MAレコーディングの数多くの録音でサックスを担当している専属アーティスト?Peter Epsteinのソロレコーディング。オーディオアクセサリ誌117号のCDサンプラー4曲目にも収録されています。
B00000IWONSolus
Peter Epstein

M.A. Recordings 1999-05-18
売り上げランキング : 374,560

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
録音機材は、伊藤栄麻のシューマン 子供の情景・ダヴィッド同盟舞曲集とほぼ一緒。イタリアのサンマルティーノ教会での録音で、アコースティックな残響が見事で音質は大本素晴らしいです。こういう録音を聴くと、やはりM/A Recordingの収録方法は間違っていないと感じます。私の場合普段サックスはあまり聴かないのですけれど、これはクラシック音楽愛好家で私でも楽しめる曲目内容になっています。

前回紹介した伊藤栄麻盤とは収録マイクが異なっており、
 ・マイクロフォン B&K(DPO) Omnidirectional 4006
 ・マイクアンプ M.Aオリジナル
 ・マイクケーブル CARDAS GOLDEN CROSS 1+10m
 ・レコーダー PIONEER D-07A
 ・サンプリングレートコンバーター
    DB Technologies 3000S 96kHz Optimizer
iconicon
録音機材はこんな感じでごくシンプルな構成です。

収録曲の前半はクラシックで、JSバッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番。バイオリンの曲をSaxophoneで演奏している訳ですがこれが意外と良い♪下手なヴァイオリンのCDより余程聴ける秀演です。1〜4曲目までは原曲、5曲目の"シャコンヌ"はモチーフをかなりアレンジして即興風に収録。後半はエプスタインのオリジナル曲を中心に構成されていますが、これがまた素晴らしい!特に6曲目の"PI"は凄いです。パルティータ第2番でイイ感じに眠くウトウトしているところにこの曲(^^;その不思議な曲想に無意識に全身が引きずり込まれ、半分寝たままから心臓のドキドキで目が覚め、一瞬破裂するんじゃないかと焦る程の求心力(爆) プスタインの他の曲も現代音楽風ですが、今まで知らなかったサックスの色々な技法を楽しめます。冒頭で書いたように音質も抜群ですし、これはオーディオファイル必携の一枚と言っておきましょうd(^_-)

ちなみに私が今回パルティータの原曲比較に使った手持ちのCDがこちら。以前に逸品館の社長さんが推薦していたヒラリー・ハーンicon当時17歳のデビューCD。
バッハ:シャコンヌ
B0002ZF01Mハーン(ヒラリー) バッハ

おすすめ平均
stars無心で弾くバッハ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Hilary Hahn Plays Bach
B0000029UHJohann Sebastian Bach Hilary Hahn

Sony 1997-10-21
売り上げランキング : 53,490


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それから前橋汀子iconさんのこちら。
前橋汀子 バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ全集 SRCR-9191icon
iconicon
演奏はどちらのCDも魅力的。録音は同じSony Musicですが、ハーンの録音はよりオーディオ的でHi-Fi調なものの、質感はややドライでSBM臭い(粉っぽい)ので、個人的には前橋汀子さんの録音の方が素直で(ハイ上がり気味ですが)好きかもです。。。ちなみに全曲盤は2枚組。
バッハ : 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番&第3番 他
B00005HMQE前橋汀子 バッハ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1枚組みのより抜き盤、所有していないので全曲盤と音質も一緒かはわかりません(笑)

ピュアオーディオRANKING←クリックする気ある?♪
mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加