役に立ったのでクリック♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加